【全世代共通】転職が成功する人の特徴とは。内定獲得できるポイントも解説

転職を希望しているけれど、どんなことを心がけるべきか分からない人も多いはず。そこで今回は、転職を成功させるために知っておきたいポイントをまとめてみました。転職活動に利用できる転職エージェントや転職サービスも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

若いほど転職の成功率が上がる傾向に。全世代で内定獲得に必要なことを解説

転職を成功させるために必要な準備

最近では、若い世代のほうが転職の成功率が高い傾向にあります。世代によって重視したいポイントもありますが、転職で成功するために心がける基本的なことは全世代変わりません。とくに、自分の意志でしっかりと目標を持って転職に取り組むというのはどの世代にも必要なこと。そこでここでは、どの世代にも共通して言える転職して内定を獲得するために必要なことを解説していきます。転職活動を始めようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


転職が成功するためにすべきこと、心がけたいことまとめ

ここからは、転職を成功させるために心がけたいことをピックアップしてご紹介します。とりあえず始めるだけではなかなか思うように進まないのが転職活動です。転職する意志を固めたなら、できるだけ短期間で理想の転職を実現したいもの。そのためには、いつまでに転職をするという目標を持ちながら、ぜひ次のようなことを心がけてみてくださいね。


必ず在職中に転職活動をする

今の仕事を辞めてしまってから転職活動をスタートするのではなく、必ず在職中から転職先を探すようにしましょう。理想の転職先を見つけるまでにどのくらいの期間がかかるか分かりません。もしかしたら、半年から1年近くかかってしまうことも考えられます。そのため、先に仕事を辞めてしまうと転職が終わるまでの期間の生活を維持していかなければなりません。そうなると、焦りや不安からとりあえず就職をしようと考えてしまうことも。

これでは、転職活動を始めた本来の目的から外れてしまいます。自分の目的や目標に合った転職をするためにも、在職中からじっくりと時間をかけて転職活動をするようにしましょう。休日などの空いた時間を活用することで、仕事をしながらでも転職活動を進めることができますよ。


同僚や上司など社内に転職活動中の事実を絶対に漏らさない

在職中から転職活動を始めた場合には、社内にばれないように心がけることも大切です。同僚や上司にも転職活動をしている事実を漏らさないようにしましょう。例えば、同僚に転職活動をしていることを話したとします。それを上司に伝えたとしたら、たちまち社内に広がっていきます。場合によっては、上司から転職活動を考え直すように説得されることも考えられます。そうなってしまうと転職をしようと決意した意志が揺らいでしまい、現状維持となる可能性も。

また、上司に止められなかったとしても、他の社員が知っていることで社内に居にくくなります。円滑に転職活動を進めるためにも、転職先が決まり退職できる見込みがたつまでは漏らさないようにしましょう。


退職理由を明確にして引き止められないほど固く決意する

無事に転職先が決まった場合、退職届を出すことになります、このときに上司を納得させられるような明確な理由を持っておくことが大切です。感謝の気持ちを伝えるのと共に、今後の目標や目指したい姿を説明して前向きな理由で退職したいことを伝えられると良いでしょう。

また、退職の意志を告げたときに残ってもらえないかと引き止められる場合もあります。もしかしたら、給与やボーナスが少し上がり雇用条件が少しよくなるかもしれません。それでも、転職することを決めたと言い切れるほどの強い決意を固めておかなければなりません。せっかく掴んだ転職のチャンスを逃してしまうと、次はいつ転職できるか分かりません。自分の意志を強く持って、転職することを伝えられるようにしておきましょう。


仕事を通じて実現したいことを必ず持つ

転職するときには、新しい仕事を通じて実現したいことを持つことも重要です。ただ漠然としたまま何となく転職するのでは、数年後にまた同じように転職したくなります。それだけでなく、せっかく転職をしたのに成長することができません。「新しい仕事では○○の研究に携わりたい」「2年以内に取引先を50以上増やしたい」「海外勤務ができるようにスキルアップしたい」など、どのような目標でも構いません。

できるだけ現実的な目標を持つことで、より前向きに仕事に取り組めるようになります。また、転職先を選ぶときにも仕事を通じて実現したいことが叶う企業を探すことができます。その結果、こんなはずではなかったというミスマッチも少なくなり理想の転職ができるようになりますよ。


なりたい自分の理想像を常に考える

今、どのような自分になりたいかと聞かれて答えることができるでしょうか。今なりたい理想像と数年後の理想像を常に意識することで、必然とどのような目標を立てて行動したらいいのか分かってきます。すると「転職先にはどのような職種を選んだらいいのか」「どのようなスキルを身につけられる仕事を探せばいいのか」など、転職先に求めることがどんどん明確化していくはず。この条件に沿って転職先を探せばいいので、自分の理想像を叶えられる転職に近づきます。

