スクワットで痩せない原因|短期間で痩せる効果的なダイエット方法とは?

「スクワットを頑張っているのに痩せない。」ダイエットのために努力しているのに効果が出ないと、継続するモチベーションも下がってしまいます。本記事では、スクワットをしても痩せない原因や対策を紹介します。痩せないと悩んでいる人ほどぜひ参考にして、スクワットに取り組んでみてくださいね。

スクワットで痩せない原因|体重が減らない理由とは?

スクワットしても痩せない女性

頑張ってスクワットを続けていても、なぜか体重が落ちずなかなか痩せられないことがあります。

そこでここでは、スクワットをしても痩せない原因を紹介。自分の状況と比較して、痩せない原因を突き止めましょう。


1. 間違ったフォームで行っていて効果が半減している

間違えたフォームでスクワットをしている女性

スクワットは全身の筋肉に負荷をかけるトレーニングのため、筋トレの効果は高いですがその分、疲労感も大きいため回数をこなしているとフォームが崩れる原因に。

フォームが崩れてしまうとトレーニングの効果をしっかりと得ることができないため、ダイエット効果も半減してしまいます

また、間違ったフォームや膝や腰を痛めてしまう原因にもなり、体を動かしたときの痛みからスクワットの回数が減ってしまうことも、スクワットで痩せない状況を作り出すので気をつけましょう。


2. 前ももばかりを鍛えるスクワットをしてしまっている

前ももばかり鍛えるフォームでスクワットをしている女性

スクワットは主に下半身を鍛えられる筋トレメニュー。太ももやふくらはぎ、お尻を鍛えることができますが、フォームによって刺激の加わる部位も変わってきます。

膝が内側に入っていたり、つま先が開きすぎたりしていると、前ももに負荷が集中することに。頑張れば頑張るほど脚が太くなってしまうため、早急に改善しましょう。

スクワットで痩せないと感じる方は、一つ一つの動作を確認しながら行うことも大切です。


3. 運動量が足りてなく効果的に脂肪燃焼ができていない

スクワットに加えて筋トレもする女性

スクワットは負荷が高くトレーニングの効果が高いメニューですが、消費カロリーはそこまで多くはないです

そのため、他の運動やカロリー制限などを行わずにスクワットだけをしている状況だと、摂取したカロリー消費できず痩せられません。また、スクワットで基礎代謝が増えたとしても、運動などの消費カロリーよりも少ないです。

筋肉をつけることができても脂肪を燃焼できないので、スクワットを頑張っていても、なかなか痩せることができません。


4. トレーニング後に食べ過ぎてしまっている

スクワットをした後に食べ過ぎてしまう女性

痩せるためには食事などで摂取するカロリーよりも、スクワットなどで消費するカロリーが多くなければ痩せることができません。つまり、スクワットを頑張っているのに痩せない場合、消費するカロリーよりも多くのカロリーを摂取している可能性があります

特に、スクワットの後は疲労感や空腹感から、多くの量を食べてしまいがち。スクワット後にタンパク質を摂取しようとして、大豆類や肉類を食べすぎていないか改めて考えてみましょう。


スクワットで痩せる対策|痩せない原因からダイエットできる方法を勉強しよう!

スクワット

ここでは、今までに紹介したスクワットで痩せない原因を改善するための対策を、具体的な方法とともに詳しく紹介していきます。

自分の原因に当てはまるものから改善していき、少しずつスクワットで痩せられる環境を整えていきましょう。


1. 鏡を見ながら正しいフォームで行う

鏡を見ながらスクワットをする女性

スクワットはメジャーな筋トレメニューのため自己流で行ってしまう方も多くいますよね。

つま先や腰の曲げ方など、スクワットのフォームは気をつける部分がたくさんあります。しかし、スクワット中は頭を上げているのが正しいフォームのため、体を見ながら行うことはできません。

そこで、自分の前や横に鏡を置いて、フォームをチェックしましょう。違うと感じた部分はすぐに修正し、正しいフォームでスクワットを行いましょう。


スクワットの正しいやり方をマスターする


鏡で見てスクワットのフォームを修正するためには、あらかじめ正しいフォームをマスターしておく必要があります。

ただ、つま先を外側に向けすぎない、背中を反らしすぎないなど、気をつけなければいけない部分が多く、すべてを把握できていないことも。そこで、リンク先の動画を参考にして、スクワットの正しいフォームを身に着けましょう。

