好きな人から1日以上返信がこないのは脈なし?どのくらい連絡がこなかったら諦めるべき?

好きな人から1日以上LINEが来なくなった人へ。本記事では、返信をしない心理から、諦めたほうがいいケース&諦めない方がいいケースまで大公開!

好きな人から1日以上返信がこないのは脈なし?どのくらいの日数で判断する?

好きな人から1日以上返信がこないのは脈なし?

好きな人へメッセージを送ったのに、なかなか返信がこないと「私には興味がないのかな?」と不安になってしまいますよね。

では、どれくらい返信が返ってこなかったら相手が脈なしだと判断して良いのでしょうか。

  • ① 1日遅れで返事が来た場合

相手が本当に忙しくて返事を書けないか、返信したと勘違いしていることがあるので、脈なしの可能性は50%程度です。

  • ② 2日遅れで返事が来た場合

もし相手がすぐ返信したつもりでいるなら、あなたから何の反応もないことが気になるはず。

しかし、2日も気にせず放置しているので、70%程度で脈なしの可能性があります。

  • ③ 3日以上遅れて返事が来た場合

万が一の事故やスマホの紛失などのトラブルでもなければ3日も遅れないので、脈なしの可能性は90%以上にアップします。

  • ④ 全然返信が返ってこない場合

完全に無視されているか、ブロックされている可能性が大。99%脈なしと思っていいでしょう。


1日既読無視だと脈なしの可能性大、未読無視だと興味がないか他の原因が…

相手が一日も既読無視する場合は、返事を考えていたり、返したつもりになっていたりする状況も考えられますが、その場合は後から何かしらのフォローがあるはずです。

そのため、ずっと既読がつかずに特にフォローも無いのであれば、ほぼあなたに興味がないという証拠です。

もしあなたが片思いしているのであれば残念ながら諦めたほうがいいでしょう。

また、ずっと未読無視の場合はスマホをさわれない状況だったという可能性は否定できませんが、それなら時間が経ってから既読がつくはず。

未読のままという事はあなたのメッセージを全く読む気がないので、あなたに興味を持っていないでしょう。


LINEが1日以上返さない心理とは?典型的な心理を大公開

どれくらい相手から返信がこないと脈なしの可能性が高いか把握できたなら、もうムダに良い返事を期待することもなくなりますよね。

とはいえ、なぜ相手は脈なしだとハッキリ返事をしてくれないのでしょうか。

ここでは、相手が1日以上LINEの返事をしようとしない心理について詳しく見ていきましょう。


心理1. 返したつもりになっていた

LINEで何人もの相手とやり取りしている人は、誰にメッセージを送ったか記憶がごっちゃになっていることがあります。

そのような人は、あなたのメッセージに返信していると思いこんだまま放置してしまうことも。

逆にあなたから返信がこないのはなぜだろうと不思議に思っているかもしれません。


心理2. LINEを終わらせたい

LINEメッセージが届くたびに返信していると、また相手から返事が来るのでキリがないと思っている人もいます。

そのような人はあなたと何度もやり取りするのが面倒くさくなっていて、LINEを終わらせるためにあえて無視しているのでしょう。


心理3. なんて返せばいいかわからない

文章を考えるのが苦手な人は、相手からLINEメッセージを受け取ってもどのような返事をすればいいか悩むことがよくあります。

そのような人は1日以上迷ったあげく、最終的にはもう返事をしても遅いし、そのまま放っておいた方が楽だと考えて放置してしまいます。


まだ諦めるのは早い!5つのケースで見る諦めるのには早いケース

「好きな人から1日以上返信なしだと本当に諦めなきゃいけないの?」

「もし特別な事情の可能性があるなら、どんなケースが考えられるか知りたい!」

片思いで悩む人は、少しの可能性でも残っているなら諦めるようなことはしたくないですよね。

そこでここからは、特別な事情があって返信がこないケースを5つご紹介します。

どんなことがあると脈ありなのに相手が返信しないのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ケース1. LINEの相手が超仕事人間で忙しいケース

