ジャケットのおすすめ宅配クリーニング3選。料金・日数・お手入れ方法まで解説

普段来ている衣服より高価なことが多いジャケット。自宅での手入れに躊躇してクリーニングに出す方も多いですよね。そこで気になるのがジャケットの平均的なクリーニング費用と仕上がるまでの日数、メリット。デメリットです。自宅で簡単に手入れするコツもお教えします。

ジャケットをクリーニングに出す目安は?

ジャケットのおすすめ宅配クリーニング

ジャケットは一般的に次の3つの項目を元にクリーニングに出す時期を見極めましょう。1つ目はシーズンの終わりです。もう今年は着ることはないだろうと判断したら来年のためにクリーニングに出しておきましょう。2つ目はいわゆる「中間洗い」です。3ヶ月間着るとしたら2ヶ月目で一度クリーニングに出して汚れを染みつかせないようにしましょう。3つ目は単純に汚れたら出しましょう、とくにしみなどをそのままにしたりしないことが大事です。


ジャケットを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

ジャケットを清潔に保ち、型崩れさせず、生地を大事にするには3つの方法があります。1つ目は店舗型のクリーニング店への持ち込み、2つ目は宅配クリーニングを利用する、3つ目は少し難しくなりますが自分で洗う方法です。


ジャケットをクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

ジャケットをクリーニングする場合の1番メジャーな方法は、店舗型クリーニング店への持ち込みです。口コミやネット検索などで、持ち込みやすい店舗を探しましょう。また、クリーニング店の暇な時期は冬場なので、その時期を選ぶとお得なクーポンなどが発行されていることがよくあります。また、会員制のクリーニング屋がほとんどです。会費などもチェックしておきましょう。


仕上がりまでの平均日数と費用

ジャケットをクリーニングに出して仕上がってくるまでの日数は選んだコースで変わります。通常コースを選び、午前中に出せばその日の夕方には手元に戻ってくる店舗が急増しています。ただ、染み抜きや汗抜きなどのオプションをつけると1週間ほどかかる場合がほとんどです。費用は一般的なクリーニング店で2,000円~4,500円。素材によって異なり、高級コース・ブランドコースを設定しているクリーニング店もあります。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングにジャケットをお願いするメリットは、意志の疎通がスムーズであることです。お願いしたい点や問題があった場合に伝えやすいのは良いですね。デメリットは店舗の営業時間に合わせる必要がある点です。早朝や夜間は営業していない店舗がほとんどなので、通勤・通学・子育て中のお母さんの場合は利用しづらいこともあるでしょう。


ジャケットをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

宅配クリーニングを利用する選択肢もあります。クリーニングしたいジャケットを手配した宅配業者、またはコンビニなどで宅配クリーニング業者へ送ってクリーニングしてもらい、自宅まで返送してもらえます。クリーニングの申し込みは24時間OKで、送付用段ボールなどの梱包材も無償提供される場合がほとんどです。取りに行かなくても自宅に送られてくるという仕組みは一度試すと本当に便利です。


仕上がりまでの平均日数と費用

宅配のやりとりが生じるので時間がかかるイメージがありますが、最短で2日間で仕上げて返送してくれる業者もあります。費用も無店舗ということで安く引き下げられ、店舗型クリーニング店より安い950円~2,950円ほどとなっています。ただし送料無料の金額が設定されている場合(総額3,000円から送料無料など)、ジャケット1枚だけを依頼すると高くつく場合もあります。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングの最大のメリットは店舗の営業時間に合わせる必要がない点です。朝から夜間20時までの店舗型クリーニングが多いため、利用しづらいという方に非常におすすめです。デメリットは梱包の手間、宅配業者への依頼が生じる点です。ですが、梱包のための段ボールは無償提供される場合が多く、また、コンビニでも引き受けてくれるため、大きなデメリットではないでしょう。


ジャケットをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

ジャケットを自宅で洗う方法もあります。まず確認することは「水洗い不可」「ドライクリーニング」のタグがついていないかという点です。この表記があれば自宅で洗うことはできません。「洗濯機マーク」「手洗いマーク」が確認できれば、指定の方法で洗うことができます。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

確かに自宅でも洗うことができるのですが、襟・袖の皮脂汚れを適切に落とすことや、全体に毛玉を作らずに洗うことはなかなか難しいものです。素材に応じて適した専用洗剤を用意する必要もあり、プロにお任せした方が安くつく場合もあります。


自宅でできるジャケットのお手入れ方法

通常、1回の着用ではクリーニングに出さず、シーズン中に何度も繰り返し着るジャケットは着用後のケアをすることをおすすめします。ケアをすることにより、クリーニングに出す間隔をのばすことができるでしょう。帰宅後、疲れてしまってついついソファの背などにかけたままにしてしまいますが、少しだけがんばりましょう。


自宅でできるお手入れ・保管① 帰宅したらブラッシングをかける

帰宅したらジャケットに洋服用ブラシをかけてあげましょう。一般的なジャケットには馬毛のブラシがおすすめです。皮・スエードの場合は豚毛のブラシを用意しましょう。洋服用ブラシですることは、ホコリ・花粉、肩口のフケなどを落とすことです。そのままにしておくと付着してしまい生地を汚してしまうことになるからです。


自宅でできるお手入れ・保管② 太めのハンガーを使って風通しの良い場所に掛ける

ぱっと見ではわかりませんが、ジャケットには汗が付着しています。この汗がにおい・カビ・汚れの原因になりますのでハンガーにかけて、風通しの良い場所で乾燥させましょう。その際、しっかりと通気するように幅の広いしっかりとしたハンガーを使うことがポイントです。太めのハンガーを使うことにより前みごろと後ろみごろに隙間ができて効率よく乾燥させることができます。


自宅でできるお手入れ・保管③ 詰め込みすぎずゆとりを持って収納する

自宅で洗ったり、クリーニングから戻ってきた後はクローゼットに収納することが一般的だと思いますが、その際には他の衣服との間隔を充分取ることも大事です。間隔を詰めすぎると、衣服のスレやカビの原因になります。また詰め込みすぎのためにいつのまにかハンガーからずり落ちてしまっていて、シワの原因になることもあります。


自宅でできるお手入れ・保管④ 水滴がついたり雨に濡れたらしっかりと拭く

飲食時などに水滴がついたり、ふいの雨や雪で濡れたりした際は「水だから」と思わずにしっかり拭き取っておきましょう。思いがけないしみになることが多いのです。柔らかいタオルなどで表面の水滴を吸い込ませたあとは、裏からもタオルを押しあててしっかりと水分を除去しましょう。その後、風通しの良い場所でしばらく乾燥させましょう。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもジャケットが綺麗に。

一般的な店舗型クリーニングの営業時間は朝8時~夜20時頃だといわれています。これでは朝早く通学・通勤し、夜遅く帰宅する多忙な方だと店舗型クリーニング店の営業時間に合わせることができません。そこでおすすめなのが宅配クリーニングです。


ジャケットクリーニングにおすすめのサービス1. リナビス

ジャケットのおすすめ宅配クリーニングにリナビス.jpg

大事なジャケットのクリーニングを任せることができる宅配クリーニングサービスとして、創業56年の経験と知識をほこる「リナビス」をおすすめします。兵庫県にクリーニング工場を持ち、9つの実店舗がある株式会社東田ドライが運営しています。歴史あるクリーニング業者が母体なので、信頼度もばっちり。安心して利用することができますね。


リナビスのおすすめポイント

「リナビス」のおすすめポイントは、複数ありますが、一番に特筆すべき点は送料無料と無料補修でしょう。まとめて出したい時など、送料は馬鹿にならないものです。そんな時送料無料は非常に助かりますね。また、無料の補修が非常に手厚く、いつのまにか失くしてしまったボタンに似ているボタンを無料でつけてくれますし、本来追加料金となるシミ抜きも毛玉取りも「リナビス」では無料です。大事な衣服が出す前よりさらにお気に入りになりそうですね。


