【保管可能】おすすめ宅配クリーニング業者3選。衣類の詰め放題で安く綺麗に!

保管クリーニングなら、シーズンが過ぎたコートやジャケット、ダウン、布団でクローゼットがかさばる、衣替えしたいけど場所がないなどの悩みも解決できます。ここでは、保管クリーニングのメリット・デメリット、費用や保管日数などをご紹介して魅力を伝えていきます。

保管クリーニングを賢く使いこなそう。

保管可能のおすすめ宅配クリーニング

保管クリーニングとは、今は使わない洋服や布団などを専用の倉庫に保管し、必要な時にクリーニングされた清潔な状態で手元に届けてくれるサービスのことです。クローゼットはかさばらないし、清潔な状態ですぐに利用できるので嬉しいですよね。


クリーニングした衣類を保管する方法は主に3種類

クリーニングをした清潔な衣類を保管するには以下3種類の方法があります。

  • 店舗型クリーニング

  • 宅配クリーニング

  • トランクルーム

それぞれ、保管期間と費用、メリット・デメリットを詳しくご紹介します。


保管クリーニングの方法① 店舗型のクリーニングを利用する

店舗型のクリーニングでは、衣類や布団類などを保管してくれるサービスを行っているところもあります。基本的に保管クリーニングは有料の所が多く、事前の手続き無しで長期的に預けてしまうと、預けた日数分だけ保管手数料が掛かってしまうことがあります。利用したい店舗型クリーニング店が、保管クリーニングの対応を行っているかどうか問い合わせてみましょう。


平均的な保管期限と費用

平均的な保管期限は3~6か月です。料金は、10点で30,000円からが平均費用。ただ、宅配クリーニングやトランクルームなどの対応数と比べると、店舗型クリーニングで保管クリーニングを行っている店舗が少ないので、お住まいの地域によっては見つけるのが困難な可能性もあります。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングのメリットとデメリットは以下になります。

  • ▲店舗型クリーニングのメリット

  • 自宅で保管するよりも場所がとられない

  • 清潔な状態で次の季節を過ごせる

  • ▲店舗型クリーニングのデメリット

  • 保管クリーニングを行っている店舗数が少ない

  • 荷物をクリーニング店にもっていくのに手間がかかる


保管クリーニングの方法② 宅配クリーニングを利用する

店舗型クリーニングよりも、圧倒的に保管クリーニングに対応しているのが宅配クリーニングです。宅配クリーニングは、注文をすると、自宅までクリーニング業者や郵送業者が荷物を詰めるバックをもってきてくれるので、バックに保管してもらいたい衣服などを詰めて、集荷や郵送にてクリーニング店に送るというシステムになります。


平均的な保管期限と費用

宅配クリーニングの平均的な保管期間は、3ヶ月から半年。基本は申込時にお届け希望日を設定するか、予め決められた期間内での保管となり、それを超えると返送されるパターンが多いようです。ただし、手数料がかかったり、破棄されてしまう可能性もあるので預けたことを忘れないようにしましょう。費用は10点1,000円前後(クリーニング費用は別途)と大変リーズナブルな価格となっています。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングのメリットとデメリットは以下になります。

  • ▲宅配クリーニングのメリット

  • 持ち運ぶ必要がないので手間がかからない

  • 費用がリーズナブル

  • ▲宅配クリーニングのデメリット

  • 店舗によっては圧縮袋などに衣類を入れる必要があるので掃除機などが必要

  • クリーニングの種類を選べないことがある


保管クリーニングの方法③ トランクルームを借りる

「寄託契約」を交わして衣類などを保管してもらう「トランクルーム」に対し、「賃貸借契約」を交わしてスペースを借りるレンタル収納サービスがあります。トランクルームは、業者が保管品の管理を行い、レンタル収納サービスは保管品の管理を自身で行うという違いがあります。この2つの場合、基本的にはクリーニングサービスが付いていないことが多いので、ただの「保管」がメインです。


