ボーダーコーデに“ひと工夫”。おしゃれなメンズ着こなし11選

ボーダー柄アイテムを用いたおしゃれなメンズコーデ7種類を大公開。ボーダーTシャツやニットなどの定番アイテムを中心に、春夏はもちろん秋冬も着こなせるコーデもお教えします。白黒や紺ボーダーなど色使いもマスターして、定番の着こなしでワンランク上の魅せ方を。

春夏秋冬。着回し抜群のボーダーコーデ

ボーダー コーデ

ボーダー柄で爽やかに仕上げるのは春夏の鉄板です。ただ、秋冬でも幅広く着まわせる万能アイテムだったことをご存知でしたか?定番のマリン系やカジュアル、大人っぽい着こなしまで活用できる優れものなんです。アクセントとして取り入れればトレンド感のある着こなしにも早変わり。今回はボーダーTシャツをはじめ、ボーダー柄を取り入れたおしゃれなメンズコーデをご紹介。普段のファッションに簡単に組み込めるので、積極的にトライしてみてくださいね。


その前に、ボーダーとストライプの違いとは

ボーダー Tシャツ

ボーダーTシャツは本来バスクシャツと呼ぶのが正式名称です。バスク地方の漁師の仕事着が由来とされており、その名残りでボーダー=海・マリンのイメージが定着しています。日本では横縞のことをボーダー、縦縞のことをストライプと呼び、英語の場合は縦も横もみんな一括りにストライプ「stripe(s)」と呼びます。ちなみにしましま模様はストライプトゥ「striped」。

また、ピッチ(幅)によって印象はガラっと変わります。ピッチが細かいと品が良く落ち着いた雰囲気、太いと活発で明るい元気な印象に。着用する際は、ぜひカラーやピッチも意識してみてくださいね。では、ボーダー柄のコーディネート7選を一気にご覧ください。定番だからこそ“ひと工夫”を加えた粋な着こなしを!


ボーダーコーデ1. ボーダーならワントーンコーデも単調にさせない

コーデの例はこちら

秋冬だけでなく春先でも重宝するボーダーTシャツ。上の写真では、清涼感のあるクラシックブルーをベースに明るめの青系トーンで上手にまとめあげていますね。ボーダーTシャツはサッと一枚着るだけで軽やかさをもたらす優秀な一着。イエローシューズのフレッシュ感も◎。


ボーダーコーデ2. シンプルコーデを極めてこそ“本物の男”

コーデの例はこちら

ジャケット:nano・universe/18,144円

Tシャツ:improves/1,998円

ボトムス:THE CASUAL/5,940円

モノトーンコーデもボーダー柄を加えることでスタイリッシュな仕上がります。シンプルスタイルはアイテムの色数を制限しましょう。ボトムスはロールアップすることで、シューズや足回りを強調できます。流行りのクロップドパンツを使用して、ワンランク上の男を演出するのもあり。


ボーダーコーデ3. 同系色のボトムスと合わせて小物を活かす

コーデの例はこちら

シャツ:URBAN RESEARCH/10,584円

Tシャツ:RAGEBLUE/2,970円

ボトムス:MONO-MART/3,900円

大きなピッチのボーダーTは、同系色の淡色デニムを合わせてみましょう。暑い季節にぴったりの軽やかなコーデに仕上がります。淡い色でまとめている分、ベルトで全体を引き締めてこなれ感を演出。単調に感じる方はアクセサリーやカラーシューズでアクセントを加えるのもアリです。

【参考記事】男ならベルトブランドにもこだわって。紳士が持つべき10のブランドとは▽


ボーダーコーデ4. センスの光る小物使いで差をつける

コーデの例はこちら

シャツ:Lee/15,120円

Tシャツ:HARE/3,780円

ボトムス:BEAMS/10,260円

半袖ボーダー×デニムは鉄板がゆえにワンパターンになりがちですよね。夏コーデのアクセントや挿し色として重宝されるアクセサリーをプラスしてみて。定番コーデだからこそ、格好良く着こなして周りと差をつけましょう。


ボーダーコーデ5. デニムのワイルドさから覗く柔らかさ

コーデの例はこちら

シャツ:REPIDO/1,998円

Tシャツ:Scye/7,560円

ボトムス:Magine/17,064円

近年トレンドと称されているデニムコーディネート。絶妙なピッチのモノトーンボーダーがデニムの野暮ったさを上品に包みこんでくれます。ボーダートップスは存在感もばっちり◎。シンプルコーデを追求するなら装飾品などを付けず、素材やスタイリッシュなシルエットで勝負してみましょう。


ボーダーコーデ6. 幼く見えがちなハーフパンツを逆手に取る

コーデの例はこちら

Tシャツ:URBAN RESEARCH/4,968円

ボトムス:URBAN RESEARCH/6,912円

無地とボーダーで構成されたパネルボーダー。全体をネイビーで統一すれば、洗練された大人カジュアルに仕上がります。幼くなりやすいハーフパンツとあえて合わせることで清涼感をプラス。足元はスエードシューズでエレガントさを演出しています。


ボーダーコーデ7. コートスタイルでも主役級の存在感を放つ

コーデの例はこちら

キャップ:WEGO/2,149円

コート:JOURNAL STANDARD/19,440円

Tシャツ:nano・universe/8,208円

ボトムス:ZIP FIVE/5,292円

どんなアウターとも相性抜群なボーダーは通年使える優秀アイテムです。上の写真でもチェスターコートのスマートなシルエットと、存在感のあるボーダーがマッチしていますよね。野暮ったくなりやすい冬コーデに、ボーダーの爽やかな雰囲気はとっても効果的です。スポーティな足元やダメージパンツが絶妙なヌケ感をもたらしたリラックススタイルに仕上がっています。


ボーダーコーデは差が付きにくいから、着こなしが大切。

一枚でもしっかりとキマる、ボーダーコーデをお届けしました。ピッチや色合い、他のアイテムとのバランスを意識しましょう。通年着用できるため、しっかりマスターすれば貴方のコーディネートの幅も広がります。アクセントで活用して、とびっきりオシャレなボーダー柄を取り入れてみてくださいね!

【参考記事】メンズのおしゃれ夏服コーディネートを完全解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事