【価格別】安いヘッドホンのおすすめ11選。コスパ最強&高音質の一台とは

2021年おすすめのコスパ最強のヘッドホンを1,000円〜3,000円、3,000円〜5,000円、5,000円〜1万円と価格別で厳選しました。有線や無線(Bluetooth)、ノイズキャンセリングやハイレゾ対応まで幅広く紹介。安い&使いやすい人気の一台を揃えているため、初心者の方は必見!

おすすめのコスパ最強のヘッドホンを大公開!

おすすめのヘッドホンを価格別に紹介

ダイナミックな音楽を手軽に聴ける「ヘッドホン」。多くの方がiPhoneやAndroidに接続して音楽を楽しんでいます。音楽マニアだけでなく、音楽好きであれば日常生活において大活躍するアイテムとなっています。

そこで今回は、「おすすめのコスパ最強のヘッドホン」を大公開しちゃいます。低価格でも高品質の商品を揃えていますので、初心者の方や買い替えを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。


ヘッドホンの価格相場とは?

ヘッドホンの価格相場.jpg

ヘッドホンを購入する上で重要となる「価格」。ヘッドホンは、リーズナブルなモデルから高級モデルと価格帯が幅広いアイテムになっています。価格帯によって特徴が異なりますので、ぜひ参考にしてくださいね。


1万円以下のヘッドホンの特徴

数が少ないながらも、ハイレゾやノイズキャンセリング機能を備えた商品があります。1万円以下のヘッドホンはコスパが良いことで人気の高い価格帯になっています。

ヘッドホンの中で低価格帯なので、"初心者の方は"1万円以下のヘッドホンを探すのがおすすめですね。


1〜5万円のヘッドホンの特徴

ハイレゾやノイズキャンセリング機能などの性能や機能性に優れた商品が、数多く揃っています。ミドル層の価格帯になりますが、数万円かかってしまうので、高性能な商品を長く使い続けたい方や、買い替えを検討している方におすすめの価格帯となっています。


5万円以上のヘッドホンの特徴

著名人やプロ、音楽マニアが愛用するようなグレードアップしたモデルが揃っています。ハイレゾやノイズキャンセリング機能はもちろん、メーカーのこだわり抜いた音質を楽しむことができます。"極上のサウンドを楽しめるハイスペックモデルを求めている方におすすめ"の価格帯となっています。

【参考記事】ヘッドホンの高級モデルはこちら▽


自分に合ったヘッドホンの選び方とは?

コスパ最強のヘッドホン.jpg

ヘッドホンは長く使い続けられるアイテムなだけに、安くてもしっかりと自分にあった商品を選びたいところ。ここからは、ヘッドホンの選び方を紹介していきます。商品を選ぶ前の重要なポイントになりますので、ぜひ抑えておきましょう。

  1. 接続方法
  2. タイプ
  3. 音質

ヘッドホンの選び方1. 接続方法

ヘッドホンで音楽を聴くためには、音楽再生機器に接続する必要があります。その接続方法は、「有線」と「無線(ワイヤレス)」の2種類あります。


有線タイプのヘッドホンの特徴

有線は、ケーブルを差し込んで接続するタイプになります。直接繋ぐため、高音質な商品が多いのが特徴ですね。ただし、ケーブルがあることでタッチノイズや断線などのわずらわしさを感じることがあります。


無線タイプのヘッドホンの特徴 ※Bluetooth

無線は、ケーブルを使用せずにBluetoothで接続するタイプになります。一般的に無線で接続するヘッドホンは、ワイヤレスヘッドホンや、Bluetoothヘッドホンと呼ばれます。ケーブルレスにより、ストレス無く使用できるのが特徴です。しかし、音の遅延や音が途切れる可能性があります。


ヘッドホンの選び方2. タイプ

無線&有線以外にも、ヘッドホンの形状によって種類が分かれ、そのタイプは大きく「密閉型」と「開放型」の2種類あります。ここからは各タイプのメリット&デメリットを紹介します。


密閉型のヘッドホンの特徴

密閉型は、耳とヘッドホンのスピーカーが密閉した形状を指し、遮断性に優れたタイプとなります。周囲の環境を気にすること無く、音楽に包み込まれます。ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルが多いのも特徴ですね。

