お金がない人の特徴10選|金欠でやばい時にすべき乗り切り方とは?

お金がない人の特徴を知りたい人へ。本記事では、お金がない人の特徴や原因から、お金がない状態から脱却する方法まで大公開!お金が貯まる人の考え方も解説していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

お金がない人の特徴|お金がなくなる原因も解説します!

お金ない人の特徴

お金がない時を経験するのはとても辛いもの。特に、なぜお金がないのか、原因がはっきり分からない場合は悩んでしまいますよね。

そこでここからは、お金がない人に共通する10の特徴を紹介していきます。自分に当てはまる特徴がないか、しっかり確認してみましょう。


お金がない人の特徴1. 日々の支出を把握していない

お金がない人は自分の思うがままにお金を使うことが多く、基本的にお金に無頓着です。支出を気にしていないため、気が付けばATMから引き出したお金がなくなっていたり、通帳の残高が極端に減っていたりすることは日常茶飯事です。

自分が使った金額や、いつ何にお金を支払ったかが分からな今までは、いつまでもお金がない状態から脱却できないでしょう。


お金がない人の特徴2. 収入が極端に少ない

毎月の支出と稼いだ金額が見合っていないというのも、お金がない人によく見られる特徴です。

例えば、自活できるほどの収入がないにも関わらず一人暮らしを続けている人は、少ない収入が家賃や光熱費に消えていき、いつまで経っても貯金をすることができないでしょう。

このように、収入が少ない人は生活費に稼ぎのほとんどがあてられるため、お金がない状態が続いてしまいます。


お金がない人の特徴3. ブランド物が好き

バッグや時計を一つ買うだけで月収を軽々超えてしまうブランド品。そのようなブランド物が好きな人は、当然貯金することなどできません。

特に、ブランドが好きな人はブランド物ばかりを買い続けることが多く、「自分へのご褒美に」などと言って、ことあるごとにブランド品を買ってしまいます。社会人の場合は、ボーナスをブランド物につぎ込む人も多いです。

高額なブランド品のためなら稼いだお金を惜しみなく使うため、お金がない状態に陥る人が多いでしょう。


お金がない人の特徴4. 見栄を張って人におごってしまう

プライドが高く自分を良く見せたい人は、金額を考えずつい他人におごってしまうでしょう。

特に社会人の男性の中には、見栄を張って高級料理店に部下を連れて行ったり、金回りをよく見せるために、後輩や同僚の飲食代金をすぐ支払ったりする人が多くいます。

外面を気にしすぎて自分のためにお金を使えない人は、到底お金を貯めることなどできないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


