仕事がつまらないと思う原因とは。人間関係などの理由や取るべき解決策を紹介

会社勤めに張り合いがない、何となく毎日を過ごしている、など「仕事がつまらない」と感じてしまうのはどのような理由があるのでしょうか。ここでは、仕事がつまらないと感じる5つの理由と避けるべき・試すべき行動をご紹介します。

なぜ仕事がつまらないと感じてしまうのか、その理由を解説します

仕事がつまらない人の特徴

新卒・既卒を問わず、就職活動を懸命に行って内定や採用を勝ち取った方ばかりなのにも関わらず、仕事がつまらないと感じてしまう背景には必ず理由があります。次に、具体的な仕事がつまらないと感じる理由についてご紹介します。入社当時の気持ちを取り戻したい方や、毎日の会社勤めに疑問を持っている方もぜひ参考にしてみてください。


仕事がつまらないと感じる理由

仕事がつまらないと感じる代表的な理由には、仕事内容そのもの、職場の人間関係、会社の風土や規則、給料や待遇面、仕事内容が自分に合っていない、の5つが挙げられます。仕事がつまらないと感じる理由が分からない方にも参考にして欲しい、それぞれの理由や仕事がつまらないと感じさせる原因について解説していきます。


① 仕事内容そのもの

ひとつめが、仕事内容そのものがつまらないと感じてしまうことです。毎日同じことを繰り返す単調な作業に飽きてしまっていたり、営業周りや売り込みを行っても結果が思うように出せなかったりすると、仕事自体がつまらないと感じるようになります。また、元々やりたい仕事があったのに、学歴やキャリアなどの理由や採用に至らなかったなどの理由で諦め、やむを得ず別の仕事に就いた場合も「自分は本当はこんな仕事がしたかったわけではない」と、仕事そのものに自分の不満をぶつけてしまい、仕事のやりがいを失って「つまらない」と感じるようになります。


② 職場の人間関係

仕事そのものはやりがいがあっても、職場の人間関係によって仕事がつまらないと感じてしまうことは少なくありません。上司や同僚からハラスメントを受けている、など人間関係が悪い中で仕事をしていること自体に苦痛を感じて、かつて持っていた仕事へのやりがいや情熱も薄れてしまい、仕事がつまらないと感じてしまうのです。ほかにも上司が厳しく常に機嫌を伺いながら仕事をしなければいけない、取引先の気難しい顧客の対応にいつも辟易している、など仕事をする上で精神的な負担がかかる人間関係も原因となります。


③ 会社の風土や規則

仕事はやりたかった内容、かつ人間関係にも恵まれているのにも関わらず、仕事がつまらないと感じる背景には、会社の風土や規則が関係している可能性があります。体育会系の縦社会だったり、頻繁に飲み会があったり、就業時間内でも度を過ぎた拘束を受ける会社の場合は、会社の風土が自分に合わず仕事にも嫌気がさしてしまうことも。また、残業代は支払われない、有給休暇は付帯されるが取れる雰囲気ではない、など規則に問題がある時にも仕事のやりがいを失ってしまいます。この場合、自分一人だけでなく周りも仕事がつまらないと感じている人が多いため、企業の離職率自体も高い傾向にあります。


④ 給与や待遇面

仕事を懸命に行っても、給料が低かったり待遇が悪かったりすると、仕事自体がつまらないと感じやすくなります。自分が行った成果に対して正当な評価を得られない場合、「どれだけ頑張っても無駄」という気持ちになってしまい、仕事のやりがいを失うきっかけにも。また、何かのきっかけで自分と同職種の人との年収を比べた時に自分の方が低かった、一緒に新卒で就職した同級生の方が良い待遇で仕事をしていた、などが分かった時にも、自分の置かれている情報への不満が出て、「もっと正当な評価が得られる会社に入りたい」と感じ、今の仕事がつまらないと感じるようになります。


⑤ そもそも仕事内容が向いていない

人見知りや人前で話すことが苦手な人が営業や販売職をしていたり、どちらかといえば体を使ってする仕事が得意な人が経理事務をしていたりと、性格や特技によって仕事には人それぞれの適性があります。どんなに頑張ってもうまくいかなかったり、上司や同僚に仕事上で迷惑をかけてしまったりすることが多い場合、仕事自体が自分に向いていない可能性があります。向いていない仕事を無理に続けていると、仕事がつまらないと感じるだけでなく、精神的な負担が大きくなったり、自信を失ってしまったりもします。よって、自分に向いている仕事に就くことが解決策となります。


例え仕事がつまらなくても、避けるべき行動とは?

