甘酸っぱい恋あるある|胸キュン確定の青春な思い出エピソードを大公開!

思い出の青春時代の恋愛を思い出してみませんか?この記事では、学生の頃の甘酸っぱい恋のあるあるエピソードから、胸キュンが止まらない映画や漫画、恋している気分になれる名曲までたくさん紹介します!

甘酸っぱい恋とは?

甘酸っぱい恋とは?

甘酸っぱい恋とは、学生時代に多くの人が経験する、好きな人がいて楽しい反面、その気持ちを上手く伝えきれない不器用でもどかしい気持ちが混ざった恋のこと。

当時を思い出すとキュンと切ない気持ちになったり、ほろ苦い懐かしい思い出として頭をよぎるでしょう。


甘酸っぱい恋のあるある|青春時代のエピソードをご紹介!

「学生時代の甘酸っぱい恋の思い出エピソードを知って、胸キュンしたい!」

「いろいろな人の、懐かしい青春の恋愛エピソードあるあるが知りたい」

甘酸っぱい恋のエビソードは、青春時代を思い出して、懐かしいもの。

そこで、ここでは甘酸っぱい恋のあるある、青春時代のいろいろなエピソードを紹介。

最近、胸キュンしてないなと思う方は、あるあるエピソードに共感しながら、甘酸っぱい恋に浸ってください。


あるある1. 好きな男子の教室にわざわざ用事を作って行く

本当は好きな人を呼び出したり、一緒に帰ったりしたくても恥ずかしくてできないという人も多くいるもの。

そんな時は会いに行くための口実として、

  • 好きな人と同じクラスの友達に教科書を借りに行って、好きな男子がいないかキョロキョロ探したり、話かけようとウロチョロする

などと、一目でも会いたい、少しでも同じ空間にいたいと思う健気な気持ちに胸キュンします。


あるある2. 追いかけられた瞬間冷める

学生時代の甘酸っぱい恋は、恋して努力している自分に惹かれている恋に恋する状態であることも多いもの。

相手と少しでも話したいかた、時間を合わせて登校したり、プレゼントに手編みのマフラーを徹夜で編んだりなど、とにかく一生懸命。

しかし、相手を思って努力している自分に恋をしていたので、相手から追いかけられるとその努力をする必要がなくなり、なんだか気持ちが冷めてしまうのです。

青春時代の恋に憧れている時だからこその、あるあるエピソードですね。


あるある3. 好きな男子と目が合っただけで1日幸せ

学生時代は純粋な恋をしているので、相手が好きで好きで仕方がなく、少し目があったという事実だけで、幸せに感じてしまいがち。

そのため、好きな男子と目が合うと、ウキウキして勉強が手につかなくなったり、その日一日地に足がついていない落ち着かない状態になってしまいます。

純粋で一途な恋愛をしていた記憶を思い出すと、なんだかキュンとしてしまいますね。


あるある4. 行き帰りのバスや電車の時間を合わせちゃう

学生時代は好きな相手とは少しでも長い時間一緒にいたいと思うもの。

通学の時などに相手と時間を合わせれば、同じ空間にいるだけで幸せなだけでなく、直接好きな人と話せるチャンスがあります。

そのため、例え家が遠くて早起きしなければならなくても、早朝に目覚ましをかけて同じ電車に乗ろうとすることも。

時間をわざわざ合わせたり、遠回りをしても会う機会を作っているといういじらしい努力にきゅんとしますね。


あるある5. 放課後の教室では恋バナ作戦会議

放課後の教室で女の子同士、日が暮れるまで恋バナをすることってありますよね。

自分の好きな人の話を聞いてもらうのも楽しいし、相手の恋バナを聞くのもキュンキュンして、すごく楽しい時間。

「○○君て好きな人いるのかな?」

「○○先輩、どんな子がタイプなんだろう?」

などといった、時間を忘れて行われた恋バナ作戦会議は、思い出すと甘酸っぱい気持ちになる、大切な記憶でしょう。


あるある6. 偶然を装って好きな子と同じ授業にする

好きな相手とは少しでも多くの接点を持ちたいので、好きな相手がどの授業をとるのかリサーチを必死でしたり、自分は得意ではない教科を選択したり。

その授業の間は好きがばれずに長く一緒に過ごせることができるので、後ろの席で背中を見るだけでも、幸せを感じましたね。

いまだに、一緒の授業で過ごした幸せな時間を思い出す人もいるのではないでしょうか。


あるある7. 好きな人のSNSをチェックしがち

好きな人がどこにいて、何をしているのかがすごく気になってSNSをチェックしてしまうのもあるあるです。

