白衣のおすすめ宅配クリーニング3選。料金・日数・お手入れ方法まで解説

医療の場や福祉、教師が使用する白衣。白衣は黄ばみや汚れが目立ちやすいので、自分でお手入れをするのは難しいと言えます。自分で洗う際に気をつけたいポイント、また、クリーニングに出す場合の費用や日数などを紹介しつつ、白衣を綺麗に長持ちできる方法をご紹介していきます。

白衣をクリーニングに出す目安は?

白衣のおすすめ宅配クリーニング

白衣は黄ばみや汚れなどが目立ちやすいという特徴があります。汚れがある状態は不衛生なのでメンテナンスが必要ですが、洗濯に出しすぎても生地を傷めてしまいます。クリーニングに出す頻度に決まりはありませんが、夏であれば汗を吸うので毎日、それ以外であれば2,3回着たらクリーニングに出すという目安で良いでしょう。


白衣を長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

白衣に毛羽立ちなどの傷みがあると、清潔感を感じさせる白衣も台無しです。できる限り傷めず、長持ちする方法でクリーニングを行いたいですよね。ここでは、白衣を長持ちさせるためのクリーニングの方法3種類についてと、それぞれのメリット、デメリットについてご紹介していきます。


白衣をクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

白衣をクリーニングする1つ目の方法は、店舗型のクリーニングに持ち込む、という方法です。ここ最近では、チェーンのクリーニング店も増え、都市であれば徒歩10分から15分程度歩けば、1,2店舗クリーニング店を目にします。クリーニング店により、用意されているメニューは異なりますが、白衣の持ちを良くするメニューを用意しているところもあるので、各クリーニング店のメニューを確認してみましょう。


仕上がりまでの平均日数と費用

クリーニング店舗により、仕上がりまでの日数と費用は異なりますが、持ち込みであれば4日程度、価格は1枚1,000円から2,000円程度が平均です。仕上がりを即日にしたいなどの特殊なオーダーがある場合には、値上がりする可能性もあります。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングのメリットは、近くに複数のクリーニング店がある場合、自分の好きな店舗を選んで自分の好きなタイミングで洗濯物を預け、取りに行くことができる点です。デメリットは、近くに店舗がない場合は遠くまで洗濯物を預け、取りに行く必要があるため面倒です。また、取りに行くまでの期限が決まっており、その期限以降に受け取りに行った際には超過料金が取られる場合もあります。


白衣をクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

白衣をクリーニングする2つ目の方法は、宅配クリーニングに依頼する方法です。自宅が都心近くにない場合、近所に店舗型のクリーニング屋がないことも多いです。洗濯物をクリーニングに出すためだけに、わざわざ遠出をしなければいけないとなると億劫ですよね。そういった方のために、業者の人が自宅まで洗濯物を受け取りに来てくれ、クリーニングが完了次第、洗濯物を自宅まで宅配で送ってくれるというサービスがあります。


仕上がりまでの平均日数と費用

仕上がりまでの平均日数は、店舗型のクリーニング店と比較すると少し長くなります。1週間から2週間程度が平均日数です。費用も店舗型に持ち込む場合の価格と比較すると宅配の送料や手数料分、幾分か高くなります。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングのメリットは、手間が省けることです。店舗までわざわざ持って行き、また終わり次第取りに行くといった面倒な行動を行わなくて済むので、「毎日仕事が忙しくて洗濯物を預けられない、取りに行けない」という方には非常におすすめです。また、忙しくて取りに行けないということが発生しないので、無駄な超過料金なども発生しません。店員と汚れの箇所を一緒に確認できない点がデメリットです。汚れた箇所などを直接見せて相談したい、といった人は店頭に持っていく方法が良いでしょう。


白衣をクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

白衣をクリーニングする3つ目の方法は、自宅で洗うという方法です。大事にしている白衣を長持ちさせたい場合には、手洗いを行う必要があります。桶などにぬるま湯を張り、おしゃれ着用の中性洗剤で優しく押し洗いします。何度かお湯ですすぎ、軽く手で脱水し、シワにならないように乾燥させます。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

