腹筋ローラーは毎日しちゃダメ|お腹を割る正しい筋トレ頻度とは?

腹筋ローラーは毎日やった方が効果的なのか疑問に思っている方へ。今回は腹筋ローラーの正しい頻度や、筋肉痛になった場合の対処法、腹筋ローラーでお腹を割るコツを解説します。シックスパックを効率よく作るために、効果的な頻度を知って取り組んでいきましょう!

腹筋ローラーを毎日するのはNG|お腹を鍛えるための効果的な頻度とは?

腹筋ローラーを毎日するのはNG _お腹を鍛えるための効果的な頻度とは

筋トレを行うと筋肉は損傷し筋肉痛が出てしまいます。この状態で筋トレを毎日継続して筋肉を傷付けても、痛みを伴っているため十分な負荷を与えられません。つまり望むような結果を得るのは難しいのです。

特に初心者にとって腹筋ローラーは強度が強めなため、毎日行っていると筋肉痛になることも。

お腹を割るような筋トレ効果を得たいなら、その分筋肉の休息は必須。お休みの日を挟みながら、腹筋ローラーでお腹の筋肉を刺激すると、より効率よく腹筋が割れていきますよ。


腹筋ローラーの正しい頻度|週2〜3回でお腹の筋肉は鍛えられます。

筋肉の傷が回復する速度は、個人の筋力・経験・筋トレ強度・何回行うか・鍛える部位などで違ってきます。

体はエネルギー枯渇、筋線維の損傷や疲労などのストレスを受けて体力が一時的に低下するものの、適切な休息を取ることで回復し、筋肉は強く大きくなっていくのです。

この回復現象を『筋肉の超回復』と呼び、必要な時間は48~72時間といわれています。

つまり、腹筋ローラーで腹筋鍛えるなら週2~3日の実践がベストと言えるのです。


腹筋ローラーで筋肉痛になったら、どうすればいいの?

腹筋ローラーで筋肉痛になったら、どうすればいいの

腹筋ローラーで筋肉痛が出たときは、これ以上大きな負担を掛け続けるのは避けるべき。

毎日のように続けているとオーバーワークになったり、エネルギー不足を補うために筋肉自体が分解されたりします。最悪な場合、腹筋が疲労しきって断裂する可能性も。

筋肉痛になった時は完全に休息するか回数や頻度を下げるようにしましょう。筋トレを継続するには筋肉の負担軽減も大切な過程です。

週2~3回といった回数を気にする必要はありません。栄養や睡眠をしっかり摂り、筋肉痛をできる限り早く直すことが最優先になります。


腹筋ローラーでお腹を割るコツ|ダイエットに効果的なポイントとは?

腹筋ローラーでお腹を割るコツ_ダイエットに効果的なポイントとは

お腹を鍛えるのに効果的な腹筋ローラー。これから始めてみようと思ってる方もいるのではないでしょうか。

でもそんな時、「これって痩せるのかな?」「お腹を割るにはどうすればいい?」といった疑問が湧いてきませんか。

腹筋ローラーには正しい使い方があり、それをマスターしない限り望むような結果は得られません。

ここでは、腹筋ローラーでお腹を割る効果的なコツを紹介していきます。


1. 腹筋ローラートレーニングの強度を上げる

腹筋ローラートレーニングの強度を上げる

お腹を効率よく割るには、強度のアップは意識したいところ。同じ負荷や回数だと身体は慣れてしまい、筋肉の刺激にならないため望むような体型変化を得られません。

腹筋ローラーには代表的なメニューが3つあります。

  • 膝コロン
    膝をついてローラーを前方に転がしそのまま倒れ込む方法。

  • 膝コロ
    膝をついてローラーを最前方まで転がし、そのままローラーを引いて元の姿勢に戻る方法。

  • 立ちコロ
    床に置いたローラーを前屈姿勢で握り、そのまま最前方まで転がした後、元の姿勢に戻す方法。

負荷は『膝コロン→膝コロ→立ちコロ』の順で高くなります。慣れたらこのように強度を高めていきましょう。


2. 食事制限でお腹周りの脂肪を燃焼する

腹筋はもともと割れているもので、割れた腹筋が目に見えないのはお腹に脂肪が重なっているから。しかし腹筋ローラーは筋肉強化に重点が置かれたトレーニング法で、脂肪燃焼による効果はそこまで期待できません。役割はあくまで部分的になります。

そこで注目すべきは食事制限です。

食事のメニューや摂取量をコントロールしてお腹のダイエットに取り組み、その上で腹筋ローラーなどのトレーニングを継続。お腹周りの脂肪が減っていて手、徐々にシックスパックが表れてきますよ。

【参考記事】ダイエット中における食事制限のコツとは?


3. 筋肉が成長する食生活を取り入れる

筋肉が成長する食生活を取り入れる

腹筋を割るにはお腹の筋肉を強化する必要があります。

筋肉強化ではタンパク質・炭水化物・糖質・脂質の摂取は欠かせません。これらは筋肉の元になったりエネルギー源になったりする大切な栄養素です。

特にタンパク質は筋肉を形成する栄養となり、筋肉を効率よく成長させるアイテム「プロテイン」があるほど、筋トレ民には必須。とは言え、タンパク質だけでなく、他の栄養素もしっかり取る必要があります。

せっかく腹筋ローラーでお腹を鍛えるのであれば、その効果が十分発揮されるようバランスの良い食生活を心がけましょう。

【参考記事】筋肉をつける食事法を徹底ガイド!


4. しっかりと寝て筋肉を素早く回復させる

睡眠不足は疲労回復や筋肉成長を促進するホルモン物質の分泌を減少させます。翌日は身体のだるさが残ってしまい、日常生活はもちろん、積極的なトレーニングにも影響が出るので注意しましょう。

腹筋ローラーでお腹を鍛えたら、十分な睡眠は必須。規則正しい生活を意識して毎日の睡眠時間を確保し、疲労をしっかり取り除くことが大切です。

良質な睡眠は筋肉の損傷を素早く回復。結果的により素早く筋肉が成長して腹筋が割れていきます


腹筋ローラーの頻度を守って、効率よくシックスパックを作ろう!

腹筋ローラーの頻度を守って、効率よくシックスパックを作ろう

腹筋ローラーで効率的に鍛えるなら、まずは週2~3回の頻度から始めるのが最適です。毎日やらずとも、頻度を守って食事や睡眠なども意識すれば結果はついてくるでしょう。

カッコいい割れた腹筋を手に入れるには、正しい知識を持って筋トレを行うこと。

腹筋ローラーを使って、短期間でシックスパックを作れるようにしてみましょう!


【参考記事】腹筋を綺麗に割るトレーニングメニューを解説!

【参考記事】自宅でできるシックスパック筋トレメニューも取り入れよう!

【参考記事】腹筋ローラーでお腹を割るなら有酸素運動も必須!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事