子供の朝ごはんにおすすめのダイエットレシピ|健康的に痩せるメニューを大公開

子供の朝ごはんにおすすめのダイエットレシピを知りたい方へ。本記事では、子供が肥満になってしまう原因から、子供におすすめの朝ごはんダイエットレシピまで大公開!栄養はしっかり取りつつも、肥満になっている子供の脂肪を落とす方法を紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

子供が肥満と言われる基準とは|ダイエットが必要なのはどのくらいから?

子供が肥満と言われる基準とは|ダイエットが必要なのはどのくらいから?.jpg

子供の成長はとても嬉しいことです。しかし気がついたら子供の体重が増加し、自分の子供はよそのお家の子供と比べて太っているのではないか、と心配になる人もいるでしょう。

若年層の肥満は将来の生活習慣病のリスクを高めるため、早めに対策すべきです。 まずは子供にダイエットが必要になる基準を見ていきましょう。

子供の肥満は(実測体重ー標準体重)÷標準体重×100で求めることができます。

この計算で出た数値が、幼児の場合15以上小学生以上の場合20以上の場合軽度の肥満となります。 基準に該当したら、子供の将来のためにダイエットを始めてみましょう。


子供が肥満になってしまう原因|食事と運動が大切!

子供が肥満になってしまう原因|食べすぎや運動不足?.jpg

子供の肥満の主な原因は、食べすぎと運動不足です。毎日3食のごはんの他に、甘いお菓子や砂糖がたっぷり含まれたジュースなどを過剰に摂っていると肥満の原因になります。

また、摂取しているカロリー量に対し、運動などによって消費するエネルギー量が少ないのも肥満の原因に。お家でゲームばかりしていては外に遊びに行かない場合も、運動不足から肥満になってしまいます。

当てはまっているお子さんには食生活と運動習慣の見直しが必要です。


子供のダイエットには朝ごはんがポイント|健康的に痩せる方法とは

子供の朝ごはんダイエットの効果とは|健康的に痩せられる?.jpg

しっかり朝食を摂ることは、体温を上昇させ、基礎代謝を高めてくれるメリットがあります。また腸が刺激されることで排便が促され、便秘や下痢などの体調不良もなくなります。

このように朝食を摂ることは、健康的にダイエットを行ううえで大切なことです。

しかし、ただ朝食を食べるだけでは効果的なダイエットは期待できません。朝食のメニューをダイエットに効果的なものに置き変えて、お子さまの健康的な身体づくりをサポートしましょう。


子供の朝ごはんにおすすめのダイエットレシピ|簡単に作れるメニューを大公開

子供の朝ごはんにおすすめのダイエットレシピ|簡単に作れるメニューを大公開.jpg

太り気味の子供のために朝ごはんをダイエットレシピに置き変えると効果があることがわかりました。

しかしいざ、ダイエットメニューを作ろうとしてもどんなレシピを作れば良いか迷ってしまいますよね。

そこでここでは、子どもにおすすめな栄養がしっかり摂れるダイエットレシピを8つ紹介します。作り置きできるメニューも紹介しているので忙しいお母さんも必見です。

お子さまが喜ぶダイエットメニューを作ってあげましょう。


ダイエットレシピ1. キャベツと豆腐のヘルシーお好み焼き

お好み焼き粉を使わず片栗粉で生地を作っているので、カロリーを抑えることができます。また、豚肉や魚介などを使わず、キャベツと豆腐を使うことで余計な脂質を抑えることも可能。ふわふわの生地とキャベツの甘みが引き立って食べ応えがありますよ。

1人分で387kcalと、かなり低カロリーなお好み焼きなのに、本格的な味わいなので満足できること間違いなし。

お好み焼きが好きな子はもちろん、野菜が苦手な子にもおすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ2. しいたけの豆腐のせ焼き