但し、音がこもってしまうため、開放感が感じにくくなります。自宅で使用するのも良いですが、特に外出先で重宝されるタイプとなります。

【参考記事】密閉型のヘッドホンのおすすめ商品を厳選しました▽


開放型のヘッドホンの特徴

開放型は、耳とヘッドホンのスピーカーが開放されている形状を指し、より自然な音を聴くのに適したタイプとなります。とても綺麗なサウンドが楽しめますよ。

しかし、遮断性は高くないため、音漏れを気にする必要があります。自宅での使用をメインとするのがおすすめです。

【参考記事】おすすめの開放型ヘッドホンについて大公開▽


ヘッドホンの選び方3. 音質

高音質なヘッドホン.jpg

ヘッドホンの機能をとして最重要となる「音質」。安いヘッドホンでも音質の良い音楽を楽しめたら嬉しいですよね。ここからは低価格でも高音質を楽しめるように大切な「再生周波数」と「ノイズキャンセリング機能」について、紹介していきます。どちらも音質を重視する上で欠かせないワードになりますので、しっかり抑えておきましょう。

  • 再生周波数
  • ノイズキャンセリング機能

再生周波数

再生周波数とは、ヘッドホンが鳴らすことができる音の範囲を示します。この周波数の単位をHz(ヘルツ)という単位で表します。一般的なヘッドホンは、人間が正確に感じ取ることができる20Hz〜20,000Hzの範囲とされています。再生周波数が広がるほど出力できる音の範囲が広がるので、より高音質と言えます。

また、高音質を出力できるハイレゾ対応のヘッドホンは、最大周波数が40,000Hz以上となります。高級モデルに多いハイレゾですが、今回紹介するコスパ◎の商品の中にもハイレゾ対応の商品がありますので、ぜひ再生周波数も選ぶポイントとしましょう。

【参考記事】絶対に抑えておきたいハイレゾ対応のおすすめのヘッドホンを厳選しました▽


ノイズキャンセリング機能

カフェや電車内、飛行機などで気になる騒音。周囲の環境を気にせずに音楽に没頭できたら嬉しいですよね。そこで大活躍する「ノイズキャンセリング機能」。ノイズキャンセリングとは、ヘッドホンのマイクが周囲の音を取り込み、その音と逆の周波数を流すことで、騒音を打ち消すという機能になります。

外の音が気になる時はついつい音量を上げがちですが、ノイズキャンセリング機能があれば音を上げずに楽しむことができます。そのため耳へ負担をかけずに、音楽に集中することができます。密閉型のノイズキャンセリングモデルを選べば、ストレス無く楽しめるので、ノイズキャンセリング機能が備わったモデルを選ぶというのも"アリ"ですね。

【参考記事】人気のノイズキャンセリングヘッドホンを厳選しました▽


【価格別】コスパ最強のおすすめヘッドホンを大公開!

コスパ最強のヘッドホン.jpg

ここからは、「コスパ最強のおすすめのヘッドホン」を価格別でお届けします。ご自身の予算に合った商品を選んで、気軽にヘッドホンが奏でるダイナミックなサウンドを楽しんでみてくださいね。

  • 1,000円〜3,000円のおすすめのヘッドホン2選
  • 3,000円〜5,000円のおすすめのヘッドホン5選
  • 5,000円〜1万円のおすすめのヘッドホン4選

1,000円〜3,000円のおすすめのヘッドホン2選

1000円から3000円で買えるヘッドホン.jpg

初めてヘッドホンを購入する場合、なるべく低予算で商品を選びたいという方も少なくありません。ここからは安くても満足できる「1,000円〜3,000円のおすすめのヘッドホン2選」を紹介します。ヘッドホン初心者の方でも、気軽に選べるコスパ最強モデルを揃えていますので、ぜひ最初のヘッドホンとして選んでみてください。


3,000円以下のヘッドホンのおすすめ① SONY ヘッドホン MDR-ZX110

ソニー ヘッドホン MDR-ZX110 : 密閉型 折りたたみ式 ブラック MDR-ZX110 B

オーディオ機器で絶大な人気を誇るソニーが手がける『MDR-ZX110』は、刺さるような音楽ではなく、柔らかな心地良い音楽を出力。低音域から高音域にメリハリがあるので、とても聴き心地の良い音色を奏でてくれます。大迫力の音楽も得意とするので、ロックやメタルといったジャンルも向いてますね。

