【上司必見】優秀な部下の特徴とは?才能を育てるマネジメントのコツを大公開

優秀な部下の特徴やうまく接するコツについて詳しく知りたい方へ。今記事では、優秀な部下に共通する特徴から、うまくマネジメントする方法まで詳しくご紹介します。優秀な部下がいてどうしようと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

優秀な部下のパフォーマンスを引き出してあげるのがいい上司

優秀な部下の特徴とは

同じ職場に自分よりも優秀な部下がいると、嫉妬心から上司としてどう接してあげるのがベストか分からなくなりますよね。

あまりに仕事ができることから、自分よりも遥かに出世するのではないかと不安になることもあるでしょう。

しかし、あなたが上司である以上、優秀な部下が全力を注げる環境づくりや手助けをしてあげるのがベストです。

優秀な部下に決して臆することなく、全力で能力を引き出す工夫をしてあげましょう。

【参考記事】はこちら▽


優秀な部下の特徴とは|職場にいる後輩が当てはまっているかチェックしよう

まずはあなたの後輩や新入社員が本当に優秀かどうか、しっかり把握しておきましょう。

優秀な部下を見極めるためにも、ここからは優秀な部下の特徴について詳しく解説していきます。

あなたの職場にいる後輩や新入社員に当てはあっているかどうか、一緒に確認していきましょう。

【参考記事】はこちら▽


優秀な部下の特徴1. 結果を出している

そもそも一般的な優秀な部下のイメージは、仕事ができる後輩です。

上司からの難しい命令もそつなくこなし、営業成績は常に社内トップクラス。

プレッシャーに強い一面も持ち合わせているので、確実に会社の売り上げに大きく貢献してくれます。

このように結果を確実に出してくる部下がいるなら、間違いなく優秀な部下と言っても良いでしょう。


優秀な部下の特徴2. 仕事を覚えるのが早い

会社の売り上げに大きく貢献するような部下は、要領が良い人が多いです。

上司が教えてくれた業務内容もすぐに覚えるので、二度三度と上司にやり方を教えてもらうことがありません。

また、育て方がどうであれすぐに自分なりの業務スタイルを確立するため、新卒であってもすぐに会社の主力になることも。

仕事を覚えるのが早い部下は社内で重宝されるため、すぐに優秀な部下のレッテルを張られることになります。


優秀な部下の特徴3. 自分で判断、行動ができる

仕事のできる部下の多くは、上司に尋ねることなく対処する高い柔軟性を持っています。

仕事中にイレギュラーが発生した時に、他の社員が戸惑っている中いとも簡単にトラブルを解決に導いてくれます。

また、稀に新卒の新入社員にもこの柔軟性を持っている者がおり、会社のルーキーとしてちやほやされることも。

このように自分で判断、行動ができるからこそ、優秀な部下として評価されるようになるのです。


優秀な部下の特徴4. 責任感が強い

仕事に対して気持ちを入れ込むことができる後輩は、周囲の社員よりも仕事ができる傾向があります。

業務中に起きた1つの些細なミスを許さず、自分に対してかなりストイック

そんな部下は周囲の新卒社員と比べても仕事への熱量が違うため、必然的に仕事のクオリティも高くなるのです。

このような責任感の強い優秀な部下には、上司も必然と重大な仕事を任せたくなるものです。。

【参考記事】はこちら▽


優秀な部下の特徴5. 作業スピードが早い

優秀な部下は、日頃の業務に対して常に効率化を図っています。

普通の社員が1時間かかるような作業も、優秀な部下にかかれば30分も満たないうちに終わらせてしまう。

これだけ仕事が早いと他の社員よりも時間に余裕ができるため、さらに大きな業務を任せられるようになるのです。

このように作業スピードが速い部下は、優秀な部下として会社で重宝される存在になることでしょう。


優秀な部下の特徴6. わからないことは自分で調べる

仕事のできる部下の大半は、勉強熱心な傾向があります。

仕事のできない部下は、業務でわからないことがあればすぐに上司に尋ねてしまいます。

しかし、勉強熱心な部下は上司に尋ねて相手の時間を奪うことを嫌うため、まずは自力で調べて解決しようと試みるのです。