ダイエットレシピのしいたけの豆腐のせ焼き

しいたけの肉詰めの合びき肉を鶏ひき肉に変えるだけでなく、さらに豆腐を混ぜることでより低カロリーなメニューに。豆腐を入れると食べ応えがあり満腹感を高めることができます。

1人分で159kcalと低カロリーなのが魅力です。また鶏肉に変えたことで高たんぱく・低カロリーなダイエットに向きのレシピになっています。

鶏肉はよく筋トレや減量メニューになるほど運動と相性のいい食品なので、部活動など運動をしている子におすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ3. にんにくの芽と鶏肉の中華炒め

ダイエットレシピのにんにくの芽と鶏肉の中華炒め

ダイエットに最適な高たんぱく低カロリーな鶏むね肉を使った中華炒め

朝ににんにくを食べることで、体温が上昇し、基礎代謝を活性化させることができます。基礎代謝が上がることで痩せやすい身体づくりができますよ。

1人分で259kcalと食べ応えがあるのに低カロリーです。子供だけでなく、大人も好きな味付けなので、お子さまと一緒にダイエットに取り組んでみるとお互いにいい刺激になりますよ。

にんにくやしょうがなど大人の味付けが好きな子や、お米がすすむ味付けなので朝ごはんからしっかりお米を食べたい子におすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ4. 豆腐とえびのとろとろあんかけ

ダイエットレシピの豆腐とえびのとろとろあんかけ

身体がポカポカ温まるヘルシーなあんかけ料理。

低カロリーな豆腐をメインにした料理なのでダイエット中の子供にぴったりの一品です。材料に含まれるしょうがには、血流をよくする働きがあり、基礎代謝をアップさせることできます。基礎代謝が上がることでエネルギー消費量が増えるのでダイエットに効果的です。

1人分で163kcalと低カロリー。

豆腐メインの胃に優しいメニューなので、胃腸の弱い子供におすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ5. 水菜ともやしのナムル

ダイエットレシピの水菜ともやしのナムル

シャキシャキ食感を楽しめるあっさりとしたダイエットメニュー。

ごま油が香ってついついお箸が止まらなくなってしまいますが、1人分58kcalとかなり低カロリーなので、たくさん食べてしまっても安心です。

ダイエット中の朝ごはんのスタメンになる副菜として、作り置きしておくのもいいですよ。

シャキシャキと歯応えがあるため咀嚼回数が増え、満腹感に繋がります

ごまの風味がしっかりあるので、ごまが好きな子や野菜が好きな子におすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ6. 鶏肉とお豆のトマトカレー

ダイエットレシピの鶏肉とお豆のトマトカレー

高カロリーなカレールーを使わない健康的で栄養たっぷりなトマトカレー。

小学生くらいのお子さまが大好きなカレーですが、ダイエット中はトマト缶を使ってさっぱりしたカレーがおすすめです。お肉は低カロリーな鶏ひき肉を使って余計な脂肪を増やさないようにしましょう。

1人分で500kcalと他のレシピに比べて高く見えますが、ダイエット中の1食の摂取カロリーの目安は500kcalと言われているので、決して高い数字ではありません

トマトやカレーが好きな子におすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ7. 肉なし麻婆豆腐

ダイエットレシピの肉なし麻婆豆腐

お肉の代わりにきのこをみじん切りにして入れた麻婆豆腐。

メインの食材はヘルシーな豆腐ときのこだけなので1人分204kcalと低カロリーに抑えられています。

辛いものが苦手なお子さまには豆板醤の量を調節してあげましょう。また、きのこが苦手な子でも小さくみじん切りにすることで美味しく食べれることがありますよ。

朝ごはんからしっかり食べて1日をスタートさせたい子におすすめです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエットレシピ8. おからのショコラケーキ

