LINEスタンプにスタンプ返しをする男性心理|脈ありor脈なしの見分け方と対処法を大公開

男性にLINEでスタンプを送ったらスタンプで返ってきて悩んでいる女性へ。本記事では、スタンプを送る心理から、脈ありor脈なしサインまで大公開!

LINEでスタンプにスタンプ返しをする男性心理とは?

LINEでスタンプにスタンプ返しをする男性心理とは?

「LINEでスタンプ送ったらスタンプで返されたけど、どういう心理なの?」

「スタンプを送って会話を終わらせたのに、なぜスタンプを返してくるんだろう?」

スタンプを送ると、スタンプを返してくる男性ってあなたの周りにもいるはず。

そんな男性は、なぜスタンプを返してくるのでしょうか。

まずは、LINEでスタンプにスタンプ返しする男性の心理を7つご紹介します。


心理1. スタンプのやりとりも新鮮で面白い

スタンプに返信してくる男性は、普段のLINEでのやりとりは文章だけなので、スタンプだけの会話に新鮮味を感じていることも。

いつもと違って楽しいので、スタンプだけでも会話が成立するかを見てみたいと思っているのでしょう。


心理2. 話すことがないけど終わらせたくない

スタンプの送信は一般的に会話終了の合図となります。

しかし、スタンプにスタンプを返すことで会話を続けてくる男性もいますよね。

相手はあなたに好意があり、あなたとの話を終わらせたくないため、スタンプでつないでいるのでしょう。


心理3. 自慢のスタンプを見てほしい

会話のいろいろな場面でスタンプを使ってくる男性は、スタンプをたくさん持っているので、女性に見てほしいと思っています。

自分が持っているスタンプなら、どんな会話でも対応可能であることを女性に自慢したいのです。


心理4. トークを盛り上げたい

スタンプの種類によっては会話が成立するため、テキストよりも感情が上手く伝わったり、目で楽しめることもありますよね。

スタンプにスタンプを返してくる男性は、スタンプを使うことでトークを盛り上げようとしているのでしょう。


心理5. とりあえずスタンプで返してみた

男性側は何も考えずにスタンプで返すことがあるので、スタンプにスタンプを返してきたからといって、特別な理由がない場合も。

相手からスタンプが来たので、反射的にとりあえずスタンプを返したというだけかもしれませんよ。


心理6. 同じスタンプを持っていることをアピールしたい

やりとりしている相手が同じスタンプを持っていると、親近感が湧いたり嬉しく思ったりするもの。

スタンプが送られてきたときに同じスタンプで返すことで、それをアピールとして好感度を上げたいと考えているのでしょう。


心理7. 既読無視で罪悪感を感じたくない

たとえスタンプが送られてきて会話が終わったとしても、「自分が送って終わらせないと」と考える男性は多いはず。

既読無視と見られることを避けたいという理由から、スタンプにスタンプを返しているのです。


LINEでスタンプにスタンプ返しをした男性の脈ありか否かの見分け方

「スタンプ送ったらスタンプで返ってきたけど、これって脈なしなの?」

「どんなスタンプの返し方をしてくれば、脈ありととれるんだろう?」

スタンプにスタンプを返信してくる男友達って、好意があるかどうか分かりにくいという女性も多いはず。

ここでは、スタンプにスタンプ返しをする男性が脈ありかどうかを見分ける5つのポイントをご紹介します。


ポイント1. スタンプ返しに別の話題がついてくる

スタンプにスタンプを返すだけだと、そこで会話が終わってしまう可能性も。

スタンプの後に、

「ところで、…」

「ちょっと気になったんだけど、…」

など、スタンプとともに別の話題をつけてくるなら会話を続けたいという証拠になるので、あなたに脈ありだと考えられます。

あなたも気になる男友達ならば、もう少し会話に付き合ってみましょう。


ポイント2. 最適なスタンプを選んでくれている

スタンプ同士で会話をする場合は、会話の流れがとても大切。

  • 「おはよう」に「おはよう」のスタンプ
  • 「すごいね」や「さすが」などの褒めるスタンプ

など、場の雰囲気に最適なスタンプを送ってくるのであれば、会話を盛り上げようとしているので、脈ありの可能性がありますよ。


ポイント3. 全く同じ有料のスタンプを用意してきた

あなたに好意を持っており、共通点を作りたいので同じスタンプを返してくる男性もいるでしょう。

今までのLINEのやりとりでは持っていなかったのに、あなたと同じ有料のLINEスタンプを用意してくるなら、確実に脈ありと考えられます。

同じスタンプを持っていることで好印象を与えて、あわよくば恋人関係になるチャンスをうかがっていますよ。


ポイント4. スタンプが「またね!」など強制終了系

スタンプだからといって、会話を既読無視するのは悪いと思っているので、スタンプを返す男性もいるはず。

例えば、

  • 話をつなげようと送ったスタンプに「おやすみ」スタンプ
  • 「バイバイ!」などの会話を終わらせるスタンプ

などの強制終了系ならば、会話は止めたいけど社交辞令でスタンプを返しているだけなので、ほぼ脈なしと見て良いでしょう。


ポイント5. 急に返事が遅くなる

スタンプだけで会話するのは、その場のノリが非常に大事。

好きな人や恋人になら、スタンプが送られてきてもスタンプで素早く対応するはず。

しかし、脈なしの相手なら正直返信するのがうざいので、スタンプに対する反応が遅くなります。

反応がないからと何度もスタンプを送ると、うざいとか怖いと思われてしまうので、会話を切り上げた方が良いでしょう。


スタンプ返しの男性に興味がない場合は会話を終了するのがおすすめ

スタンプでの返信は、一般的に会話を終える合図ですので、無理に返信する理由はありません

特にあなたが相手に興味がなく、会話を止めたいと考えている場合はなおさらです。

さらに会話を続けてしまうと、「好意があるんじゃないか?」と勘違いされてしまうので、あっさりLINEを終了するのがおすすめですよ。


スタンプにスタンプ返しする男性の心理を理解して上手にLINEしてみて。

今回は、スタンプ送ったらスタンプで返されたときの男性側の心理や好意があるかどうかのポイントを詳しくご紹介しました。

男性にスタンプ送ったらスタンプきたけど「なぜなんだろう?」という悩みは解消できたのではないでしょうか。

スタンプにスタンプの返信があった時の状況や内容から相手が脈ありかどうかを見極め、恋のチャンスを確実に手に入れましょう

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事