2016年10月20日

ボーダーコーデに“ひと工夫”。おしゃれなメンズ着こなし11選

ボーダー柄アイテムを用いたおしゃれなメンズコーデ11種類を大公開。ボーダーTシャツやニットなどの定番アイテムを中心に、春夏はもちろん秋冬も着こなせるコーデもお教えします。白黒や紺ボーダーなど色使いもマスターして、定番の着こなしでワンランク上の魅せ方を。

春夏秋冬。着回し抜群のボーダーコーデ

ボーダー コーデ

ボーダー柄で爽やかに仕上げるのは春夏の鉄板です。ただ、秋冬でも幅広く着まわせる万能アイテムだったことをご存知でしたか?定番のマリン系やカジュアル、大人っぽい着こなしまで活用できる優れものなんです。アクセントとして取り入れればトレンド感のある着こなしにも早変わり。今回はボーダーTシャツをはじめ、ボーダー柄を取り入れたおしゃれなメンズコーデをご紹介。普段のファッションに簡単に組み込めるので、積極的にトライしてみてくださいね。

 

その前に、ボーダーとストライプの違いとは

ボーダー Tシャツ

ボーダーTシャツは本来バスクシャツと呼ぶのが正式名称です。バスク地方の漁師の仕事着が由来とされており、その名残りでボーダー=海・マリンのイメージが定着しています。日本では横縞のことをボーダー、縦縞のことをストライプと呼び、英語の場合は縦も横もみんな一括りにストライプ「stripe(s)」と呼びます。ちなみにしましま模様はストライプトゥ「striped」。

また、ピッチ(幅)によって印象はガラっと変わります。ピッチが細かいと品が良く落ち着いた雰囲気、太いと活発で明るい元気な印象に。着用する際は、ぜひカラーやピッチも意識してみてくださいね。では、ボーダー柄のコーディネート11選を一気にご覧ください。定番だからこそ“ひと工夫”を加えた粋な着こなしを!

 

ボーダーコーデ1. 少し肌寒い春先は印象抜群のレイヤードスタイルで

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

スプリングカラーの淡いブルーシャツにボーダーニットを合わせたレイヤードスタイル。デニムとの相性のよさは、もはや言うまでもありません。小物などをシックな色合いで揃えれば、ボーダーの爽やかさと相まってさらに全体が引き締まります。インナーは、デニムシャツでも可。

【参考記事】デニムシャツの春の着こなし。夏秋冬にも応用可能なポイント解説▽

 

ボーダーコーデ2. ボーダーならワントーンコーデも単調にさせない

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

秋冬だけでなく春先でも重宝するニット。上の写真では、清涼感のあるクラシックブルーをベースに明るめのブルートーンで上手にまとめあげていますね。ニットセーターはサッと一枚着るだけで軽やかさをもたらす優秀な一着。イエローシューズのフレッシュ感も◎。

【参考記事】ボーダーと相性抜群のデニムパンツを愛用してみて▽

 

ボーダーコーデ3. シンプルコーデを極めてこそ“本物の男”

ボーダーコーデ

出典:https://jp.pinterest.com

モノトーンコーデもボーダー柄を加えることでスタイリッシュな仕上がります。シンプルスタイルはアイテムの色数を制限しましょう。ボトムスはロールアップすることで、シューズや足回りを強調できます。流行りのクロップドパンツを使用して、ワンランク上の男を演出するのもあり。

【参考記事】シンプルだけど様になる。流行のクロップドパンツをお教えします▽

 

ボーダーコーデ4. 同系色のボトムスと合わせて小物を活かす

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

細かいピッチのボーダーTは、同系色の淡色デニムを合わせてみましょう。暑い季節にぴったりの軽やかなコーデに仕上がります。淡い色でまとめている分、ベルトで全体を引き締めてこなれ感を演出。単調に感じる方はアクセサリーやカラーシューズでアクセントを加えるのもアリです。

【参考記事】男ならベルトブランドにもこだわって。紳士が持つべき10のブランドとは▽

 

