ウイスキーのおすすめって結局どれ?選び方から世界5大産地の人気銘柄まで解説

世界各地で愛飲されている「ウイスキー」。実は世界5大ウイスキーと呼ばれるものが存在し、日本も含まれていたのをご存知だったでしょうか?今記事では、ウイスキーの種類や選び方から、産地別のおすすめウイスキーまで詳しくご紹介していきます。

おすすめのウイスキーを、産地別に徹底解説!

ウイスキーのおすすめとは?

ウイスキーと耳にすると、“大人のお酒”といったイメージを思い浮かべる方も多いかと思います。ウイスキーとは、大麦やライ麦、とうもろこし等の穀物を麦芽の酵素で糖化し、それを発酵させて蒸留して製造するアルコール度数の強いお酒です。お店やバーで飲めたら格好いいなとは思いつつ、実際は何を飲めば良いか分からないと頭を抱えている方もきっと多いはず。

そこで今回は、ウイスキーの主な種類や上手な選び方から、産地別のおすすめウイスキーまで詳しく解説していきます。飲み方や好みに応じて、お気に入りの銘柄を見つけましょう!


ウイスキーの産地は、主に5種類に分けられる

世界の5大ウイスキー

ウイスキーは「高いのを買えば美味しい!」と考えてしまいがちですが、そんな簡単な判断基準ではありません。人によって、美味しいと感じるポイントは異なるため、値段だけに左右されず、自分の好きなウイスキー見つけることから始めましょう。そこでぜひ試してほしいのが、「世界5大ウイスキー」と呼ばれる5つの産地で製造されるウイスキー。その産地とは、

  • ① スコットランド
  • ② カナダ
  • ③ アイルランド
  • ④ アメリカ
  • ⑤ 日本

の5つ。国や風土によって原料や蒸留方法など、特徴やストロングポイントも様々です。そのため、ここからは5つの国のウイスキーの特徴について詳しく解説していきます。しっかりと違いを把握して、自分にマッチするウイスキーをセレクトするようにしましょう。


1. スコッチウイスキー

世界中で最も生産されているのがスコットランド産のスコッチウイスキー。原料の麦芽を乾燥させるべく燃料で使用していたピート(泥炭)が、現在ではスコッチウイスキーの代名詞とも言えるスモーキーなフレーバーを生み出しています。日本のウイスキーは元々、スコッチウイスキーを手本にしているため、日本人の味覚と相性のよいのも魅力的なポイントです。


2. カナディアンウイスキー

18世紀後半に穀物が過剰生産となってしまい、蒸留酒の製造に着手されたと言われているカナダ。当初は「one day whisky」と称されるほど劣悪な完成度でしたが、19世紀終盤には連続蒸留機を用いるなど、今日のカナディアンウイスキーのベースを確立しました。現在は法律により規制が設けられており、穀物のみを原料とし、カナダ国内で蒸留し、更に3年以上熟成期を得たウイスキーのみが「カナディアンウイスキー」と名乗ることを許されています。ソフトな口当たりが特徴で、初心者でも比較的飲みやすいウイスキーと言われています。


3. アイリッシュウイスキー

スコッチウイスキーと並んで、長い歴史を誇るアイルランド産の「アイリッシュウイスキー」。1900年頃までは100を超える蒸留所がありましたが、1950年以降は次々と閉鎖され、現在では4箇所しか残っていません。アイリッシュは、三回蒸留することで癖のないマイルドな飲み口が特徴。サラッと飲めるため、ロックや水割りで飲むのに適しています。


4. アメリカンウイスキー

文字通り、アメリカで製造されてる「アメリカンウイスキー」。カナダと同様に原料や製法によって名称が異なる規則が設けられており、バーボンウイスキー・コーンウイスキー・モルトウイスキーなど、種類も多彩です。また、強い香りや深いコクが特徴なので、カクテルやソーダと合わせて飲むのに適しています。


5. ジャパニーズウイスキー

日本国内で生産されている「ジャパニーズウイスキー」。朝の連続テレビ小説「マッサン」のモデルでも知られる“竹鶴政孝氏”がスコットランドで蒸留技術を学び、日本国内で蒸留を始めたのがスタートと言われています。スコッチウイスキーの製造法をベースに、日本ならではの繊細な味わいを加え、現在では世界でも高評価を受けるほどの人気ウイスキーへと駆け上がりました。