また、イヤーパッドに柔らかい素材を採用。快適な付け心地を実現しているので、長時間使用しても疲れにくい作りになっています。信頼性の高いソニーのリーズナブルな一台を求めている方におすすめの一品となっています。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:有線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:12〜22,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • 価格:約1,700円

3,000円以下のヘッドホンのおすすめ② Mpow ワイヤレスヘッドホン H7

Mpow ヘッドホン H7 bluetooth 4.0 密閉型 15時間再生 ワイヤレス ヘッドセット 40mm HD ドライバーユニット リモコン ・ マイク付き ハンズフリー通話可能 ブルートゥース ヘッドフォン ブラック

人間工学に基づいて設計されたワイヤレスヘッドホンは、イヤーパッドにクッションを採用することで、心地良い装着感を実現。締め付けられることがないので、負担を溜めることなく音楽を楽しむことができます。密閉型でしっかりと遮断してくれるので、新幹線などの長時間の移動も快適に。

また、透き通るような高音域を届けてくれるので、残響などの繊細な音もしっかり聴くことができます。低音域は膨らみのある音を鳴らしてくれるので、パワフルなサウンドもクリアに。3,000円以下で高音質のヘッドホンが欲しい方は、セレクトしてみてはいかがでしょうか。低価格ながらクリアな音質に驚くこと間違いなしですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:無線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:ー
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • Bluetoothのバージョン:ー
  • 連続再生時間:13時間
  • 価格:約2,400円

【参考記事】3,000円で購入できるコスパ最強ヘッドホンはこちら▽


3,000円〜5,000円のおすすめのヘッドホン5選

3000円から5000円で買えるヘッドホン.jpg

少し予算を上げて、音質や機能面に優れた商品を選びたいという方のため、ここからは「3,000円〜5,000円のおすすめのヘッドホン5選」を紹介します。良い商品を長く使い続けたいという方は、ぜひ自分にあったコスパ最強モデルをセレクトしてみてください。


5,000円以下のヘッドホンのおすすめ① SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

ソニー ワイヤレスヘッドホン WH-CH510 / bluetooth / AAC対応 / 最大35時間連続再生 2019年モデル / マイク付き /ブラック WH-CH510 B

「充電をこまめにするのが面倒だな。」一度の充電で長時間使用できる商品があったら魅力的ですよね。

ソニーのワイヤレスヘッドホン『WH-CH510』は、1日5時間聴いても1週間充電が不要な最大35時間再生の超ロングバッテリーを搭載。クイック充電にも対応し、もし充電が切れて困った時でも、10分の充電で90分の再生が可能です。

また約132gの軽量モデルなので、長時間の使用でも疲れを感じさせない工夫がされています。

ロングバッテリー、軽量設計のワイヤレスイヤホンなら、生活の一部としていつでも音楽を楽しみたい人に大変おすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:無線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • 連続再生時間:35時間
  • 価格:約4,000円

5,000円以下のヘッドホンのおすすめ② Anker Soundcore Life Q10

Anker Soundcore Life Q10(Bluetooth 5.0 オーバーイヤー型ヘッドホン)【ハイレゾ対応(AUX接続時) / 最大60時間音楽再生 / USB-C充電/マイク内蔵】(ブラック×レッド)

「仕事中に音楽を聴きたいけど、頻繁な電話対応でいちいちヘッドホンを外すのが面倒。」電話に出るまでにも時間が必要になり、手間ばかりかかりますよね。

「Anker Soundcore Life Q10」はヘッドホンに付いているボタンを操作し通話応答するだけで、内蔵マイクによるハンズフリー通話が可能。ふわっとした形状記憶イヤーカップがほどよく耳と頭にフィットするので、ずっと付けても痛くならないのも嬉しいポイントですね。

「作業中は音楽を聴きたい!」そんなビジネスマンにぜひ試していただきたい商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:Bluetooth
  • タイプ:オーバーヘッド型
  • ハイレゾ:◯ ( AUXケーブル接続時のみ )
  • 再生周波数:20Hz-20KHz ( Bluetooth接続時 )、16Hz-40KHz ( AUXケーブル接続時 )
  • ノイズキャンセリング機能:×
  • 価格:約4000円

