ベルトのおすすめ宅配クリーニング3選。料金・期間・お手入れ方法まで解説

大好きなベルトの光沢が薄れ、色褪せていくのを見るのは辛いですよね。自分でお手入れすることもできますが、なかなか続けるのは難しいもの。そこでおすすめしたいのが、ベルトをクリーニングに出すという方法です。ベルトのクリーニング費用や平均日数、お手入れ方法について、詳しくご紹介します。

ベルトをクリーニングに出す目安は?

ベルトのおすすめ宅配クリーニング

ベルトの寿命は使用頻度にもよりますが、何も手入れせずに毎日使った場合、綺麗な状態を保てるのはおよそ半年といわれています。そのため、長く同じベルトを使いたいのであれば、何らかのお手入れは必須です。もし、自分でお手入れする自信がない方は、少なくとも2本のベルトを交互に使用し、半年に1回はクリーニングに出すと長持ちします。


ベルトを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

ベルトをクリーニングする場合、どのような方法かによって出来栄えも費用も変わります。可能な限りキレイな状態にしたいものですが、やはり仕上がりの時期やどのくらいの値段がかかるのか気になりますよね。また、自分で何らかの対策を取る場合など、一般的に考えられる手段として、主に以下の3種類の方法が挙げられます。


ベルトをクリーニングする方法① 店舗型の修理専門店へ持ち込む

最初にご紹介するのは、店舗型の修理専門店へ直接ベルトを持ち込む方法です。意外かもしれませんが、ベルトのクリーニングは、一般的なクリーニング店舗のメニューの中には含まれていない場合が多いです。コートなどに付いているベルトも、店舗によってはクリーニングができないという理由から、外されてしまうこともあります。そのため、実際に持ち込む場合にはバッグなどの革小物を修理してくれるような専門店を訪ねることが一般的です。


仕上がりまでの平均日数と費用

修理専門店に依頼した場合、直接店舗での受け渡しになるため、郵送のやり取りをはさまない分早く受け取ることが可能です。費用については、サイズや工程により値段が変わる場合がありますが、おおむね3,000円からが費用の目安となります。仕上がりまでの日数は、ベルトの状態によって変わるため一概には言えませんが、丁寧な工程を経る場合は3週間が一つの目安です。


店舗型修理専門店のメリット・デメリット

店舗型修理専門店は、直接店員さんとやり取りができ、自分が気になっている部分を明確に伝えやすいというメリットがあります。ベルトはスーツなどの衣類に比べると、一目で分かりにくい汚れや色の抜けがある場合が多いため、事前に気になる部分を伝えたいものです。ただ、取りに行く時間がお店の営業時間に左右されるため、こちらで受け取り日時を指定するのが難しいというデメリットがあります。貴方の休日がお店の休みと重なる場合などは、有休を使って取りに行くなど対策が必要になります。


ベルトをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

宅配クリーニングというと、スーツやシャツなどの一般的な衣類をお願いする方がほとんどです。個人だけではなく、制服のクリーニングなど会社単位で使用される例もあります。また、一般的な店舗型のクリーニングと違い、業者によっては、財布をはじめとする革製品のクリーニングにも精通しているスタッフが在籍している場合も多いです。クリーニング例をホームページ上で確認できるお店もありますので、自分が持つベルトの状態と見比べることも可能です。


仕上がりまでの平均日数と費用

宅配クリーニング業者に依頼した場合、集配の都合上、店舗でのやり取りは原則行いません。しかし、発送にかかる日数が追加されるため、その分品物が届くまでに時間がかかります。品物の状態にもよりますが、概ね3週間~7週間の期間で気長に考えておくとよいでしょう。費用としては洗うだけなら約5,000円。そのほかに何らかの作業が加わる場合は、内容により追加料金がかかります。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングのメリットは、その手軽さです。洗ってほしいものを必要な分だけ郵送すれば、あとは自宅に送り返してくれます。メインはもちろんベルトになりますが、ベルト以外の洗濯物も一緒に送ることで、割引サービスを受けることも可能です。デメリットとしては、革製品のクリーニングはNGとする店舗が多い事です。ベルトのほとんどは革製品になりますから、技術面も含め、信用できるお店を選ぶのに一苦労することもあります。


ベルトをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

ベルトは、自宅でお手入れをすることも可能です。物を大切にする基本的な心構えができている方であれば、まずは自分で何とかしようと考えるかもしれません。手間をかける時間があれば、その分費用が浮くので経済的です。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

そもそも革製のベルトは湿気を嫌うため、原則水洗い厳禁です。そのため、基本的には汚れをブラシや布を使って落とすこととなります。ベルトのお手入れを実際に自分で行ってみると、意外とかかる手間が多いことに驚かされるかもしれません。もしも自分で手入れをする場合は、自分が思っている以上の時間を要することは考慮しておいた方が良いでしょう。


自宅でできるベルトのお手入れ方法

ベルトは基本的にパンツなどの上から装着するため、汗を衣類越しに吸ってしまう可能性があります。さらに、夏場などはベルトが露出する機会が多くなるため、雨などの水分にあたり、色落ちやシミができる確率も高くなります。どのような方法であれば、普段の生活の中でベルトをお手入れできるのかを次にご紹介していきます。


自宅でできるお手入れ・保管① パンツに巻きっぱなしにせず、外して保管する

革製品のベルトは、ある程度の柔軟性を持ちます。つまり、長所としてはウエストの増減に対応できるということになりますが、余分なクセがついてしまうリスクもあります。ベルトをパンツに通したまま保管していると、パンツにあるベルト通しがベルトの重みによって垂れてしまい、ウエストの形が元々の状態から崩れてしまいます。また、ベルト自体も真っすぐな状態から弧を描いた形状に変形していきます。きれいな形を維持したいのであれば、パンツには巻いたままにせず、外して保管しましょう。