色々な理由から仕事がつまらないと感じることが分かりました。とはいえ、例え仕事がつまらなくても社会人としてやってはいけない行動があります。次に、自分だけでなく周りの人間や職場環境にも悪影響を与える可能性の高い、仕事がつまらない状況でも絶対に避けるべき6つの行動についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


1. 仕事の不満を社内の人間に愚痴る

仕事への不満を社内の人間に愚痴ると、職場環境が悪化したり、人間関係にひびが入ったりする可能性が高いので絶対に避けましょう。例えば、自分の待遇が悪く、仕事の成果に対して正当な評価が得られていないと愚痴を言ったとしても、愚痴を言った相手の方が悪い待遇で働いている可能性もあるのです。また、社内の風土や規則に関する愚痴を言ってしまうと、社内に自分の悪いうわさが広がり、不当な扱いを受けるきっかけになるかもしれません。仕事への不満は一緒に働いている人間なら共感してくれると思い、愚痴を言ってしまいがちですが、会社内の雰囲気を壊さないためにも絶対に避けましょう。


2. やりたくない仕事だからと手を抜く

与えられた仕事がつまらない、やりたくないからといって手を抜くのは社会人として絶対に行ってはいけません。待遇や給料に不満があっても、その仕事を行った対価として給料や待遇が発生します。また、自分が仕事の手を抜いたことで、周りの人の負担が大きくなるだけでなく、業務上でのトラブルや不具合、事故を招く可能性もあります。自分が仕事の手を抜いたことで、周りの人間だけでなく会社全体が大損害を被る、または取引先や顧客など社外の人間にも迷惑をかけてしまう可能性がある事をいつでも念頭に置いて、仕事は正確に行いましょう。


3. ダラダラと仕事を進める

仕事がつまらないからと、だらだらと仕事を進めて残業代を得る、といった行為は止めましょう。仕事をわざとゆっくり進めると、全体の能率が下がり会社としての事業展開や利益面でも悪影響があります。また、日本社会全体でも長時間労働の是正が風潮として広まっているので、不要な残業は消滅していくのと同時に、だらだらと仕事をしていると「仕事が遅い人」と不当な評価を受けるきっかけにもなります。また、自分がだらだらと仕事をしている態度を周りに見せるのは、職場全体の士気も下がってしまい、さらに人間関係や待遇が悪くなる恐れもあります。


4. 目先の業務しか見ない

仕事をする上では、常に先を考えた行動が求められます。ところが、仕事がつまらないからと目先の業務しか見ずに仕事の幅を狭めるのは、全体の能率が下がるだけでなく、仕事がうまく進まなくなる可能性もあります。例えば、仕事上で資材などを発注する時には、必要な資材だけでなくほかの在庫もチェックして、不足しているものがあればまとめて発注をします。必要な資材のみを発注する、つまり目先の業務だけをこなしていると、ほかの資材が在庫切れになってしまい、業務がストップしてしまう可能性もありますよ。仕事は自分ひとりで行っているのではない自覚を持ち、視野を広げて仕事をするようにしましょう。


5. 無理やり楽しもうとする

仕事がつまらない、やりがいを感じない状態でも無理やり楽しもうとするのは、一見良いように見えます。しかし、自分に嘘をついて無理に楽しもうとすると、精神的な負担が多いため、長続きしません。さらに、無理に楽しんでいる態度は周りからも分かりやすく、見ていて痛々しい印象を与えてしまうことも。仕事がつまらないと感じるようになっても、前向きに仕事に取り組むのはとても良いことですが、無理やり楽しもうとする必要はありません。仕事は楽しさを求めるものではなく、社会を動かすため、また自分が報酬の対価として行うものと改めて考えてみましょう。