5,000円以下のヘッドホンのおすすめ③ フィリップス(PHILIPS) ワイヤレスヘッドホン SHB4805DC

PHILIPS Bluetooth対応マイク付ワイヤレスオンイヤーヘッドホン ダーククロム SHB4805DC

高級感漂うデザインが特徴的なフィリップスのワイヤレスヘッドホン『SHB4805DC』。

力強い低音とシャキッとした高音がバランス良く混ざることで、非常に立体感のあるサウンドを実現しています。音の強弱に臨場感があるので、映画の迫力あるシーンも楽しめちゃいます

また、とても柔らかいクッションで耳を包み込んでくれるので、長時間の音楽鑑賞が快適に。ヘッドホンを折り畳むことができるので、携帯性にも優れています。3000円台とは思えない性能を発揮してくれるので、コスパもGOOD。

初めての方にも買い替えを検討している方にもおすすめのモデルになっていますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:無線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:9〜22,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • Bluetoothのバージョン:Ver4.1
  • 連続再生時間:13時間
  • 価格:約3,500円

5,000円以下のヘッドホンのおすすめ④ OneOdio DJ モニターヘッドホン

OneOdio DJ モニターヘッドホン オーバーイヤー 密閉型 楽器練習 ミキシング 音楽 映画鑑賞 (pro10)

楽器をやっている方だとスマホに繋げたり、アンプに繋げたりと様々な端末と接続するはず。アダプターなしで色々な機械と接続できたら良いですよね。

OneOdioのヘッドホンは6.35mmのスマホやタブレットに対応するジャックと、3.5mmのアンプやスピーカーに対応するジャック両方を搭載していて、様々な機種の音源とつなぐことが出来ます。

また、それぞれのジャックに対応できるケーブルを同梱していて別途購入する手間がなく、すぐに使用可能。

このヘッドホンならジャック端子の違いによって接続できないなんてことが起きなくて済みますよ。1台で完結したい人にこそおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:有線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:20〜20,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:-
  • 価格:約¥4,080

5,000円以下のヘッドホンのおすすめ⑤ YAMAHA(ヤマハ) ヘッドホン HPH-100B

ヤマハ YAMAHA ヘッドホン ブラック HPH-100B 迫力あるサウンドとリッチな音色 長時間の使用でも疲れにくい快適な装着感を実現 変換ステレオプラグ付属

楽器演奏の際に使用したいという方におすすめなのがヤマハのヘッドホン『HPH-100B』。

バランスよく調整された低音と高音を実現し聴き応えのある高い音質を再現しています。耳の角度に合わせて90度調節できる設計のハウジング、簡単に長さ調節ができるヘッドバンドにより、長時間の使用でも快適な装着感を実現。

約3,500円という安さも魅力的。楽器演奏での使用に最適なので、ミュージシャンを目指している方や演奏が趣味の方は購入を検討してみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:有線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:20Hz~20,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:-
  • 価格:約3,500円

【参考記事】予算5,000円で購入できるおすすめのヘッドホンをまとめました▽


5,000円〜1万円のおすすめのヘッドホン4選

5000円から1万円で買えるヘッドホン.jpg

なるべく価格は抑えるけど、音質・機能面・デザインなど高性能な一台が欲しいという方のために、「5,000円〜1万円のおすすめのヘッドホン4選」を紹介します。

人気ブランドの高品質ヘッドホンを揃えていますので、ぜひ自分に最適なヘッドホンを選んで音楽ライフを満喫してみてはいかがでしょうか。


1万円以下のヘッドホンのおすすめ① TaoTronics ワイヤレスヘッドホン TT-BH085

TaoTronics ワイヤレスヘッドホン Bluetooth 5.0 アクティブノイズキャンセリング CVC8.0 31時間連続再生 ANC USB-C 急速充電対応 SBC/AAC対応 有線対応 密閉型 マイク付き TT-BH085 ブラック 【Amazon.co.jp 限定】

