29歳の転職は難しい?アラサーで転職を成功、失敗する人の違いとは

人生の節目にもなる30歳が目前に迫った29歳の方は、今後の人生を考えて転職を決意することも少なくありません。ここでは、29歳の方が転職を決意する理由や、転職成功のために意識するポイント、おすすめの転職エージェントサービスをご紹介します。

29歳の転職は難しい?アラサーで転職を成功/失敗する人の違いとは

29で転職を成功させる転職エージェントの選び方

高卒・大卒で働き出して約10年を迎える29歳。男性も女性も仕事でキャリアを積み、役職を与えられてる人も多いのではないでしょうか。

順風満帆と思いきや、アラサー世代は悩むことが多く、まだ見ぬ未経験の仕事に就いてみたい人や年収アップ・キャリアアップのために転職を…と野望を抱える人が多いのが現状です。

30歳が目前の29歳男女がどのようにして転職を成功させているのか、今回は難しいと言われるアラサー世代での転職を成功させる人と失敗する人の違いをレクチャーしていきます。


1. 転職理由を明確にしているか

アラサーで転職を成功させている人と失敗する人の違いは、まず「転職理由が明確かどうか」。自分がどうして転職したいのか、その場の感情で動いていないか、じっくり考えることが大切です。

履歴書や職務経歴書だけでなく、面接でも転職理由は必ず聞かれるもの。自分がどうして転職をしたいと思ったのか、キャリアアップや年収アップのためなのか、人間関係を良くしたいのか、具体的な理由を挙げてみましょう。

転職理由を明確にすることで、自分の悩みや希望を解決する企業が必然的に狭まります。転職先を選ぶ上で絶対に参考になることなので、必ず転職理由は自分でよく考えるようにしましょう。


2. 転職を希望する会社に、自分を売り込むスキルがあるか自己分析する

次に、転職を希望している会社を見つけた時、自分をアピールするスキルや経験、資格があるかを自己分析してみましょう。

公務員であれば、勉強が必須ですし、経験も重視されるかもしれません。未経験職種や異業種であれば、資格が重視されるかもしれません。

自分が行きたい業種がどんなスキルを求めているのかを明確にして、自分がどれだけアプローチできるか洗い出してみましょう。


3. 未経験職種への挑戦は、30歳になる前に転職すべきと理解する

20代前半であれば、経験やスキル、資格がなくても未経験職種や異業種に転職が簡単にできるかもしれません。その理由は、会社内で若い人材を育成する風潮があるから。

しかし、アラサー世代の29歳はとても微妙な年齢です。20代前半のように、人材育成してもらえる企業や即戦力として働いてもらいたい企業など、各企業によって求められることはさまざま。

ただ、これだけは言えることが、30歳になってしまうと未経験職種や異業種への転職成功率がグッと下がるということ。もし、自分が気になっている業界があるのであれば、20代のうちに早い段階で転職を検討することをおすすめします。


4. 女性は結婚・妊娠・出産など、ライフスタイルに合わせて働き方を変える

もちろん、女性だけでなく男性にも関わってくる問題ですが、29歳という年齢は、特に多くの女性が結婚をして妊娠・出産・子育てを経験する年齢に差し掛かります。

独身時代とは違う働き方を意識しなければ、家庭や仕事が疎かになる可能性があるので注意が必要です。

妊娠してから転職先を探すのは体力的にも厳しいので、結婚をした時点で自分のライフスタイルを見直し、今の会社の福利厚生などを確認してみましょう。そして、不十分だと感じたら、早め早めに転職先を探しておくことをおすすめします。


29歳の転職を成功させるためにやるべきこと4選

29歳で転職を意識し、決断するには様々な理由があることが分かりました。実は、29歳で転職するには、自分だけでなく周囲に対しても考慮すべきポイントがあります。

次に、実際に29歳で転職活動をする前に覚えておきたい、やるべきこと4つのポイントを紹介します。ぜひ参考にして、29歳の転職活動の成功に繋げてくださいね。


① 30代、40代のキャリアプランまで考える

転職をすると、今の会社で培ったキャリアを一度手放し、次の転職先で新しくキャリアを積むことになります。よって、年収アップやキャリアアップなどを目的とした転職でも、一時的に年収が下がる可能性も高いです。

さらに、転職しても転職先のミスマッチによって退職・転職を繰り返すと、自分のキャリアに穴が開いてしまうことも。30代と40代のキャリアプランを転職活動前に考えておき、着実にキャリアを積んでいける会社へ転職できるようにしましょう。


② 結婚や出産など人生の大きなイベントを加味する

29歳で転職する時には、男性も女性も今後結婚や出産などのライフステージが目前に迫っていることも多いです。もしも転職活動を始めてもスムーズに進まず、結婚や出産時に無職・無収入だった場合は生活が苦しくなる可能性もあります。