ウイスキーを選ぶ時の大切なポイント

ウイスキーを選ぶ重要なポイント

世界の5大ウイスキーの特徴を把握したあとは、ウイスキーの上手な選び方についてご紹介します。事前にきちんとした知識を身に着けておくことで、より自分に合った銘柄に出会えるはず。それでは、ウイスキー選びで気をつけるべきポイントとは?ウイスキー選びは、

  • ①ウイスキーの度数でセレクトする
  • ②ウイスキーの飲み方に応じてセレクトする
  • ③ウイスキーの価格でセレクトする

3点を確認しておくと安心です。先ほど紹介した5大ウイスキーの特徴とこの3点を照らし合わせれば、きっと理想のウイスキー像が導き出せるはず。ここからは、ウイスキーの選び方のポイント3つについて、さらに詳しく解説していきます。


ウイスキーの選び方1. ウイスキーの度数でセレクトする

ウイスキー好きは風味を嗜む方も多いため、度数を強い銘柄をセレクトすることがあります。ただし、ウイスキーの平均アルコール度数は平均で40°と言われており、ビールや日本酒に比べ高いです。したがって、最初から度数の高いウイスキーを飲むと、口に合わずにウイスキーへの苦手意識が生まれてしまう恐れが。そのため、ウイスキーをあまり飲み慣れていない方は、手始めにマイルドな口当たりのウイスキーから選ぶようにしましょう。


ウイスキーの選び方2. ウイスキーの飲み方に応じてセレクトする

ウイスキーは日本酒や焼酎と同様に、銘柄によっておすすめの飲み方が異なります。水割りやロックで飲んだ方が純粋な風味を感じられる銘柄もあれば、ソーダで割ってスッキリ飲むほうが向いている品種も。まずは、自分はウイスキーをどう飲むのが一番好きなのか?その事を把握することから始めましょう。こだわりの飲み方さえ決まれば、そのポイントをクリアするウイスキーを選ぶだけで、必然的に理想とする銘柄に合うことができますよ。


ウイスキーの選び方3. ウイスキーの価格でセレクトする

ウイスキーの選ぶ際に、度数や最適な飲み方も重要なポイントですが、やはり、購入するなら“価格”も気になるはず。ウイスキーの価格は1,000円以下の安い商品から、5万・10万円以上まで、ピンキリです。あまりに安いと風味があまり感じられなかったり、お値段が高すぎるとこまめに買って飲めなかったり。どうしてもお互いにメリット・デメリットが生じてしまうもの。そのため、自分のお気に入り銘柄を模索中の段階は、3,000円〜1万円レンジの商品を色々と飲み比べてみるのが無難と言えるでしょう。


スコッチウイスキーのおすすめ3選

ウイスキーの選び方を確認したあとは、実際におすすめのスコッチウイスキー3選をご紹介していきます。すっきりと飲みやすい商品が多いので、ウイスキーを飲み慣れていない方でもきっと美味しく頂けるはず。


スコッチウイスキーのおすすめ1. タリスカー 10年

タリスカー 10年 箱入り 700ml

価格:3,656円

スコットランドのスカイ島にある蒸留所で生産された「タリスカー」。鼻をぬけるスモーキーな香りと甘さのバランスが絶妙です。『宝島』の著者であるロバート・ルイス・スチーブンソン氏には「King of Drinks(酒の王様)」とも称されており、スコットランド産の中でもトップクラスのシングルモルトウイスキーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:45.8%
  • ブランド:タリスカー
  • 原材料: 大麦

スコッチウイスキーのおすすめ2. シーバスリーガル 18

シーバスリーガル 18年 750ml [並行輸入品]

価格:5,550円

日本を含む、世界150カ国以上で親しまれている「シーバスリーガル」。口に入れると、芳醇な香りが広がります。お値段は5,000円前後だから、コストパフォーマンスも抜群です。入れ箱もきちんとしているので、プレゼントやギフトにも最適な一品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:750ml
  • 度数:40%
  • ブランド:シーバスリーガル
  • 原材料: モルト・グレーン

スコッチウイスキーのおすすめ3. シングルモルト ザ マッカラン 12年

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml

価格:8,640円

シングルモルトの“ロールスロイス”とも称される、最高峰のシングルモルトウイスキー「マッカラン12年」。最低12年間熟成させた原酒のみを使用することで、深みのある味わいを実現。少しリッチな価格帯ではありますが、とにかく上質で美味しいお酒を楽しみたい方へおすすめのウイスキーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:40%
  • ブランド:マッカラン
  • 原材料: モルト