とはいえ費用がかさむので、おすすめはできない

トランクルームもレンタル収納サービスも、段ボールひと箱でひと月500円ほどが費用の目安です。段ボールのまま保管しなければならないところもあり、クリーニングサービスもついていないので、費用がかさんだり、衣服にカビが生えていたりと衛生上あまり質が良くないところも多くあるので、あまりおすすめができません。


そもそも、保管クリーニングを利用するメリットデメリットとは

そもそも、保管クリーニングはどのような目的のために行うものなのでしょうか?保管はできるけど衛生的ではなかったり、費用がとても高額では本来望んだ形ではありませんよね。保管クリーニングのメリットとデメリットを考え、費用や手間暇だけを考えるのではなく、ご自身の理想の保管方法を選ぶことが大切です。ここでは、保管クリーニングを利用するメリット・デメリットをまとめていきます。


保管クリーニングを利用するメリット

  • 1)冬物衣料や羽毛布団などのかさばるものを収納できる

自宅のクローゼットがかさばって、季節の衣類などが入らないことが多いと思いますが、宅配クリーニングに今現在使用していない衣類などを預けることが問題が解決します。

  • 2)宅配クリーニングの場合、自宅で送り、自宅でもらえる

自宅の近くまでたくさんのクリーニング品を持っていくのは手間がかかります。宅配クリーニングの場合は、電話1本、ネットの手続き1回ですぐに引き渡しが可能です。

  • 3)衣類が清潔な状態のまま保管できるので、防虫・防カビ対策になる

自宅のクローゼットに衣類を置いたままにしておくと、衣服が虫に食われたり、カビが生えたりすることがありますが、宅配クリーニングを利用した場合は品質管理が徹底されているので清潔なまま、次に使用するまで保管することができます。


保管クリーニングを利用するデメリット

  • 1)引き取りを忘れると手数料がとられたり廃棄されてしまうことがある

宅配クリーニングなどは、あくまでも保管とクリーニングが目的なので、そのまま放置されると困ってしまいます。なので、そのようなことがないように手数料や罰金制度を設けている店舗が多いです。1日オーバーで20円ほどの手数料がとられることがあり、最悪破棄されてしまうこともあるので、保管期間には十分注意しましょう。

  • 2)保管期間や衣料数に制限があることがある

1年預かってほしいのに上限が3ヶ月や半年ということもあります。その場合は、、一度引き取って再度引き渡さないといけないので、費用と手間がかかります。また、点数に上限がある店舗も多いので、ご自身の要望に近い宅配クリーニング店などを利用しましょう。


宅配クリーニングを利用すれば、保管までやってくれる。

店舗型クリーニング、宅配型クリーニング、トランクルーム(レンタルルーム)の3点を比べると、費用面・衛生面と宅配クリーニングがおすすめです。中でも、おすすめの宅配クリーニング店を3つご紹介するので、宅配クリーニングを利用したい方がぜひ参考にしてください。


保管クリーニングにおすすめのサービス1. リナビス

保管可能のおすすめ宅配クリーニングにリナビス.jpg

まず、保管クリーニングでおすすめなのは「リナビス」。リナビスは「おせっかい」をモットーに、1年間の利用者数を1万人と設け、1つ1つの衣類品を丁寧な職人技で仕上げてくれる宅配クリーニングです。リピート割引などもあり、口コミ評価もとても高い店舗。140cm以下の子供服は2つで1点計算という、親切で安心な価格設定も魅力的です。


リナビスのおすすめポイント

「リナビス」は創業56年の老舗クリーニング店で、検品・洗い・プレス、仕上げと専任の職人が対応します。無料で6か月間の保管クリーニングが可能で、お届け日まで指定できるので引き取りを忘れる心配がありません。その他にも、ボタンのほつれや毛玉取り、シミ取りなども無料。5点、10点、20点コースとあり、20点コースだと1着1,000円以下のリーズナブルな価格で対応してくれます。汗抜きやカビ抜き加工も別途料金で対応可能です。


