ナンパされた後どうする?知らない男に声をかけられた時の対処法や注意点とは

ナンパされた後、どうしたらいいか知りたい方へ。本記事では、ナンパされた人の体験談から、ナンパされた時の対処法まで大公開!タイプな男性についていく時の注意点も解説します。

【大前提】ナンパされやすい女性の特徴|声をかけられやすい人に共通することは?

ナンパされやすい女性の特徴

女性なら、どんな人でもナンパされるというわけではありません。よくナンパされる女性には、以下のような共通点が見られます。

  • 歩くペースがゆっくり
  • 服装の露出度が高い
  • イヤホンをつけていない
  • 2回以上目が合う
  • 髪色が明るい

ナンパする男性は、基本的にノリがよさそうな女性を好むため、清楚で真面目そうな女性より少しチャラそうな女性に声をかけることが多いです。

また、自分のナンパに気づいてもらえないと困るので、イヤホンをしていなかったり、ゆっくり歩いていて声が届きやすかったりする女性を選びます。


逆にナンパされにくい女性はどんな人?見た目や行動の共通点はある?

一方で、以下のような特徴の女性は声をかけられにくい傾向にあります。

  • 気が強そうで隙がない女性
  • 奇抜な服装やメイクをしていて扱いづらそう女性
  • 歩くのが早く、足を止めてくれなそうな女性

歩くスピードが速かったり、気が強そうだったりする女性は、他人を寄せ付けない雰囲気をまとっています

無理に声をかけて断られても、ナンパ男のプライドが傷ついてしまうため、「声をかけても無駄」と判断してナンパしません。


【体験談】ナンパされた時、その後どうした?

ナンパされた時、その後どうした?

ナンパによる出会いは、最終的にどのような関係になるのでしょうか?実際にナンパされたことがある方の体験談を集めました。

  • 無視
  • 断った
  • 話すだけで終わった
  • お茶 or 飲みに行った
  • 連絡先だけ交換した
  • 友達になった
  • 付き合った

ナンパというとマイナスなイメージを持つ方が多いですが、決して悪いことばかりではありません

中には、いい友達として長い付き合いができたり、交際して結婚まで進展出来たりするケースもあります。


嫌なナンパをされた時の対処法|しつこいナンパを断る方法とは?