また、常に自分の理想像を意識するようになると、今勉強しなければならないことや身につけたいスキルも分かります。転職活動と並行して取り入れてみると、より理想の自分に近づくことができますよ。


転職先の企業選びで譲れない条件と妥協できる条件を決める

転職先の企業に求める条件は人によって異なります。仕事内容や勤務環境はもちろんのこと、給与や福利厚生などさまざまなポイントがありますよね。そこでまずは、自分が重視したい条件を全て書き出してみましょう。おそらくいくつも条件がある人がほとんどなので、この条件を全てクリアできる転職先を探すのは至難の業ですよね。

そこで、次に譲れない条件と妥協できる条件に分けます。このように分けることで、転職のときに自分が重視しているポイントを知ることが可能。また、譲れない条件から順にクリアしている転職先を探すことで、満足のいく転職先を見つけることができますよ。自分が転職先にどのようなことを求めているのか知るきっかけにもなるので、ぜひ一度試してみてくださいね。


時間に余裕を持って行動する

転職活動では、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。遅刻をしないのはもちろんですが、焦ることで話したい内容や伝えたい内容をうまく整理できないまま面接に突入してしまう可能性も。また、せかせかしているとそれだけで印象が悪くなります。そのため、スケジュール調整を上手に行い、ゆとりを確保することが大切です。

また、転職活動そのものも時間をかけて納得のいくまで行い、焦ってはいけません。「ここまでに転職先を決める」という目安を持つことは重要ですが、それに縛られてしまうととりあえず転職先を決めなければならないと感じるようになります。納得のいく転職を成功させるためにも、転職をする意味を重視して進めていくことをおすすめします。


有給などを使って平日に面接をする

転職活動の面接は有給休暇を上手く利用して、平日に行うようにしましょう。転職先の企業に予定を合わせてもらうのは、あまり好ましいことではありません。また、週末は休みとなっている会社が多いので、面接のためにわざわざ来社してもらうのも申し訳ないですよね。どうしてもこの会社に転職したいというやる気を見せるためにも、できる限り転職をする会社の要望に沿えるようにしましょう。遅い時間でも対応できる会社の場合は、平日の退社後の時間を利用するのもひとつの手段です。

また、今勤務している会社によっては有給がなかなか使えないという場合もあるかもしれません。しかし、有給は申請をすれば誰もが使用できるものなので、事前に有給を取得する旨を伝えて休みをもらうようにするといいでしょう。


身だしなみやエチケットに気を配る

人は初めて会ったときの第一印象で、その人の印象が決まるとよく言われます。だからこそ、身だしなみやエチケットには気を配りたいもの。スーツやシャツにしわがないか、ホコリやゴミがついていないか入念にチェックしましょう。また、意外と見られているのが靴や指先です。どちらも手入れが行き届いていないと清潔感のない印象を与えてしまいます。

身だしなみは、「会社の一員として招き入れても恥ずかしくないか」をチェックするポイントでもあるので、何度チェックしておいても損はありません。とくに、女性の場合は髪型やメイクにも気を遣って印象のいい雰囲気に仕上げると好感度がアップします。他にも、カバンやハンカチなどの目につきやすい持ち物にも気を配ってみてくださいね。


必ず労働条件を細かく確認する

この会社に入りたいと思ってしまうと、ついついチェックを怠ってしまうのが労働条件などの細かな部分の確認です。転職後にこんなはずではなかったと思わないためにも、求人情報が載っている書類にはしっかりと目を通すようにしましょう。給与はもちろんですが、年間休日や福利厚生などはチェックしたいポイント。

とくに、福利厚生の内容は企業によって大きく異なるので、知っておきたいところです。他にも、資格取得制度や育児休暇制度なども確認しておくと安心です。もし、不明な点や確認したい点がある場合には、求人情報の担当者に詳細を聞いてみるといいでしょう。キャリアアドバイザーなどを通じて行うとイメージを崩すことがありません。


応募の企業を一社に絞って活動しない

転職活動を進めるときに、一社に絞って検討することはあまりおすすめできません。とくに、早い段階で一社に絞ってしまうと視野が狭くなり他の企業の情報を受け入れる余地がなくなってしまいます。もしかしたら、自分で絞ってしまった一社よりも自分の条件に合う企業があるかもしれません。

また、一社検討をしてしまうと万が一受からなかった場合に、また一から転職活動をスタートしなければなりません。これではあまりに効率が悪いですよね。可能性を広げるためにもできるだけ多くの場所から情報を収集して、複数の企業を同時に検討するように心がけましょう。このときにしっかりとした基準や条件を設けてそれに合わせた企業をピックアップすることで、満足のいく転職に近づくことができます。


転職サービスを複数併用する

転職活動を効率よく進めるためにも、複数の転職サービスを利用するようにしましょう。転職サービスによって抱えている求人情報が異なるので、自分に合った条件の求人情報を見つけやすくなります。また、転職サービスの中にはインターネットを利用して空いた時間に求人情報を探せるものや、プロのアドバイザーからサポートを受けることができるものなどさまざま。併用することでそれぞれのメリットを生かしながら利用できるため、とても便利ですよ。

