やりたい仕事が見つからない時におすすめ!自分に合う職場の見つけ方とは

今記事では自分に合った環境の職場を探すコツをご紹介します。自分で選んだ会社で働いているけど、やりたい事が見つからない。自分に合った環境を見つけたい。そんな方におすすめの方法があります。参考にしてみてください。

やりたい仕事ではない時にどうすれば良いのか、そのヒントを教えします

仕事でやりたいことがない人

入りたかった会社だけれど、やりたい仕事でない場合はどうしたら良いでしょう。我慢して続ければいいのでしょうか。仕事は生活をするために続けていくものです。一度ついた職業を一生続けなくてもいいのです。転職して、より良い職が見つかるかもしれません。転職も一回で見つからなくてもいいのです。同じ仕事を続けなければいけないという思い込みを捨てて、転職活動をしてみましょう。今回はやりたい仕事を見つけたい方にヒントを教えます。ヒントをうまく活かして、やりたい仕事を探してみてください。


やりたい仕事ができていない人のパターンとは。

大きく③つのタイプに別れます。

① 会社自体に満足しているが、仕事内容はやりたいことではない

② 仕事内容は満足しているが、会社には不満がある

③ やりたい仕事が分からずとりあえず働いている

詳しく解説していきます。


① 会社自体に満足しているが、仕事内容はやりたいことではない

会社自体には満足していても、仕事の内容はやりたいことではない時、どのようなアクションを起こしたら良いのでしょうか。まずは自分の仕事を極めることが大切です。自分の仕事を器用にこなしているために、仕事に満足感が無いのかもしれません。満足感を得るためには、自分の得意分野を磨き、追求することでこれからの仕事でも活躍できるスキルを身につけられます。また、転職をする際にも、得意なジャンルやスキルがあることが強みになります。スキルアップのために資格取得に力を入れてみましょう。


その場合は会社に留まって部署異動を申し出てみましょう

会社自体には満足している場合、会社の他の部署に異動をしてみると良いかもしれません。会社に留まって、部署移動を申し出てみましょう。部署が変われば、やりたい仕事ができるかもしれません。他の部署の仕事内容をリサーチして自分がやりたい仕事がないか確認してみましょう。部署が変われば心機一転、頑張る力も湧いてきます。新しい部署で新しい仕事を始めると、満足する仕事が見つかるかもしれません。なかなかうまくいかなくても、妥協する点を見つけて、満点を目指すのではなく、合格点を目指すようにするといいです。新しい仕事の中でやりがいを見つけてみましょう。


② 仕事内容は満足しているが、会社には不満がある

仕事内容には満足しているが、会社には不満がある場合、どのようなところが不満なのか突き止めてみましょう。自分が評価されないから不満なのか、給料が少ないから不満なのかなど、考えてみましょう。会社に不満がある場合は、会社のカウンセラーに相談することもできます。カウンセラーに相談することで、解決する方法が見つかるかもしれません。

会社で働いていると、自分がどのように評価されているのか気になりますよね。あまりにも過小評価されているなどと感じた場合は、転職を考えるのもおすすめです。


同じ仕事を任せてもらえる他社に転職することも視野に入れて

仕事内容を変えないで転職する場合は、今よりも良い会社に入りたいですよね。雰囲気の良い会社や、自分のことを評価してくれる会社など、同じ仕事をするなら会社にも満足したいところ。会社にも仕事にも満足できるように、転職することも視野に入れてみましょう。新しい会社では同じ仕事内容でも、こんなに違うんだと感じることがあるでしょう。やり方が効率化していたり、やりがいが持てたりと、仕事意欲も向上できると良いですね。また、自分のスキルアップとして様々な仕事に対応できるように、資格を取っておいたり、仕事の正確さを向上させる努力も必要です。


③ やりたい仕事が分からずとりあえず働いている

やりたい仕事が分からないので、とりあえず働いている人も多いようです。やりたい仕事が分からなくても、仕事をしないと生活できません。やりたい仕事を探している暇はないという方も多いでしょう。初めて入社した会社で、やりたい仕事が分からないので、とりあえず働いている人も多いのではないでしょうか。やりたいことが見つからないのは、やりたいことにまだ出会ってないだけ。だからこそ、色んなことに挑戦する姿勢が大事です。今の仕事の中で使う資格を取ったり、スキルを磨いてみましょう。