あわよくば

「自分のことが書かれてないかな」

と期待しつつも、無いことにガッカリしたり、ずっと過去までさかのぼって知らない一面を見たり。

ついつい毎日チェックして、必要以上に一喜一憂してしまった経験もあるでしょう。

今でもSNSで好きな人をチェックすることはあるかもしれませんが、あそこまでのドキドキ感は、味わえないですね。


あるある8. 勇気がなくて告白できずに卒業

告白する勇気が出ないまま相手が卒業してしまうエピソードも、甘酸っぱい恋のあるあるです。

卒業した先輩とは会う機会もなくなり、

「やっぱり伝えておけば良かった」

と後悔してしまうことも。

今でも、

「あの時もし、告白していたら付き合えたのかな...」

と思うとキュンと切ない気持ちになりますね。


あるある9. 好きな人からの連絡を携帯を握りしめて待機

好きな人と連絡を取っているということがとにかく嬉しくて、トイレにもお風呂にも携帯を手放さないということも。

ガラケー時代は何度も新着メールを問合せたり、肌身離さず握りしめていたでしょう。

「いつ返信くるかな」

「今はバイトだから、その後に見てくれるかな」

とドキドキし、別の人からの返信だとガッカリ。

相手からの連絡待ちで、自分からなかなか連絡をできなかったのも、甘酸っぱい恋あるあるですね。


あるある10. 好きな人の好きなものは自分も好き

若い頃は、好きな人の考えに影響されることが多いという経験もあるあるですね。

好きな人が好きなものは全てよく見えてしまい、アーティストやファッションブランドなど、同じものを好きになってしまうことも。

しかし、恋心が冷めると、その人の影響で好きになったものがどうでもよくなることもあるでしょう。

今、その曲を聞いたりブランドの服を見たりすると、その頃の気持ちを思い出してキュンとなるかもしれません。


あるある11. 片思い相手の好きな人が自分の友達だった時の喪失感

学生時代の失恋の思い出も、切なく感じてしまいます。

相手の好きな人が、自分の友達だとわかった時は

「大好きな人と親友の恋愛を応援してあげたい」

という思いと、その反面、

「好きな人がとられてしまう...」

という複雑な感情になってしまいます。

泣きながら好きな人を諦めて、好きな人のために恋愛を応援したほろ苦い思い出ですね。


あるある12. 何か言おうとしたタイミングが一緒でキュン

「あのさ」

「あのね...」

と一緒のタイミングで話し出してびっくりした、こんな思い出も青春時代の胸キュンエピソード。

少しの沈黙の後、同じタイミングで話しだしたことで、好きな人と同じことを考えていた嬉しさや、瞬間まで同じだったことで運命を感じます。

「かぶっちゃったね」

「同じだね」

と微笑みあったことまで思い出すと、今でもキュンとしてしまうでしょう。


あるある13. イヤホンを片耳ずつしてイチャイチャ

好きな人と同じ曲を一つのイヤホンで共有する時間には大きな幸福感を感じるもの。

公園のベンチで同じ曲を同じイヤホンで聞いた思い出は、忘れられない人も多いでしょう。

ずっとこの時間が永遠続けばいいのにと思ったあの瞬間は、今ではできない大切な甘酸っぱい恋の思い出ですね。


あるある14. 目配せをして二人の秘密のサインでニヤニヤ

学生時代の恋は、恥ずかしい気持ちと葛藤した付き合いが多かったという人も多いです。

周りにあの人と付き合っているということがばれないように、二人だけの秘密のアイコンタクトで合図を作ることも。

二人だけの特別感を感じつつも

「友達にばれるかも」

とヒヤヒヤを感じている時間に幸せを感じたでしょう。

大っぴらに付き合うことができない、秘密の感じが甘酸っぱい恋の醍醐味です。


あるある15. 文化祭や球技大会で告白ラッシュ

体育祭の実行委員で一緒にたくさんの共同作業をしていると、話すことが多くなり、いつの間にか好きになってしまうことも。

球技大会の応援団が一緒で苦労しながらも乗り越え、距離が一気に縮まりイベントの熱に浮かされてそのまま想いを伝えてしまう人が続出。

たくさん告白が行われ、上手くいってカップルになる人もいれば、失恋してしまうこともほろ苦い部分もある思い出は、胸がきゅんとしますね。


甘酸っぱいの気分を味わえる恋愛映画・漫画|チェックすべき人気作品とは?

