「真面目に仕事をするのが馬鹿らしい」と感じたときに試したい5つのこと

仕事が馬鹿らしいと感じたことはありますか。それはあなたがこれまで一生懸命真面目に仕事に取り組みすぎていたからかもしれません。仕事のことばかりを深く考え過ぎず、もう少し割り切って考える思考を持ってみましょう。仕事に変わる楽しみや、思い切った転職なども視野に入れてみてください。

真面目に仕事をしていて、馬鹿らしくなった経験は誰でも一度はあるはず

真面目に働くことが馬鹿らしくなってしまった人

「毎日毎日一生懸命仕事をしてきたけど、自分は一体なぜこんなにもがんばっているのだろう。」と、ある日突然真面目に仕事をすることが馬鹿らしくなってしまったという経験は誰しも一度はしたことがあるでしょう。そんな考えが浮かぶとなかなか仕事に対してやる気を取り戻せなくなってしまうが現実です。真面目に仕事をするのが馬鹿らしくなった時の対処法や、対策をご紹介します。


仕事が馬鹿らしく感じてしまう理由とは?

今まで当たり前のようにやってきた仕事なのに、なぜ突然仕事が馬鹿らしく感じてしまい、やる気を失くしてしまうのでしょうか。

人間関係や給料、会社の評価など人それぞれで理由はありますが、主に4つの理由で馬鹿らしくなってしまう人が多くみられます。

あなたもこのいずれかの理由が当てはまるのではないでしょうか。


① 頑張りが評価されない

どれだけ一生懸命仕事こなしても上司や会社から評価されなければ、モチベーションを保つことはなかなかできることではありません。頑張って仕事をしても自分の評価や待遇が何も変わらないのであれば、頑張っても何の意味もないと考えてしまうものです。そう考えてしまうと一生懸命仕事をすることは馬鹿らしくなり、適当に仕事をこなしている方が楽なのでは、という考えも出てきてしまいがちです。また、仕事は頑張っているけど上司に気に入られなければ評価されない、ということで仕事が馬鹿らしくなってしまう場合もあるでしょう。


② 友人や同僚と自分を比べてしまう

自分は自分、他人は他人と言えど、どうしても自分の会社での現状と周りの友人や同僚の現状を比べてしまうものです。どんどん出世する同僚と現状にくすぶっている自分を比べてしまい、自分が情けなく感じてしまうことで、自己嫌悪に陥ってしまったという方や、プライベートの友人が会社で出世する姿を見ることで、自分は何をしているのだろう、と現状に不安を抱いてしまったという方もいます。こういった理由から、徐々に仕事を頑張ることが馬鹿らしくなってしまうのです。他にも仕事は不真面目なのに、上司との人間関係が上手な同僚が出世することを見てしまうことで、仕事が馬鹿らしくなってしまった人も多いでしょう。


③ 仕事内容に疑問を持ったりや意義を見つけられなくなった

「なぜ自分はこの仕事を任せられているのだろうか」「この仕事は自分にとって必要な仕事なのだろうか」など、仕事の内容に疑問を持ってしまったり、仕事の意義を見つけられなくなってしまうことも多く見られる理由のひとつです。特に単純作業の仕事内容の場合、これは自分がやらなくても良いような仕事ではないか、他に代わりはいくらでもいるのではと疑問を抱いてしまいがちです。また、業種や業界によっては自分の仕事は誰かの役に立っているのだろうか、誰かを喜ばせることができているのだろうかとそのサービス自体に疑問を抱いてしまった人も多いでしょう。


④ 何のために頑張っているのか、目標を見失ってしまった

自分は何のために仕事を頑張っているんだろう、誰のために仕事を頑張ってきたのだろうと疑問を抱いてしまった人も多くいます。自分の生活や楽しみために一生懸命仕事をしてきてつもりだったけど、いつの間にか何も考えずただ仕事をこなすだけの毎日を過ごしていることに気付いてしまうと、突然目標を見失い、それ以降仕事をすることが馬鹿らしくなってしまうものです。

「また、趣味のために頑張ってお金を稼ぐんだと頑張っていたけど、仕事に追われて趣味を楽しむ時間もない」「仕事と趣味を両立できない現状に何ためにお金を稼ごうと頑張っていたんだろう」と、馬鹿らしくもなってしまう人も多いでしょう。