他にも、転職活動の進め方やノウハウなどを掲載している転職サービスもあり、初めて転職活動をする人にとってはとても勉強になります。このように、自分にとって有益な情報のみ上手く活用するようにしましょう。


まずは、転職サイトの【リクナビNEXT】に登録して情報収集を

「リクナビNEXT」はリクルートが運営している転職サービスです。業種を細かく分けており、条件に合った求人情報が探しやすくなっています。また、毎日新しい求人情報が追加されるので、常に新しい求人に目を通すことが可能です。

さらに、職歴やアピールポイントを記載するレジュメを作成しておけば、興味を持った企業からオファーが届くシステムも。どの求人情報も24時間閲覧できるので、空いた時間を有効利用して転職活動を進められます。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTは、地域ごとや業種ごとなど細かな設定をして求人情報を検索できるところがおすすめポイントです。求人情報数も多いので、条件に合った求人情報が見つけやすいです。求人情報ページも見やすく確認したい情報が簡単に分かるので、手間をかけずに情報収集ができますよ。

さらに、オファー機能を使用すればレジュメの内容を見た企業からオファーが届くことも。この他にも、女性の活躍できる企業や第二新卒を積極的に採用している企業なども掲載されています。そのため、それぞれの条件やスキルに合わせて幅広く探すことが可能です。

公式サイトで見る


そもそも転職すべきかのアドバイスもくれる転職エージェントもおすすめ

転職サービスの中には「転職エージェント」と呼ばれるものがあります。プロのアドバイザーによる手厚いサポートを無料で受けることができ、「転職するべきかどうか」「どのような仕事が合っているのか」などさまざまなアドバイスを受けることが可能です。ここからは、転職サービスを利用するメリットやおすすめの転職エージェントをご紹介します。


リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、リクルートが運営している転職エージェントです。業界最大手なので求人情報数が多く、とくに非公開求人は10万件以上。その中からスキルや条件に合う企業を厳選して紹介してもらえます。

また、独自に分析した業界や企業情報も提供してもらえるので、本当に自分に合っているのかしっかりとしたデータを基に検討することが可能です。他にも、プロのキャリアアドバイザーによるサポートやセミナーなど、初めて転職活動をする人でも安心して使用できるようなサポートが整っていますよ。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、約80%が非公開求人となっています。非公開求人情報だけでも10万件を超えており、幅広い業種や業界の求人情報を抱えているところがおすすめポイントです。初回の面談で希望の職種やスキルなどをじっくりカウンセリングして、条件に合った企業を紹介してもらうことができます。また、経験豊富なキャリアアドバイザーによる面接対策や履歴書作成サポートなども受けられるので、安心して転職活動に臨むことが可能。転職に関する悩みなども相談できるので、転職しようか迷っている場合でも気兼ねなく利用できますよ。

公式サイトで見る


DODA

「DODA」はパーソナルキャリアが運営している転職エージェントです。こちらも業界大手なので幅広い業界や業種の求人情報を抱えています。また、転職活動を始める前にサイト上で年収査定やキャリア診断ができるので、どのように転職活動を進めていくのか判断材料にもなります。

さらに、キャリアアドバイザーによるサポートはもちろんのこと、スカウトサービスや個別相談会なども開催しており、さまざまな方法で転職活動を進めていくことが可能です。


DODAのおすすめポイント

DODAは、2人のプロによる転職サポートを受けられるところが大きな魅力です。未来を見据えたキャリアサポートをしてくれるキャリアアドバイザーは、客観的な視点で長期的なキャリアのアドバイスや転職のノウハウや知識のサポートなどをしてくれます。また、採用プロジェクト担当者は希望企業と直接やり取りをしているので、会社の雰囲気や企業の求める人物像などをしっかりと把握しています。それを知った上で面接対策や資料作成などができるので、よりスムーズに転職活動を進めていくことができます。他にも、個別相談会やセミナーなど知りたい情報や目標に合わせて利用できるサポートが揃っています。

公式サイトで見る


転職サイトと転職エージェントの併用がおすすめです

今回は、年代に関係なく転職活動をするときに心がけたいことをまとめてご紹介しました。今回紹介したポイントを抑えるだけでも、より目的や目標を持ってスムーズな転職活動ができるようになります。転職エージェントや転職サービスを上手く活用しながら、自分の条件やスキルに合った満足のいく転職を実現させてみてくださいね。

【参考記事】転職を成功させるための職務経歴書の書き方とは▽

【参考記事】仕事を辞める前にするべき準備とは。退職の具体的な流れも紹介▽

【参考記事】転職エージェントってどんなところ?求人紹介の流れや費用を解説します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事