クリーニングに出さないで自宅で手入れを行うことのメリットは、料金がかからない点と自宅で洗濯を行うので取りに行く必要がない点です。しかし、自宅での白衣の手入れは、ブラッシングを行う、ぬるま湯を使用して手で何度も押し洗いするなど、手間と時間がかかり面倒な点がデメリットなのでおすすめできません。


自宅でできる白衣のお手入れ方法

白衣は複数のタイプに分かれ、形状や素材に違いがあります。形状は前をボタンで止めるコートタイプ、上からかぶるようなワンピースタイプがあり、素材は生地が丈夫で傷みにくいスクラブタイプと、上質な生地感の物とがあります。スクラブタイプのものは生地が丈夫なため、自宅の洗濯機で洗えますが、その他の生地は手入れが必要です。ここでは、自宅でできるお手入れの方法をご紹介していきます。


自宅でできるお手入れ・保管① 着用後はブラッシングが基本

まず、白衣を着用したあとはブラッシングを行うようにしましょう。白衣を洗濯機や手で洗うことは、生地を傷めることにつながるので、頻繁に洗うことはできません。その代わり、着用後にブラッシングを行い、目に見えないゴミや埃などを払い軽く手入れを行うことで衛生さを保つことができます。ブラッシングの頻度は1日に1回程度が良いでしょう。行いすぎても生地を傷めてしまう可能性があります。また、使用するブラシの毛質は、なるべく柔らかいものを使うようにします。


自宅でできるお手入れ・保管② 厚みのあるハンガーに吊るして保管する

白衣を保管するときは、厚みのある木製のハンガーを用意し、吊るして保管するようにします。ワイヤーやプラスチックでできた細いタイプのハンガーを使用すると、型崩れを起こしてしまう可能性があります。シワを取り、綺麗な状態でクリーニングされていても、型崩れが起きやすい保管方法を行っているとシワがついてしまいます。また、プラスチック製のハンガーは静電気が発生しやすく、白衣が埃を吸収してしまう可能性もあるので、木製のものを使用すると良いでしょう。


自宅でできるお手入れ・保管③ 実は家庭の洗濯機でも洗える物も多い

自宅の洗濯機を使用すると毛羽立ちが目立つ、汚れが落ちにくいなどの理由で洗えない白衣もありますが、ここ最近は、家庭用の洗濯機でも洗える白衣が利用されてきています。白衣の形状や素材の違いについて前述しましたが、スクラブと言われる生地が使用された白衣は、スポーツウェアと同じように丈夫で速乾性のあるものなので、傷みにくいというメリットがあります。通気性がよく、シワになりにくい、また静電気が立ちにくいなど多くの特徴があるので、最近では多くの医療機関や福祉の現場で着用されてきています。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくても白衣が綺麗に。

白衣を使用する仕事と言えば、医療関係、福祉関係、教師などが思い浮かびます。仕事が忙しいときは、クリーニング店に足を運び依頼し、クリーニングを受け取ることはなかなかできないものです。そんな方には洗濯物を宅配で送付し、送ってくれる宅配クリーニングをおすすめです。ここでは、おすすめの宅配クリーニング店をご紹介します。


白衣クリーニングにおすすめのサービス1. リナビス

白衣のおすすめ宅配クリーニングにリナビス.jpg

創業56年という長い歴史を持つ老舗のクリーニング店のリナビス。リナビスでは、効率や経費などを考えずに行われる8つの無料の特典サービスを行い、高品質なクリーニングを目指しています。通常はオプション料金としてかかる、シミ抜き、毛玉取り、ボタン修理、6ヶ月もの保管がリナビスでは無料です。また、宅配クリーニングサービスではかかる配送費用も無料なのが嬉しいポイントです。


リナビスのおすすめポイント

リナビスをおすすめするポイントは2つです。1つ目は、必ず長年の経験を持つ職人が洋服を目視で確認し、最適な洗い方を判断し作業方法を決定することです。デリケートな白衣でも、生地を傷めることがないので安心です。2つ目に、自然乾燥を基本として処理を行うため、洋服の品質が保たれることです。乾燥機を使用すれば15分程度で衣類を乾燥できますが、縮みの原因にもなります。生地への負担を和らげるためにも、自然乾燥を行うことは非常に大事なことです。


