夫婦喧嘩の後に仲直りする方法|揉めた時にすぐ解決する“とっておきの秘訣”とは?

夫婦喧嘩をした後に仲直りするコツを知りたい方へ。今記事では、夫婦喧嘩をした後に仲直りする方法から、避けたいNG行動まで詳しくご紹介します。毎日一緒に生活していれば、些細なことで衝突することもあるため、ぜひ参考にして円満な関係を築いてみてください!

毎日一緒にいれば、夫婦喧嘩は起こり得るもの

夫婦喧嘩のあとに仲直りする方法

どんなに仲が良い夫婦でも、毎日一緒にいればささいなことで衝突してしまうことも。しかし「仲直りの方法が分からない」「仲直りのきっかけがつかめない」とお悩みの人も多いのではないでしょうか。

今記事では、夫婦喧嘩をしてしまった時、上手に仲直りをする方法について詳しくご紹介します。

どの夫婦でも喧嘩が起こってしまう可能性はあるため、ぜひ仲直りのコツをおさえておきましょう。


夫婦喧嘩をした後に仲直りする方法|関係を修復するコツを解説

夫婦喧嘩が長引くと家庭内がぎくしゃくしたままで、なんだか落ち着かないもの。子育てや家事にまで影響が出ることもあるでしょう。

これからも夫や妻と一緒に暮らしていくなら、わだかまりが残らない仲直りをしたいですよね。

ここからは、夫婦喧嘩をした後に仲直りする方法について詳しくご紹介します。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法1. 次の日に何事もなく接する

一緒に暮らしていれば、喧嘩の翌日にも自然と顔を合わせる機会があります。そんな時に喧嘩のことを必要以上に意識してしまうと、いつまでも仲直りができない原因に。

早めに仲直りをしたいなら、ふだんと同じように笑顔で「おはよう!」とあいさつをするのがおすすめです。

何事もなかったかのように振舞うことで、前日の気まずさがやわらぐため、いつもと同じ日常に戻りやすくなります。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法2. 素直にごめんねと謝る

仲直りをするには、反省している気持ちや今後も円満な関係を望むことを伝えるのが大切です。

そこで一番効果的かつ確実な方法が、素直に「ごめんね」と謝ること。さらに「今後はこういうところを気を付けるよ」と前向きな解決策も伝えると、誠意がしっかり伝わりますよ。

謝ることが仲直りのきっかけになり、お互い気持ちよく普段の生活に戻れるでしょう。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法3. 冷静になってから話し合う

喧嘩中や直後はイライラが募っている状態で、自分でも何に怒っているのか分からなくなることもあるでしょう。そんな状態で話し合いをしても、気持ちや考えの整理ができていないので、かえって夫婦の溝を広げかねません。

仲直りを切り出すタイミングは、お互いに冷静になってからがおすすめです。

状況を落ち着いて考えられると自分の非を認めやすいので、仲直りもスムーズにできますよ。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法4. 相手の好物を用意する

美味しいものや好きな食べ物を口にすると、人は自然と笑顔になるもの。おなかも心も満たされて、イライラが吹き飛んだ経験がある人も多いでしょう。

仲直りしやすい雰囲気を作りたい時は、相手の好物を用意するのも効果的。

夫の好物を夕飯の献立にしたり、妻が気に入っているお店でケーキを買って帰ったり。場が和やかになる上に好意も伝えられるので、仲直りのきっかけづくりにぴったりです。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法5. スキンシップをとる

言葉で説明したくても、気持ちを上手く相手に伝えるのは難しいもの。誤解を招く言い方をしてしまい、夫婦仲を悪化させることもあるでしょう。

そんな時は、ハグやキスなどのスキンシップをとるのがおすすめです。

ダイレクトに愛情表現ができるので、「何て謝ったらいいかわからない…」という人でもスムーズに仲直りに繋げられます。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法6. 日頃からルール決めをしておく

ぎくしゃくした関係が長引くほど、仲直りはしにくくなります。なるべくスムーズに関係を修復したいなら、日ごろから夫婦間でルール決めするのがおすすめ。

喧嘩は翌日に持ち越さない、過去のことを蒸し返さないなど、夫にとっても妻にとっても守りやすいルールにしましょう。不必要に喧嘩が長引くことや激化することを防げるので、仲直りしやすくなりますよ。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法7. 文章で伝える