不安な場合は動画を見ながら鏡で自分のフォームをチェックするようにして、細かいところまで調節するのがおすすめです。


2. 内ももに効くようにスクワットをする

内ももを鍛えるスクワットをする男性

スクワットで鍛えられる筋肉の中でも、特に鍛えにくいのが内ももです。

日常生活の中で使う機会が少ないため、負荷が加わっているのかわからないままスクワットをしている可能性も。また、内ももは脚を内側へ引き寄せる筋肉があるため、鍛えることでO脚などの改善にも役立ちます。

脚を細く見せるためにも、意識して内ももを鍛えるようにしましょう。


内ももに効くスクワットメニュー

内ももを効率よく鍛えるスクワットメニューには、バランスが不安定に姿勢になることが共通しています

具体的には、腰を深く落として行う『ワイドスクワット』や、ジャンプをすることで下半身へ負荷を与える『ジャンピングスクワット』などが挙げられます。

さらに、内ももに負荷がかかっているのを意識して動作を行うことで、スクワットの効果を高めることができますよ。それぞれの詳細なやり方やコツはリンク先で詳しく紹介しているので、ぜひ確認して実践してみてくださいね。


3. スクワットだけではなく有酸素運動も行う

スクワットに加えてランニングをする男女

スクワットは筋肉に高い負荷をかけられますが、消費カロリーはそこまで多くはありません。

スクワットの効果を利用して痩せるためには、有酸素運動も並行して行いましょう。有酸素運動は酸素を取り込みながら行う運動で、体を動かすエネルギーに脂肪を使用するため、スクワットだけ行うよりも痩せやすくなります。

さらに、スクワットで筋肉量が増えることに比例して基礎代謝も上がるので、有酸素運動の効果を最大限に引き出しダイエットを効率良く行うことができますよ。


初心者にもおすすめな脂肪燃焼効果の高い有酸素運動

有酸素運動を行う際に重要なのは、酸素を十分取り込めることと、長い時間続けられることの2つ。

そのため、効率よく脂肪燃焼を促せる有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、エアロバイク、水泳などが挙げられます。これらの運動は自分のペースで運動できるため長時間続けやすく、運動中に自然に呼吸ができるという点で優れていますよ。

ただ、運動を激しくすると呼吸が浅くなり無酸素運動になってしまうため、なるべくスローテンポで行うのがおすすめです。

【参考記事】初心者におすすめの有酸素運動とは?


4. スクワットの後に食べ過ぎないようにする

スクワットの後にバランスのいい食事を摂る女性

スクワットをすると、消費したエネルギーを補給しようとして食欲が増します。

そのため、スクワット後に食事や間食をする場合は、あらかじめ食べるものを用意しておき食べすぎないように注意しましょう。また、夜間はカロリーの消費量が少なくなるので、少量の間食でもカロリーオーバーになってしまうことも。

量だけでなくカロリーにも気をつけて、スクワット後の食事や間食の内容を考えてくださいね。


食事のバランスに気をつけ、高たんぱく低脂質を心掛ける

スクワットで痩せるには、摂取カロリーを減らすのが効果的。しかし、単にカロリーを減らしてしまうと疲れやすくなったり、頭が働かなくなったりして、カロリー制限を長く続けるのが難しくなります

そこで、栄養バランスに気をつけた食生活へ改善させましょう。おすすめなのは、ささみなどタンパク質が豊富で脂質の少ない食べ物をメインにすることです。

特に、脂質や糖質はダイエットの大敵ですが体には必要な栄養素なので、ゼロを目指すのではなく必要以上に摂取しないことを目指して食事内容を考えましょう。

【参考記事】筋肉をつける食事法とは?


正しいスクワットでダイエットを効果的に行おう

スクワットをして痩せた女性

スクワットを頑張っているのに痩せない原因は、フォームが間違っていたり運動量が足りないことや食べ過ぎなど、さまざまなことが関係しています。

しかし、どのように対策したら良いのか分からず、なかなか改善できないことありますよね。

そこで、本記事で紹介した原因と対策を一緒にチェックし、できることから改善してスクワットの効果を最大限活かしてダイエットを成功させましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事