仕事が馬鹿らしく感じた時に試したい5つのアクション

誰しもが一度は経験する仕事が馬鹿らしく感じる時期ですが、そのまま放っていても現状が改善することはありません。何かアクションを起こすことで馬鹿らしくなってしまった現状を打破することにつながります。どういったアクションがその人にとって効果的かはそれぞれ違いがあります。仕事が馬鹿らしく感じた時に試したい5つのアクションを紹介するので、これを参考に仕事が馬鹿らしくなってしまった自分とさよならしましょう。考え方や環境を変えることで、すべてを良い方向に変えられます。


① 仕事に独自の小さな目標や決まりを作ってみる

仕事が馬鹿らしくなってしまっている状況では、仕事にやりがいや目標を見失っていることがほとんどです。やりがいや目標を見失うことで、毎日の仕事をなんとなくこなしてしまっています。常に仕事にやりがいややる気を維持するために、自分なりの目標や決まりを作ってみましょう。どんな小さな目標でも良いので、自分で定めた目標や決まりを達成する努力をしてください。目標や決まりを達成することで、達成感を感じ仕事に対してもやりがいを感じることにつながります。毎日小さな達成感の積み重ねが、仕事の楽しさや日々の充実感に変わっていくのです。


② 仕事なんてそんなもの、と割り切って思考を切り替える

どうしても目標ややりがいを作れないという人は、逆に割り切った考え方を持ってみてはどうでしょうか。馬鹿らしいと思ってしまうことに対して、仕事なんてそんなものと考えてみてください。割り切って思考を切り替えることで、馬鹿らしいという考えが一気に軽くなるはずです。また、割り切って考えることで、今まで頑張り過ぎてしまっていた自分に気付き、肩の力を抜いて仕事をすることができるようになるでしょう。常に全力で仕事を頑張る必要はありません。仕事なんてそんなもの、と力を抜いた思考に切り替えて自分を許してあげましょう。


③ 仕事に依存しないよう、仕事外に楽しみを見つける

突然仕事が馬鹿らしくなってしまう人の特徴のひとつに、仕事を頑張り過ぎてしまっているということが挙げられます。しかし、これは逆に仕事を頑張ることだけが自分を満足させられる状態で、仕事に依存してしまっている状態といえます。仕事に依存し仕事が生活や人生のすべてにならないように、仕事以外の楽しみを見つけてみましょう。仕事以外の趣味や遊び、楽しみを見つけることができれば、仕事が馬鹿らしくなるほど頑張りすぎることもなくなるはずです。仕事のことばかり考えるのではなく、仕事のことを一切忘れられる大切なものを見つけてみてください。


④「働くために生きる」→「生きるために働く」の思考に切り替える

そもそも仕事を始めた動機や目的は、自分が毎日を生きていくために働くというものであったはずです。頑張って仕事をして得た給料で、生活はもちろん趣味や楽しみの時間を充実させていたのではないでしょうか。それがいつしか働くということが先行してしまい、「働くために生きる」という毎日になってしまっています。私たちは、あくまで生きていくために働くのです。「働くために生きる」のではなく、「生きるために働く」という思考に切り替えて、もう一度仕事と生活を見つめ直しましょう。自分の生活や人生を楽しむために仕事をすると思えば、仕事が馬鹿らしいという考えはなくなるはずです。


⑤ 仕事を変える、転職する

どんなアクションを起こしてみても、仕事が馬鹿らしいという考え方を変えられないという場合は、環境を変えるしか方法はないでしょう。それほどまでに仕事へのモチベーションが下がってしまっている状態は、おそらく仕事や職場自体に原因があるはずです。その環境にいては現状を変えることはできないため、仕事を変えたり転職することが何よりの解説方法となります。仕事を変えること、転職をすることで、気分も一新することができ、また新たな気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。また、新たな職場での新たな人間関係が、あなたに刺激を与えてくれることにもなります。


【無料】転職時に利用したいおすすめのサービスをご紹介します

仕事が馬鹿らしくなってしまって、転職するしか解決方法はないと考えているあなたのために、おすすめの転職サービスをご紹介します。すべて無料で利用できるサービスなので、まだ転職を決断しきれていない人にも、気軽に利用できるのでおすすめです。新たな環境でもう一度充実した仕事ができる毎日を取り戻すために、じっくり転職活動をしてみてくださいね。