29歳で転職活動を始める時には、人生の大きなイベントを加味し、そこから逆算して転職時期を決定しましょう。

また、結婚や出産、マイホーム購入や老後に必要な資金は具体的にどのくらいかも見積もっておけば、目指すべき年収帯も把握できます。


③ 問題の解決策が転職以外に無いのかきちんと検討をする

29歳で転職すると、一度積んだキャリアをリセットしますので、転職をするかしないかも慎重に判断しなければいけません。

もしも、希望の仕事ができないなどの理由で転職を希望しているのなら、希望部署への異動届を出したり、上司に配置換えを相談したりなど、転職以外にも解決できる方法はあります。

安易に転職を決意せず、まずは転職以外で自分が抱えている問題が解決できないかを検討してみましょう。さらに、転職を決意したら意志を揺るがさない心構えも必要です。


④ 夫・妻にちゃんと相談をして、転職の意思を伝える

29歳では、すでに結婚して家族を持っている男女が少なくありません。自分で検討し「転職する」という結論に達した場合は、必ず実際の転職活動に移る前に夫や妻に相談しましょう。

「家族に心配をかけたくない」という気持ちから、内緒で転職活動や退職手続きまで進めてしまい、全て終わった後で報告する方もいますが、この対応は厳禁です。

パートナーとの信頼関係が崩れて、家庭問題に発展する可能性があります。必ず夫婦で相談をして、転職の意志を伝えた上で行動しましょう。


応募から内定まで、転職エージェントのサポートがあれば心強いですよ

29歳で転職を目指す時には、初めて転職活動をする方も多いです。よって、具体的な応募書類の書き方や面接対策が分からないことも…。

失敗できない29歳の転職活動には、転職のプロである転職エージェントの利用がおすすめです。

自分の希望する転職が叶う、心強い転職サポートが受けられる転職エージェントについてご紹介します。


29歳のおすすめ転職エージェント1. リクルートエージェント

大手広告代理店のリクルートグループが運営する転職エージェントが「リクルートエージェント」です。人と企業をつなぐことに特化した転職支援サービスを提供しており、転職支援実績ナンバーワンを誇ります。

業界最大級の非公開求人案件を、実績豊富なキャリアアドバイザーが厳選し、求職者に最適な求人のみを紹介しますので、今まで良い求人に出会えなかった方や、自分にどんな仕事が適しているかが分からない転職初心者の男女にもおすすめの転職エージェントです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

応募書類の添削から、業種ごとに傾向を絞った面接対策が受けられるのも、リクルートエージェントのおすすめポイントです。キャリアアドバイザーと綿密なカウンセリングを行ってキャリアの棚卸しも行いますので、自分が気づかなかった強みやスキルの発見にもつながります。

さらに、強みやスキルを効果的にアピールできる書類作成サポートも行っています。企業との面接のセッティングや日程調整も、キャリアアドバイザーが行うので在職中で転職活動が厳しい人もスムーズに進められますよ。

転職支援サービスに加えて、転職フェアも随時開催しているので、直接企業の人事部担当の方に相談できることもおすすめのポイントです。

公式サイトで見る


29歳のおすすめ転職エージェント2. ビズリーチ

「選ばれた人のためのハイクラス転職サイト」をコンセプトに、ハイクラスやエグゼクティブと呼ばれる年収帯への転職に特化した転職エージェントが「ビズリーチ」です。

国内最大級のエグゼクティブクラスの求人数を誇り、会員登録制、さらにヘッドハンティングによる求人スカウトが受けられます。

既に高いスキルや能力を持っている方がキャリアアップや年収アップを目指す、または秘匿性の高い異業種への転職を目指すには大変心強い転職エージェントです。


ビズリーチのおすすめポイント

転職エージェントは、無料で転職サービスを受けられるところがほとんどの一方、ビズリーチでは無料会員であるスタンダードと有料会員であるプレミアムの各クラスを設けています。

会員登録性のため、公開すると応募が殺到してしまう人気の職種や業界の求人、ハイクラスの求人も会員だけに紹介が可能です。

企業から直接スカウトメールが届くほか、業界に精通した一流のヘッドハンターを経由して、さらに秘匿性の高い求人の紹介も受けられます。

自分で転職活動もしつつ、ヘッドハンターからの転職サポートも受けられるので、29歳の方のさらに上のレベルを目指した転職におすすめです。

公式サイトで見る


29歳のおすすめ転職エージェント3. パソナキャリア

人材派遣型サービスのパイオニア的存在として、多くの企業と人材を結び付けてきた実績のあるパソナが提供している転職エージェントサービスが「パソナキャリア」です。

人材派遣を通じて培った各企業との太いパイプを活かし、企業の悩みと求職者の就職・転職を同時に解決する転職サポートを提供しています。

両者のニーズが合致しやすい、適材適所の求人紹介が受けられるので、今まで色々な転職サービスを利用してもうまくいかなかった方にもおすすめの転職エージェントサービスです。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアでは、ITやWEB業界やものづくり業界、不動産業界や金融業界、公務員など、幅広い職種と業界に精通した専任のキャリアアドバイザーから、マンツーマンで転職サポートを受けられます。

