2016年11月18日

セーターのメンズ色別コーデ集。秋冬の着こなしに“こだわり”を

セーターは寒い季節のメンズコーデに欠かせません。でも、ただ着るだけではコーディネートに深みがない。そこで白セーターやグレーセーター、赤セーターなど色別におすすめのコーデを徹底解説します。秋冬の着こなしで“こだわり”のある粋な男を演出しませんか?

セーターのコーデで決まる「大人の余裕」

セーター コーデ

出典:http://www.hercampus.com/「セーター」というと寒い時期に着るイメージがありますよね。編み方には模様だけではなく、立体的に編むことで厚みが出て、防寒性を高める効果があります。でも、防寒だけでセーターを着るのはコーデとして味がありません。

頼れるセーターを上品に着こなすのが大人の余裕。色別のコーデ術を身に付けて、秋冬コーディネートの幅を広げましょう!各色セーターに合わせたいおすすめのアイテムもしっかりとお伝えします。

 

1. 白セーターで上級なメンズコーデを演出

白のイメージ:清潔、無駄がない(シンプル)

白セーター メンズ コーデ

出典:http://zozo.jp/白そのものは、清潔感を与えてくれて素材自体を柔らかい印象にしてくれる効果があります。膨張色なので、厚手の生地のセーターは着膨れしちゃいます。細身デザインの白セーターがおすすめ

 

白セーター × アウター

チェスターコートは肩の力を抜いて着られておしゃれさがアップします。Gジャンをアウターに持ってくるとワークテイストを足せます。

 

白セーター × インナー

白セーターのインナー

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

白シャツを重ねて大人カジュアル&好感度コーデを。白シャツがインナーに入るだけで清潔感が出て、カジュアルなデートスタイルにもってこいです。薄手のタートルネックを下に重ねると絶妙なバランスでワンランク上のおしゃれに。

販売サイトで購入

 

白セーター × パンツ

黒スラックスやジャストサイズの半端丈デニム、ロールアップしてカジュアルに作り上げるのもいいですね。スウェットパンツと合わせるとリラックススタイルに。

 

白セーター × シューズ

足元は黒で引き締めると全体をまとめてくれます。黒のショートブーツがあると全体的に引き締めてくれて、おしゃれな印象にしてくれるのでオススメです。スニーカーを合わせるとラフ感をプラスできるので今風に着こなせます。

 

白セーター × 小物

白セーターのニット帽

ニットキャップは落ち着いた色のものでベーシックな色合いでまとめてシンプルに。カジュアルな雰囲気にはトートバッグなどキャンバス地のものが合うと思います。

販売サイトで購入

 

2. グレーセーターのシックな大人メンズコーデ

グレーのイメージ:シック、静か、保守的

グレーセーター

出典:http://zozo.jp/
控えめな上品さを印象づけられ、ビジネスシーンでは明るい印象を与えてくれます。どの色にも合わせやすくて、ビビッドのような原色などの強い色はやわらげる効果があり引き締める色でもあります。

 

グレーセーター × アウター

ジャケットスタイルはグレーセーターでカジュアルダウンできるので、オフの日にも使える大人渋コーデです。ベーシックなセーターのときは同系色のチェック柄コートでアクセントのあるナチュラルコーデにもなります。

 

グレーセーター × インナー

白シャツを合わせるともっと清楚なコーデに。チェック柄シャツをシンプルコーデのアクセントにするのもいいです。

 

グレーセーター × パンツ

ネイビーのチノパンはどんなアイテムとも相性が良く、シンプルコーデのマストアイテムともいえます。淡色のデニムと合わせると爽やかな中に渋みが取り入れられたコーディネートになります。

 

グレーセーター × シューズ

グレーセーターに合わせる靴

 

ドレスシューズを一足持っているといいかもしれません。カジュアルスタイルを全体的に締めてくれて、まとまりが出ます。スニーカーはシンプルでいて大人カジュアルにもなりますが、柄ものでシンプルコーデの外しに持ってきておしゃれスタイリングにも変えることができます。

販売サイトで購入

 

【参考記事】男として一足は持っておきたいビジネスシューズをピックアップ▽

 

グレーセーター × 小物

マフラーをベージュにすることで、レトロな雰囲気が出せるので渋みが出るので革の鞄とシューズとの相性が良く統一感が生まれます。靴下やニットキャップには赤で差し色を入れるとまた違ったイメージになります。

 

3. 黒セーターでまとまりのあるメンズコーデ

黒のイメージ:力強い、ダンディ、毅然

黒セーター

出典:http://zozo.jp/素材に高級感を与えてくれて、収縮色なので全体的に締まって見えます。明るい色と合わせた時に引き締めてくれて、ビジネスシーンでも活用できるのでオンオフ問わず着られます

 

黒セーター × アウター

黒セーターのアウターにテーラードジャケット

 

カジュアルからフォーマルまでオールマイティな黒のテーラードジャケット。一番着まわしができるテーラードジャケットは一着欲しいものです。ブラウンのジャケットで硬くなりすぎないカジュアルフォーマルでオフの日にも使えますね。クラシックなコーディネートにするにはツイード素材のジャケットがあると着こなしの幅も広がります。

販売サイトで購入

 

【参考記事】秋冬のセーターコーデを仕上げるテーラードジャケットのコーデ術▽

 

黒セーター × インナー

首元からちょっと見えるくらいのラウンドネックのシャツを合わせるとカジュアルさが演出されて柔らかになります。シャツとの重ね着でカジュアルだけど上品に仕上げて、落ち着いたデートのときにぴったりです。

 

黒セーター × パンツ

デニムはカジュアルスタイルにはマストアイテムです。同じく黒でまとめるとやや重い印象になるので真っ黒すぎないものを選びましょう。

 