カナディアンウイスキーのおすすめ3選

続いては、おすすめのカナディアンウイスキー3つをご紹介します。ソフトな口当たりで飲む人を選ばないため、自分用だけでなく、プレゼント用にもおすすめです。


カナディアンウイスキーのおすすめ1. アルバータ ダークバッチ

カナディアンウイスキー アルバータ ダークバッチ 750ml

価格:2,814円

カナディアンウイスキーの名門が製造する「アルバータ ダークバッチ」。ライウイスキーにシェリー酒やバーボンを加えた、オーソドックスな一品です。ソフトな口当たりながら、しっかりとウイスキーの深みや風味を味わえるためロックやストレートで頂きたい方へおすすめのウイスキーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:750ml
  • 度数:45%
  • ブランド:アルバータ
  • 原材料: ライ麦・麦芽

カナディアンウイスキーのおすすめ2. クラウン ローヤル

クラウン ローヤル 40度 箱入り 750ml

価格:2,088円

王冠をデザインモチーフにしたオシャレなボトルが印象的な「クラウンローヤル」。1939年にはイギリス国王への献上酒にも選ばれるほど、その味や雰囲気は申し分ありません。味やデザインもバランス良くハイスペックなので、お酒好きな友人へ贈り物にもぴったりです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:750ml
  • 度数:40%
  • ブランド:クラウン・ローヤル
  • 原材料: モルト・グレーン

カナディアンウイスキーのおすすめ3. カナディアン クラブ 20年

カナディアンウイスキー カナディアン クラブ 20年 750ml

価格:13,775円

「C.C.」の愛称で世界中に親しまれているカナディアンウイスキーの代表格「カナディアン クラブ 20年」。オーク樽で20年以上も熟成を重ねることで、深いコクと華やかな甘みを実現しています。1万円台と少しリッチな価格帯ですが、年月を重ねて生まれた円熟した旨味を存分に味わえるおすすめの一品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:750ml
  • 度数:40%
  • ブランド:カナディアンクラブ
  • 原材料: モルト・グレーン

アイリッシュウイスキーのおすすめ3選

スコッチウイスキーやカナディアンウイスキーに比べ、アイリッシュウイスキーは滑らかでソフトな味わいが特徴です。また、一説ではアイルランドは“ウイスキー発祥の地”とも言われています。ここからは、アイリッシュウイスキーのおすすめ3選を厳選してご紹介していきます。


アイリッシュウイスキーのおすすめ1. ブッシュミルズ ブラックブッシュ

ブッシュミルズ ブラックブッシュ アイリッシュウイスキー 40...

価格:2,678円

「トリプル(3回)蒸留」とスモークしていないモルトの使用など、少し変わった製造法を用いているブラックブッシュの「ブラックブッシュ」。そのおかげで、甘さとスパイシーさの相反する二つの味わいを実現。水や炭酸で割ると薄くなってしまうため、ストレートやロックで飲むのが◎。コストパフォーマンスも抜群なので、家で晩酌したい方へおすすめのウイスキーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:40度
  • ブランド:ブッシュミルズ
  • 原材料: モルト

アイリッシュウイスキーのおすすめ2. レッドブレスト 12年

レッドブレスト 12年 シングルポットスチル アイリッシュウイ...

価格:6,058円

アイルランドのミドルトン蒸留所で製造されている「レッドブレスト」。キリッとした味わいと華やかな香りのギャップが絶妙な人気のアイリッシュウイスキーです。お値段は少し張りますが、今までアイリッシュをあまり飲んだことが無いという方にも、是非おすすめしたい一本です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:40%
  • ブランド:ミドルトン
  • 原材料: モルト

アイリッシュウイスキーのおすすめ3. ライターズ ティアーズ カスクストレングス

ライターズ ティアーズ カスクストレングス 700ml [並行...

価格:12,309円

アルコール度数53°と少し高めなライターズティアーズの「カスクストレングス」。毎年少量のみ販売される貴重な商品です。柔らかい口当たりなためサラッと飲めますが、アルコール分は高いので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:53%
  • ブランド:ライターズティアーズ
  • 原材料: モルト

アメリカンウイスキーのおすすめ3選

ここからは、アメリカンウイスキーのおすすめアイテムをご紹介していきます。スコットランドやアイルランド、カナダと同様に美味しいウイスキーが充実しているので、ぜひ見逃さないようにしましょう!