お金がない人の特徴5. 目先の感情や欲に負けてしまう

自制心が弱い人は、つい無駄な出費が多くなりお金がなくなりがちです。

後々考えれば必要でなかった物を勢いで買ってしまったり、人と同じ物が欲しくなり衝動的に買ってしまったりする人が貯金をするのは簡単ではありません。

冷静になってお金を使えるようにならない限り、浪費癖が直らずいつまで経ってもお金がないままだと考えられます。


お金がない人の特徴6. 収入を上げる努力や自己投資をしない

お金がない人の多くは、どこかで現状に満足してしまっている可能性が高いです。

少しでも収入が良い仕事に就けるように資格や知識を身に付けたり、仕事場で収入アップのために昇進を目指したりしようとしないのが特徴です。

何もできな今までは収入が上がるとは考えにくいため、このような人はいつまで経ってもお金がな今までしょう。


お金がない人の特徴7. 使わないものを買ってしまうことが多い

無駄な物をついつい買ってしまう人は、あまり深く考えず何でも買ってしまうため、支出ばかりが増え貯金することができません。

例えば、流行に流され実用的でないものを買ってしまったり、可愛いからという理由で着回しのできない衣服を買ってしまったりする人は、日常的に浪費してしまいがちです。

実際に使うかどうかを考えず勢いでものを買ってしまうため、お金がない状態がいつまでも続いてしまいます。


お金がない人の特徴8. セールやクーポンに弱い

割引率が高い、お得という理由だけで物を買いすぎた結果、金欠になってしまう人は多くいます。

いくらセール中だから、クーポンが使えるからといって、元値が高い物を買いすぎたり、外食をしすぎたりすると結果としてお金を使いすぎてしまうもの。

セールが始まったりクーポンが付与されたりする度にお金を使ってしまうと、結局貯金がなくなる原因となるでしょう。


お金がない人の特徴9. 計画性がないので、急な出費が多い

無計画に物を買ってしまった結果、急にお金がなくなるのは貯金できない人によく見られるパターンです。

例えば、フラッと入った洋服屋さんで気に入った服を勢いで買ったり、ネットショッピングで急に高額なものを購入したりした場合、常に通帳残高が少ない状態が続くでしょう。

考えもなしに気分で浪費してしまうため、お金がない状態から抜け出すことは難しくなります。


お金がない人の特徴10. 財布がポイントカードやレシートでパンパンになっている

整理整頓ができない人は、常にお金がない人である可能性が高いです。

財布の中がレシートなどでごちゃごちゃしていると、お札や小銭をどれだけ持っているのか分からない場合もあるでしょう。結果として、予算が分からないまま適当に高い買い物をしてしまい、お金がなくなる人は多くいます。

財布を整理しないと自分の頭を整理することができないため、つい浪費してしまうのはお金がない人によくあるパターンです。


お金がなくてピンチな時の対処法|金欠の時にやるべきこととは?

お金がない時の危機感は相当なもの。特に、家賃や光熱費の支払いが近い時にどうすることもできないと、困ってしまいますよね。

そこでここからは、お金がなくてヤバイ状況を乗り切るための対策を5つ紹介していきます。対処法をよく理解し、危機をなんとか乗り越えましょう

【参考記事】はこちら▽


金欠時の対処法1. 不要な支出を全てカットする

お金がない人の多くは、無駄な支出が多い傾向があります。使いもしないものを買ったり、必要のないサービスへ加入したりしているせいで金欠になる人が多いです。

従って、支出を見直しいらないものをカットするだけでも節約にかなりの効果があります。

自分の支出を確認し、不要な契約やサービスを解約することで、手元に残るお金は増えるでしょう。


金欠時の対処法2. いらないものをフリマアプリで売る

不要なものをお金に変えることができるフリマアプリは、簡単に臨時収入を得たい人におすすめのツールです。

特に、お金がない人は不要なものを多く買ってしまう傾向があるため、フリマアプリで片っ端からいらないものを売ることで、まとまったお金を得られる可能性が高くなります。

断捨離して自分の身の回りを整理することにもつながるため、金運アップの効果もありますよ。


金欠時の対処法3. 日払いのアルバイトをする

お金がなくて危機的な状況の場合は、即金性の高い日払いのアルバイトをするのがおすすめです。

日払いのアルバイトだと、働いた分の賃金がすぐに手に入る可能性が高いので、すぐにお金がない状態から脱却することができるでしょう。また、学業などで忙しい人でも隙間時間を使ってお金を稼ぐことが可能です。

単発の日払いアルバイトを上手く活用することで、効率よくお金を稼ぐことができますよ


金欠時の対処法4. 家族や友人に相談する

これまでずっとお金がない状態が続いていた人の場合、一人で金欠から脱却することは簡単ではありません。そこで、家族や信頼できる友人に相談をしてみましょう。

あなたをよく知る人に相談することで具体的なアドバイスがもらえたり、家族からは当面の生活費を援助してもらえたりする場合もあるでしょう。

一人で悩まず周りの人に協力してもらうことで、お金がない状態に対処できる可能性が高くなりますよ。


金欠時の対処法5. クレジットカードのキャッシングを利用する

お金がなくてピンチなものの、頼れる人がいなかったり、新しい仕事を探す余裕がなかったりして、どうしてもお金を工面できない人もいるでしょう。

そのような人におすすめなのが、キャッシングを利用する方法です。クレジットカードに付帯する現金を借りることで、比較的簡単にお金を手に入れることが可能です。

もちろん、利子が発生するためデメリットがあることも事実ですが、リスクを理解した上で上手く活用することで、すぐに危機を脱することができるでしょう。


お金が貯まるようになる方法|貯金できる人になるためには?

