水着ナンパされやすい女性の特徴とは?ナンパがしつこい時の撃退法を解説

水着ナンパされやすい女性の特徴について知りたい女性へ。今記事では、水着ナンパされやすい女性の特徴から、男性から声をかけられやすい水着の特徴や対処法、しつこいナンパの撃退方法まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、最高の夏をエンジョイしましょう!

水着ナンパをよくされる女性ってどんな人?

水着ナンパされやすい女性の特徴

普段はそれほどでもないのに、海やビーチに出かけて水着姿だと、しつこいナンパをされて困っていませんか。

そこで今回は、水着でナンパされやすい女性の見た目や行動の特徴や水着そのものの特徴を解説。逆にナンパされにくい女性の見た目やしつこいナンパへの対処法も合わせてご紹介します。

海やビーチでの水着ナンパで出会いを求めている人も、チャラいナンパを撃退したい人もぜひ参考にしてくださいね。


どんな女性が声をかけられやすい?水着でナンパされやすい女性の特徴

海やビーチで水着姿になると、ナンパされる女性とナンパされにくい女性がいます。

実は、水着でナンパされやすい女性には共通した特徴があります。まずは、水着でナンパされやすい女性の特徴を見た目、行動、さらにシチュエーションでそれぞれ解説していきます。


水着でナンパされやすい女性の「見た目や容姿」に関する特徴

水着でナンパされやすい女性は、必ずしも全員がアイドル並みの見た目や容姿を持っているとは限りません。

ビーチで声を掛けられやすい、水着でナンパされやすい女性の見た目や容姿に関する、5つの特徴を見てみましょう。


特徴1. メイクをバッチリしている

海やビーチといえば泳ぐのが第一の目的。ところが、海水浴にはそぐわないほどばっちりメイクの女性は、男性から見ても泳ぐのが目的ではなく、出会い目的でビーチに来ていると思われるため、ナンパされやすくなっているのです。

ウォータープルーフのメイクではなく、まつげのエクステやネイルもばっちり、といったメイクの女性が良く男性から声をかけられるでしょう。


特徴2. ビキニを着用するなど、露出度が高い

露出度の高い水着を着ている女性の場合、男性から見てもスキが多くて遊び慣れていそうなため、ナンパされやすい傾向にあります。

ワンピースよりもセパレートの水着の方など、より露出度の高い水着であればあるほど、男性の心理から「解放的な雰囲気から出会いを求めている」ように見えるため、声をかけられやすいです。


特徴3. ブリーチなど髪色が明るい

完全なるイメージの話ですが、女性の髪の毛の色は、明るい色の場合派手で遊び慣れている雰囲気、逆に暗い色の場合は身持ちの堅い雰囲気を醸し出します。同じ女性でも、髪の色でその人の第一印象は大きく変化するのです。

水着姿でさらに明るい髪色の女性の場合は、身持ちも軽そうで派手な印象があるため、海でも積極的な出会いを持っていると思われ、男性からナンパされやすいでしょう。


特徴4. 派手なテントや浮き輪など、アイテムも目立つものが多い

持ち物が目を惹く明るい色や、派手なアイテムが多い場合は、目立ちたがりやノリの良い女性と思われることが多いでしょう。

ノリの良さそうな印象から、「声をかければついてきてくれるかも」と男性からも思われやすいため、ナンパされやすいのです。

水着やメイクと言った見た目だけでなく、持ち物も派手な場合はさらにナンパされる確率が上がるでしょう。


特徴5. 体や髪が乾いており、海に入った形跡が見受けられない

海やビーチに遊びに来たのに、海に入った形跡がないと、海水浴ではなく出会いや遊び目的で来た、と男性から思われやすいです。

水着姿なのに体や髪が乾いている、タオルも使っていない、メイクもばっちりのままなど、海で遊んだ形跡がないと「声かけられ待ちかもしれない」と思った男性から、ナンパされる機会が多くなるでしょう。


水着でナンパされやすい女性の「態度や行動」に関する特徴

第一印象を決める見た目や容姿からも、水着でナンパされやすい女性の特徴があります。ところが、見た目だけでなく態度や行動によっても、声を掛けられやすい女性はいるのです。