今の会社での目標を決めて頑張ってみる

やりたい仕事が分からない場合は、今の会社で目標を立てて頑張ってみると、仕事にメリハリがつきます。「いつも30分かかる仕事の準備を25分で終わらせる」とか「業務内容をまとめる作業をダラダラしないで〇〇分以内に終わらせる」など、目標を決めて頑張ってみましょう。具体的な目標が難しいのであれば、残業をしないようにするといったわかりやすい目標を立てることも効果があります。やりたいことが無くても、目標をクリアすることで達成感が味わえますよ。自分のステップアップのためにもトライしてみましょう。


自分のやりたい仕事は何かを考えてみる

子供の頃になりたかった職業や、趣味や好きなことなどを思い出して、自分のやりたい仕事は何かを考えてみましょう。デザイナーになりたかった、先生になりたかった、など今の仕事に近いものはありませんか。本を読むのが好きな人はライター、絵を描くのが好きな人はデザイナーなど、その中からやりたい仕事が浮かんでくるかもしれません。はっきりとした職業でなくても、人の役に立つ仕事や、人から感謝される仕事など、思い描く姿はありませんか。職業の全てが誰かの役に立ち、仕事を伝って、色んな人に感謝されるのです。そう考えるとどんな仕事でもやりたい事を見つけられそうですね。


やりたい仕事が分からないときのやりたいことの見つけ方

やりたい仕事が分からない時はどうしたら良いのでしょうか。やりたい仕事でないと、やる気も起きません。疲れやすくなって、集中力も持たなくなってしまいます。やりたいことが見つからない時の仕事を続ける上での工夫の仕方や、転職をするときに気をつけたい事をお教えます。どのようなことをしたら見つけやすくなるのか、色んな例をご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。


① まずはこれまで得た知識・経験、強みを書き出してみる

紙にペンで、これまで得た知識・経験・強みを書き出してみます。思いつくままにどんどんと書いていきましょう。まとまった文章を書かなくていいので、単語でどんどん書き出してみましょう。これまで仕事をしてきた中で得た知識は、これからも活躍します。仕事で積んできた経験は、自分の力となり、色んなシチュエーションで発揮できるでしょう。仕事をする上での自分の強みは、自分の自信になります。新しい仕事を探すときに、胸を張ってこれができるというような強みや、勉強して身に着けた資格があると、もし転職したときでも選考がスムーズに通るようになります。自分に自信をつけるためにも、たくさんのことを書き出して、可視化してみましょう。


② なぜ今の仕事がやりたい仕事ではないのかを深掘りしてみる

今の仕事がやりたい仕事ではないと考える点を深堀りしてみましょう。仕事内容が同じ単純作業だからつまらないのか、営業で人と関わる仕事だから嫌なのか、接客業で人と話すのが苦手だから嫌なのか、嫌だと思うことを書き出してみてください。仕事をする上で「これだけは嫌」と思うことを挙げてみることで、仕事の選択肢が狭まります。そうすることで、だんだんと自分のやりたい仕事が見えてくるようになります。やりたい仕事が分かってきたら、今の仕事がやりたい仕事ではない理由もわかるはずです。


③ 「①」で書き出したことは今の仕事に重なる部分はないか考える

今までの仕事で得た自分の知識・経験・強みを思い返して、今の仕事に重なる部分はありませんか。マイナスな部分だけでなく、自分にプラスになった点を挙げてみましょう。自分の強みは転職を考えるうえで、これからの仕事に広げていくことができます。少しでも経験したことがある事だと、ゼロの状態から始めるよりも、徐々にキャリアを積むことができます。今までの仕事で楽しいと感じたことや、わくわくしたことはありませんか。心が動くようなことが仕事につながると、やりがいになります。そのような仕事が見つかったら、積極的にトライしてみるといいでしょう。


④ 友達や親など第三者の意見を聞く

1人で思い詰めてしまって、打開策が浮かばない時には、第三者の意見を聞いてみましょう。友達や親など親身になって聞いてくれる人が良いですね。1人で考えていたことに、第三者の意見で新しい発見があるかもしれません。自分がやってみたいと思う仕事に就いている人の話を聞くと、リアルな現場の声が聞けたりします。思っていたような仕事とは違うこともあるかもしれません。

