ベージュパンツのメンズコーデ集。自然な大人っぽさを演出する着こなしとは

ボトムスの中でも最も無難で誰でも使い回せる、ベージュパンツ。高い万能性を誇るアイテムは、具体的にどんなファッションにすれば良いのか。今回は大人っぽさを引き出す、ベージュパンツのおしゃれメンズコーディネートを解説。気取りすぎないナチュラルな着こなしに。

ベージュパンツを使えば、失敗しない着こなしになる。

ベージュパンツとベージュベルト

巷では、『白パンツ』や『ワイドパンツ』などが流行り、多くの男性がコーディネートに使用しています。しかし、流行るアイテムは、着こなしにくいモノが多く、おしゃれ感度高めの男性でも手こずるほど。無理におしゃれに見せようとして、“ダサく”なってしまっては意味がありません。おしゃれ初心者ほど、基本アイテムから使えるようになりましょう。

そこで今回は、どんなコーデも大人っぽく無難に仕上げてくれる『ベージュパンツ』を使ったメンズコーディネートを25構成ご紹介します。まずは、ベージュパンツを上手く使えるようになりましょう。


ベージュパンツコーデ1. ストール×グレーニット×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

黒ストールを使った定番コーディネートにベージュパンツを使った着こなし術。寒い季節になると増えてくるチェスターコートとストールの黒コーデにベージュパンツを使えば、落ち着いた仕上がりに。誰でも似合わせ可能な万能着こなしですので、ぜひ取り入れてみて。

【参考記事】グレーニットの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ2. コーチジャケット×ベージュチノパン

コーデの例はこちら

2018トレンドアイテム『コーチジャケット』とベージュパンツを合わせたおしゃれメンズコーディネート。大きめシルエットが特徴的なコーチジャケットにはタイトめパンツがGOOD。中でもベージュパンツは、気取りすぎず弱すぎないベストな着こなしになりますよ。

【参考記事】コーチジャケットの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ3. 黒ポロシャツ×ベージュチノパン

コーデの例はこちら

黒ポロシャツとベージュチノパンを使った無骨な印象が特徴的なメンズコーディネート。ネイビーパンツや白パンツでは出せない無骨さは、ベージュパンツだからこそ実現可能。リーズナブルな価格で全パーツ揃えられるため、この機会にぜひ見てみてください。

【参考記事】ポロシャツの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ4. 黒タートルネック×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

黒タートルネックとベージュパンツを合わせたおしゃれメンズコーディネート。トップスとシューズのカラーを統一することで、メリハリを簡単に演出できます。ファッションの基本である、トップス×シューズのカラー揃えを活かしていきましょう。

【参考記事】タートルネックの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ5. ベージュストール×黒MA-1×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ストールとボトムスのカラーを合わせた着こなしに黒のMA-1をプラスしたメンズコーディネート。ベージュパンツに合わせて、ストールの色もベージュにすることで、コーデ全体がおしゃれにまとまります。トップスとシューズは、ベージュよりも目立たないカラーを選びましょう。

【参考記事】MA-1の着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ6. オレンジパーカー×ベージュワイドパンツ

コーデの例はこちら

オレンジパーカーとベージュパンツを使った重ね着コーディネート。パーカーとコーチジャケットの定番コンビには、トレンド感のある『ワイドパンツ』がおすすめ。ベージュパンツを使う時は、トップスを少し派手めにしてみるのも◎。

【参考記事】パーカーの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ7. 黒コーチジャケット×赤Tシャツ×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

黒コーチジャケット×赤Tシャツにベージュパンツを合わせたおしゃれメンズコーディネート。使いにくい赤Tシャツもベージュパンツの柔らかさをプラスすれば、無難な着こなしに。コーチジャケットを羽織れば、おしゃれ度が一気に上がり、外でも着ていけるコーデに格上げされますよ。

【参考記事】Tシャツの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ8. 白Tシャツ×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

白Tシャツとベージュパンツを使った爽やかメンズコーディネート。ベージュと同系色のホワイトを使うことで、コーデ全体ですっきりとしたビジュアルを作り出しましょう。やや色味が少ないため、足元で黒やネイビーなどちょっとしたカラーを入れてみてもいいかも。

【参考記事】白Tシャツの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ9. カーキメルトンジャケット×ベージュパンツ

カーキメルトンジャケットとベージュパンツを使ったおしゃれメンズコーディネート。独特なメルトンジャケット以外にもカーキジャケットやカーキカーディガンなどでもコーディネートは成り立ちます。カーキとベージュを扱うときは、2色ではなく、もう1色メインカラーを付け足すことで無難に仕上がりますよ。

