ドローイングウォーキングのやり方|お腹ダイエットに効果的な方法とは?

健康やダイエットのためにウォーキングを始めて、慣れてきたからもう少し効果を高めていきたいと思ったことはありませんか。この記事では、ウォーキングにドローイングを取り入れた時の効果や正しいやり方を紹介。ウォーキングのダイエット効果を高めるためにぜひ試してみてください。

ドローイング+ウォーキングで消費カロリーは4割増す

ドローイングとウォーキングを組み合わせるとカロリーが4割増し

ドローイングとは、腹式呼吸をしながらお腹をへこませるトレーニング。主にお腹の腹横筋を鍛えることが可能です。

動作が簡単なため、日常生活の中に取り入れたり運動中も行うことができます

特に、ウォーキングと組み合わせると消費カロリーが通常よりも40%増えるので、脂肪燃焼効果を高めていきたい人はぜひ挑戦してみてください。


ドローイングウォーキングのやり方|ダイエットに効果的な方法とは?

ドローイングウォーキングのやり方

ドローイングウォーキングは簡単な動作なので、自己流で行う方も多いです

しかし、正しいやり方を知らないまま行うと、トレーニングの効果を最大限発揮できずに効率が悪くなってしまうことも。

ここからは、ドローイングウォーキングの正しいやり方をご紹介します。筋トレの効果と脂肪燃焼効果を高めるためにも手順を一つ一つ確認しておきましょう。


─トレーニングの正しいやり方─

  1. 胸を張って背筋を伸ばす
  2. お腹に空気を含ませるイメージで、限界まで吸う
  3. 吸った息をお腹に溜めたまま、お腹をへこませる
  4. へこませた状態を10秒キープしたまま歩く
  5. (2)〜(4)を繰り返す

ドローイングウォーキングは、最初は10秒程度で行い、慣れてきたらお腹をへこませる時間を伸ばしていきましょう。

【参考記事】ドローイングのコツはこちらをチェック


ドローイングウォーキングのコツ|効果を高める大切なポイントとは?

ドローイングウォーキングの効果を高めるコツ

ドローイングウォーキングは、ただお腹をへこませて歩くだけではパフォーマンスを最大限まで発揮できません。

以下のことを意識しながら行いましょう

  • へその下に力をいれる
  • 呼吸は鼻から吸って口から吐く
  • 目線を高くして歩く

これらのことを意識するだけで、ドローイングウォーキングの効果をより高めることができます。ウォーキングしていると忘れてしまいがちですが、しっかりと意識していきましょう。


ウォーキングにドローイングを取り入れた効果を高めよう

ドローイングウォーキングをする女性

いつものウォーキングにお腹をへこませる動作を加えるだけで消費カロリーが40%も増すので、とても効率的。

短期間でダイエットするなら、ウォーキングだけじゃなく、ぜひドローイングも組み合わせてください。

誰でも簡単に取り組めるので、ぜひ試してみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事