このように自分で調べる特徴を持つ部下があなたの職場にいるのなら、優秀な部下と言っても過言ではないでしょう。


優秀な部下の特徴7. 相談の際に自分の意見を持ってくる

優秀な部下は、上司がいる会議の場でも物怖じしない性格をしています。

例えば、部署で行っているプロジェクトに「もっとこうした方が良い」と思うポイントが見つかった時、大抵の社員は上司からの反感が怖くて言い出せずにいます。

しかし、優秀な部下は上司の機嫌を損なわずに提案する力が長けているため、自分の意見をしっかり上司に伝えることができるのです。

あなたへ何か相談する時に自分の意見を持ってくる部下がいるなら、その部下は間違いなく優秀な部下ですよ。


優秀な部下への接し方とは|上手にマネジメントするコツを解説

優秀な部下と接するのは、自分よりも高い能力を持っていることもあって少し怖いですよね。

しかし、臆することなく上手く接することができれば、ビジネスにおいて間違いなく心強い味方になりますよ。

そんなあなたに優秀な部下と上手く接してもらうためにも、ここからは優秀な部下への接し方について解説していきます。

今から解説する接し方をしっかりマスターして、優秀な部下を上手にマネジメントできるようになりましょう。


優秀な部下への接し方1. 褒める

自分よりも仕事のできる優秀な部下に対して、どう接したら良いのか間違いなく迷いますよね。

そんな時は、優秀な部下が出した仕事の成果をしっかり褒めてあげましょう。

どんな人間であっても、上司に褒められるのは気分が良いものです。

あなたに褒められることで、その優秀な部下がさらに仕事への意欲を出してくれますよ。


優秀な部下への接し方2. 仕事を任せる

優秀な部下があまりにも仕事ができるため、これ以上能力を引き出すのは無理ではないかと思ってしまうことかと思います。

そんな時には、あえて思い切って自分の仕事を任せてみちゃいましょう。

上司から仕事をお願いされたら、部下からすると上司に高く評価されたと思って嬉しくなるもの。

そんな上司の期待に応えるためにも、さらに能力を高める努力をしてくれるはずですよ。


優秀な部下への接し方3. 意見を聞く

優秀な部下から信頼されるためには、部下のことをしっかり見てあげられるかが重要です。

そのため、優秀な部下からの意見はしっかり聞いてあげるようにしましょう。

上司がちゃんと意見を聞いてくれたら、たとえ採用してくれなくても部下としては嬉しい気持ちになります。

また、仕事のできる優秀な部下ならではの考え方を知ることができるため、あなた自身の成長にも繋がりますよ。


優秀な部下への接し方4. ライバル視をしない

自分の位置を脅かす存在である部下に対して、対抗心を燃やす上司も少なくありません。

しかし、決して優秀な部下をライバル視しないようにしてください。

あなたは優秀な部下の上司であるため、当たり前ですが社内の立場はあなたの方が上です。

自分にしっかり自信を持って接することで、優秀な部下もあなたをしっかり信頼してくれるはずですよ。


優秀な部下への接し方5. 成果を一緒に喜ぶ

優秀な部下が出した成果に対して、素直に喜べない気持ちも分かります。

しかし、そこはあなたも一緒に喜んであげるのが上司としての振る舞いでしょう。

部下からすると、上司に喜んでもらえることほど嬉しいものはありません。

成果を一緒に喜んであげることで、優秀な部下のモチベーションを高く保つことにも繋がりますよ。


優秀な部下がいたら、その力を引き出す素敵な上司を目指してみて。

あなたが苦手意識を持っている優秀な部下は、仕事ができる点以外はその他の社員と同じです。

あなたに褒めてもらえれば素直に喜んでくれますし、常にあなたの期待に応えようと頑張ってくれています。

そのため、本記事で学んだ接し方を実践し、上司としての理想的な振る舞いができるように気を付けましょう。

しかし、優秀な部下の業務を見ているうちに、なんだか劣等感を感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時はあなたが今まで経験してきたキャリアを思い出してみることで、きっと自尊心を保つことができるはずですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事