次に、水着でナンパされやすい女性の態度や行動の特徴を5つ見てみましょう。


特徴1. 二人組など、少人数で行動している

一人で行動している女性は押しに弱そうに見えるため、少し強引にナンパすると成功するかもしれない、という気持ちから声をかけられやすいです。

少人数の女性は、同じく少人数の男性から声を掛けられやすいだけでなく、女友達同士で彼氏の影が見えないため、男性側も安心してナンパしてくるでしょう。

大勢で行動している女性よりも、一人や二人組など、少人数で行動している女性の方が男性も声がかけやすいため、ナンパされやすくなっています。


特徴2. 海の家やテントでお酒を飲んでいる

水着姿でビーチとは開放的なシチュエーションです。そこで女性がお酒を飲んでいると、男性にとっては大きなスキを見せているため「誘ってもOK」と解釈し、積極的に声をかける男性が多いでしょう。

海の家やテントでお酒を飲んでいる女性に対しては、隣に行けば声もかけやすく話題も作りやすいため、ナンパしやすい水着の女性の態度の一つといえます。


特徴3. 周囲を見渡して人間観察を行っている

人間観察のように、周囲をうかがっている水着の女性からは、ナンパで声をかけてくれる男性を探しているようにも見えます。

声かけられ待ちや、むしろ自分からビーチで出会いを求めて声をかけようとしていると捉えられるため、声をかけられやすいでしょう。

キョロキョロあたりを見回している水着の女性がいたら、ナンパしようとする男性も多いです。


特徴4. テントやシートの上で横になっている

横になっている状態の水着の女性は、話しかけられてもすぐに身動きが取れない状態のため、ナンパしたい男性からは格好のターゲットと言えます。

特に、友達同士でふざけて砂に埋まっていたり、日焼けオイルを塗ったばかりだったりすると、その場から動けない状態です。

男性から声をかけられるとどうしても相手をしなければいけないため、横になっている女性もナンパされやすい行動と言えるでしょう。


特徴5. 見つめた時に視線を返してくれる

人間の特性として、目が合った時に好意的な相手なら視線を返し、嫌いな相手なら目をそらすことがあります。

ビーチで水着の女性と目が合った時に、そのまま視線を返してくれると、男性からすれば「好意的に思われている」と解釈されるため、そのままナンパされる確率が上がります。

男性は、何となく見られている気配を感じた水着の女性が、振り返るとそのままナンパすることも多いでしょう。


水着でナンパされやすい女性の「場面/シチュエーション」に関する特徴

水着でナンパされる女性には、実は声をかけられやすい場所やシチュエーションがあるのも覚えておきたいポイントです。

次に、水着でナンパされやすい女性の場所とシチュエーションを4つご紹介します。

よく水着でチャラいナンパをされることが多い人は、あてはまるシーンがないかチェックしてみてください。


特徴1. 砂浜やビーチ沿いを散歩している

砂浜やビーチ沿いを歩いている水着の女性の隣にいけば、そのまま一緒に散歩に加わって会話ができます

散歩を一緒にしている内に仲良くなって、ナンパが成功するかもしれない、さらに心の底にある「このまま人気のないところに二人で行けるかもしれない」という気持ちから、声をかける男性も多いでしょう。

散歩だけでなく、砂浜やビーチで友達と遊んでいるなど輪に加わりやすいシーンは、ナンパされやすい場面の一つです。


特徴2. 自撮りなど、写真撮影をしている

写真撮影をしている女性は、記念撮影ではなくSNSへの投稿目的であることがほとんどです。

SNSを顔出しで公開している女性なら、開放的でノリもよさそうな雰囲気のため、ナンパが成功しやすいと思った男性が声をかけるでしょう。

特に水着の女性がスマホで自撮りをしていたり、SNS映えするアイテムを持っていたりすると、さらに声をかけられやすくなります。


特徴3. 海の家でのんびりしている

海の家には、食事で隣同士になる、食器を下げる女性を手伝ってあげるなど、おのずと水着の女性と接しやすいシチュエーションがたくさんあります。

海の家でのんびりしている水着の女性は、男性にとって声をかけやすいきっかけがたくさんあるので、目的はナンパでも、ナンパ以外のきっかけで近づくこともできるでしょう。


特徴4. 女性同士だけで海へ来ている

女友達だけで海に来ている場合は、彼氏や男性と一緒に来ている可能性が少ないため、男性側からも安心してナンパしやすくなります。

また、彼氏がいる可能性が少ないと判断するため、女友達だけで行動している水着の女性も声をかけられやすいでしょう。

特に少人数で女友達だけと来ていることが分かれば、すぐにナンパしてくる男性もたくさんいます。


水着のデザインや柄でもナンパされる確率は変わる?

