2015.03.28

就活の内定は“逆質問”で決まる!面接でウケる逆質問集

就活の面接で重要な逆質問。自己 PR、志望動機、自己紹介を用意していく就活生が多いからこそ、逆質問は”自分をアピールできるチャンス”です。チャンスを掴めるのは準備した人のみ!面接官ウケのいい逆質問をまとめました!

 

就活生のみなさんこんにちは。

エントリーシートも出し終わって

そろそろ面接が始まった方も多いのではないでしょうか?

内定を勝ちとる逆質問をまとめました!

これを読んだら、他の就活生より一歩リード!

 

なぜ逆質問が大切なのか

 

逆質問は面接の最後に設けられていますよね?

実は逆質問って面接前半に上手く自分のことをアピールできなかった学生が

逆転できる”最後のチャンス”なのです!!

まさに逆質問=自己PR!

これはNGな質問

 

 

 

事前に知らべればわかること

  • 「御社の福利厚生はどのようになっていますか?」
  • 「会社の設立、沿革、従業員数を教えていただけますか?」
  • 「転勤はあるのでしょうか?」

上の質問は面接官に聞かなくても自分で調べれば解る事ばかり。

こうした逆質問は避けるべきです!

 

「特にありません」

意欲のない人と見られてしまいますので絶対になし!!

これは速攻落ちます!

 

では、面接官にウケがいい逆質問とは?

 

面接官にウケのいい逆質問のポイントは次の3つ!

  1. 自分の長所や強みをアピールする
  2. 働く事に対して情熱的である事を示す
  3. 労働環境や条件などに興味を示す

 

ウケのいい逆質問一覧(例)

  • 「仕事をする上でもっとも大切にすべき事は何でしょうか?」

  • 「もし内定を頂たら、入社までに準備しておくべき事を教えて頂けますか?」

  • 「現在のビジネスモデルに至る経緯を教えて頂けますでしょうか?」

  • 「成長する人材とはどのような人ですか?」

  • 「私は誰とでもすぐ打ち解けられる事に自信があるのですが、この資質は私が配属を希望している部署の仕事でも役に立つでしょうか?」

  • 「私は大学のサークルでは代表という立場だったので後輩を指導する事に慣れているのですが、御社で活躍するためにもこの資質は必要になると思いますか?」

  • 「○○さん(面接官の名前)が御社の社員として何か心がけている事があれば、是非私にも教えて下さい。」

  • 「御社の○○事業に強い関心を抱いているのですが、もし採用して頂いた場合その事業に携わる事は可能でしょうか? 」

  • 「○○さん(面接官の名前)にとっての、この仕事の最大の魅力を伺ってもよろしいでしょうか?」

  • 「私と同じ年齢で入社し、その後活躍している方の事例を伺ってもよろしいですか?」

 

まとめ

逆質問はその場で考えないで事前に最低3つほど用意しておきましょう!

OB訪問に行って疑問に思ったことを質問してみるのもいいでしょう。

就活生のみなさん、上の質問例を真似して自分の強みをPRできる逆質問をして

行きたい会社の内定を勝ち取ってください!!

お気に入り

注目の記事

関連する記事