リナビスの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:(北海道- 沖縄は有料)
  • 料金設定:5、10、20点パック
  • 長期保管サービス:◯6か月(衣類のみ)
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • ハンガー仕上げ:〇
  • 高級ブランド受付:◯(一部アイテムのみ)
  • 申込方法:公式HP- メール- 電話
  • 支払い方法:各種クレジットカード支払、NP後払い、代金引換(別途代引き手数料)

公式サイトで見る


保管クリーニングにおすすめのサービス2. KAJITAKU

保管可能のおすすめ宅配クリーニングにKAJITAKU.jpg

「KAJITAKU(かじたく)」は、イオングループが運営している宅配サービスです。最長9か月の保管クリーニングを実施しています。保管は、アパレルブランドも使用している衣類保管専用ルームで行われます。温度と湿度を管理して保管しているので、高温や多湿が気になる夏場であっても、カビや虫食いなどの心配が不要です。


KAJITAKUのおすすめポイント

「KAJITAKU(かじたく)」では油溶性・水溶性の汚れが落ちる洗剤を使用していて、立体的な仕上がりになるよう専用のプレスで仕上げてくれます。シミ抜き無料・ほつれやボタンの緩みなどの無料補正・毛玉取りなどのメンテナンスも無料に実施。1着1,000円から預けられる通常プランと、6点、10点、15点などのパック料金があります。コートやダウンなど他のクリーニング店では高額になる衣類も1着1,000円なので、明朗会計が嬉しいですね。


KAJITAKUの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国(沖縄、一部離島を除く)
  • 送料:無料
  • 料金設定:単品、もしくはパック
  • 長期保管サービス:〇最大9か月
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:×
  • ハンガー仕上げ:〇
  • 高級ブランド受付:〇
  • 申込方法:公式HP
  • 支払い方法:クレジットカード

公式サイトで見る


保管クリーニングにおすすめのサービス3. せんたく便

保管可能のおすすめ宅配クリーニングにせんたく便.jpg

「せんたく便」は、ネットの利便性を追及した、老舗の宅配クリーニングです。利用料金は「各パック料金 + オプション」というシンプル設定なので、ダウンやコートなど、他店で高額な費用がかかりそうな衣類が大変お得にクリーニングできます。オプションでは、花粉防止加工、撥水加工、防虫・防カビ加工・リンス加工などを選べます。


せんたく便のおすすめポイント

「せんたく便」は、保管クリーニングサービスを選ぶと「送料無料(一部別途料金)」「保管料無料」「しみ抜き無料」の3大無料特典がついてきます。新規の場合は、保管10点パック料金9,980円(税別)ですが、リピートの場合はリピート料金の9,280円(税別)で保管クリーニングが可能。また、集荷キットに詰め放題のプランもあるので、大変お得に保管&クリーニングを行ってもらえます。衣類は最大11か月保管可能なので、不要になったらすぐに預けて、また必要な時期に送ってもらうことができます。


せんたく便の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料(北海道- 沖縄- 離島は別途1,800円)
  • 料金設定:各種点数パック、詰め放題
  • 長期保管サービス:〇最大11か月
  • しみ抜き:〇
  • 詰め放題サービス:〇
  • ハンガー仕上げ:〇
  • 高級ブランド受付:〇
  • 申込方法:公式HP、電話
  • 支払い方法:クレジットカード、代金引換

公式サイトで見る


宅配クリーニングで洗濯も保管もやってもらいましょう。

宅配クリーニングは、とてもリーズナブルに行えます。通常のクリーニングとあまり変わらない値段の場合もあるのです。衣類の置き場所に困ったり、クリーニングをして次の季節を迎えたい方は、ぜひ宅配クリーニングを利用してみてくださいね。

【参考記事】保管できるところもある!宅配クリーニングのおすすめを厳選してお届け▽

【参考記事】保管もできる布団クリーニングのおすすめについてご紹介▽

【参考記事】スーツの宅配クリーニングの費用や目安を大公開▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事