リナビスの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料 北海道、一部離島は別途4,104円(税込)沖縄は別途7,92円(税込)
  • 料金設定:初回5点コース5,900円 5点コース7,800円 10点コース10,800円 20点コース18,800円
  • 仕上がり期間:最短で5日後
  • 長期保管サービス:○(6ヶ月)
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話、メール 
  • 支払い方法:各種クレジットカード支払、NP後払い、代金引換

公式サイトで見る


白衣クリーニングにおすすめのサービス2. Lenet(リネット)

白衣のおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

アパレルブランドに選ばれる宅配クリーニングとして人気の高い、「Lenet(リネット)」。特別なトリートメント加工を使用したクリーニング方法で、新品のような肌質を感じることができるという質の高いクリーニング方法が有名です。宅配の受付は24時間行っているので、店舗に出向くよりも楽にクリーニングができます。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

Lenet(リネット)のおすすめは、肌ざわりが新品のようによみがえる「プレミアム仕上げ」のクリーニングメニューです。肌ざわりを蘇らせるリネット独自の仕上げ方法が2つあります。1つ目はドライではすべてリファイン加工を行うことで、失われたコーティングを蘇らせる方法。2つ目は水洗い時に生地が柔らかくなる加工を施すことです。また、毛玉や毛取り、しみ抜きなどもオーダーせずとも無料で行ってくれます。仕上がりは2名体制でダブルチェックされるので、品質の信頼度も高いのも嬉しいポイントです。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:利用額3,000円以上で送料無料
  • 料金設定:
  • 仕上がり期間:最短2日
  • 長期保管サービス:×
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話、メール
  • 支払い方法:クレジットカード払い、代引き

公式サイトで見る


白衣クリーニングにおすすめのサービス3. Nexcy(ネクシー)

白衣のおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

「Nexcy(ネクシー)」は、洋服をとことん綺麗にしたいと考えている人のために、綺麗に洗うことで洋服をよみがえらせる、というテーマのもとサービスを行っている宅配クリーニングです。落ちるしみであればとことん突き詰めて、無料でしみ抜きを行ってくれます。他にも、ボタンやほつれの修理、毛玉取りなども無料で行ってくれます。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

Nexcy(ネクシー)のおすすめポイントは、洋服が美しくなるように行われる複数の独自加工です。洋服を新品のようによみがえらせ、袖通しが抜群に良くなるエクセレント加工、ドライ洗いと水洗いのダブル洗いを行うことで汗やカビなどを綺麗に落とすウォッシュ加工、匂いを取り去り、防臭を行えるデオドランド加工、そして通気性を保ちながら防水加工を行えるリペラント加工があります。その他にも、洋服の本格メンテナンスを行えるエクセレント加工などオプションで選べるサービスもあるので、大事な洋服を品良く保ちたいという方にはおすすめです。


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:3,500円以上の場合は無料
  • 料金設定:通常料金、ビジネス料金、メンバーズ料金
  • 仕上がり期間:最短で届けた日から6日以降(地域による)
  • 長期保管サービス:○
  • しみ抜き:○
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式HP、電話
  • 支払い方法:クレジットカード、代引き

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽に白衣を綺麗にできますよ

黄ばみや汚れがあると目立ってしまう白衣。生地によっては、メンテナンスをこまめに行わないと毛羽立ちが酷くなるものもあります。自宅でのメンテナンスが困難な方は、宅配クリーニングの利用がおすすめ!洗濯物を預けるのも、受け取るのも店舗に行かないで配送でOKなので楽チンです。仕事が忙しくて店舗への行き来が難しい人は、ぜひ利用してみてくださいね。


【参考記事】季節の変わり目におすすめの宅配クリーニング特集▽


【参考記事】**スーツのクリーニング*費用や日数を徹底レクチャー*▽


【参考記事】布団のクリーニングについて徹底レクチャーします▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事