風船ダイエットの効果や正しいやり方|痩せる方法や脂肪燃焼効果を高めるコツを徹底解説!

風船ダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。本記事では、風船ダイエットのメリットや効果から、風船ダイエットの方法やコツまで大公開!小顔効果やたるみ予防効果も期待できるので、気になった方はぜひ活用してみてください!

風船ダイエットとは?

風船ダイエットとは

風船ダイエットとはその名の通り、どこにでもあるゴムの風船をふくらませるだけの、シンプルなダイエット法です。

元々口コミで密かな話題になっていたところに、モデルさんがテレビで紹介したことがきっかけで人気に火がつき、多くのダイエッターが実践しています。

息を大きく吸って吐くだけという簡単さに加え、腹筋マシンやダンベルといった他のダイエットグッズと比べて、安価で置き場所に困らないのも人気の秘密。「自宅でちょっとお試しでやってみようかな」という人にぴったりなダイエットです。


風船ダイエットの効果|どんなメリットがあるの?

風船ダイエットの効果

手軽さが魅力の風船ダイエットですが、具体的にはどういったダイエット効果あるのでしょうか。

ここでは、風船ダイエットを行うことで得られるメリット3つご紹介。自分の悩みを解消してくれるメリットがあるのか、チェックしておきましょう。


風船ダイエットの効果1. インナーマッスルを鍛えるので、基礎代謝を上げる

インナーマッスルは体の表層の筋肉と違って見た目に表れにくいのですが、鍛えることで腰回りが安定し、内臓を正しい位置へと戻してくれる効果があります。

風船ダイエットで繰り返す、息を大きく吸って吐く「腹式呼吸」の動きは、腹筋の内側にあるインナーマッスルを鍛えるのに効果的。その結果、内臓が以前よりも活発に動くようになり、基礎代謝がアップするのです。

基礎代謝を上げると、通常通りの生活をしているだけでカロリーがどんどん消費され、痩せやすい体になりますよ。


風船ダイエットの効果2. 表情筋を鍛えるので、小顔効果やむくみ予防に

小顔やむくみ除去効果

風船に空気を吹き込む時、頬がはじめは大きくふくらみ、限界まで吹き込むと大きくへこみます。この「頬を大きくふくらます・へこます」という動きには、頬・あご・口周りなどにある表情筋を鍛えるのに効果的です。

続けることで、顔についた脂肪をどんどん燃焼してくれるので、スッキリとした小顔を目指せます。

また、日常生活ではあまり動かさない顔の筋肉を動かして血行が促進されるため、顔のむくみも予防・解消してくれますよ。


風船ダイエットの効果3. 便秘を解消するので、お腹周りがスッキリする

お腹から空気を吸ったり吐いたりすることで刺激されるのは、実は筋肉だけではありません。胃や腸といった、腹部にある内臓も、インナーマッスルと同時に刺激されているのです。

便秘の主な原因は、胃腸が正常に活動していないこと。風船ダイエットで、胃腸を刺激すれば活発に動くようになり、便通を促してくれます。

いつも便秘ぎみでお腹がぽっこりと張って辛い人でも、憧れのスリムなぺたんこお腹を手に入れられますよ。


風船ダイエットのやり方|正しい方法を解説します!

風船ダイエットのやり方

具体的なメリットがわかったところで、続いては風船ダイエットを正しく行うための方法を、3つの手順で解説。

やり方を間違えてダイエットの効果が薄れてしまわないよう、各手順をしっかり確認しておきましょう。


やり方1. 使用する風船は100均で売ってる風船でOK

まずは、風船ダイエットに唯一必要なアイテム、風船を用意しましょう。風船には様々な価格帯のものがあり、どんなものを選んだらいいか迷ってしまうかもしれませんが、まずは安価なものから買ってみるのがおすすめです。

