“彼氏”の意味/定義とは?付き合う男性とするカップルの特権を解説

彼氏とは何なのか詳しく知りたい女性へ。今記事では、彼氏の意味から、男女別の恋人の定義や女性にとって彼氏と男友達の具体的な違いまで詳しくご紹介します。付き合うの定義や彼氏の存在意義について知識を深めたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

「彼氏って何だろう?」と疑問に思っている女性へ。

彼氏の意味や定義とは

毎日が幸せになる、彼氏の存在。仕事が大変でも、夜に彼氏の声を聞くだけで元気になれる女性も多いですよね。

しかし、彼氏とはいったいどんな存在なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、彼氏とは何なのかや彼氏の定義、男性が都合のいい女性にとる態度についてお送りしていきます。

一体、何を基準に彼氏と定義しているのか、他の女性たちの意見を見ていきましょう。


大前提として「彼氏」の意味とは?

彼氏とは、恋人である男性のことを意味する言葉です。女性が彼女として付き合う相手のことを彼氏と言い、彼氏と彼女が揃うとカップルになります。結婚している場合は彼氏ではなく夫や旦那と言われるため、彼氏ではありません。

つまり彼氏とは、未婚の状態で恋人として付き合っているカップルの男性を意味しています。


彼氏とは具体的にどんな存在?女性が思い描く彼氏の定義とは

彼女にとって彼氏は恋人と定義されることは大前提として、どんな存在なのかは人によって多少異なります。

まずは、彼氏とは何なのか、多くの女性が思い描いている彼氏の定義について紹介していきます。


彼氏の定義1. 告白して、お互いが交際を認識している

彼氏と恋人として付き合うためには、お互いが交際していることを認識し合っていることが必要です。

一般的には男性か女性どちらかが告白して、もう片方がOKすることで、交際がスタートします。自然に付き合い始めるカップルもいますが、それは少数派と言えるでしょう。

つまり彼氏とは、お互いが付き合っていると認識し合っているカップルの男性と定義されます。


彼氏の定義2. お互いの誕生日やイベントは一緒に過ごす

恋人として付き合う相手とは、お互いの誕生日やイベントなどは二人でお祝いするのが一般的です。彼女としては、大切な日だからこそ大切な存在である彼氏と一緒に過ごしたいと考えますし、彼氏としてもそうしてあげたいと感じます。

お互いの大切な日を率先してお祝いし合う、かけがえのない存在を彼氏と呼ぶ女性もいます。


彼氏の定義3. 相手の異性関係を独占できる権利がある

一般的に恋人がいる人は、彼氏・彼女以外と異性として付き合うのはご法度です。恋愛で付き合うということは、他の人と異性として付き合わないという誓いでもあり、相手の異性関係を独占できることになります。他の異性関係は浮気です。

彼氏の定義とは、異性関係は相手だけにしますという約束をした男性とも言えます。


彼氏の定義4. 周囲からカップルとして認識されている

周囲の人からカップルとして認識されている場合には、彼氏・彼女の関係と定義できる場合もあります。周囲に付き合っていることを公言していなくても、お互いを大切な存在として扱っていたり、誕生日などを祝い合っていたりすることで、周囲の人が自然にカップルとして扱うことも多いです。

普段のお互いに対する振る舞いから、自然にカップルとして認識される人たちも多いようです。


彼氏の定義5. 辛い時にお互いをサポートし合える存在

彼氏とは、ただ交際を楽しむだけの相手ではありません。仕事が大変な時や悲しい出来事が合った時など、辛いシチュエーションでお互いをサポートし合える、精神的な支えにもなってくれます。どんな時も一緒に乗り越えていくことで結婚につながる場合も多いです。

辛い時にもお互い支え合える、深いところでつながっている存在であるのも、彼氏の定義の一つでしょう。


彼氏と思ってるのは女性だけ?男性が都合がいい女性にとる態度

女性は相手の男性のことを彼氏と思っていても、男性はそう大切な存在とは思っていない場合もあります。

ここでは、男性が都合が良い女として扱っている女性にはどのような態度をとる傾向にあるのかを解説していきます。


男性の態度1. デート代は基本的に割り勘にする

相手の男性と頻繁にデートしていても、付き合うと口にしていなければ彼女でなく都合のいい女性の場合もあります。恋人や好きな人以外の女性にあまりお金をかけたくない男性は多く、都合のいい女性とのデートでは基本的に割り勘です。