業界最大手の【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」は業界で最大の非公開求人数を誇る業界最大手の転職エージェントです。充実の転職サポートと転職の専門家によるキャリアアドバイスを受けることができ、転職が初めての人でも成功に導いてくれます。企業に提出する書類の添削や面接対策など、親身になって様々なアドバイスをしてくれる転職エージェントとしておすすめです。また、10万件以上ある非公開求人は、時期を問わず常に安定して求人を提供してくれることでも評判です。


リクルートエージェントのおすすめポイント

「リクルートエージェント」は、業界ナンバーワンの実績を誇る充実のサポートをすべて無料で受けられます。仕事が馬鹿らしくなってしまった人でも、キャリアアドバイザーがしっかりサポートして転職を成功へと導いてくれます。転職の決断をしきれていない状態でも、登録すれば転職に役立つ情報や求人情報を受け取ることができるため、誰でも気軽に利用できることもおすすめのポイントです。転職活動についての相談はもちろん、転職するかどうかの相談もキャリアアドバイザーは親身になってくれるため、心から信頼のできる転職サービスです。

公式サイトで見る


初めての転職なら【パソナキャリア】

「パソナキャリア」は、求職者の転職後の年収アップ率67.1%と、非常に高い実績を持つ転職エージェントです。様々な職種や業種を知り尽くした、キャリアアドバイザーは専門的な知識や豊富な経験を持っており、転職を希望する人一人一人にあった提案をしてくれます。また、提出する書類の添削や面接官に良い印象を与える面接対策など、転職活動時のアドバイスもしっかり行ってくれます。突然仕事が馬鹿らしくなってしまった人に対しても、ゼロから転職のサポートをしてくれて安心です。


パソナキャリアのおすすめポイント

「パソナキャリア」も、無料で充実した転職サポートが受けられる転職エージェントです。パソナキャリアが持っている非公開求人は自分自身で検索できることはもちろん、自分の職歴や希望の条件に合った求人を自動で紹介してくれるサービスがあります。転職活動が初めてでどういう会社が自分に合っているのかがわからない人や、自分の今後のイメージがつかめていない人にもおすすめの転職エージェントです。また、悩み事を相談できるキャリアカウンセリングがあることもおすすめポイントです。カウンセリングを行うことで自己分析ができ、自分の性格や能力に合った業種や業界、職場環境などを把握することにつながります。

公式サイトで見る


⑧ 転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

ここまで紹介した2つの転職エージェントとは違い、転職サイト型である「リクナビNEXT」もおすすめできます。なぜなら、転職サイトであるリクナビNEXTは、転職エージェント並みに求人情報の質が高く、幅の広い業界の求人が揃っているからです。転職エージェントと併用することで、より豊富な求人情報から理想の転職先を見つけることにつながります。

また、こちらから応募しなくても、登録している職務経歴書や希望業種・業界などから、企業や転職エージェント側からあなたをスカウトしてくれる機能もあります。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTの特徴のひとつが、利用している人の年齢層が幅広いこと。業界でも知名度の高いリクルート系列のサービスは、若い利用者が多いことはもちろん、40代や50代の登録者も多数いらっしゃいます。知名度と豊富な実績は、多くの企業や転職希望者からたくさんの信頼を集めています。

また、リクナビNEXTも転職エージェントと同様に、キャリアアドバイザーが転職活動をしっかりサポートをしてくれるので、転職が初めての人でも安心して相談することができます。豊富な求人情報から、あなたが理想とする求人を見つけることができるでしょう。

公式サイトで見る


たまには真面目に考えず脱力してにやり過ごすのも方法の一つ

仕事が馬鹿らしくなってしまう人は、仕事に対して常に真面目に考え取り組んできた人たちです。今まで十分頑張ってきたので、真面目に考え過ぎず力を抜いて現状をやり過ごすこともひとつの解決方法になるでしょう。今回紹介した仕事が馬鹿らしく感じた時に試したい5つのアクションを試しながら、気持ちが落ち着くことを待ってみてくださいね。それでもダメなら、思い切って転職してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】転職を考えたら登録したい、おすすめの転職エージェントを解説▽

【参考記事】転職の強い味方「転職エージェント」の基本情報とは▽

【参考記事】仕事がつまらないときにできる解決策をご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事