アメリカンウイスキーのおすすめ1. バーボンウイスキー ジムビーム

バーボンウイスキー ジムビーム 1750ml

価格:3,002円

世界各地で抜群の知名度を誇り、日本でもローラさんが出演するCMでおなじみの「ジムビーム」のバーボンウイスキー。とうもろこしを4年以上熟成させた原酒を用いることで、香ばしさと甘さを持ち合わせた口当たりを実現。飲みやすさも嬉しいポイントなため、ウイスキー初心者の方でも安心してお飲みいただけます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:1750ml
  • 度数:40%
  • ブランド:ジムビーム
  • 原材料: グレーン・モルト

アメリカンウイスキーのおすすめ2. ジャックダニエル ブラック

ジャックダニエル ブラック 1750ml

価格;4,539円

【1. ジムビーム】と同様に、こちらも抜群の知名度を誇るのが「ジャックダニエル」。日本のコンビニやスーパーでも販売されており、誰もが一度は目にしたことがあるといっても過言ではないでしょう。容量1750mlで4,539円とコストパフォーマンスも優秀。近場でサクッと購入できるため、ウイスキーデビューにぴったりの一本です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:1750ml
  • 度数:40%
  • ブランド:ジャックダニエル
  • 原材料: グレーン・モルト

アメリカンウイスキーのおすすめ3. ノアーズミル 57度 750ml

ノアーズミル 57度 750ml 【バーボンウイスキー】

価格:6,380円

アメリカ・ケンタッキー州の一番小さな蒸留所で、家族経営で製造されているノアーズミルのバーボンウイスキー。地元の人々からも愛される絶品ウイスキーです。アルコール度は57.15度と高めですが、上品な味わいなため、サラッと飲むことができます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:750ml
  • 度数:51.15度
  • ブランド:ノアーズミル
  • 原材料:とうもろこし・ライ麦・酵母

ジャパニーズウイスキーのおすすめ3選

最後に日本で製造されたジャパンウイスキーのおすすめ商品をご紹介していきます。日本人の口に合ったお酒が数多く展開されているため、美味しいウイスキーが充実しているのもジャパニーズウイスキーの魅力。きっと自分好みのアイテムが見つかると思うため、しっかり吟味しながら読み進めて行きましょう。


ジャパニーズウイスキーのおすすめ1. サントリー ウイスキー 響

サントリー ウイスキー 響 JAPANESE HARMONY ...

価格:7,220円

“日本の四季、日本人の感性、日本の匠の技でつくられたウイスキー”をコンセプトにしたサントリー「響」。ストレートやロックでウイスキー本来の味わいを楽しむのも良し、ハイボールで爽やかに飲むのも良しな万能的な一本です。香りや風味も良く、飲んだ後も贅沢な余韻にひたれます。飲み手を選ばないので、大切な人へのちょっとしたプレゼントや贈り物にも最適なウイスキーとなっています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:43%
  • ブランド:響き
  • 原材料: モルト・グレーン

ジャパニーズウイスキーのおすすめ2. 竹鶴 12年 ピュアモルト

竹鶴 12年 ピュアモルト 700ml

価格:17,000円

12年以上熟成させたモルトのみで仕上げた「竹鶴 ピュアモルト」。甘すぎず癖もないため、ドンドン飲める口当たりの柔らかさが特徴。香りも繊細で華やかなので、飲んだあとも幸せな気分に浸れますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:40%
  • ブランド:竹鶴
  • 原材料: モルト

ジャパニーズウイスキーのおすすめ3. シングルモルト 山崎12年

シングルモルト 山崎12年 700ml

価格15,147円

日本のウイスキーの発祥の地である、山崎蒸溜所の竣工60年目の1984年に登場した、日本を代表するシングルモルトウイスキー「山崎」。繊細なものづくり精神で、丁寧に美味しいお酒を作り続けることで、海外からも高評価を得ています。大切な人への誕生プレゼントにも最適な、至高の一本です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 液体容量:700ml
  • 度数:43度。
  • ブランド:山崎
  • 原材料: モルト

好きなウイスキーを見つけて、晩酌タイムを充実させよう。

ウイスキーのおすすめ&選び方

ウイスキーの種類や選び方から、おすすめ銘柄まで詳しくお届けしました。人によって好きな風味や味わいは異なります。だからこそ、様々なウイスキーを飲み比べて味覚の見聞を深めましょう。自分好みのウイスキーが見つけて、いつもの晩酌タイムをより有意義なものにしてくださいね。


【参考記事】ウイスキーに合う食べ物をランキング形式で大公開!▽


【参考記事】俳優:山本耕史さんのウイスキーの嗜み方とは?▽


【参考記事】日本酒のおすすめ銘柄も合わせてチェックしてみて▽


お気に入り

注目の記事

関連する記事