ダイエットレシピのおからのショコラケーキ

薄力粉を使わず作るしっとりふわふわなヘルシーケーキ。

ヘルシーかつ食物繊維や大豆たんぱく質を手軽に摂れる栄養の高いおからを使ったケーキは、健康的に痩せるために最適なメニューです。

休日の朝ごはんなど少し時間に余裕がある時に作ってあげると喜ばれること間違いありません。

1人分で199kcalと美味しいケーキなのに低カロリーなのが嬉しいポイント。

甘さ控えめなので、甘いものが苦手な子でも美味しく食べれます。作り置きしておやつとして出してあげても喜ばれること間違いなし。

詳しいレシピを動画で見る


子供の朝ごはんダイエットのポイント|注意点を解説

子供の朝ごはんダイエットのポイント|注意点はあるの?.jpg

好きなものを好きなだけ食べたい子供たち。成長過程の子どもにダイエットをさせるのはとても難しいですよね。

そこで、ここでは子供の朝ごはんダイエットで気を付けるべきポイントについて説明します。

健康的に痩せられるダイエットのポイントをおさえましょう。


ポイント1. 運動をさせる

ポイント1. 運動をさせる.jpg

肥満気味な子供が健康的に痩せるためには食事制限だけでなく、摂取カロリーよりも消費カロリーの方を多くする必要があります。

そのため、ラジオ体操やウォーキングなどの運動を取り入れましょう。運動をすることで消費するエネルギー量が増えて効率よく痩せることができますよ。

また小学生くらいの子供は、運動に疲れて帰ってきたら、寝てしまうことも増えるので、余分な間食も減らすことも可能です。


ポイント2. 成長期なので極端な食事制限は避ける

成長期に極端な食事制限をしてしまうと、子供の成長を妨げてしまったり、ストレスを与えてしまったりする可能性があります。

子供の肥満の原因は偏った食事によるものが多いです。そのためお菓子などの甘いものや揚げ物など、脂質や糖質の過剰摂取により肥満になった子供は、栄養バランスの良い食事を摂ることで自然と体重が落ちます。

食事の量を減らすより、足りなかった栄養素を補うようにサラダなど品数を増やして満腹感を与え、総摂取カロリーを減らしてあげましょう。


ポイント3. 食事はサラダやスープから食べさせる

ポイント3. 食事はサラダやスープから食べさせる.jpg

糖質の高いお菓子や脂質の多い揚げ物を抑えても、トータルで食べる量が多ければダイエットの効果は薄くなってしまいます。しかし成長期の子供に、食べる量の制限をするのは心苦しいですよね。

そんなときは食事の順番を工夫することで、食事の量は変えずに、満腹感を得ながらカロリーを抑えることができます

具体的には、食事の最初にサラダやスープを食べるという習慣をつけることです。低カロリーなサラダやスープである程度お腹を満たしてから主食やメインのおかずを食べることで、脂肪につながるたんぱく質や炭水化物の摂取を抑えることができます


ポイント4. 普段から飲み物はお茶や水にする

コーラやサイダーなど子供が大好きな清涼飲料水。ペットボトル1本でもかなりの糖分が含まれており、カロリーも高いです。そんなジュースをのどが渇くたびに飲んでいては肥満になるのも当たり前。

そのため、普段からお茶や水を飲む習慣をつけてカロリーを抑えましょう

ジュースなど甘い飲み物が大好きでお茶や水は飲まない子供にいきなりジュースを禁止してしまうとストレスになることも。慣れるまでは1日1杯はジュースを飲むことを許すなどルールを決めるのもいいですよ。


朝ごはんからダイエットメニューに変更して健康的に痩せましょう。

太り気味の子供がストレスを感じず行える、朝ごはんダイエットやダイエットのコツを紹介しました。

お菓子やジュースが大好き、運動が嫌いでゲームばかり。そんな子供も無理なく続けられるダイエットばかりです。継続して行うことで効果が表れるのでまずは1週間でもいいので試してみましょう。

成長期の大切な時期を健康的な食生活でサポートしてあげてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事