【参考記事】ダッフルコートの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ10. ベージュパンツ×セットアップスタイル

コーデの例はこちら

ベージュジャケットとベージュパンツのおしゃれセットアップコーディネート。質感とカラーを統一したセットアップコーディネートは、インナーがどんなアイテムでもスタイリッシュに決まります。やや目立ちすぎる着こなしになるため、クラッチバッグなどの小物で別カラーをプラスして。

【参考記事】セットアップのコーディネート方法とは▽


ベージュパンツコーデ11. 黒バンドカラーシャツ×ベージュワイドパンツ

コーデの例はこちら

黒バンドカラーシャツと7分丈ベージュパンツのレイヤードスタイル。黒とベージュの定番コンビであれば、アイテムに特徴があっても無難に決まりますよ。バンドカラーシャツを使う時は、インナーを使って重ね着スタイルを強調して。

【参考記事】バンドカラーシャツの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ12. 紫パーカー×ベージュチノパン

コーデの例はこちら

紫パーカーとベージュパンツの一風変わったメンズコーディネート。季節によって制限のかかる紫パーカーはベージュカラーのアイテムで落ち着きのある印象に仕上げます。アウターを羽織る場合は、暗めのパーツで紫の独特な印象を抑えて。

【参考記事】パーカーの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ13. ノーカラーシャツ×ベージュハーフパンツ

コーデの例はこちら

定番になりつつある『ノーカラー』要素を加えたシャツとベージュハーフパンツを合わせた爽やかメンズコーディネート。ハーフパンツの定番である、ベージュチノパンを使う時はとにかく清涼感のあるコーデに。トップスは半袖、シューズはくるぶしの見えるアイテムをチョイスして。

【参考記事】ハーフパンツの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ14. 赤Tシャツ×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

赤ボートネックTシャツと9分丈ベージュパンツを使ったシンプルコーディネート。2018年のトレンド『オーバーサイズ』を取り入れた赤Tシャツも、ベージュパンツに合わせれば気取りすぎないおしゃれに。やや柔らかすぎるボートネック部分がアクセントとなり、ベージュパンツのすっきりシルエットと絶妙にマッチしますよ。


ベージュパンツコーデ15. ライダースジャケット×黒パーカー×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ライダースジャケットと黒パーカーの黄金コンビにベージュパンツを加えたメンズコーディネート。男らしい印象を強めるライダースジャケットとベージュチノパンのコーデは、誰でもおしゃれに着こなせるはず。無難でありながら、どこか強さを感じる着こなしです。

【参考記事】ライダースジャケットの着こなし方法とは▽


ベージュパンツコーデ16. 黒ライダースジャケット×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

かっこいい黒ライダースジャケットに、ベージュパンツを合わせたメンズコーディネート。ライダースジャケットにベージュチノパンを合わせる男っぽい着こなしは、全ての世代のおしゃれメンズにおすすめ。ルーズなチノパンをピックアップしたことで、ワイルドなムードを醸しています。インナーは、トレンドアイテムの白プルオーバーパーカーをチョイス。王道のアメカジコーディネートの足元には、黒のブーツがかっこいい。黒、ベージュ、白の3色でまとめることで、すっきりとした着こなしが完成。


ベージュパンツコーデ17. 黒ダウンジャケット ×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ルーズなワイドパンツをメインにした、メンズコーディネート。迫力のあるワイドパンツは、おしゃれメンズにおすすめのアイテム。イージーパンツタイプのワイドパンツなので、リラックスした着こなしにも最適。インパクトのあるパンツには、ビッグサイズの黒ダウンジャケットをセット。ワイドパンツのボリュームに負けない、ダウンジャケットをチョイスしたことで、男っぽい着こなしが完成。足元は、ファイヤーパターン(炎模様)のヴァンスのスリッポンがかっこいい。


ベージュパンツコーデ18. ジップアップカーディガン ×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ベージュパンツを使った、オフィスカジュアルに最適な着こなし。上品なベージュパンツに、ジップアップタイプのカーディガンをコーディネート。カーディガンのインナーには、タイドアップ(ネクタイを結んだシャツコーディネート)した白シャツをセット。オフィスカジュアルの定番的な着こなしにも、ベージュパンツはよく似合います。スラックスと、チノパンの中間のようなベージュパンツは、オフィスカジュアルにはもちろん、きれいめなメンズカジュアルにもおすすめ。