嫌なナンパをされた時の対処法

「断るのが苦手なタイプだから、ナンパがしつこいとどう断っていいのか分からない…。」

「そもそも出会いを求めてないから、ナンパされても困る。」

知らない男性に突然声をかけられたら、どう断って良いのか分からなくて困りますよね。

そんな女性に向けて、ここからはナンパされた時の適切な対処法を紹介します。


対処法1. 何をされても無視をする

ナンパは、ある種の営業と一緒です。少しでも隙を見つけると、「強気で攻めればついてくるかも!」と期待してしつこく声をかけてきます。

こうなればなかなかナンパをやめてくれないので、何をされても無視するようにしましょう。

  • 歩く前に立たれて道をふさがれても、避けて歩いていく
  • 「暇な時でいいから遊ぼうよ、LINE教えて?」と言われてもスマホは出さない

ナンパ男がどんな切り口で迫ってきても、一切無視してください。

リアクションがなければ、どんなに口説いても無駄と分かってやめてくれます


対処法2. 相手よりも早く歩いて振り切る

ゆっくり歩いている女性は、急いでいる様子がないことから「時間にゆとりがある。」と見られてしまいがちです。

そのため、ナンパ男も「一緒にお茶しない?」など平気で誘ってきます。

一方、速足で歩いている人は、誰から見ても忙しそうですよね。

ナンパ男も然り、速足の女性を見て「声をかけても返事すらしてもらえなさそう。」「この後時間ないって簡単に断られそう。」と察します。

口説く隙すら与えない女性に声をかけようとは思わないので、ナンパされたくない場合、速足で歩くのは非常に有効な対処法です。


対処法3. 歩いている方向と逆方向に歩き出す

どんなにナンパを無視しても、しつこくついてくることがあります。

途中で歩くスピードを上げようとしても、体力的に男性を振り払うのは難しく、ヒールなどの関係で思うように早く歩けないこともあるでしょう。

あまりにもしつこくついてきて困った時は、Uターンをして逆方向に歩き出してみてください。

急な方向転換にナンパ男性が対応できないことがありますし、場合によっては

「こうまでして避けられている自分が惨めだな。」

と感じて諦めてくれる可能性があります。


対処法4. 「妊娠してます」と嘘をつく

嫌なナンパをされた時の対処法は妊娠してますと嘘をつく

ナンパする男性の中には、体の関係だけを求めている人もいます。

ちょっと遊ぶだけのつもりが、無理やりホテルに連れていかれてしまうというケースも珍しくありません。

こうした事態にならないよう、女性自身がガードの硬さをアピールする必要があります。

例えば、「妊娠しています。」と言えば、体の関係を望む男性はためらうはずです。

「押しに弱そうだから、積極的に誘えばイケるかも。」と思わせないよう、嘘でもいいので相手が諦める理由を言って逃げましょう。


対処法5. とりあえずLINEだけ交換してブロックする

一度誘いにのったフリをすれば、ナンパ男は満足するケースがあります。

言葉で断っても聞いてくれない、しつこくついてくるなどで困った時は、以下のような演技をしましょう。

  • 「この後予定があって急いでるので、連絡先を交換するだけならいいですよ。」
  • 「またいい店見つけたらLINEで誘ってください。」

明らかに日を改めて会うというそぶりだけ見せて、交換したLINEはブロックします。

しつこいナンパに四苦八苦するより、スムーズに難を逃れられますよ。


対処法6. 「無理です!」とはっきり断る

ナンパがしつこいのは、「押せば誘いにのってくれる。」と思っているから。

そもそも望みがないという状況を理解してもらうためにも、はっきりと断る勇気を持つことも大切です。

ここでのポイントは、少し怒っている雰囲気を出すこと。

  • 「時間がないので迷惑です!」
  • 「期待されても無理です!」

迷惑だから断りたいという気持ちをぶつける必要があるので、怒っている風に伝えると、相手も引き下がるでしょう。


対処法7. 電話が来たふりをする

ナンパ男は、会話の中から隙を見つけてなんとかナンパを成功させようとします。

会話そのものが成立しなければ誘うこともできないので、ナンパを諦めるケースが多いです。

そこで有効なのが、電話が来たふりをすること。

「あ、彼氏から電話なので。」と強制的に会話を切ってしまえば、それ以上にナンパ男は追ってこないでしょう。

ここで注意点として、電話が来たふりをする時はナンパ男の姿が見えなくなるまで続けましょう。

すぐに電話を離してしまうと、「電話終わった?」と再度声をかけてくる可能性があります。


対処法8. 人が多い場所に逃げて並走できないようにする

嫌なナンパをされた時の対処法は人が多い所に逃げる

ナンパ中は、ナンパ男とターゲットの女性の1対1での会話となります。人ごみの中だと、1対1の状況が難しくなって追ってこなくなるでしょう。

移動しながらであれば、並走が難しくなって会話も成り立たないので、逃げるなら人の流れが止まりにくいショッピング街などをおすすめします。

ちなみに、人ごみと言っても信号待ちの集団の中にいるなどはNGです。

立ち止まったままならターゲットの近くを陣取ることは簡単なので、すぐにナンパが再開されてしまいます。


タイプな男性にナンパされた時の注意点|ついていく際に気をつけることは?

タイプな男性にナンパされた時の注意点

ナンパしてきたのが好みの男性なら、今後いい関係が築けるかもしれないという期待が芽生えるでしょう。しかし、ナンパについていく際には気を付けなければならないこともあります。

ここからは、ナンパに応じる時の注意点について解説していきます。


注意点1. 自分の身分はあまり明かさない

自分の住所や職場などの情報が知られていると、もしもナンパ男と関係を断ちたくなった時にストーカーされる可能性があります

たとえナンパしてきた男性がタイプだったとしても、いきなり気を許して自分のことをいろいろと話してしまうのは危険です。

「深い仲になっても大丈夫。」と確信できるまでは、極力自分の情報を与えないように気を付けましょう。


注意点2. 相手の情報をなるべく知るようにする

ワンナイトを狙っているナンパ男は、ナンパした女性と深い仲になるつもりがありません。

そのため、デート中にあまり自分のことを詳しく話そうとしないという特徴があります。

ナンパを良縁につなげるつもりでついていくなら、きちんと相手のことを知ることが大切です。

「最近カフェ巡りにはまってるんですけど、◯◯さんは休みの日どんなことをするんですか?」

など、情報を聞き出していく中で相手が嫌がれば、深い仲になるつもりがないと分かります。

逆に、きちんと答えてくれればワンナイト狙いではないと考えられるでしょう。


注意点3. 人気の少ない場所や個室は避ける

夜の公園や個室のお店など、人気のない場所に2人きりで行くのは危険です。何をされるか分かりませんし、万が一のことがあっても女性の力では男性に敵いません。

安全のためにも、相手が指定した場所出会うのではなく、自分が場所を決めるようにしましょう。

人気のおしゃれなカフェや飲食店が密集している繁華街など、人が多い場所であれば困った時にすぐ助けを求められます。


注意点4. その日に体の関係を持たない

タイプな男性にナンパされた時の注意点はその日のうちに関係をもたない

実際のところ、ナンパの目的は体の関係であることが多いです。

「友達になりたい」など当たり障りのない言い方をしてきても、油断してはなりません。

帰り際に、「朝まで一緒にいたいな」と言われても、「明日仕事だから!」ときっぱり断りましょう。

本当に良い縁を求めてナンパをしているなら、少しずつ関係を深めていこうとするはずです。

どんなに良い雰囲気になったとしても、すぐに体を許さないようにしましょう。


注意点5. 次に会う時は昼間に会うようにする

夜に会ってしまうと、そのままお持ち帰りされる恐れがあります「飲みに行くだけ。」と誘われたとしても、酔ってホテルに行くという流れになるケースも。

体の関係を回避するためにも、ナンパしてきた男性と遊ぶのは昼間にしましょう。

昼間のデートでも快くOKしてくれる男性であれば、真面目にあなたといい関係を築きたいと思っている可能性が高いです。


ナンパされた時は状況に応じて、対処してみて

ナンパされた時、しつこく声をかけられたり、追いかけられたりすることがあるでしょう。ナンパの断り方が分からない女性のために、本記事では声をかけられた時の対処法を紹介しています。

また、ナンパについていく場合も注意が必要です。気を付けなければならないポイントも解説しているので、ナンパを出会いの一種と前向きに捉えている方は、必ず一読しておいてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事