流行りのクロップドパンツを履きこなす“12”のメンズコーデ術

今年は“クロップドパンツ”で大人の着こなしを。そもそもクロップドパンツとは?…という方でも今すぐできる、爽やかに魅せるメンズコーデ術をお教えします。春夏のスキニーデニムから靴下を使った秋冬コーデまで、12の上級おしゃれテクがここに!

密かに話題のクロップドパンツとは?

流行りのクロップドパンツ

クロップドは「切り込まれた」という意味。一般的に裾を切り落としたようなデザインで、裾丈を通常より短くカットしたものをクロップドパンツと呼びます。絞り気味の裾ラインとルーズなウエストラインが特徴的。六〜七分丈パンツが主流ですが、長さの規定は特にありません。


今年はクロップドパンツで決まり。

春夏の暖かい陽気に普通のパンツは暑い。そのため、最近流行っているのがハーフパンツ(短パン)です。しかし特に膝上の短パンは、幼い雰囲気になってしまったり、すね毛が見えて不潔な印象を与えてしまったりとマイナス面も目立ちます。そこでおしゃれメンズの中で密かにブームになりつつあるのが、クロップドパンツです。なんと、春夏に限らず秋冬も着こなせる万能パンツです。


履くだけで“大人のこなれ感”を演出できるコーデって?

足元の数センチで“大人のこなれ感”が出せるクロップドパンツ。絶妙に半端な丈が、短パンには出せない余裕のある雰囲気を作ってくれます。そこで今回は、履くだけで爽やかな清涼感も演出できるクロップドパンツの着こなし12種類を徹底解説。今年トレンド間違いなしのパンツをさらっと履きこなしちゃってください。


クロップドパンツを履きこなすコツは、たった3つ。

  • 色見を揃える
  • ワイドタイプはトップスをコンパクトにする
  • ブルー系のアイテムを取り入れる

今すぐできるクロップドパンツコーデのポイント3つ。ベージュ統一はちょっとハードルが高くても、白やブラック系ならやりやすいはず。小物も揃えて、クロップドパンツで遊んでみてくださいね。トレンドパンツを履きこなして、自由自在にファッションを愉しみましょう!


クロップドパンツ1. 素材感で魅了する大人トラッドのオフコーデ

コーデの例はこちら

キレイめクロップドは、楽ちんニットとのサイズのバランスが大切。上質なニットでコンパクトにまとめれば、フォーマルで優しい印象に仕上がります。全体をモノトーンに揃えると、知的な雰囲気も感じられますね。


クロップドパンツ2. 上品にまとまる大人カジュアルは色でメリハリを。

コーデの例はこちら

グレーとブラックの組み合わせが、ちょっとこなれたインテリ風。フレッシュな着こなしで、一度挑戦するとハマってしまいそうですね。全体がぼやけないように黒の差し色で印象にきゅっとメリハリをつけましょう。


クロップドパンツ3. 定番スタイルを着こなす鍵はバランスにあり。

細みのパンツには、緩めのカーディガンでバランスを取るのが好印象の秘訣です。インナーに白Tを着ることで清潔感がプラスされた爽やかさのあるコーディネートになります。ラフにジャケパンスタイルを取り入れようと思う方にオススメです!


クロップドパンツ4. カジュアルな着こなしにこそクロップドパンツがハマる。

コーデの例はこちら

クロップドパンツはカジュアルな装いにこそマッチします。スウェットのラフさを適度に引き締めてくれるので、オフモードの着こなしも上品な印象に。小物などは、コーディネートに馴染むようなシルバー系を合わせることでナチュラルに仕上がります。

【参考記事】男が持つべきシルバーアクセサリーとは?憧れの男性芸能人御用達ブランドをお教えします▽


クロップドパンツ5. スマートに着こなすならモノトーンで占めて。

コーデの例はこちら

Tシャツ×パンツはメンズの定番コーディネートですね。シャツをスタンドカラーにすれば、スマートながらトレンド感のある着こなしに変わります。統一感を出すなら、小物もパンツと同じモノトーンにしましょう。より一層スタイリッシュさをプラスできます。


クロップドパンツ6. 爽やかさと品が漂う絶妙な丈感こそ、クロップドパンツの醍醐味です。

コーデの例はこちら

洗練された雰囲気が漂うネイビートーンの着こなしには、スニーカーを合わせるのがおすすめです。革靴だと堅い印象になってしまいますが、スニーカーならそのヌケ感が印象に軽やかさをプラス。細身のクロップドパンツなら、爽やかさ、品の良さ、さらにこなれ感をも演出することができます。


クロップドパンツ7. タイト×ワイドのサイズ感の鍵は色使い

コーデの例はこちら

カジュアルだけど清潔感のある色使いが特徴的な装い。ブラックカラーはどこでも好まれますね。タイトなクロップドパンツには、ワイドトップスを組み合わせるのがポイントです。襟元に同系色のバンダナを差せば、シンプルかつ上品な印象にまとまります。


クロップドパンツ8. 上品さ溢れる明るいグレー系トーンにカジュアルさをプラス

コーデの例はこちら

トップスとボトムスをグレー系で統一して上品さをキープ。緩めのカーディガンを組み合わせて、とにかく落ち着きのある大人を演出しています。足元でカジュアルさをプラスした着こなしはすぐにでもトライできますね。クラシカルなハットが好印象を生む装いです。


クロップドパンツ9. 細身シルエットとの相性も抜群にキマる。

コーデの例はこちら

爽やかなネイビーポロシャツが、コーディネートを軽やかにまとめます。短めの着丈とサイズ感によって絶妙なラフさが際立ったコーディネートですね。足元はパンツとの色合いを合わせて馴染むようすれば好印象。細身で濃色のクロップドパンツの美しいラインが引き立ちますよ。


クロップドパンツ10. 柔和な印象と軽さのMIXコーデ

コーデの例はこちら

優しさを生む白スニーカーがちょっぴり若々しい印象にさせる着こなし。カジュアルなパンツと上質な白Tを合わせた、軽やかなコーディネートです。小物にブラックを部分使いすることで、都会的なコーディネートにまとまっていますね。


クロップドパンツ11. エレガントなジャケパンには靴下でワンアクセントを。

コーデの例はこちら

ブラックのジャケパンスタイルが、優美でトラッドな着こなし。シューズがアクセントになり、あかぬけた雰囲気のコーディネートです。シルエットはもちろん、タイドアップがクラシックさを加味していますね。上品な着こなしは足元のカラーソックスで外すのがポイントです。

【参考記事】いつの時代も「ジャケット」は男の武器。ジャケパンで熟れたおしゃれを演出▽


12. アメリカを彷彿とさせる着こなし

コーデの例はこちら

本場アメリカのカジュアルスタイルを彷彿させる上半身の着こなしが新鮮。全体の色味でコントラストを作ることで、全体を無理のないコーディネートに仕上げています。男らしい印象のあるデニムクロップドパンツはカジュアルながらモダンなバランスが絶妙に表現されるので秋冬に重宝しそうですね。アメリカテイスト溢れる小物使いが大ウケするコーディネート。


【参考記事】男らしく見えるライダースジャケットには、粋なクロップドパンツが良く似合う▽

【参考記事】冬ファッションのトレンドとは▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事