お金がない人は、なんとかピンチを乗り越えても、またしばらくすると次の危機が来てしまうもの。従って、安定した暮らしをするためにも貯金できるようになりたいという人は多いでしょう。

そこでここからは、貯金できるようになるための8つの方法を紹介していきます。慢性的にお金がない状態を改善するためにも、貯金のコツを把握しておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


お金を貯める方法1. 家計簿を使って支出を把握する

自分が何にどれぐらいお金を使ったのかを正しく把握しない限り、貯金をすることは到底できません。従って、手書きでもアプリでもいいので、家計簿をつけることで無駄な支出がないかどうかを確認するようにしましょう。

カットするべき無駄な支出を正しく理解することで、貯金に回せるお金がどんどん増えていきますよ。

【参考記事】はこちら▽


お金を貯める方法2. 貯金額の目標を設定する

人は目標がないと何事も頑張れないもの。貯金も同じで、ぼんやりとお金を貯めたいと思っていても上手くいきません。

そこで、どれぐらいお金を貯めたいのか、目標額を明確に設定してみましょう。また、なぜお金を貯めたいのかという、貯金する目標を同時に決めるのもおすすめの方法ですよ。

はっきりとした目標を持つことで、強い意志を持って貯金することができるでしょう。


お金を貯める方法3. 貯蓄用の銀行口座を準備する

銀行口座が一つしかないと、どうしてもお金の管理が難しくなります。余った分を貯めようと考える人が多いと思いますが、実際にはあるだけ使ってしまうため、気がつけば残高がなくなってしまったというパターンが多いでしょう。

そのような状態を避けるためには、貯蓄用の口座を別で用意する方法がおすすめです。別口座を作り貯金を管理することで、お金を使いすぎてしまう事態を避けることができるでしょう。

貯金用の口座に予めお金を移しておくことで、効果的にお金を貯めることができますよ。


お金を貯める方法4. 光熱費や通信費など、毎月かかる固定費を見直す

日々生活する上で必須となる光熱費などの固定費。毎月支払いが必ず発生するため、無駄な支出が多い場合は貯金の妨げになります。

毎月なんとなく支払っているという人が多いと思いますが、見直すと意外といらない出費が発生しているもの。

例えば、契約しているスマホの料金プランが他に比べて高くないか、いらないオプションが付いていないかなどを確認してみましょう。

毎月の固定費が安くなると確実に貯金に回せるお金が増えますよ。


お金を貯める方法5. 収入を増やすための勉強や自己投資は惜しまない

貯蓄に直結する収入ですが、何もしな今までは当然収入を増やすことはできません。収入を増やすためには努力が必要です。

具体的には、社会人の場合、資格取得や語学の勉強をしてみたり、学生の場合はアルバイト先で昇進できるように自分の仕事ぶりを見直してみましょう。

自分の頑張りやスキルが認められた場合、給与は上がっていくため、お金持ちに一歩ずつ近付くことができるでしょう。


お金を貯める方法6. 買い物をする時は事前に必要な物を書き出す

貯金ができない人は、いらないものを無計画に買ってしまいがちです。その時の気分で衝動買いしてしまうことも多く、そのような状態ではいつまで経っても貯金はできません。

そこで、買い物をする前に事前に必要な物をリストアップしておきましょう。何を買わなければいけないのかを明確にしておくことで、不要な買い物を避けることができますよ。


お金を貯める方法7. お金を使うこと以外でストレス発散方法を見つける

浪費癖のある人の中には、ストレス解消のためにお金を使うという人もいるでしょう。しかし、貯金をするためにはお金のかからないストレス解消法を見つける必要があります。

例えば、外食ではなくホームパーティをしてみたり、ハイキングなど自然の中でできるアクティビティをしたり、お金がかからない遊びを考えてみましょう。

お金がない時でも楽しめる方法を模索することで、ストレス発散のための交際費を節約することができるはずです。

【参考記事】はこちら▽


お金を貯める方法8. 国の支援や給付金制度を正しく活用する

お金がない時に必ず確認しておきたいのが、国からの支援金や給付金制度です。医療費や年金の控除や、ふるさと納税などを活用すると、出費を抑えられる可能性が高くなります。

また、最近ではコロナ禍で新しい制度が増えているため、思わぬ形で臨時収入が入ることもあるでしょう。

国の制度を有効活用することで、支出を抑えて貯金に回すお金を増やしましょう。


毎月コツコツ貯金して、お金がない自分を卒業しよう!

お金を急に増やすことは簡単なことではありません。つい欲に負けてしまいそうになる人や、これまでの癖で無駄遣いしそうになる人もいるでしょう。

ただし、なぜお金がないのかをしっかりと理解し、努力と工夫を続けることで、お金がない状態から脱却することが可能です。

お金を貯めるための方法を試しながら少しずつ貯蓄を増やすことで、だんだんとお金に困らない生活ができるようになりますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事