「甘酸っぱい気分になるおすすめの漫画や、映画、教えて」

「胸キュンエピソードの恋愛漫画や映画を知りたい」

大人になってからはなかなか胸キュンの出来事がないので、たまには甘酢っぽい気分を味わえる、恋愛映画や漫画で浸りたいですよね。

ここでは、甘酸っぱさや胸キュンの気分を味わえる、おすすめの恋愛映画や漫画を紹介します。

恋愛映画や漫画を見て、キュンキュンしたエピソードを楽しみましょう。


映画・漫画1. 『君に届け』

君に届け

アニメ化や実写映画化もされている人気漫画です。

地味な見た目と暗い性格の黒沼爽子が、イケメンでクラスの人気者の風早翔太と出会い、恋をすることで、爽子は明るくなり青春を満喫していく、高校生の青春時代を描いています。

初々しい恋愛、恋することで綺麗になる主人公、そして友情と高校生の時の気持ちを思い出させてくれる甘酸っぱさが人気です。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画2. 『俺物語』

少女漫画ですが、男性も楽しめる少女漫画版の『美女と野獣』的な作品。

身長2メートル体重120キロの男子高校生、郷田猛男は、可愛い女子高生を助けたことで、一目惚れをされる恋愛ストーリー。

ほのぼのとした恋愛、友情、ギャグもあり楽しめる作品です。

郷田猛男の恋に不器用でピュアな姿は、必死に彼女との距離を縮めていく様子に甘酸っぱい恋愛を感じさせます。

公式サイトで見る


映画・漫画3. 『アオハライド』

アオハライド

孤立した中学生活を送っていた主人公の双葉は、高校では自分の本当の性格を隠して、サバサバした振る舞いを心がける。

しかし、高校で初恋の相手、田中君と再会したのをきっかけに変わっていく双葉の成長とくっつきそうでくっつかない二人の関係に読者の心をつかんでいきます。

また、双葉が素の自分を素直に出していく姿や、本当の友情を培っていく様子に青春を感じるでしょう。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画4. 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

先生! 、、、好きになってもいいですか?

原作は少女コミックの名作『先生!』 が、広瀬すずさん主演で映画化されました。

今まで恋をしたことのない純粋で不器用な性格の高校2年生の響が初めて好きになったのは、無口で生徒思いの教師、伊藤先生でした。

「好きになってもいい?」

という響の純粋な気持ちが、過去のトラウマからなかなか恋愛に前向きになれない伊藤の心を溶かしていきます。

響の、先生へのまっすぐな気持ちに心がキュンとしますし、響をとりまく友達や後輩の関係に青春を感じるでしょう。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画5. 『ういらぶ。』

ういらぶ。

幼馴染の凛くんに「お前はダメなヤツ」と言われ続け、美少女なのに自分に自信が持てない主人公の優羽と、その2人の幼馴染、暦、蛍田と4人組が織りなす恋愛ストーリー。

優羽のことが好きすぎていつも冷たくしてしまう凛、凛のことが実は好きな優羽。

優羽の健気に凛を思い続ける初々しさと、一生懸命さに、学生時代の恋を思い出す人も多いでしょう。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画6. 『ハナミズキ』

ハナミズキ

新垣結衣さん、生田斗真さんが主演の恋愛映画で、一青窈の名曲『ハナミズキ』をモチーフに描かれています。

北海道の田舎で出会った紗枝と康平ですが、お互い目指す将来が違い、紗枝が東京の大学に行ったことで遠距離恋愛に。

距離だけではなく心も離れていき、夢と現実とのギャップに苦悩していく姿が印象的です。

高校生から大人になって行く過程に見どころがあり、遠距離恋愛経験者は特に切なくなる人も多いでしょう。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画7. 『センセイ君主』