業種ごとの応募書類の添削や面接対策が受けられますので、今の職種でキャリアアップを目指したい方から、異業種にチャレンジしたい方まで有効な転職活動ができる転職エージェントです。

大手企業の求人数も豊富に取り扱っているので、福利厚生や給料アップのための転職成功率も上がります。登録も職務経歴書を添付して簡単にできるのもおすすめポイントです。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

豊富な求人数と自動求人通知サービス、スカウトサービスが利用できる転職サイト型のサービスが「リクナビNEXT」です。

転職サイト型サービスながら、あらかじめ求人に対する希望条件や職務経歴書を登録しておくと、自動的に新着の求人がメールで通知されたり、求人へのスカウトが受けられます。

検索の手間を省きたい方や、自分の条件に合った求人が上手に探せない方、まだ転職活動するか決めていないは、まずどんな求人があるか無料登録をして確認してみましょう。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTは、20代のキャリアアップのための転職にも特化した強みを持っています。今まで20代で年収アップのための転職に成功した事例も多く、今後の年収や待遇アップのための転職を目指す29歳の方にもぴったりです。

あらかじめ決めた条件だけの新着求人やスカウトメールのみを受け取ることもできるので、自分が希望する仕事に出会える可能性も高くなります。

さらに、転職決定数ナンバーワンを誇る転職サイト型サービスのため、納得できる求人も豊富に取り扱っています。登録も5分で完了するため、とりあえず求人を見てみたいだけの方も気軽に利用できます。

公式サイトで見る


なぜ29歳で転職をするのか。一般的な転職理由を大公開!

30歳手前の29歳という年齢では、新卒から働き続けた会社ならそれなりのポジションについている方も少なくありません。そんな中でも転職を意識するのには、当然きっかけや理由があります。

アラサー世代である29歳で転職を意識する4つのきっかけや理由をご紹介しますので、今転職をすべきかで迷っている方もぜひ参考にしてください。


① 転職する際の29歳と30歳の違いを知り、キャリアに焦りだした

新卒から今まで働き続けてきた方が、30歳を目前にした29歳を迎えると、今まで意識したことのなかった自分のキャリアや実績に初めて目を向けることがあります。

新卒の時と今を比べて、ずっと同じ仕事をしていたり、年収や待遇が変わらなかったりすると、「このままで良いのか」と疑問を感じる方も少なくありません。

仕事を通じてより高いスキルや実績を積みたい方や、年収をアップしたいという男女も多く、29歳の転職理由として多くなっています。

また、29歳で転職をする場合と30歳で転職をする場合で、書類審査の通りやすさの違いを理解している人は、30歳になる前に本当に自分が転職すべきかどうか、未経験職種で行きたい企業があるかどうか、今後の人生に悩んで焦っている人もいます。


② 他人と比較してしまい、劣等感を抱いてしまった

29歳になると、企業や職種によっては役職についている方も出てくる時期です。さらに、新卒で入社した同世代の間でも、年収や待遇に差も開き始めます。

29歳になった自分の年収や待遇を同級生や同職種の方と比較してみたところ、自分の方が劣っていたり、同窓会などで自分だけ役職についていないことが分かったりした場合、特に男性は劣等感を感じてしまうことも。

30代を迎えるまでに、もっとキャリアアップや年収アップを目指したいと思い、転職を希望する29歳の方も多くいます。


③ これまで希望通りの仕事ができなかった

今の会社に入社してから、同じ仕事だけを続けてきたり、希望の部署へ異動希望を出してもそれが受理されなかったりする方も少なくありません。

元々希望している仕事や未経験の職種があり、今までやってみたいという希望があってもそれが叶えられなかった方が、30代を目前にすると「最後のチャンス」と感じることも。

希望の仕事に就くために、未経験の仕事へ挑戦できる最後のチャンスとして転職を決意することも、29歳の男女が転職する理由として多くなっています。


④ 家庭環境の変化で、給与や福利厚生に不足を感じた

29歳になると、男性も女性も結婚して家庭を持ったり、子供が生まれたりなどで、入社当時よりも家庭環境が変化している方が多いです。

さらに30代を目前にすると、今養うべき家族のことだけでなく、自分自身の老後や両親の介護の問題なども考えるようになります。

初めて支給されている給料額や会社から受けている福利厚生を見直すと、今後の人生の中では不足を感じ、より給与や福利厚生の充実した職場を求めて転職するのも、理由のひとつです。


29歳は30代以降の未来を見据えた転職活動を心がけましょう。

29歳の男女が転職を決意する理由や、転職活動において心がけたいことをご紹介しました。30代以降の未来を考えた転職活動が必須の29歳は、転職エージェントなどのプロの力を借りれば、より有利に動けるようになります。

自分にぴったりの転職支援サービスを見つけて、希望が叶う転職を成功させましょう。


【参考記事】転職エージェントの実態とは。基本的な情報から評判まで詳しく説明します▽

【参考記事】東京都で評判の良い転職エージェントとは▽

【参考記事】転職を成功させる職務経歴書の書き方をお教えします▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事