6. 自分じゃなくてもできると考える

仕事がつまらないと思うと、自分じゃなくてもできる、誰でもできると考えてしまいがちになります。自分でなくてもできる仕事をしている、という気持ちを持ってしまうと、急に仕事に対する情熱が冷めてしまったり、仕事も雑になることも。仕事が雑になると、周りや取引先に悪い影響が出てしまいますよ。今与えられている仕事は、何かの縁で自分がやるようになった、という意識を持って、「自分に与えられたからこそ成果を出そう」という心持でいれば、仕事を違った視点から見られるようになり、また仕事に対するやりがいを持てるきっかけになるでしょう。


仕事がつまらないと感じた時やりたいこと

仕事がつまらない、と感じた時にやってはいけないことを紹介しました。逆に、仕事がつまらないと感じたからこそやるべきことがあります。次に、仕事がつまらないと感じた時にやりたい、スキルアップを目指す、仕事の目標を見つける、ほかの部署への異動を考える、仕事以外のやりがいを見つけるの4つの行動について詳しく見ていきましょう。


1. スキルアップを目指す

職場環境や人間関係、会社の風土や規則など外的な要因で仕事がつまらないと感じる時には、仕事自体はまだ好き・続けたいと思っている方がほとんどです。仕事自体はこれからも続けたい、と考えている場合はスキルアップを目指すのがおすすめです。スキルアップの方法には、本を読んで知識を増やすと、資格取得を目指して勉強をするのふたつの方法があります。仕事のスキルを身に着けておけば、同業他社への転職を決意した時にも応募書類や面接で効果的なアピールに繋がりますし、スキルを活かして働き続けられます。


① 本を読んで知識を増やす

スキルアップの方法として、今日からでもすぐに始められるのが本を読むことです。近年では、実店舗である書店はもちろん、インターネット上でいつでもどこでも書籍を購入できるようになりましたので、忙しい中でも本を読むことは始められます。また、満員電車の中などの時間を利用して本を読みたい時には、スマートフォンやタブレット端末で利用できる電子書籍を利用すると、空いている時間を利用して効率よく読書の時間を持てますよ。職種に関連した書籍だけでなく、ビジネスマナーや英語関係など、仕事に活かせる知識が得られる書籍を幅広く読んでみるのもおすすめ。


② 資格の勉強をする

仕事に関する資格を取得しておけば、今の会社でスキルアップを目指せるほか、転職を決意した時には履歴書や職務経歴書に記載できるので、自分のスキルを効果的にアピールできます。資格を取得する方法は、試験の過去問題を購入して独学で勉強する、通信教育を受講する、スクールに通うなどの方法があり、取得したい資格の種類や難易度によって異なります。一般的に、スキルやキャリアとして有効な資格は取得するのが難しいため、取得するのに多くの費用や時間がかかります。よって、仕事を続けながらも難しい資格取得を目指す時には、仕事と両立しながら無理なく取得できる方法を見つけましょう。


2. 他の仕事や部署に移れないか検討する

大きな企業の場合、異なる業務を行っている部署もたくさんありますので、自分に合っている仕事ややりたい仕事を求めて、ほかの部署への異動ができないか検討するのも良い方法です。小さい企業の場合も、ほかに取り扱っている仕事があれば、そちらに移れないか掛け合ってみる方法もあります。自分の適性に合った仕事や部署に移ることができれば、仕事のやりがいも取り戻すことができるので、自分に合っていない仕事をしている人や、元々やりたかったことがある人には有効な方法です。


3. 自分なりの目標を小さなことから作ってみる

仕事の成果が上手く出せない時や、人間関係が原因で仕事がつまらないと思っている時、仕事に張り合いを感じない時には、自分なりに仕事に関する目標を作り、それを目指して働くのも良い方法です。とはいえ、達成が難しい大きな目標を立ててしまうと、なかなか達成できずやる気が下がってしまったり、無理をしてしまいがちになるので、まずは少しの努力で達成可能な小さな目標を作るのがおすすめです。目標を達成したら自分に対して小さなご褒美を送るなど、自分で報酬や成果を設定すると、よりやりがいを感じるように。