センセイ君主

女子高生、主人公佐丸アユは、恋に恋する女性で告白7連敗中です。

そんなアユが恋をするのが、冷たくてひねくれている数学教師の弘光由貴。

あゆのどんなことにもへこたれない、一途でまっすぐな恋のアタックぶりは、さわやかで可愛らしさがありキュンとします。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画8. 『ヒロイン失格』

ヒロイン失格

主人公の女子高生松崎はとりは、幼馴染の利太のことを小さい頃いじめから救ったことから、自分こそが利太のヒロインと信じていました。

しかしその思いに反して、利太は地味な女の子安達未帆と付き合い始め、その事にショックを受けたはとりは、利太を取り戻そうと必死に。

はとりと利太と、安逹の三角関係は、どろどろしたところがなく若さと勢いがあって見どころの一つでしょう。

コメディ色が強い作品ですが、はとりの恋愛に暴走する一生懸命さとさわやかさがキュンとしてしまいます。

Amazonで詳細を見る


映画・漫画9. 『僕の初恋をキミに捧ぐ』

僕の初恋をキミに捧ぐ

20歳まで生きられないと余命宣告をされた少年タクマと、タクマに恋した少女マユの切ない恋愛ストーリーです。

20歳までしか生きられないタクマを献身的に支えるマユの強さに感動するでしょう。

ラストのマユのセリフには、強いタクマへの思いが感じられ、甘酸っぱい思いと涙が溢れます。

Amazonで詳細を見る


甘酸っぱいの恋を思い出させる曲|キュンとする歌詞やフレーズもご紹介!