通勤通学時に英語の勉強を始めたものの、周りの雑音で細かい音声が聞き取れず断念した人もいるはず。

「TaoTronics」のヘッドホンは、最大95%の低周波サウンドを低減する高精度なアクティブノイズキャンセリング機能付き。たった45分の充電で最大31時間連続再生も可能なので、途中で充電が切れてしまう心配も不要です。

電車やバス内でリスニング学習をしたい社会人、学生さんにおすすめのヘッドホンですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:有線、Bluetooth
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:×
  • 再生周波数:30-700Hz
  • ノイズキャンセリング機能:◯
  • 価格:約6,000円

1万円以下のヘッドホンのおすすめ② SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH500

ソニー ワイヤレスヘッドホン WH-CH500 : Bluetooth対応 最大20時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ブルー WH-CH500 LC

カラーがとてもかっこいいソニーの2018年最新作『WH-CH500』は、140gと超小型軽量モデルに。iPhoneユーザーが高音質サウンドを聴くことができる"AACコーデック"に対応しているので、iPhoneユーザーに適したヘッドホンとなっています。Siriなどの音声アシスタント機能にも対応した使い勝手の良さもポイントですね。

また、マイクを内蔵しているのでハンズフリー通話も可能。本体を折り畳めるため、鞄に入れていてもかさばりません。約7,200円と低価格ながら音質・機能性が高いコスパ◎のモデルになっていますので、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:無線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:20〜20,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • Bluetoothのバージョン:Ver4.2
  • 連続再生時間:20時間
  • 価格:約7,200円

1万円以下のヘッドホンのおすすめ③ パナソニック(Panasonic) ヘッドホン RP-HD5-A

パナソニック 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 ブルー RP-HD5-A

パナソニックが販売するヘッドホンは、制震ドライバーフレームを用いることで、音源に忠実な音楽を実現しました。さらに、ハイレゾに対応することで、高音質な音楽を出力。パナソニックの音のこだわりが表れたヘッドホンになっています。深みのある低音からキレのある高音を鳴らすことで、リアルなサウンドを実現。アーティストの演奏を大迫力に楽しめますよ。

また、ソフトなイヤーパッドを採用し、ヘッドバンドをスライドすることでお好みのフィット感に調整できます。快適に高音質な音楽を楽しみたい方におすすめのモデルとなっています。ぜひパワフルなハイレゾサウンドを、思う存分楽しんでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細をみる


商品ステータス
  • 接続方法:有線
  • タイプ:密閉型
  • ハイレゾ:○
  • 再生周波数:4〜40,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • 価格:約8,000円

1万円以下のヘッドホンのおすすめ④ audio-technica 開放型ヘッドホン ATH-AD500X

audio-technica エアーダイナミック オープン型ヘッドホン ATH-AD500X

オーディオテクニカが手がける開放型ヘッドホン。開放型は比較的リーズナブルな商品が少ないので、とても珍しいモデルになります。大口のドライバーを採用することで、ダイナミックな音楽を再現。開放型でありながら、耳元でライブ会場のような迫力を感じられますよ。

また、ソフトな起毛素材のパッドを使用し、心地良いフィット感を実現。長時間使用しても疲れにくく、快適なリスニングを楽しめます。7,600円と開放型の中でもかなりコスパの高い商品になりますので、開放型ヘッドホンに興味がある方は、ぜひ選んでみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 接続方法:有線
  • タイプ:開放型
  • ハイレゾ:☓
  • 再生周波数:5〜25,000Hz
  • ノイズキャンセリング機能:☓
  • 価格:約7,600円

コスパ最強ヘッドホンで気軽に音楽に包み込まれてみて

安いヘッドホン.jpg

今回はおすすめのヘッドホンを1,000円〜3,000円、3,000円〜5,000円、5,000円〜1万円と価格別に分けてご紹介しました。気軽に購入できる値段であっても、高品質の商品を長く使い続けられたら嬉しいですよね。

リーズナブルな価格帯であっても、音質や機能などハイスペックな性能を持ったコスパ最強ヘッドホン。この機会に安くても品質の良いヘッドホンを手に入れて、気軽に音楽を楽しんでみてください。


【参考記事】おすすめのヘッドホン特集はこちら▽


【参考記事】ワイヤレスヘッドホンが気になった方はこちらも参考にしてみて▽


【参考記事】ヘッドホンに重低音を求めている方はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事