ランニングマシンのメリット|ダイエットに効果的なトレッドミルの使い方も解説!

ランニングマシンダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。本記事では、ランニングマシンダイエットの効果やメリットから、ランニングマシンダイエットのやり方やメニューまで大公開!トレッドミルの正しい使い方も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

ランニングマシンダイエットのメリット|どんな人におすすめなの?

ランニングマシンダイエットの効果

ジムでよく見かけるランニングマシン。

外に出てランを楽しむのに比べて、どんな効果やメリットの違いがあるのか気になるところ。

まずは、ランニングマシンでダイエットするメリットをまとめてお伝えします。


メリット1. 天候に左右されずいつでもランニングができる

外に出てランをすることで痩せたいと思っていても、いつでもランができる状況であるとは限りません。天候によっては、外に出られないということも。雨季の季節には、走られない日が数日続いてしまうこともありえます。

ランニングマシンを使う方法なら、外がどんな天気であったとしても、自宅でいつでもランを継続できます。


メリット2. ひと目を気にせずランニングができる

一目を気にしない

ランニングに出かけるのが夜間であれば、防犯の面などのために、女性の方は特に出歩かないほうが良いこともあります。

また、仕事の都合などで、昼間にしかランニングのための時間を取れないというケースも近所の方々に見られるのが恥ずかしいと思うこともあるでしょう。

そんな場合も、自宅でできるランニングマシンを使う方法なら、人目を気にすることなくダイエットエクササイズに集中できます。


メリット3. 傾斜や速度を自由に設定できるので、負荷を調整しやすい

街中をランニングするなら、信号待ちの時間があったり、適度な起伏を見つけるのが難しかったりと、なかなか最適なランニングコースを設定することができないことが多くあります。

ランニングマシンには、設定によって傾斜を走行するようにしたり、ランの速度を指定したりできるのがメリット。自在にランニングの負荷を調整できるので、脚やせなどの狙ったダイエットや自分のペースに合わせた運動が可能です。


メリット4. 消費カロリーや走った距離を確認できる

走った距離を確認できる

ダイエットのためにランニングをする際には、行ったメニューにどのくらい効果があったのかをすぐに知れたら、さらなるモチベーションにつなげられて、より楽しくランができるようになりますよね。

ランニングマシンは、消費カロリーや走行した距離を記録できるようになっていて、瞬時にどれだけ運動したのかを確認する使い方ができますよ。


ランニングマシンダイエットで効果を出すコツ|トレッドミルの正しい使い方も大公開!

ランニングマシンダイエットのコツ

いろいろなメリットがあるトレッドミルとも呼ばれるランニングマシン。

どんなポイントに注意すれば、より効果的なダイエットのためのランニングができるのでしょうか。

5つのポイントに絞って自宅でのランニングのやり方を解説します。


ポイント1. ウォーミングアップをして筋肉を温める

忙しくてなかなかまとまった時間が取れない場合などに、いきなりランニングを初めてしまうということもあるかもしれません。準備運動をしていないと、身体が硬い状態でランニングをすることになる身体を痛める原因に。

より効果的にトレーニングをするためには、トレッドミルでのランニングを始める前に、まず、よくウォーミングアップの運動を行うようにしましょう。

筋肉をほぐしたり温めたりする準備をしてから、ランニングを楽しむようにすると、運動後の疲労や筋肉痛も軽減できますよ。

【参考記事】ウォームアップに最適な準備運動を解説!▽


ポイント2. ランニングする時間は30分程度を目安に行う

30分を目安にする

慣れないうちはすぐに疲れてしまって、なかなか長い時間走り続けるのは難しいと感じてしまうかもしれません。

有酸素運動は、運動開始から20分程度から体内の脂肪分を優先的に消費するようになります。ダイエットの効果を得たいなら、30分程度トレッドミルを続けるようにして、脂肪燃焼を十分に促せるようにするのがおすすめです。


ポイント3. 体力に自信がない人は、8km/hの速度からスタートする

トレッドミルによるエクササイズは、自分でランの速度を設定します。ただ、早く痩せたいからといってスピードを上げすぎてしまうと、思ったよりも早く疲れてしまったり、ハードすぎて継続する意欲がそがれてしまったりします。

体力に自信がないなら、まずは8km/h程度のスピードで始めるのがおすすめ。慣れていくにつれ、少しずつペースアップに挑戦すると良いでしょう。


ポイント4. 最大心拍数に対して40~60%の心拍数で走ると脂肪燃焼しやすい

心拍数を意識する

ランニングは有酸素運動なので、負荷が強ければ強いほど良いというわけではありません。あまりに負荷をかけてしまうと無酸素運動になり脂肪燃焼効果が薄れてしまいます。

トレッドミルを使うときは、自分の最大心拍数の値の40から60パーセント程度の心拍数になる程度にランの強度を調整すると、効率よく脂肪が燃焼される適切なエクササイズになります。それ以上に強度を高めても、脂肪がたくさん燃焼するわけではないので、覚えておきましょう。


ポイント5. 腕を振り、上半身の筋肉も使う

トレッドミルを使ったメニューは、足だけ動かせば一応ついていけますが、より痩せたいなら、全身を使った運動をするようにしましょう。

その際に、腕を勢いよく前後に大きく振ることで、上半身の筋肉の可動域がより広くなります。可動域の広い運動をすることで、消費カロリーも上がるため脂肪燃焼が効果的に。

トレッドミルは主に下半身を使う運動ですが、上半身の筋肉も忘れずに使っていきましょう。


ランニングマシンを使いこなして効果的なダイエットをしよう。

まとめ

ランニングマシンを使ったトレーニングメニューで、脚やせを含め、効果的なダイエットができます。

毎日ジムに通えないとしても、自宅にランニングマシンがあるなら、どんなタイミングでも、エクササイズができるのが強みです。

効果がより高くなるトレッドミルの使用方法をマスターして、ダイエットを実現しましょう。


【参考記事】ランニングで痩せない原因はこちらを確認▽

【参考記事】ランニング効果を高めるにはこちらを要チェック▽

【参考記事】ストレッチをしてランニングの効果を高める方法はこちらから▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事