4. 仕事以外に楽しみを見つける

今まで懸命にやっていた仕事だからこそ、色々なきっかけや理由でつまらないと感じてしまうことがあります。もしも、日常の大半を仕事が占めていた生活を送っていた場合、仕事だけを見ていて視野が狭くなっている可能性があります。仕事以外のことに目を向けると仕事に対する考え方も変わり、気持ちも軽くなることも。よって、仕事がつまらないと感じたら、仕事以外に楽しみを見つけて自分自身の視野を広げてみるのも良い方法です。


① 趣味を充実させる

自分自身の趣味を充実させると、気持ちに余裕ができて視野が広がり、仕事に対する考え方が変わることがあります。もしも、最近仕事ばかりで全然趣味の時間を持てていなかったのなら、休日や空いている時間を趣味の時間にあてるのがおすすめです。趣味は人の個性や性質があらわれるため、趣味の時間を持つと忘れていた本来の自分を取り戻すきっかけにもなります。また、今まで夢中になっていた趣味の時間を持てないほど仕事に時間を取られていた場合、自分らしい生活を送れていない可能性もありますので、一度自分の働き方を見直してみましょう。


② 友人と会う

社会人になると平日は仕事が忙しくなり、休日は仕事の疲れを取ったり、家族との時間を持ったりするため、なかなか友人と会う機会が少なくなってしまいます。ですが、仕事がつまらないと思った時にこそ、普段なかなか会えない友人と会う機会を持ってみると、上手に気持ちを切り替えられるきっかけになる可能性も高いです。友人は、仕事を介せずに作る人間関係なので、友人と会えば仕事を忘れて充実した一日を過ごせるだけでなく、同じ時期に新卒として就職した大学時代の友人なら、機密情報などを漏らさない範囲で多少の仕事の愚痴を言い合うなど、お互いの気持ちを発散させましょう。


③ ファッションやヘアスタイルなどの自己投資をして自分を高める

仕事に没頭した日々を過ごしていると、自分の身なりや服装に気をかけていないことが多いです。仕事をしている平日は、社会人としてふさわしい服装や髪形を心がけていても、休日になると部屋着のままになっていることも。新しい洋服を購入したり、美容室を予約して新しい髪型に挑戦したりするなど、ファッションやヘアスタイルなどの自己投資をすることで自分の外見が変わり、失ってしまった自信を取り戻すきっかけになります。仕事で正当な評価を得られなかったり、上司や同僚から不当な扱いを受けていたりで低くなってしまった自己肯定感を取り戻せる可能性もありますよ。


④ セミナーや外部の勉強会、習い事を始める

これといった趣味がない方や、休日に仕事以外に目を向けようと思っても何をして良いか分からない方におすすめなのが、職場関係の外部で行われているセミナーや勉強会への参加や、習い事を始めて新しい世界を開拓することです。セミナーや勉強会には色々な講座がありますが、企業が開講されている有料のものだけでなく、教育機関や職業訓練所、自治体の生涯学習センターなどで開講されている無料のものもあります。なお、外部のセミナーや勉強会にはマルチ商法や勧誘目的で開催されているものもありますので、必ず主催している団体や勉強会、セミナーの内容を良く確認して参加するようにしましょう。


⑤ 恋人を作る

人間関係で不当な扱いを受けたり、正当な評価が得られず給料も低かったりして仕事がつまらないと感じると、特に一人暮らしの人は仕事に関する愚痴や相談ができる人、そして支える人がいないため孤独感にさいなまれることがあります。もしも、色々な理由で仕事がつまらないと感じていたら、思い切って恋人を作ってみると展望が開けるかもしれません。恋人がいれば仕事の張り合いややりがいも出て、仕事への情熱が取り戻せるきっかけになる場合も。今は本気の出会いを求めている人のための婚活パーティーや結婚相談所、合コンサポートサービスまで幅広い出会いの場がありますので、気軽に利用してみましょう。