自宅でできるお手入れ・保管② 革ベルトは雨に濡れたら水滴を拭き取る

革ベルトに雨があたることで、色落ちやシミの原因になることがあります。また、雨に限らず、水分を含ませたまま対策を取らずに放置していると、ひび割れを引き起こす原因にもなります。革は天然素材であり、主成分はたんぱく質です。生物が生きていくうえで必要な栄養素でもあるわけですから、手入れを怠ることで、カビなどの温床となってしまいます。そのため、雨に濡れたらすぐに水滴を拭き取ることで、寿命を延ばすことができます。


自宅でできるお手入れ・保管③ 長期保管は大きくゆったりと丸めて収納する

革ベルトを複数本お持ちの方であれば、保存方法にはどのようなものがあるのか、気になるところですよね。2、3本のベルトを使い分けるのであれば、クローゼットにかけておく方法もありますが、長期保管には向いていません。ベルトはできる限り真っすぐな状態で保存しておきたいものです。そのためには極力ベルトにクセをつけない工夫が必要ですが、持っているベルトを全て垂らしておくのはスペース上難しい場合もあります。このような場合には、湿気の少ないところに、大きくゆったりと丸めて保管することで、良い状態を維持できます。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもベルトが綺麗に。

ここまで、ベルトを綺麗な状態に保つためにどのような方法があるのかご紹介してきました。その中でも、忙しい方におすすめしたいのが宅配クリーニングです。受け取りに時間がかかるデメリットを差し引いて考えても、自分の好きなタイミングで依頼できる手軽さはやはり魅力的です。技術に定評のある店舗を選べば、低リスクでベルトのクリーニングが可能となります。


ベルトクリーニングにおすすめのサービス1. 革水

「革製品に水洗いはタブー」。この常識に挑むべく、外部機関でのクリーニング試験を受け、実際に水を使ったクリーニングを行うことで、品質にどのような変化があるのかを数値化した実績がある革水。外観・寸法・収縮温度・革に含まれる脂肪分・風合いの変化に加え、電子顕微鏡を用いた汚れの落ち具合までも、検査によって明らかにしました。革製品に対してこだわりを持つ方におすすめの宅配クリーニングです。


革水のおすすめポイント

ホームページには、主要な革製品をクリーニングした場合の値段が、細かく記載されています。実際に電話をしてみると、スタッフの方の対応がとても真摯で気持ちが良いという声も聞かれます。また、ブランド品のクリーニングをお願いする場合は、製品によってはブランドに直接持ち込むことを検討するよう促されます。状況によっては染め直しを検討せざるを得ない場合でも、素人考えでは別段問題ないと考える場合がほとんどです。しかし、その瞬間から、その品物はブランドオリジナルの定義から外れてしまう場合があります。持ち主が持つ、ブランドオリジナルへのこだわりを一緒になって大切にしている姿勢が伺えます。


革水の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:片道送料負担
  • 料金設定:アイテム1点ごとだが、会員登録後は3点以上の注文で10%OFF
  • 仕上がり期間:到着から3週間
  • 長期保管サービス:◯(最長6ヶ月)
  • しみ抜き:△(汚れを見て必要であれば行う)
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:△(可能だが要相談)
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:現金- 銀行振込- 代金引換- Paypal

公式サイトで見る


ベルトクリーニングにおすすめのサービス2. 協和クリーニング

宅配クリーニング業界で、インターネット受付10年以上の実績を持つ老舗の「協和クリーニング」。往復送料0円という、消費者のことを考えた値段設定も魅力です。気軽に問い合わせが可能な電話番号もホームページ上に載っていますから、込み入った内容の質問もしやすいメリットがあります。革系に強いクリーニングサービスのため、ベルト以外の革製品もこの機会に検討してみる価値はあるでしょう。


協和クリーニングのおすすめポイント

協和クリーニングの強みは、革製品のクリーニングを専門にしているところです。ベルトに限らず、財布やバッグ・コートなどの主要な革製品のクリーニングが可能です。実績も豊富で、30,000点以上のクリーニング実績があります。また、製品を一度に預ける数によって割引が適用されます。革製品は、スーツなど衣類のように頻繁にクリーニングすることはあまりありませんから、気になるものはまとめて預けるとお得になりますよ。


協和クリーニングの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:
  • 全国(沖縄- 一部離島除く)
  • 送料:無料
  • 料金設定:オーダー数により、最大7%の割引あり
  • 仕上がり期間:3週間~5週間(エナメル- カラーチェンジのクリーニングは7週間)
  • 長期保管サービス:×
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:△(構造によっては難しいものもある)
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:代金引換(佐川急便)- クレジットカード(代引き時20,000円以上に限る)- 銀行振込

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽にベルトを綺麗にできますよ

ベルトをクリーニングする方法はさまざまですが、やはり一番安心できるのは、しっかりとした技術を持つ会社に依頼することです。宅配クリーニングの技術もそれぞれで、革製品を取り扱うところは少ないですが、確かな実績を積み重ねているところを選んで利用してみましょう。忙しい貴方も宅配クリーニングを使えば、楽にベルトを綺麗にできますよ。


【参考記事】使ったら便利な宅配クリーニングのおすすめとは▽


【参考記事】ベルトと一緒にスーツのクリーニングについても必見▽


【参考記事】毎日使うからこそ重要!布団のクリーニング方法って何?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事