ドローイングが女性におすすめの理由|お腹の筋肉を鍛える効果的なやり方とは?

ぽっこりお腹が気になってきたけど、仕事や家のことで忙しくて運動をする時間がないという女性は多いかと思います。この記事では、ドローイングを女性が行うメリットについて紹介。正しいやり方やダイエットの効果を高めるコツまで紹介していますので、参考にしてみてください!

ドローイングとは、どんなトレーニングなの?

ドローイングをする女性

ドローイングとは、お腹をへこませる動作に腹式呼吸を加えたトレーニングでダイエットに効果的

普通のトレーニングでは鍛えづらいインナーマッスルを鍛えられるので、脂肪燃焼効果が高まり体を引き締められるのがメリットです

日常生活の隙間時間に入れたり、通勤通学の時間にも行える簡単なトレーニングなので、忙しくて筋トレをする時間がなかなか取れない人におすすめですよ。


女性がドローイングを行うメリットとは?

「ぽっこりお腹が気になる」でもしんどい筋トレはやりたくない、という女性も多いのではないでしょうか。

ドローイングは、普段運動をする習慣のない女性でも気軽に取り組めるトレーニングですが、その効果は他の筋トレ以上に高いです。

ここでは、女性がドローイングを行うメリットを紹介していきます。どのようなメリットがあるか知っておくとモチベーションも高まりますよ。一つ一つ確認していきましょう。


1. お腹のインナーマッスルが鍛えられ、ぽっこりお腹が解消される

女性がドローイングをするメリット. ぽっこりお腹の解消

ぽっこりお腹の原因は、お腹の筋力低下によって支えを失った内蔵の位置が下がってきてしまうこと

ドローイングでは、インナーマッスルであるお腹の腹横筋を鍛えることができます。腹横筋を鍛えることで、お腹を引き締めると同時に内臓をしっかり支えられるようになるので、ぽっこりお腹の解消が期待できますよ


2. 基礎代謝が上がり痩せやすく太りにくい体質になる

女性がドローイングをするメリット. 基礎代謝が上がる

ダイエットに欠かせない要素の一つが、基礎代謝を上げること

基礎代謝とは、自然とカロリーを消費してくれるものです。筋肉量と比例しているので、筋トレで筋肉を増やせば基礎代謝の上がり痩せやすく太りにくい身体になります。

女性は男性と比べると筋肉量が少ないため、基礎代謝量も低く痩せづらい傾向にあります。ドローイングで、インナーマッスルを鍛えることで筋肉量が増え基礎代謝が上がるので、ダイエットを効果的に行えますよ


3. 腹筋の筋力がなくても取り組める

女性がドローイングをするメリット. 筋力がなくても取り組める

腕立て伏せなど自分の体重を支えながら行うトレーニングは難しい、という女性の方も多いはず。

ドローイングは他の筋トレと違って自分の体重をかけて行ったり、重量を持ち上げることはありません。お腹をへこませるという動作のみなので、筋力に自信がない女性でも安心してできますよ


4. いつでもどこでも取り組める

女性がドローイングをするメリット. どこでも取り組める

筋トレは継続して初めてその効果が得られます。道具を用意したり、場所を取るようなトレーニングだと、準備するまでが面倒で続けるのが難しいですよね

ドローイングはお腹をへこませるだけのトレーニング。家事をしている最中や通勤通学の時間にも行えるので、継続しやすいのが特徴です。そのため、仕事や家事が忙しい女性に特におすすめですよ。


5. 器具なしで気軽に取り組める

女性がドローイングをするメリット. 器具なしでできる

ダンベルを用意したりするトレーニングは、収納場所に困ったり持ち運びがしづらく気軽にできないですよね

ドローイングはお腹をへこませるだけで行えるトレーニングなので、トレーニングしたいなと思ったら、すぐに取り組めるのがメリット。

また、ドローイングは呼吸を意識したトレーニングなので、他のトレーニングと組み合わせながら行い筋トレの効果を上げられるのも特徴です。


ドローイングの正しいやり方|女性でも簡単にできる筋トレ方法

正しいやり方でドローイングをする女性

ドローイングにはたくさんのメリットがあるとわかったところで、次はドローイングの正しいやり方を紹介します。

お腹をへこませる簡単な動作で、女性でも気軽に取り組めますが、正しいやり方を意識するだけでトレーニングの効果をより高めることができますよ。

一つ一つの手順をよく読んでからドローイングを始めましょう。


─トレーニングの正しいやり方─

  1. お腹に空気をため込むように大きく息を吸う
  2. (1)のとき、背中は丸めず真っ直ぐにして、肩を上げないようにする
  3. 限界まで吸った後、息を止めてキープする
  4. おへその下を意識してお腹をへこませながら息を吐く
  5. 息を吐ききったらへこませた状態で30秒キープする
  6. その後、また息を吸い(1)〜(5)を繰り返す

ドローイングの目安は、30秒×5セット。おしりを閉めるイメージで行うと呼吸がうまくできて、お腹に負荷をかけやすくなりますよ。

【参考記事】ドローイングのコツはこちらをチェック


妊婦さんや出産直後の方は、ドローイングを控える

妊娠中や出産直後はドローイングを控える

ドローイングはお腹をへこませてお腹に負荷をかけるトレーニング

妊娠中や出産直後は体がデリケートな状態なので、ドローイングをすると刺激が強く、負担がかかりすぎてしまいます。

妊娠中や出産直後のドローインはかえって逆効果になるので、身体の様子をよくみながらトレーニングするように気をつけましょう。


女性こそ、ドローイングでぽっこりお腹の解消をしよう

場所を選ばす簡単にできる動作なのに、ぽっこりお腹の解消や基礎代謝を上げて痩せやすくなるなど女性に嬉しいメリットがたくさんあるドローイング。

筋力の少ない女性でも簡単に行えるダイエットメニューですので、手軽にお腹の脂肪を引っ込めたい人は、ぜひ試してみてください!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事