仕事がつまらなくてやりがいを感じないなら「転職」も視野に

仕事がつまらないと感じる時にやるべきこと、やってはいけないことを紹介しました。いずれの方法を試してみても、まだ仕事に対するつまらなさを感じ、かつやりがいも取り戻せないなら今の仕事を無理に続けるのではなく、転職も視野に入れて行動してみましょう。次に、仕事のやりがいを取り戻すための、転職への第一歩をご紹介します。


エージェントを利用して転職すべきかを相談してみましょう

色々な理由から仕事がつまらないと感じ、かつやりがいも取り戻せない状態でも転職をすべきかしないべきか悩む人は少なくありません。自分がいま転職すべき状況かどうかを判断するには、転職エージェントへの相談がおすすめです。転職エージェントとは、無料で求職者の転職活動をサポートするサービスですが、転職に関する相談を気軽に寄せることもできますので、まずは自分が転職すべき状態かどうかを相談し、今の状況を見極めましょう。


客観的な意見で今の仕事や自分の能力が棚卸しできるのはメリット

転職エージェントでは、職種や業種ごとの専門的な知識や経験を持つ専任のアドバイザーに転職に関する相談ができます。自分の今の仕事や状況について客観的な意見が得られるので、転職を迷っている人にも有効です。さらに、転職エージェントに相談すれば、自分の持つスキルやキャリアの棚卸もできますので、自分の新しい可能性が見つかり、全く違った職種や業種への転職を目指すきっかけになる可能性もあります。今の仕事が自分に合っているか不安な方にもおすすめです。


業界最大手の【リクルートエージェント】

累計41万1,000名以上の求職者へ転職支援を行った、業界ナンバーワンの転職支援実績を誇る転職エージェントが「リクルートエージェント」です。一般の求人サイトに掲載されていない非公開求人数は10万件以上で、求人数でも業界最大級を誇ります。転職支援サービスは、応募書類の添削や面接対策、独自に分析した業界や企業情報の提供、業種に精通したキャリアアドバイザーが厳選した求人の紹介などのきめ細かいサポートが無料で受けられます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、転職支援サービスに登録後は業界ナンバーワンの実績を誇るサポートが無料で受けられ、求職者を転職成功へ導きます。また、登録前に転職しようか迷っている場合でも、転職活動に役立つ情報や求人情報を無料で配信しているメルマガを受け取り、活用することもできます。転職をまだ迷っている状態でも登録し、キャリアアドバイザーに転職するかしないかを相談だけすることもできますので、気軽に利用できます。

公式サイトで見る


20代なら【マイナビエージェント】

20代、30代の若年層の転職に強みのある転職エージェントが「マイナビエージェント」です。20代に信頼されている転職エージェントナンバーワンの実績を誇り、第二新卒や初めての転職の方もしっかり転職サポートを行います。登録後のキャリアアドバイザーとの面接では、丁寧かつ分かりやすい転職エージェントについてや、受けられるサービス内容についての説明も受けられるので、初めて転職エージェントの利用を検討している方も安心して利用できます。


マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントのおすすめポイントは、キャリアアドバイザーとの面接で職務経歴書を見ながらのキャリアの棚卸を行う際に、求職者の持つスキルや強みをピックアップしながら進めることです。今まで分からなかった自分の強みや可能性に気付くきっかけにもなるので、転職すべきか迷っている方や、自分に合っている仕事が分からない方にも有効です。登録後に個別で紹介が受けられる非公開求人だけでなく、サイト上でいつでも検索できる公開求人数も豊富なため、忙しい人でもいつでも転職活動ができます。

公式サイトで見る


現状に満足せず、価値を見出して行動することが大切

仕事がつまらないと感じる理由や、やってはいけないこと、やるべきことをやっても仕事のやりがいが失われたままなら転職を検討するのも有効だと分かりました。仕事がつまらないと感じながら仕事を続けていても何も変わりません。自分では分からない価値や強み、可能性を見つけるには転職エージェントが強い味方になりますので、転職を迷っている時でも気軽に相談してみましょう。

【参考記事】仕事でイライラしたときの解消方法とは▽

【参考記事】仕事を辞めたいときの解決策をご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事