口を付けて行うので、衛生的に風船ダイエットを行うためにも、100均など気軽に使い捨てられる価格帯の風船を用意してくださいね。

大きさや形なども基本的にはどんなものでもOKですが、肺活量に自信がない場合は小さめの風船を用意しておくと安心です。


やり方2. 風船を膨らますタイミング|食前だと食欲が抑えられる

食事前

ダイエット中はいつでも、食欲との戦い。せっかく順調に痩せていっても、空腹に負けてドカ食いすると、あっという間にリバウンドしてしまいますよね。

風船ダイエットで使う「腹式呼吸」には、乱れた自立神経のバランスを整え、食欲を抑えてくれる効果があります。

空腹がピークに達する食前に風船ダイエットを行えば、食欲が落ち着き、ダイエットの天敵である食べすぎを防げるのです。


やり方3. 風船をふくらませる手順|動画を見ながらやってみよう

風船をふくらます際に意識しておきたいポイントは、とにかく限界まで長く息を吐き続けること。

お腹の筋肉を締めて、肺にある空気を全て出し切ります。途中で辛くなってきても、「最後の一滴まで絞り出す」というイメージで、風船に息を吹き込みましょう。息を吐き続ける時間は、15~20秒が目安です。

吐ききった息を吸う際のポイントは、締めたお腹の筋肉を、キープしたまま吸うこと。筋肉を固定しておいたまま、鼻からゆっくりと吸うことで、横隔膜を使った深い呼吸が身に付きます。

痩せる呼吸法


風船ダイエットで効果を高めるポイント|注意点も合わせて紹介!

効果を高めるコツ

風船ダイエットで効果を出すためには、正しいやり方を守って行うのはもちろん、より効率の良い方法で行うことが重要です。

ここからは、風船ダイエットの効果を増大させる4つのコツを紹介します。実際にダイエットを始める前に、ぜひ確認しておいてくださいね。


ポイント1. 最低でも1ヶ月は継続して行う

風船ダイエットはインナーマッスルをじっくりと鍛えていくダイエット法なので、ハードな運動と比べると、どうしても効果を実感するのに時間がかかります。

はじめのうちから何回も連続で行うなど、自分を追い込みすぎると挫折の原因になるため要注意。

効果が表れるのを今か今かと待つよりも、「まずは1ヶ月!」と心に決めて、継続しやすい無理のない回数で行うことが重要ですよ。


ポイント2. 食後や体調が優れない時は行わない

体調がすぐれない時は行わない

風船ダイエットを始めたばかりだと、「早く痩せたい!」という思いから、体調が悪いときにも無理して行ってしまいがち。

しかし、お腹に力を入れて大きく呼吸するというのは、少なからず体に負担がかかります。体調がますます悪化してしまわないよう、お休みの日を設けることも重要です。

さらに、満腹時に行うと、気分が悪くなる危険があるので要注意。食後1時間は空けるようにしてくださいね。


ポイント3. 栄養バランスの整った食事を意識する

風船ダイエットをどれだけ頑張っても、消費カロリーが摂取カロリーを上回っていると、痩せることはできません。そこで、食事内容を見直して、摂取カロリーをコントロールしましょう。

ダイエット中の食事は、「脂質と糖質はやや控えめに、タンパク質やビタミン・ミネラルはたっぷりと」が鉄則。脂質や糖質に偏りやすいジャンクフードは避け、赤身のお肉や魚・野菜を積極的に摂るのがおすすめです。


ポイント4. 筋トレや有酸素運動を並行して行うと早く痩せられる

筋トレをする

顔とお腹のインナーマッスルをゆるやかに鍛える風船ダイエットは、1日に何回も行ったとしても、消費できるカロリーに限界があります

短期間で痩せたい場合は、風船ダイエットはあくまで補助的な役割と割り切り、消費カロリーの高い運動を平行して取り入れた方が良いでしょう。

有酸素運動なら水泳・ランニング・縄跳び、無酸素運動ならスクワットや腕立て伏せといった種目を選べば、効率よく痩せることができますよ。


風船ダイエットを続けて憧れの小顔を手に入れよう。

簡単に行えて、むくみ防止や小顔効果のある風船ダイエット。ダイエット効果を出すためには、正しいやり方で、ポイントをしっかり押さえて行うことが重要です。

「こんな単純な動作で、本当に痩せられるの?」と思うかもしれませんが、しっかり継続していれば、フェイスラインの変化を実感できるはずですよ。

毎日コツコツ風船をふくらまし、憧れのシャープで小さな顔を手に入れましょう!

【参考記事】小顔になるストレッチメニューはこちら▽

【参考記事】表情筋を鍛えるトレーニングはこちら▽

【参考記事】舌回し運動のやり方はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事