見た目や容姿、行動や態度、さらにシチュエーションと、ナンパされやすい水着の女性には色々な特徴があると分かりました。

実は、女性の特徴だけでなく水着そのもののデザインや柄でもナンパされやすい物があると言われています。

ナンパされやすい水着の特徴を5つ押さえておきましょう。


水着1. 派手な柄の水着は、目を引くため声をかけられやすくなる

無地の水着よりも柄の水着の方が開放的な印象を与えます。さらに、柄でもチェックやドットと言ったキュートな物ではなく、ハイビスカス模様などの派手な物なら、可愛い印象ではなくセクシーな印象を与えやすいです。

派手な柄は、目を引くだけでなく水着の女性のセクシーさを際立たせるため、声をかけられやすくなるでしょう。


水着2. 露出が高くセクシーな水着を着用している女性もナンパされやすい

露出が低い水着よりも、露出が高いデザインの水着の方が、より女性の開放的な印象を与えるので、ナンパされやすくなります。

特にビキニスタイルなどの露出度がとても高いデザインの物は、セクシーで周囲の目を惹きます。魅力的な女性のボディラインが目立つため、ビキニの女性につい声をかけてしまう男性も多いでしょう。


水着3. ビビットな色の水着を着た女性も声をかけられやすい

暗い色の水着よりも、明るい色の水着の方が女性の性格的に明るく、ノリの良さや開放的な印象を高くする特徴があります。

特に黄色やショッキングピンクなどのビビッドな色の水着は、「楽しいことが好きなノリのよさそうな女性」と思われることも多いです。

ナンパすると、そのままノリでついてきてくれるかもしれないという男性の期待感が高まり、ナンパされやすくなりますよ。


水着4. 紐パンなど、セクシーな水着の女性もナンパされやすい

パンツが紐パンになっているなどのセクシーな水着は、脱がせやすさを連想させるセクシーさも醸し出します。

セクシーな水着を着ている女性は、男性から見てスキだらけ、さらに女性自らが出会いを求めているとも判断されやすいでしょう。

ビキニスタイルなのはもちろん、危ういくらいのセクシーなデザインの水着も、ナンパのターゲットにされやすくなっています。


水着5. 海に入る気は一切ない、水着×パーカー女子も声をかけられやすい

ビーチに来ているのにも関わらず、海に入る気配のない格好をしている女性は、海水浴ではなく出会い目的で来ていると判断されやすいでしょう。

水着を着ているけれどもパーカーを着ている、ウォータープルーフではないメイクをばっちりしているなど、どう見ても泳ぐ格好ではない水着も声を掛けられやすい水着の一つです。


反対、にナンパされにくい女性の特徴とは

ナンパされやすい女性や水着の特徴とは反対に、ナンパされにくい水着の女性にも特徴があります。

次に、ナンパされにくい水着の女性の3つの特徴を見てみましょう。しつこい、チャラいビーチでのナンパを避けたい人も、ぜひ参考にしてくださいね。


特徴1. 男性と行動を共にしている女性

海やビーチで男性と一緒に行動している女性は、たとえ男友達でも声をかけづらい雰囲気がありますし、万が一彼氏だった場合トラブルに発展するリスクもあります。

男性と一緒にいる女性は、ビーチに出会いを求めていないことが明確で成功率も低いため、水着姿でもナンパはされにくくなっています。

一人の女性に声をかけようとした瞬間、男性と一緒なのが分かってナンパを止める男性も多いでしょう。


特徴2. テントで音楽をガンガン流して近づき難い雰囲気を醸し出している

テントで横になっている女性でも、近づくとトラブルに巻き込まれるかもしれない雰囲気がある場合は、男性も巻き込まれたくない気持ちからナンパしにくくなります。

音楽をガンガン流しているのは、ビーチにとっては迷惑行為である場合があります。迷惑をかけるかもしれない行為を堂々としている場合は、声をかけるのをためらう男性が多いでしょう。