ベージュパンツコーデ19. ボンバージャケット×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

おしゃれメンズに人気のベージュアンクルパンツを使った、メンズコーディネート。ビジネスシーンでも活躍してくれる、上品なベージュアンクルパンツに、ワイルドなボンバージャケットを合わせた着こなしが、かっこいい。男っぽい黒のボンバージャケットと、上品なアンクルパンツのバランスが絶妙です。アンクルパンツの足元には黒のレザーシューズ。ムートンタイプのボンバージャケットに、ベージュのアンクルパンツを合わせる着こなしは、都会的で大人っぽい。


ベージュパンツコーデ20. 黒ハーフジップニット×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

20代メンズに人気のベージュのクロップドパンツを使った、メンズコーディネート。カジュアルで男っぽいムードがかっこいい、クロップドパンツは、ベージュをチョイスすることで、大人っぽい着こなしにも似合う万能アイテムへと格上げ。オーバーサイズのハーフジップニットを合わせることで、リラックスした都会的なコーディネートが完成。クロップドパンツの足元には、黒のオールスターをセット。足元は、レースアップブーツや、黒のレザーシューズを合わせてもおしゃれ。


ベージュパンツコーデ21. ネイビージャケット×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ネイビージャケットにベージュスラックスを合わせた、メンズコーディネート。ベージュのスラックスは、ビジネスシーンでも大活躍アイテム。テーラードジャケットのインナーに合わせた、落ち着いたブルーシャツがおしゃれ。すっきりとしたシルエットのベージュスラックスの足元には、黒のオールスターがかっこいい。上品なメンズコーディネートに最適なベージュのスラックスは、おしゃれメンズなら押さえておきたいアイテム。30代メンズに特におすすめの着こなし。


ベージュパンツコーデ22. 白ジップアップブルゾン×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ボアタイプの白ジップアップブルゾンに、ベージュのワイドパンツを合わせたメンズコーディネート。ボリューム感のあるジップアップブルゾンと、ワイドパンツのバランスのいい着こなし。柔らかく、かわいらしい印象のジップアップブルゾンに、ワイドパンツを合わせることで、男っぽく、かっこいい着こなしが完成。インナーのグレーカットソーもおしゃれです。黒のレザーシューズが、淡い色合いで統一した着こなしのアクセントになっています。


ベージュパンツコーデ23. ドリズラー×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

おしゃれメンズ御用達のドリズラーブルゾン(ジップアップタイプのブルゾン)に、ベージュパンツを合わせたメンズコーディネート。スタンドカラーの男っぽいデザインのドリズラーブルゾンに、ルーズシルエットのベージュパンツを合わせる着こなしがかっこいい。ビジネスシーンでも通用しそうな上品なパンツと、カジュアルアイテムのコーディネートは、おしゃれ上級者の常套手段。足元の黒のオールスターがすっきりとした印象。


ベージュパンツコーデ24. 茶タートルネック×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

30代40代のおしゃれメンズに、おすすめの着こなし。ゆったりとしたブラウンのタートルネックニットに、ベージュパンツを合わせた、シンプルな着こなしがかっこいい。ブラウンとベージュの同系色で統一したことで、都会的なムードの漂う着こなしが完成。足元は、ボリューム感のあるブラウンのローファーをチョイス。30代メンズに人気のツイードジャケットを羽織ると、より今季らしい着こなしに、仕上がります。足元はスニーカーで、カジュアルダウンしてもかっこいい。


ベージュパンツコーデ25. チェックブルゾン×ベージュパンツ

コーデの例はこちら

ベージュのチェックブルゾンに、ベージュチノパンを合わせたメンズコーディネート。クラシカルな雰囲気のジップアップブルゾンに、少しルーズなチノパンを合わせた着こなしがおしゃれ。インナーの黒ハイネックニットも、精悍でかっこいい。クロップドパンツに仕上げた足元には、黒のローテクスニーカー。黒×ベージュの二色で統一したことで、すっきりとした着こなしに仕上がっています。30代40代のメンズに、おすすめのベージュパンツコーディネート。


ベージュパンツは“トップスを選ばず”使い回せる。

ベージュパンツとチェックシャツの着る男

ベージュパンツを使ったおしゃれメンズコーディネート25構成ご紹介しました。ベージュパンツは、紫パーカーや赤Tシャツなどトップスが個性的であっても柔らかかくまとめてくれます。「ちょっと上半身で遊びすぎたな。」という時は、ベージュパンツで大人っぽい印象に仕上げてみましょう。

【参考記事】グレーパンツの着こなし方法とは▽

【参考記事】デニムパンツのおしゃれコーデを解説▽

【参考記事】夏トレンドのファッションコーディネートとは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事