「甘くて切ない恋の歌を聞きたいから、おすすめの曲教えて?」

「甘酸っぱい歌詞が特徴的な曲を知りたい!」

甘酸っぱい恋愛の記憶の中で、その時によく聞いていた歌を聞くとその頃の気持ちが蘇るので、また聞きたくなることありますよね。

ここでは、甘くて切ない恋の歌と、甘酸っぱい歌詞を紹介します。

切ない恋の歌を聞きながら、青春時代の恋愛を思い出してみてくださいね。


曲1. HoneyWorks『ヤキモチの答え』

ヤキモチの答え

HoneyWorksの楽曲の『ヤキモチの答え』は、好きになった相手に他に好きな人がいて葛藤する恋心が歌われています。

告白する勇気がないけれど、好きになった気持ちには嘘がなく、他の人とうまくいかないで欲しいという、切ない思いが伝わりますね。

「嫌だよ 絶対!ヤキモチがいて もがいて楽にさせてくれないよ話したくて探して君を独り占めしたくて」

という歌詞では、ヤキモチを焼く気持ちと独り占めにしたい切ない思いが、ストレートに伝わってきて甘酸っぱく感じます。

Amazonで詳細を見る


曲2. aiko 『どろぼう』

どろぼう

切ない女の子の気持ちを歌うaikoさんの『どろぼう』。

最初は後ろ姿を見るだけでも満足だったのに、触れたい、好きですと言いたいと、欲が出てくる片思いの女の子の気持ちを歌っています。

「言えないやっぱり言いたい はかり知れず好きですと あなたはどろぼう」

この歌詞では、好きですと言いたいけれど、言えないという切ない気持ちがキュンとします。

Amazonで詳細を見る


曲3. SHISHAMO『ねぇ、』

ねぇ、

カルピスウォーターのCMにも起用された、SHISHAMOの『ねぇ、』は甘酸っぱ恋心を歌った青春ソングです。

片思いの彼を見てるだけではなく、勇気を出して変わらなくちゃという恋を応援してくれる歌。

透き通った爽やかな声がとても心地よく、青春時代の片思いを思い出してキュンとくるでしょう。

「他の誰でもない 自分のために 勇気を出さなきゃ 変わらなきゃ 変えられない」

という歌詞は、あの頃の甘酸っぱい気持ちを思い出しますね。

Amazonで詳細を見る


曲4. backnumber『黄色』

黄色

backnumberの楽曲の『黄色』は他に好きな人がいる人を好きになってしまい、自分の気持ちを抑え込もうとしている切ない歌詞。

「これ以上 心に君が溢れて 誰かを傷つけてしまわないように 君の恋の終わりを願う本当の私に 今は硝子の蓋をしめて」

歌詞の中で、何度か出てくる、

「今は硝子の蓋を閉めて」

というフレーズに、恋心を閉じ込めようとしている主人公の切なさを感じます。

Amazonで詳細を見る


曲5. 幾多りら『スパークル』

スパークル

人気バンドYOASOBIのボーカル幾田りらさんの楽曲『スパークル』。

「スパークル」はきらめきという意味があり、叶わない恋をした時の、一瞬のきらめきとすぐに消えてしまった恋の結末を意味しています。

「煌めいて消えてった ひとひらの恋の結末は 痛いほど始めから決まっていたんだ それでも君の横顔 愛おしくなって 浮かんだ二文字が駆けめぐる」

この歌詞の、始めから叶わないとわかっていながらも、止められない好きな気持ちの葛藤する心が切なくなりますね。

Amazonで詳細を見る


曲6. miwa『片想い』

片想い

miwaさんの『片想い』は、タイトル通り片思いの女の子の、気持ちを歌って恋愛ソングです。

叶わないけど、キスしたらどうなるかと想像したり、気持ちがどんどんエスカレートしていっているのがわかります。

「あなたに恋していいですか? 私じゃダメかな? もうどうしようもないくらい 想い止まらないの ああ ずっとずっと一緒にいられたらいいのに..」

この歌詞の、好きがあふれ出ているのに、自信がない女の子の思いがとっても切ないですね。

Amazonで詳細を見る


曲7. GReeeeN『オレンジ』

オレンジ

ストレートな歌詞と爽やかな歌声が人気のGReeeeNの楽曲『オレンジ』。

2012年と10年前の曲ですが、今でも人気がある青春ソングで、当時は「シーブリーズ」のCMに起用されていました。

どうしようもないくらい好きな女の子がいる男の子の気持ちを歌っている、まさに青春ソングといった歌詞。

「ああ わかんないよ 何回も 君を追いかけ駆け出した 愛なのかい?恋なのかい? どれもわからない感情」

この歌詞の、恋愛に慣れていない男の子の、好きでどうしようもないという純粋な気持ちが、青春の恋を思い出してキュンときます。

Amazonで詳細を見る


曲8. flumpool『君に届け』

君に届け

flumpoolの『君に届け』は、同名の映画の主題歌になった楽曲。

突き抜けるようなさわやかな歌詞と軽快なテンポの曲で、青春ソングとして2010年に発売して以来今でも人気があります。

「僕」から「君」への好きな思いを届けたいという内容で、君への切ない思いを**ストレートに歌った歌詞が特徴的です。

「君に逢えたこと本当に良かったと そう言えるその笑顔を守りたい 来年も再来年も今以上に君が好きで それぐらい僕の全てで」

本当に君が好きという思いがストレートに伝わってきて、昔はこんな純粋な恋をしていたよね、と甘酸っぱい気持ちになります。

Amazonで詳細を見る


曲9. RADWINPS『そっけない』

そっけない

RADWINPSの『そっけない』はスローなバラードで心にしみるようなラブソングです。

誘ってきた彼女にそっけない態度をされ、遊ばれたのかなと悩む主人公。

彼女のたった一人になりたいという切ない思いを歌っています。

「君の分厚い恋の履歴に 残ることに興味なんかないよ 君のたった一人になる以外には」

ここは、彼女の気持ちがわからなくて、でも本気で好きになった主人公の葛藤がわかる歌詞で、思いが届かなかった恋や、上手くできなかった昔の恋を思い出して、切なくなる人も多いでしょう。

Amazonで詳細を見る


甘酸っぱい恋を思い出して、青春を感じてみましょう!

学生の頃のような純粋でまっすぐな恋は、大人になるとなかなかできないものですね。

とはいえ、甘酸っぱい恋のエピソードを読むことで、自分の思い出と重ねて、たまにはキュンとした気持ちになってもいいでしょう。

胸がキュンとする恋愛映画や漫画、恋をしている気分になれる恋愛ソングを聞いて青春時代を懐かしんでください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事