たとえ毎週のように会っていても、男性がデート代を多く負担することが少なければ、都合のいい女扱いされているかもしれません。


男性の態度2. 男性の都合が良い時にしか返信がこない

男性は本命の女性に対しては相手の都合に合わせますが、都合のいい女性に対しては平気でドタキャンするなど自分本位に振る舞います。

その適当な態度は、メールやLINEの返事にもあらわれていて、自分が返事したくない時や都合の悪い内容だとなかなか返信してもらえません。


男性の態度3. 誕生日やクリスマスを一緒に過ごしてくれない

男性は誕生日やクリスマスなどのイベントは、できれば好きな人や本命女性と過ごしたいと思っています。また、都合のいい女性を勘違いさせたくないと思っているため、自分やカップルにとって大切な日には一緒に過ごすことはありません。

恋愛関係に発展する望みを持たせないためにも、都合のいい女性は特別な日以外で自分の都合に合わせて過ごすようです。

【参考記事】はこちら▽


男友達との違いは?彼氏とだけすることや特権とは

男性にとって彼女と都合のいい女性が違うのと同じように、女性にとっても彼氏と男友達には大きな違いがあります。

ここからは、女性にとって彼氏と男友達で何が違うのか、彼氏だけの特権や彼氏だけとすることについて紹介していきます。


彼氏の特権1. 日頃からマメに連絡をとる

好きな人が今何をしているのか気になる女性は多く、今日何があったかなど彼氏とマメに連絡を取ろうとします。特別な恋愛感情を持っていない男友達には、暇な時には連絡するかもしれませんが、毎日は連絡しないでしょう。

恋人である彼氏だから様子を知りたいと思うので、自分から進んで毎日のように連絡を取るでしょう。


彼氏の特権2. 自分の家族や友人に紹介する

ただの男友達を、わざわざ時間をとって家族や友人に紹介しようとは思わない女性がほとんどです。

自分が彼女として彼氏に愛されている自信があるからこそ、自分の大切な友人や家族にも紹介したいと思い、恋人として紹介します。

自分にとって大切な人であるということを、ずっと自分のことを知っている人にも知って欲しくて、周りの人に女性を紹介します。


彼氏の特権3. お揃いのアイテムを持つ

いくら仲のいい男友達でも、周囲の人や男友達自身から誤解されるような行動は慎むものです。

ペアのネックレスやキーホルダーなどのお揃いのアイテムを持ちたいと思うのは、彼氏だけ。男友達とのお揃いのグッズは周囲の人から誤解されかねず、避ける女性がほとんどです。

お揃いのアイテムを見るたびに、いつも彼氏と一緒にいるかのような気持ちを味わいたくて、女性は彼氏とお揃いのアイテムを持っています。


彼氏の特権4. 結婚など、将来について話し合う

友達とは目の前の時間だけ楽しめればいいなと思っていても、恋人なら長く付き合うことも考えます。結婚して家庭を持ち一生一緒にいることも視野に入れた交際をするカップルも多く、将来どうするのか話し合うでしょう。

目の前の楽しみだけでなく二人の将来のことも考えるのは、結婚を考えている恋人同士だからこそです。


彼氏の特権5. スキンシップをとる

男友達と二人で会っていたとしても、単なる友達同士なので色っぽい雰囲気はお互い避けることも多いでしょう。

スキンシップをとるのは彼氏だけという女性がほとんどなので、彼女とのスキンシップは彼氏の特権といえます。

付き合っている好きな人だからこそ触れ合いたいという気持ちになり、女性は彼氏だけとスキンシップをとります。


彼氏の定義をハッキリさせて、恋愛を楽しんでくださいね。

彼氏とは、お互いの異性関係を独占できる交際している男性です。自分は彼氏と思っている相手が、ひょっとしたら都合のいい女性として扱われているのではないかと不安に思っている女性もいるでしょう。

今回ご紹介した、彼氏の定義を再度確認して、将来的に長く付き合っていくためにも、男性のことをよく理解して過ごしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事