しかし、友達や親などは関係が近いので、厳しいことを言ってくれる人がいないかもしれません。転職エージェントのキャリアアドバイザーなどを第三者に選ぶと、はっきりと意見をしてもらえます。色んなアドバイスを受けながら、考えをまとめてみましょう。


⑤「①」と「④」を総合してどんな仕事に向いているのか調べてみる

自分が持っている知識や経験と、第三者のアドバイスを総合して、どんな仕事に向いているのか調べてみましょう。今までやりたいと思っていたジャンルや、得意なことを仕事にしてみてはどうでしょうか。第三者から見て、自分に向いていると思われる仕事について調べてみるのもおすすめです。既にその職業に就いている人に意見を聞いたり、職業体験を受けてみるのも良いでしょう。体験してみると思っていた仕事とは違っていたり、内容が異なっていたりするかもしれません。実際に転職する前に、仕事内容を慎重に調べてみましょう。


⑥ 転職サイトに登録してスカウトメールを確認してみる

転職サイトに登録してみると、自分の価値もわかって、冷静に仕事を探せます。自分に届くスカウトメールでどんな職種が向いているのかもわかりますし、スカウトメールの内容で自分の強みもわかります。自分の強みを活かせる仕事を見つけると、やりたい仕事が見つかる気がしますよね。自分の得意なことや資格を活かせる仕事を探せば、やりたい仕事が見つかるはずです。転職するか迷っている場合でも、とりあえず転職サイトに登録することをおすすめします。スカウトメールに書いてある内容をよく読んで、参考にしてみましょう。


⑦ 転職エージェントに相談して、そもそも転職すべきかを相談してみる

転職を考えた時、そもそも転職するべきなのか迷ったことはありませんか。そんな時は、転職エージェントに相談して、プロの意見を聞いてみましょう。自分が転職したいと思っても、プロに聞くと転職すべきでなかったりします。職場が変わると、給料が下がってしまったり、仕事の内容が変わってしまったり、貴方の思い通りにいかないことも。転職エージェントは業界の内情を詳しく知っているので、そもそも転職すべきか、そうでないのかをアドバイスしてくれますよ。そもそも転職すべきでない場合は、今の仕事でやりたい事を見つけるようにしてみましょう。


転職エージェントは無料で利用できます、プロの意見を聞いてみましょう

転職エージェントがどのくらい費用がかかるのか心配な方も多いようですが、転職エージェントはほとんどの会社が無料で利用出来ます。1人で考えてばかりいないで、プロに意見を聞いてみると、新しい発見があるかもしれません。転職エージェントに登録して気軽に相談してみましょう。転職を悩んでいる段階でも、これからのキャリアプランについて相談してみると新しい発見があるかもしれません。転職エージェントに相談して、やりたい仕事を見つけてみましょう。プロの的確なアドバイスで、自分のやりたいことが分析できるはずですよ。


⑧ 退職までに転職活動で次の仕事を見つけておく

転職は、退職するまでに次の仕事を見つけておくことが大事です。仕事を辞めたいと思って、突発的に辞めてしまっては、あとから後悔する方が多いようです。嫌なことがあって、辞めたいと思ってもまずは我慢してみてください。今の職場で働きながら転職活動を続けて、次の仕事を決めてから退職しましょう。働きながら転職活動を続けるのは大変ですが、プロの力を借りることでスムーズに転職活動ができますよ。やりたい仕事が見つかれば、生活にもメリハリが出るでしょう。


やりたい仕事がわからないと諦めず、あらゆる角度から今の自分を見つめ直してみましょう。

やりたい仕事がない、わからない、と諦めてしまってはもったいないです。どんな人も自分に合った仕事がありますよ。あらゆる角度から自分を分析し、合う職業を探してみましょう。その際は、第三者の意見や転職エージェントのアドバイスも参考にして、転職活動を進めていきましょう。

【参考記事】転職エージェントのメリットとデメリットを大公開▽

【参考記事】職場のストレスを解消する方法とは?▽

【参考記事】転職エージェントの費用など、詳しい情報を解説します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事