リナビスの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:日本全域
  • 送料:無料(北海道、一部離島、沖縄は別途送料)
  • 料金設定:セット(5点- 10点- 20点)
  • 仕上がり期間:到着から最短5日後
  • 長期保管サービス:〇(最長6ヶ月)
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:×
  • ハンガー仕上げ:×
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:クレジットカード- NP後払い- 代引決済

公式サイトで見る


ジャケットクリーニングにおすすめのサービス2. Lenet(リネット)

ジャケットのおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

大切なジャケットを宅配クリーニングに出すなら「Lenet(リネット)」をおすすめします。クリーニング事故率をはっきりと開示し、またその事故率も0.01%とほぼ事故が起こっていません。カスタマーセンターのクオリティも高く、問い合わせの電話も96%1回でつながると明記されており、突然衣類が必要になった際、トラブルが起きた際などに安心です。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

「Lenet(リネット)」には初回送料無料、初回30%オフ、30日間無料再仕上げ、シミ抜き、毛玉取りが無料などの嬉しいサービスの他に、特筆すべき点として保管期間が8ヶ月と同業他社より長めというおすすめポイントがあります。アパレルメーカーも利用しているという快適な倉庫「プレミアムクローク」に預ければ、オフシーズンにコートやダウンジャケットなどのかさばる衣類が、クローゼットを圧迫することもありません。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:日本全域
  • 送料:月額390円(税抜)のプレミアム会員のみ無料
  • 料金設定:アイテム1点ごと
  • 仕上がり期間:到着から2日〜21日
  • 長期保管サービス:〇(最長8ヶ月)
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • 高級ブランド受付:×
  • ハンガー仕上げ:〇
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:クレジットカード- 代引決済

公式サイトで見る


ジャケットクリーニングにおすすめのサービス3. Nexcy(ネクシー)

ジャケットのおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

「Nexcy(ネクシー)」は2014年に創業し、科学的なアプローチによって衣類を綺麗で快適な状態にしてもらえる宅配クリーニングです。「より美しく、カッコ良く、より上質な仕上がりへ。」をテーマとし、本来のクリーニングに有料オプションとして服のハリを取り戻すエクセレント加工、抗菌・防臭・消臭を施すデオドラント加工などが用意されています。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

「Nexcy(ネクシー)」のおすすめポイントは、業界では珍しい“かんたんなほつれ”を無料で補修してくれるサービスがある点です。また、しみ抜き・毛玉取りを無料とする宅配クリーニングは多いのですが、もちろん「Nexcy(ネクシー)」でも行ってくれます。特にしみ抜きは“とことん”ということで無料にも関わらず、落ちるしみは丁寧に作業をしてくれます。ヘビーユーザー向けにお得なビジネスコース・メンバーズコースが用意されているのも嬉しいポイントです。


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:日本全域
  • 送料:3,500円以上無料
  • 料金設定:アイテム1点ごと
  • 仕上がり期間:受け取りから6~11営業日
  • 長期保管サービス:×
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • ハンガー仕上げ:×
  • 高級ブランド受付:×
  • 申込方法:公式HP- 電話- メール
  • 支払い方法:クレジットカード- 代金引換

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽にジャケットを綺麗にできますよ

ジャケットのクリーニング方法をご紹介しました。店舗型クリーニングに行く時間がない、自分で洗うのは躊躇してしまうという方に宅配クリーニングは非常におすすめです。さまざまな個性豊かな宅配クリーニングから選ぶ楽しみもありますね。

【参考記事】おすすめの宅配クリーニングをお届けします▽

【参考記事】服とは違った布団の宅配クリーニングのおすすめとは▽

【参考記事】最近流行りのスーツの宅配クリーニングについてレクチャーします▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事