特徴3. 五人以上など、大人数で海へ遊びに行きている

例え女友達だけで海に来ていても、人数が多い場合は拒否する女性の数も多くなるため、ナンパそのものが成功しにくくなります。

5人以上などの、大人数で海やビーチに来ている女性も、ナンパをされにくい特徴の一つです。

ビーチバレーやスイカ割など、輪に入りやすく話しかけやすいシチュエーションでも、大人数の場合はナンパしない男性が多いでしょう。


海へ行った際、ナンパされないようとるべき対処法

水着姿でのしつこいナンパにうんざりしている時には、ナンパをされにくくするための対処法を知っておくと、声をかけられにくくなります。

水着姿でのナンパを避けられる、海に行った時に覚えておきたいナンパへの対処法を2つ見てみましょう。


対処法1. 海から上がる時は上着を羽織るなど、露出を減らす

ただでさえ露出の高い水着の女性は、セクシーで開放的な雰囲気を出すため男性からナンパもされやすくなっています。ナンパを避けるには、肌の露出を極力避けて、身持ちの堅そうな雰囲気にするのが有効な対処法です。

海に入って上がる時には上着を羽織るようにする、ビキニはやめてワンピースタイプにするなど、肌を露出させないための対策を取りましょう。


対処法2. なるべく大所帯で海へ遊びに行く

女性が一人で行動している、または女友達2人組で行動していると、ナンパも強引に押しやすいため、声をかけやすくなっています。

一方で、大人数で行動するようにすれば、ナンパそのものが成功しづらくなりますし、声をかけにくい雰囲気も出せます。

ビーチに出かける時は、女友達だけでも大勢で出かけるようにする、現地でもできるだけ団体行動を心がけるのも、有効なナンパへの対処方法です。


ナンパがしつこい場合、素早く撃退する方法

地味なデザインや色の水着を選んだり、肌の露出をさけたりしても、しつこいナンパをされてしまうことがあります。

次に、海やビーチでのナンパがしつこいときに、素早く撃退できる有効な拒否方法をご紹介します。


ナンパ撃退方法1. 彼氏がいると嘘をつく

既に恋人や彼氏がいることを男性が悟れば、ナンパの目的である出会いが達成できないため、ナンパはたちまち止むでしょう。

例え本当は彼氏がいなくてフリーのみでも、ナンパを拒否したいのなら「彼氏がいる」と嘘をつくのは有効な方法です。

「今日は一緒にこれなかったけれども、彼氏がいるのでごめんなさい」というだけで、ナンパを諦めて去っていく男性が多いですよ。


ナンパ撃退方法2. 徹底的に無視をする

どんなに話しかけられても無視をされると、ナンパをしている男性にとっては「これ以上話しかけても無駄だ」と取り付く暇もないと感じて、ナンパを諦める可能性が高いです。

またナンパをしてくる男性がしつこくても、拒否すると怖そうな場合もあります。そんな時でも、無視ならこちらから発言しなくてもナンパを拒否する姿勢が出せるでしょう。


ナンパ撃退方法3. 「こう見えて子供いるんだよね」と答える

既婚者、しかも子供がいるのを聞くと、ナンパをしている男性にとってはナンパのメリットがなくなってしまうため、諦めて去ってくれる場合がほとんど。

嘘も方便で、「こう見えても子供がいる」と答えると、既婚女性で子供もいる女性に手を出す男性はいないでしょう。

また、「彼氏がいる」という返しはよくありますが、「子供がいる」という意外性の高い返しで、ナンパしてきた男性が言葉につまって諦めることも多いです。


ナンパ撃退方法4. 本気でしつこい場合、周りに助けを求める

拒否の言葉を言ってもしつこくナンパを続けてくる場合は「警備員さんを呼びますよ」など、周りに助けを求める言葉で相手を脅すと、諦めて食い下がることが多いです。

人気が少ないところなら、人通りの多いビーチなどに移動して周りに助けを求めてみましょう。

犯罪沙汰になるわけにはいかないので、本気で周りの人に助けを求めればナンパする男性も立ち去ります。


ビーチで水着ナンパをされたら、撃退方法を試してみて。

ビーチと言う開放的なロケーションも手伝い、女性がよりセクシーで魅力的になる水着姿は、ナンパされやすい要素も豊富にあります。

しつこい水着でのナンパを回避するには、ナンパされやすい特徴や対処法を知るのが近道になります。

水着姿でのナンパされやすい、されにくい特徴を知れば、よりビーチでの楽しい思い出を作れるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事