泣かないようにする方法はある?仕事や恋愛で泣きそうな時に我慢するコツを紹介

泣かないようにする方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、泣かないようにする方法を詳しくご紹介します。ちょっとした事でメソメソしたり、泣いたりしてしまうのを克服したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

泣かないようにする方法とは|涙もろい性格を改善するコツを大公開

泣かないようにする方法とは

ささいなことで、すぐに泣いてしまう人もいるでしょう。

涙もろいことは必ずしも、欠点ではないですが、あまりにすぐ泣くようだと周囲に迷惑になってしまうこともあるので、ある程度のコントロールは大切。

ここではすぐに泣かないようにする改善方法について詳しく紹介します。

感情をコントロールして、泣き虫から卒業しちゃいましょう。


泣かないようにする方法1. 自己肯定感を高める

自分に自信がないことや、ネガティブな気持ちを持っていることが、すぐに泣く原因になっていることもあります。

あまり自分を否定的に追い込まないで、「現状を受け入れる」「周囲の環境を整える」など自己肯定感を高めるのも泣き虫を改善する方法です。

自信がつけばちょっとしたことでは、落ち込んだり、くじけたりしないようになり、すぐに泣くことが少なくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


泣かないようにする方法2. 唇を噛み締めて耐える

感情が爆発してしまいそうな時に、自分の中でストッパーをかけないと、とめどなくあふれてしまうことがあります。

すぐに泣く癖がついている人は悲しい時、辛いことなどに直面して、泣きそうだと思ったらグッと唇を噛み締めて耐えるのがおすすめ。

感情が高ぶった時に唇を噛みしめることで泣きたい感情を抑えることができます。泣き虫な自分を克服できるはずですよ。


泣かないようにする方法3. いい意味で聞き流す

人の言葉をあまり真正面から受け止めすぎてしまうと、辛い気持ちや悔しい気持ちが募って我慢するのにも限界が来てしまいます

怒られた時や嫌なことを言われた時など、あまり真に受けずに、いい意味で聞き流せるようになるのもおすすめの方法です。

人の考えは様々です。「そういう考え方もあるんだ」と軽く受け止めることができるようになると、「辛すぎる」「不甲斐ない」など考えすぎることがなくなり、泣くことが少なくなるでしょう。


泣かないようにする方法4. 人前では泣かないと決める

すぐに泣くという状況になってしまうのは、人前で涙を見せることに抵抗が少ないからかもしれません。

泣きたい気持ちになっても、「人前では絶対に泣かない」「どうしても泣きたい時は一人の時」と強く決意を持てるようになりましょう。

プライドを持って強くなることで、簡単に涙を流すことは少なくなりますよ。


泣かないようにする方法5. 違うことを考えて気をそらす

悲しいことや辛いことなど泣きたい原因となる感情に向かい合いすぎると、我慢するのは難しくなってしまいます。

泣きそうな時は、泣きたい原因に向かい合いすぎずに、違うことを考えてみるのもおすすめ。例えば仕事で失敗して悲しい時は、反省はしつつも、「美味しいものでも食べて気分転換しよう」などと考えてみるのです。

泣きたい原因から上手に感情をそらすことで、悲しみなど辛い感情を薄れさせて、泣くのを耐えられるようになりますよ。


泣かないようにする方法6. 怒りに気持ちを持っていく

泣きたい気持ちを抱えて落ち込んでしまうと、そのまま行動ができなくなることがあります。それよりも泣きたい感情を前向きな方向に変えたほうが生きていく糧になるでしょう。

例えば仕事でミスをした時などは、「辛い…。泣いて忘れてしまいたい」と思うのではなく、「ミスをした自分に腹が立つ。次は絶対に失敗しない」と怒りを原動力に次に向かって挑戦するほうが良いですよね。

気持ちを怒りの気持ちに変換できるようになれば、気持ちは前向きになって、泣くことは少なくなります。


泣かないようにする方法7. 深呼吸して気持ちを落ち着かせる

乱れた感情はどこかで自分でコントロールする作業をしないと、制御不能になってしまいがちです。

泣きそうなほど、感情が高ぶった時は、いちど深呼吸して気持ちを落ち着けるのも、すぐに泣かないようになるおすすめの方法。

深呼吸をすることで、感情的になりそうな気持ちを鎮めることができて、冷静になれますよ。


泣かない方法を試して、泣き虫さんを卒業しよう!

今回は泣かないようにする方法について詳しく解説してみました。

「気持ちが抑えられなくて、ちょっとしたことで泣いてしまう」そんな悩みを抱いている人もいるでしょう。

涙もろいのは、高ぶった感情に真正面から向き合ってしまうから。違うことを考える、聞き流してみる、深呼吸するなど、泣きたい感情から自分を逸してみましょう。きっとすぐに泣くようなことはなくなるはずですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事