仕事を山程抱えている多忙な人は、そもそも個人的なLINEに構っているヒマがなかなかありません。

そのため、脈ありとか脈なしとは関係なく、誰にも返事をしていないことが考えられるのです。

もし返事が来ない事が気になるのなら、SNSなどで相手の更新状況をチェックしてみて。

SNSすらも放置しているのなら、そんな余裕が無いという証拠なので、落ち着くまで待ってみましょう。


ケース2. スタンプでLINEが終わってると思われてるケース

あなたがリアクションのつもりで使ったスタンプを、相手はやり取りの”締め”だと勘違いしている場合があります。

相手は会話が終わったと思って返信しないだけなので、スタンプに続けて文字メッセージを送れば返事が返ってくるはずですよ。


ケース3. 普段からLINEをしないSNSが苦手な人のケース

そもそもLINEやSNSに消極的な人は、好きな人相手でも

「LINEで返事するのは面倒だな」

と感じてしまう傾向にあります。

そのような人は、

「今度会った時に話せばいいか」

と考え、悪気なしで何度もLINEを無視してしまいがち

返信なしでも後日顔を合わせた時に、

「こないだはLINEの返事を返さなくてごめんね」

と言ってくれたら一気に脈ありの可能性が高まりますよ。


ケース4. 予期せぬトラブルでスマホを紛失してしまっているケース

スマホが壊れたり、失くしてしまっていたりすると、相手はLINEメッセージが送られてきていることに気づきません。

もし相手があなたに脈ありだったなら、あなたからのメッセージが届いていたらどうしようと不安になるはず。

その場合はPCや別のSNSからでも連絡は可能なので、

「ごめん。今スマホが壊れているから、連絡はこっちにして」

と伝えてくるでしょう。


ケース5. 受験勉強やテスト期間でスマホを触れないケース

相手が学生などのケースでは、時期的に勉強に集中しなければならず、LINEに返信していられないことがあります。

あなたに脈ありなら、定期テストなら一週間ほど経った頃、受験勉強ならキリのいい合間をぬって、

「勉強しててなかなか返信できないでごめんね」

などと勉強が落ち着けば連絡をくれるでしょう。


ほぼ脈なし!好きな人から1日以上返ってこない時に諦めたほうがいいケース

「脈なしで返信がこないケースにはどんな特徴があるんだろう?」

「さすがに諦めたほうがいいケースがあったら知りたい!」

好きな男性や女性が相手とはいえ、来そうにない返信をいつまでも待っていられないですよね。

そこでここでは、ほぼ脈なしなので諦めたほうがいいケースを詳しくご紹介します。

諦めたほうがいいのはどういう時なのか、返信がこない人は参考にしてみてください。


諦めるケース1. 簡単な質問を既読無視されているケース

すぐ答えられるような質問をしても無視する男性や女性は、あなたの相手をするのは面倒だと思っている可能性大です。

「◯◯先生の明日の授業って休講になるとか聞いたけど本当?」

「今日は新しい服で学校へ行ったんだけど、気づいてくれたかな?」

といった簡単な質問も既読無視するようなら、あなたのことは完全に興味がないので答える気も無いのでしょう。


諦めるケース2. 追撃LINEも既読がつかないケース

1通無視されただけなら、連絡が来ている事に気が付かなかっただけかもしれません。

しかし、連続でLINEをしても既読がつかないなら相手はあなたからの連絡を意図的に無視しているということです。

脈ありの相手から何度も連絡が来ているのに連絡を無視するという事は考えにくいので、ほぼ脈なしでしょう。


諦めるケース3. 過去にも同じように既読無視されているケース

前に無視された経験があるのに、再び既読無視をされるのなら、あなたからの連絡を何とも思っていないのでしょう。

そのため、無視する事に罪悪感などを感じていません。

「大切な用件だってあるんだから、ちゃんと読んで簡単な返事でいいから返してね」

と、前にお願いしていても無視を繰り返すようなら、脈なしの可能性がかなり高いと考えていいでしょう。


諦めるケース4. LINEのスタートが毎回自分からのケース

最初の会話のきっかけがいつも自分からだったら、あなたが一方的に好意を寄せているだけで

「別に話す事無いけど向こうから連絡が来た時に返せばいいか」

と思っているかもしれません。

相手は率先してあなたと話したいとは思っていないので、こちらから送らなくなれば連絡することは無くなってしまう程度には脈なしでしょう。


諦めるケース5. 連絡がない間にSNSが更新されているケース

連絡を送っているのに、SNSなどの書き込みはしっかりしているような相手は、なにか事情があって返信できないわけではありません。

そのため、返信を返さないで更新をしているのなら、あなたよりSNS上のフォロワーや友達の方を優先しているということです。

相手からの返信がない時にSNSをチェックしてみて、リアルタイムで書き込みしているようなら、早めに諦めた方が良いでしょう。


諦めるケース6. 1週間以上経過しているケース

相手に対して特別な感情を抱いていないほど、対応はおざなりになっていくものです。

そのため、脈なしの人からメッセージを受け取っても、

「今すぐは面倒だから明日返事をしよう」

などと考えて放置してしまいがち。

どうでも良いと思っている相手からの連絡なので、遅くなっても何とも思わず、気がついた時には一週間やひどい時には一ヶ月以上の期間も放置してしまうことも。

そのため、ずっと連絡が来ないのなら脈なしでしょう。


諦めるケース7. 付き合っていないのに体の関係を持った後のケース

相手がはじめから体目的の場合は、目的を果たしたらそれ以上深い関係になりたいとは思いません。

セックスするまではまめに返信していても、目的を果たした途端に

「この程度で恋人だと思われたら困るな」

と、あなたのLINEメッセージをブロックして、極力あなたを避けることで、あなたの恋愛感情が自然消滅するのを待っているのです。


LINEの返信をしない相手の心理を知って恋を諦めるべきか判断しましょう!

好きな人からLINEのメッセージが来ると、基本的には嬉しくなってすぐ返事を書くものです。

反対になんとも思っていない相手のLINEに対しては、後で返信すれば良いだろうと放置したり、返信しないなんてことも。

しかし、相手に特別な事情があって返信なしの場合もあるので、脈ありと脈なしはケースごとに判断することが大切。

相手からの返事なしで恋を諦めるべきか迷っている方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事