職場の男性がサシ飲みに誘う心理とは?二人きりで誘われた時の上手な返し方を解説

サシ飲みに誘う職場の男性の心理について詳しく知りたい女性へ。今記事では、サシ飲みに誘う職場の男性の心理から、上手な返事の仕方まで詳しくご紹介します。職場の男性から二人きりで飲みに誘われた時の対処も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

職場の男性があなたをサシ飲みに誘う心理とは?

サシ飲みに誘う職場の男性の心理とは

「今日、ちょっと二人きりで飲みに行かない?」

などと、職場の男性にいきなり誘われたら、大抵の女性はびっくりしてしまうもの。

一体、なぜ、職場の男性がサシ飲みに誘ってくるのでしょうか?

まずは、サシ飲みに誘う男性の心理や、職場の男性が同僚の女性を飲みに誘う本音について、一つずつチェックしてきましょう。


サシ飲みに誘う男性心理1. 話を聞いてもらいたい

毎日、同じ職場で顔を合わせていても、職場内では話しづらい事もあるもの。

上司とソリが合わないとか、転職を考えてるとか、うっかり他の同僚に聞かれてしまうと色々厄介な話って、たくさんありますよね。

話した内容をからかったり、笑い飛ばしたりせず、「〇〇さんだったら、真剣に俺の話聞いてくれそう。」と信頼しているからこそ、安心して話せるサシ飲みに誘うのです。


サシ飲みに誘う男性心理2. 親しくなりたい

プライベートな話をしにくい職場では、同僚との距離を縮めるのはそう簡単ではありません。

友達としてにしろ、彼女候補としてにしろ、もう少し仲良くなりたい女性が同じ職場にいる場合、どうやったらもっと親しくなれるのか、いろいろな方法を考えるもの。

その方法の一つが、サシ飲み。

仕事を離れ、二人きりで飲む事で、親しくお喋りできる仲へと発展させたいという心理が働いていますよ。


サシ飲みに誘う男性心理3. 好意をアピールしたい

異性として好意を抱いてしまった女性が同じ職場にいても、他の同僚や上司、先輩などが大勢いる職場では、恋愛関係に発展させるのは難しいもの。

そのうえ、社内恋愛が発覚すれば、職場にいるだけで好奇の目に晒されてしまうため、気になる女性には慎重にこっそり気持ちを伝えたいのです。

その結果、社内では普通に振る舞い、サシ飲みに誘って二人きりになってから好意をアピールしてくるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


サシ飲みに誘う男性心理4. 関係を持ちたい

狙った獲物は逃さない!そんな肉食系男性はどこにだっているもの。

そして、肉食系男性は、見た目が好みの女性が職場にいる場合、その女性と恋愛をしたいというより、1回お手合わせ願いたいという下心満載で飲みに誘うのです。

そのため、仕事終わりなど急に「今日、残業ないし二人で飲みに行こうよ。」などと軽く誘います。

この場合、カラダ目的なので、相手の女性が既婚者であったり、自分自身が彼女持ちであってもあまり気にせず「ワンチャンいけたらラッキー。」程度に考えています。


職場の男性に「二人きりで飲みに行こう」と言われた時の返事の仕方とは?

同じ職場で毎日顔を合わす男性から、飲みに行こうと誘われたら、どう返事をしたら良いか一瞬迷ってしまうもの。

特に、上司や先輩など、無下にできない相手からのお誘いの場合、下手な返事は返したくありませんよね。

では、一体どのような返事を返せば良いのでしょうか?

ここからは、職場の男性に二人きりで飲み誘われた時の上手な返事の仕方を、一つずつチェックしていきましょう。


サシ飲みに誘われた時の返し方1. 他に誰か誘います?と返す

「二人きりで飲むとか、絶対無理なんだけど!」と、思わず口に出してしまいたくなる相手からのお誘いほど、困るものはありません。

そんな時には、他の人も誘うことを提案してみましょう。

「お酒ですか?いいですね。他にも誰か誘いましょうよ。大勢の方が楽しいですよ。」

などと、無邪気なふりをして複数で飲みに行きたいと返すのがおすすめですよ。


サシ飲みに誘われた時の返し方2. 帰る時間を明確に伝えて快諾する

仕事途中のお昼休憩とは違い、夜の食事やお酒は、終わりの時間があってないようなもの。

ダラダラとサシ飲みを続けて終電を逃してしまったり、サシ飲み以上の関係を強引に迫られたり心配がある場合は、あらかじめ帰る時間を伝えておきましょう。

「22時までには帰って犬の散歩行かなきゃいけないんで、21時半頃までなら飲みに行けますよ。」

などと、相手が強引に時間を引き伸ばしにくい理由をつけて帰宅時間を伝えるのがおすすめですよ。


サシ飲みに誘われた時の返し方3. 「忙しいので」と伝えて断る

どうしても、一緒に飲みに行きたくない相手からのお誘いは、さっさと断りたいもの。

とはいえ、同じ職場で働く男性からのお誘いは、できるだけ角が立たないように断りたいですよね。

そんな時には、飲みに行きたいけど、忙しすぎて飲みに行く時間がどうしても作れない体を装って断りましょう。

「わぁ、〇〇先輩に誘って頂けるなんて嬉しいです。でも、A社への企画書がまだ全然固まってなくて、今日も残業になりそうなんです。ごめんなさい。」

などと、申し訳なさそうに断ると、相手も悪い気がしないから関係が悪化せずに済みますよ。


サシ飲みに誘われた時の返し方4. 彼氏がいるからと断る

二人きりでの飲みは、周囲からあらぬ誤解をされやすいもの。

その誤解が原因で、大切な恋人との関係が悪くなってしまうのは、避けたいですよね。

そんな時は、はっきりと彼氏がいるからとサシ飲みを断りましょう。

「ごめんなさい。他の男の人と二人で飲みに行くと彼氏に誤解されちゃうから、行けないんです。」

などと、彼氏以外の男性と二人で飲みに行く気が全く無いことをはっきり伝えましょう。


サシ飲みに誘われた時の返し方5. 「次の日が早いので」と断る

働く社会人が使い勝手のいい断り文句の一つといえば、「明日早いんで帰ります。」ですよね。

この便利な言葉は、サシ飲みを断りたい時にだってもちろん使えます。

「サシ飲みですか?明日、朝イチで本社に行かなくちゃいけなくて、いつもより早いんですよ。だから、ごめんなさい。」

などと、丁寧に断ると、しつこく誘われにくくなるのでおすすめですよ。


職場の男性からサシ飲みに誘われたら、角が立たないよう上手に断ろう。

サシ飲みのお誘いは、なぜ二人きりで飲みたいのは目的が分からないと、断るべきか受けるべきか迷ってしまいますよね。

特に、同じ職場で毎日のように顔を合わせる男性からのお誘いの場合、返事次第では翌日からの二人の関係に影響が出てしまう可能性もあります。

もし、どうしてもサシ飲みのお誘いを断りたいのであれば、どんな理由にせよ、相手が不快にならない断り方をするのがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事