ボーダーコーデ5. ラフだけどかっこよくキマる大人のオフコーデ

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

上の写真は、ボトムスやシューズとボーダーの色をリンクさせたジャケパンスタイルです。ストローハットや白のジャケットが涼しい印象を運んでくれます。チーフやアクセサリーなどの細部までこだわれる余裕があれば、貴方も立派なおしゃれ上級者の仲間入りです。

【参考記事】一年中重宝したい最強アイテム「テーラードジャケット」のコーデ術とは▽

 

ボーダーコーデ6. センスの光る小物使いで差をつける

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterestcom

半袖ボーダー×デニムは鉄板がゆえにワンパターンになりがちですよね。そこでおすすめなのがバンダナ。夏コーデのアクセントや挿し色として重宝されるおしゃれアイテムです。定番コーデだからこそ、格好良く着こなして周りと差をつけましょう。

【参考記事】ハードル高い上級ファッションに抵抗があるなら、まずはサングラスから始めてみて▽

 

ボーダーコーデ7. デニムのワイルドさから覗く柔らかさ

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

近年トレンドと称されているデニム・オン・デニムコーデ。細かいピッチのモノトーンボーダーがデニムの野暮ったさを上品に包みこんでくれます。ボーダートップスは存在感もばっちり◎。シンプルコーデを追求するなら装飾品などを付けず、素材やスタイリッシュなシルエットで勝負してみましょう。

 

ボーダーコーデ8. 幼く見えがちなハーフパンツを逆手に取る

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

無地とボーダーで構成されたパネルボーダー。全体をネイビーで統一すれば、洗練された大人カジュアルに仕上がります。幼くなりやすいハーフパンツとあえて合わせることで清涼感をプラス。足元はスエードシューズでエレガントさを演出しています。

【参考記事】暖かい季節にヘビロテ決定のハーフパンツ着こなし術

 

ボーダーコーデ9. ベースカラーを意識した爽やかな秋コーデ

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

肌寒くなってきたらブルゾンと合わせるの◎。アウターを工夫すれば秋までボーダーコーデが堪能できます。マリンテイストは単調になりがちですが、白ベースのマリンボーダーはスニーカーと色味を合わせて爽やかにキメましょう。

【参考記事】ボーダーコーデでも欠かせない「白スニーカー」の人気アイテムを厳選▽

 

ボーダーコーデ10. コートスタイルでも主役級の存在感を放つ

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

どんなアウターとも相性抜群なボーダーは通年使える優秀アイテムです。上の写真でもチェスターコートのスマートなシルエットと、存在感のあるボーダーがマッチしていますよね。野暮ったくなりやすい冬コーデに、ボーダーの爽やかな雰囲気はとっても効果的です。スポーティな足元やダメージパンツが絶妙なヌケ感をもたらしたリラックススタイルに仕上がっています。

【参考記事】ここ数年、秋冬ファッションの必須アイテムに格上げしたチェスターコート着回し術

 

ボーダーコーデ11. 定番のレイヤードも上品にスタイルアップ

ボーダー コーデ

出典:https://jp.pinterest.com

寒い季節の主流といえばレイヤードスタイル。デニムシャツとの重ね着はメンズファッションの常套コーデです。アイテムの丈感などを絶妙に配置することで、クリーンで品のある仕上がりに。計算され尽くしたコーデ術が大人の余裕を感じさせます。足元はクラシカルにブーツでまとめるのがベターでしょう。

【参考記事】ブーツは、履けば良いものじゃない。“かっこいい”を追求したブーツブランド紹介

 

ボーダーコーデは差が付きにくいから、着こなしが大切。

一枚でもしっかりとキマる、ボーダーコーデをお届けしました。ピッチや色合い、他のアイテムとのバランスを意識しましょう。通年着用できるため、しっかりマスターすれば貴方のコーディネートの幅も広がります。アクセントで活用して、とびっきりオシャレなボーダー柄を取り入れてみてくださいね!

【参考記事】ボーダーは秋も大活躍。2016年メンズ秋ファッションの流行を解説▽

【参考記事】ポカポカと温暖な日は、ボーダーTシャツをカッコよく着こなして▽

【参考記事】上質な白パンツとの組み合わせも◎▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!