「面と向かって謝るのは気まずい」「謝っているのになぜかまた喧嘩に発展してしまう」口下手な人は、仲直りしたい気持ちをうまく表現できないことがあります。

直接の話し合いに固執せず、文章で仲直りしたいと伝えるのも十分効果的です。

LINEや手紙などなら、会話と違って慎重に言葉を選ぶことができます。口では言いにくいことも素直に伝えやすいため、文章の方が気持ちが伝わることもあるでしょう。


夫婦喧嘩の後に仲直りする方法8. プレゼントを買って機嫌を取る

夫婦喧嘩の原因によっては、相手の怒りがすぐに収まらない時があります。特にあなたに非がある場合、謝っても取り付く島もない状態なことも。

そんな時は、相手が好きなものをプレゼントするのも一つの方法です。

プレゼントを買うのは、お金や時間などそれなりの労力がなければできないこと。プレゼントを通して相手を大切に想う気持ちが表現できるので、誠意が伝わりやすいのです。


夫婦喧嘩をした後に避けたいNG行動とは?

生活を共にするパートナーを深く傷つけるような言動は、たとえ喧嘩中であっても避けましょう。なかには関係の修復が不可能になるほどのNG行動も!

ここからは、夫婦喧嘩をした時に避けたいNG行動について詳しくご紹介します。


夫婦喧嘩した時のNG行動1. 離婚をほのめかす発言をする

「結婚しなければ良かった」「もう離婚するしかない」などは、それまでの二人の関係を全て否定する言葉です。

離婚をにおわせる発言は、たとえ喧嘩中でも軽々しく言うのはやめましょう。

嘘だと分かっていても、言われた相手はとても傷つくもの。軽はずみで口から出た離婚という一言で、旦那さんや奥さんが本気で離婚を検討することもあるのです。


夫婦喧嘩した時のNG行動2. 過去の出来事を掘り返す

旦那さんや奥さんへのイライラがヒートアップすると、余計なことにまで腹立たしくなることがあります。そこでやってはいけないのは、過去の出来事を蒸し返して責め立てること。

過ぎてしまったことは責めても対処のしようがなく、喧嘩が長引くか関係が悪化するだけです。

大切なのはいま夫婦の間にある問題を解決すること。これからも夫婦として上手くやっていくには何が必要か、前向きな姿勢で考えましょう。


夫婦喧嘩した時のNG行動3. 相手が謝っても無視をする

相手からのコミュニケーションを無視するのは、二人の関係をこじらせる原因になります。これは夫婦関係でも同じです。旦那さんや奥さんが謝っているのに聞く耳持たずの態度では、「せっかく謝ったのに!」と新たな喧嘩の火種になることも。

旦那さんや奥さんが素直に「ごめんね」と謝ったら、まずは受け止める姿勢を示すようにしましょう。


夫婦喧嘩を減らすなら夫婦円満の秘訣を取り入れるのもおすすめ

夫婦の仲が円満であるほど、夫婦喧嘩は起こりにくい傾向にあります。喧嘩の頻度を抑えたいなら、夫婦円満を目指すのもおすすめですよ。

夫婦円満でいるにはお互いを尊重し、普段からコミュニケーションやスキンシップを心がけることがポイント。

もともと話し合いやすい関係性が築けているので、意見が食い違っても喧嘩に発展する前に防げますよ。

【参考記事】はこちら▽


夫婦喧嘩した時は、面倒臭がらずに早めに関係を修復しよう。

夫婦喧嘩をしてしまった時の仲直りの仕方や、NGな言動についてご紹介しました。どんなに仲が良い夫婦でも、ささいなことがきっかけで起こる夫婦喧嘩。一緒に暮らすからこそ、なるべく早く仲直りをして元の関係に戻りたいですよね。

「仲直りしたいのに上手くいかない」「タイミングがつかめない」とお悩みの方は、ぜひ仲直りのコツをおさえてみましょう。

喧嘩を乗り越えた時には、きっと今まで以上に夫婦関係も円満になりますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事