デートの誘いを断られたら脈なし?断られても逆転可能なその後の対応を解説

デートを断られた時の対処法について詳しく知りたい方へ。今記事では、デートを断られた時に脈ありなのか見分ける方法から、デートの誘いを断られた時の対処法まで詳しくご紹介します。誘いを断られた後の対応について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

デートの誘いを断られるのは脈なし?まだ希望はあるのか確認する方法を解説

デートの誘いを断られた時の対処法

好きな人とはデートをして距離を縮めたいものです。

ただ、もし誘いを断られてしまったら「好かれてないのかな」と相手の気持ちが気になりますよね。

そこで、ここからはデートに断られた場合に脈があるのか脈がないのかを見分ける方法を詳しく解説。どうしたら相手の気持ちを見抜くことができるのでしょうか。


脈ありか見分ける方法1. 代替案を提示してくれるか?

本当はデートに行きたいのに予定がある関係でどうしても断らないといけないというケースは多々ありますよね。

「次の週なら都合が良いんだけど」「少しお茶するだけなら大丈夫だけどどうかな?」というように代替案を出してくる場合は要チェックです。

違うデート案を出して会おうとしてくれる姿勢は好意がある証拠なので十分に脈ありだと判断することができます。


脈ありか見分ける方法2. また誘ってと言ってくれるか

デートの誘いであっても直近の予定が立て込んでいる場合、相手が気になる異性であれば違うタイミングで改めて誘って欲しいと思うもの。

「今は仕事が忙しいから今度また誘ってくれるかな?」とデートをすることに対して前向きな気持ちを感じさせる断り文句であれば次を期待できるはずです。

相手の方から再度デートに誘うように促してくるのは見込みがあるといえます。


脈ありか見分ける方法3. 二人で会ってくれるか

デートの誘いに対して一対一で会ってくれるかどうかもポイントで、乗り気でない人は二人で会おうとはしません。

「友達も呼んでみんなで遊ばない?」などのリアクションは遠回しな断り文句。二人きりになることに抵抗を感じている証拠です。

複数人で会おうとしてくるのは相手との間にまだ距離があるか、脈なしの可能性が高いでしょう。


脈ありか見分ける方法4. 断った後も連絡がくるか

恋愛対象ではない異性からのデートの誘いを断ると、その後の関係が気まずいと思ってしまうのが本音。

「なるべく接点を持ちたくない」と避けられるようになり、LINEで連絡しても音沙汰がなくなるケースは多いです。

誘いを断られた後に好きな人からのLINEやメールといった連絡の返信がなくなった場合は距離を置きたいというサインで、残念ながら脈なしといえます。


デートの誘いを断られた後の対処法|リベンジするためのコツを徹底ガイド

好きな人とのデートが実現しなかったとしても、すぐには諦めたくないですよね。しかし、誘いを断られてしまった場合どう対処すればいいかわからないという人も多いはず。

そこで、ここからはデートを断られた後の適切な対応をご紹介します。男性・女性に関わらず使えるので、好きな人にデートのお誘いをリベンジするのにきっと役立つはずですよ。


デートの誘いを断られた後の対処法1. 「また誘うね」と日を改める

断られてしまった後もしつこくアプローチしてしまうと相手にうんざりされるリスクがあるので、ここは女性の気持ちを受け入れて一度引いてみるべきです。

「また違うタイミングで誘うね」と言って日を改めてみましょう。今がその時ではないと理解することは大切です。

食い下がることでしつこさを感じさせないため好印象になり、後日改めてデートに誘った際にOKしてもらいやすくなりますよ。


デートの誘いを断られた後の対処法2. 「まだ早いよね」と笑って流す

二人の関係がまだ浅いのであればデートに応じてもらえないケースはありますが、断られてもさり気なく好意を伝えることは効果的です。

「まだ早かったね、もっと仲良くなったらデートしよう」と含みを持たせる言い方をしてみましょう。笑って重い空気にしないというのもポイントです。

遠回しに親しくなりたいという気持ちをアピールすることで、相手が自分の存在を意識するようになるはずです。


デートの誘いを断られた後の対処法3. グループで会う約束をする

まだあまり知らない相手からの誘いは抵抗があるものですが、複数人であれば警戒心も弱まるので誘いもOKしてもらいやすいはず。

気兼ねなく遊べる共通の友人などを誘ってグループで遊ぶ約束をしてみましょう。

グループであれば二人きりで会うよりも気が楽なので実現しやすく、好きな人との距離が縮まったタイミングで改めてデートに誘えば応じてくれる可能性は高くなります。


デートの誘いを断られた後の対処法4. 食事の誘いをする

遊園地に行く、遠出をするなどのガッツリとしたデートにいきなり誘われると引いてしまうという人は少なくありません。

気軽に応じにくいデートに誘っていた場合は、「軽く食事に行かない?」「1時間だけお茶でもしない?」と相手の負担が少ない案を出してみましょう。

デートをするハードルを下げてあげることで「少しならいいかな」とOKしやすい気持ちにさせる効果を期待できます。


デートの誘いを断られた後の対処法5. 相手の都合のいい日を聞く

相手の都合を優先した日程を設定することでデートに対してポジティブに考えてくれるようになるでしょう。

デートを断られたら「仕事が暇な曜日はある?」「来月は都合いい日あるかな?」と聞いて先約などがない日程を知るように心がけましょう。直接会った時でもいいですが、LINEであればいつでも聞けるのでおすすめです。

好きな人にとって好都合な日であれば心にも余裕があるので気軽にデートをOKしてくれるはずですよ。


デートの誘いを断られた後の対処法6. 相手の興味が湧くプランを提案する

つまらなそうなデート案だと何回誘っても断られ続けることになってしまいます

食べたいものはあるか、行きたいスポットはどこかを把握して、それに合わせたプランを提案してみましょう。魅力的な計画なら相手も断ろうとはしないはず。

興味がそそられるデートの誘いには前向きになるので「行ってみてもいいかな」と考えてくれますよ。


デートの誘いを断られた時にやってはいけないNG行動とは

デートを断られた後に相手が負担に感じるような対応をしてしまうのは印象が悪くなるので要注意です。

「どうしてダメなの?」としつこく断った理由を聞いたり、過度に落ち込むことで気を使わせてしまうのも逆効果なので気を付けましょう。

NG行動をしたことで相手に不快感を与えてしまうと関係が悪化してしまい、その後に逆転するチャンスもなくなる可能性がありますよ。


デートを断られてもまだ逆転の可能性はありますよ!

デートの誘いを断られた際の対応と脈ありか脈なしか見分ける方法をご紹介しました。

誘いを断られたら誰でも落ち込みますし、どうしたらいいか悩みますよね。この記事で紹介した方法を理解しておけば相手の気持ちを見抜けるようになり、デートを断られたとしてもその後リベンジに成功することができるはず。

好きな人とのデートを実現させれば二人の距離も縮まるので、恋人になるという目標にも大きく前進しますよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事