黒セーター × シューズ

シューズはセーターとは色を変えて、ブラウンにすると一気に上級者のようなコーディネートに。スニーカーでカジュアルさをUPして抜け感を出すのとまた違った印象を与えます。

 

黒セーター × 小物

モノトーン色の組み合わせがシンプルすぎると思った時には少し派手目の色のニットキャップを差し色に。

 

4. 赤セーターで男らしいメンズコーデ

赤のイメージ:アクティブ、情熱的、行動的

赤セーター

出典:http://zozo.jp/温暖色なので、暖かい印象を与えられて同時に強い印象も残ります。膨張色なので厚手すぎないものを選ぶことでスマートに着こなせます。小物に落ち着いた色を持ってきて引き締めましょう。

 

赤セーター × アウター

赤セーターアウター

カジュアルなダッフルコートの中に赤セーターを着ることでおしゃれさを簡単にプラスできます。ロングジャケットをアウターに持ってくることでかっこいいコーディネートになります。

販売サイトで購入

 

【参考記事】秋冬のセーターコーデに欠かせない、チェスターコートの着こなし方をお教えします▽

 

赤セーター × インナー

同系色のピンクのシャツを合わせるとキツイ印象も和らげてくれます。シャツを下に合わせる場合は深みのある赤セーターにすると落ち着きが出てシンプルに。白シャツと深みのある赤はきれいめに仕上がるので大人っぽくしたい時にオススメです。

【参考記事】白シャツでキメるなら、高級Yシャツを着こなして▽

 

赤セーター × パンツ

デニムはロールアップして抜け感を出すことによって強くなりがちな印象を抑えてくれます。細身の黒パンツでスッキリしたコーディネートに。秋冬コーデで活躍する白パンツなら、爽やかさをプラスできます。

 

赤セーター × シューズ

スエード靴との相性がいいです。スニーカーは落ち着いた色を使うことで程よいアクセントに。

 

赤セーター × 小物

シンプルで渋い色のもので全体を落ち着いた印象にまとめましょう。

 

5. ネイビーセーターで知的なメンズコーデ

ネイビー・・・冷静、知的、誠実、爽やか

紺セーター

出典:http://zozo.jp/爽やかで周囲に好印象を与え、落ち着いた雰囲気を持ちやすいです。収縮色なので全体が締まって見えます。ネイビーで上品な知的コーデを楽しんでみてください。

 

ネイビーセーター × アウター

Pコートやダウン、レザージャケットなど何でも合わせやすいです。

 

ネイビーセーター × インナー

サラッと一枚で着ても中にシャツを着ても好印象を持つますね。シンプルにするなら無地のシャツで、少し遊びを持たせるならチェックシャツをインするのもおすすめです。

 

ネイビー × パンツ

ネイビーパンツ

ネイビーセーターは、白パンツとの相性が良く、爽やかな印象を持たれます。また、同系色のネイビーパンツも、全体のコーデがまとまるのでマストバイ。もちろん、しわくちゃのパンツを合わせては清潔感がゼロになるので、パンツの管理は気を付けて。

販売サイトで購入

 

ネイビーセーター × シューズ

暗い色のシューズだと引き締められて大人の落ち着き、明るい色のシューズだとフレッシュで若々しい印象に変化できるので二足あるとコーデの幅も広がりますね。

 

ネイビーセーター × 小物

革小物を合わせると大人の男性度が上がります。時計のベルトだけでもベージュなどの柔らかい色味が差し色であるとカジュアルさも出せます。

【参考記事】意外と大切なベルト。至高の一本を手に入れて、セーターコーデを格上げして▽

 

6. ピンクセーターでデキる男のメンズコーデ

ピンクのイメージ:若々しい、柔らかい

ピンクセーター

出典:http://zozo.jp/

素材そのものの柔らかい印象と若々しい雰囲気を与えられます。温暖色でありながら軽量色なので、適度な温かみがあるように見せてくれます。

 

ピンクセーター × アウター

膝よりは長くないロング丈のコートで縦長コーデにすることでシャープな印象に。色は紺や黒、グレーを合わせると落ちつきが出ますね。

 

ピンクセーター × インナー

紺色のチェックシャツや白シャツを合わせることによりバランスが取れて爽やかな印象を与えてくれます。

 

ピンクセーター × パンツ

濃い色のデニムと合わせると色合いのバランスが取れて健康的なイメージになります。白のパンツにすることで綺麗にまとまるのでいいですね。

 

ピンクセーター × シューズ

ピンクシューズ

黒の革靴で足元を引き締めれば柔らかさの中にスタイリッシュさも出てまとまり感が出ます。スニーカーの時は少し淡い色を合わせることで、程よく抜け感が出てラフな印象になるので休日のスタイルにオススメです。

販売サイトで購入

 

【参考記事】今やメンズコーデに欠かせない人気スニーカーをランキング形式でご紹介します▽

 

ピンクセーター × 小物

主役はセーターなのであえて小物に頼ずにシンプルにいきましょう。

 

セーターの色でコーデをガラッと変えるのが、オシャレな男。

セーター コーデ

今回はセーターの色別コーディネートを6つの色に分けてご紹介しました。同じセーターでも色が違うとガラッと印象も変わりますね。主役であるセーターの色によってファッションアイテムを変えるだけで、いつもの着こなしとちょっと違うファッションに。春から秋冬まで大活躍のセーターを上品に着こなして、洗練されたスマートな男性を目指してみてくださいね。

【参考記事】オシャレの秋。メンズファッションの流行を完全マスターして▽

【参考記事】セーターの秋コーデをマスターしたら、次は髪型も秋仕様に

【参考記事】セーターを賢く&カッコよく着こなして、魅惑の秋デートを演出して▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!