2015年3月25日

メンズ必見。女の「その気」をプロデュース

今夜こそ彼女と…と思っていたのに、「今日は気分じゃない」なんて断られた経験、ありませんか。かと思えば不機嫌だったはずが突然甘えてきたり。女ってホントに謎!そんな男性のみなさまに、その謎の理由と女性を誘う際におさえるべきポイントをお伝えします。

今夜こそ彼女と…と思っていたのに、

「今日は気分じゃないの」なんて断られた経験、ありませんか。

かと思えば、不機嫌だったはずが突然甘えてきたりもする。

女ってホントに読めない!

 

そんな男性のみなさまに、

その謎の理由と、女性を誘う際におさえるべきポイントをお伝えします。


参考図書

姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』

販売サイトで購入

 

女には性欲がない?

いえいえあります。

でも、女に男と同じくらいの性欲があったら、

人間は繁殖しすぎてとっくの昔に滅亡していただろうと言われているんだそうです。

メンズ、性欲すごすぎ…!

性欲をつかさどる中枢は脳の視床下部にあります。

その中の性欲を生み出す神経細胞の塊のサイズが、男性は女性の2倍!

だから性欲が2倍と単純にはいえないけど、とにかくものすごく違うことは確かです。

だから性欲格差ができちゃうんですね。

 

それにしても男女で違いすぎる気がする

男は「視覚」

女は「ムード」

そこから入ります。

 

なぜ「ムード」なんて必要なんでしょうか。

その理由は、女の性欲が大脳を経由するから。

性衝動ホルモン、その名もテストステロン。

これは男女ともにあるけれど、男性は女性の10~20倍!

逆に言えば女性はそれだけホルモンの働きが弱くて、

それによる本能的欲求だけに従うのでなく、

「する理由」を考えてしまうんですって。ああ厄介。

 

テストステロン、エストロゲン、プロゲステロン

※“暗号”ではありません!

◆性欲をつくるホルモン

→テストステロン

 

◆女性ホルモン

→エストロゲン:性欲を高める

→プロゲステロン:性衝動を打ち消す

月経周期とも連動するこの女性ホルモン。

 

ってことは、エストロゲンを高めてあげればいいんですね!

 

 

女性の性欲の高め方

メインのポイントは、

  1. エストロゲンを高めてあげる
  2. おいしいもので満足させる

ざっとこの二つです!

 

1)エストロゲンを高める?

大豆製品を摂取すると高められると言われています。

大豆イソフラボンが、エストロゲン様の働きをするから。

豆乳ならお手軽ですね。

女性ホルモンはいろいろな面で女性らしさを引き出してくれるので、豆乳は女性にも人気。

女性の気持ちに寄り添っている風(本当に寄り添っていたら満点)にすれば、嬉しい女子は多いです。

 

2)ディナーしてから、は大正解

食欲の中枢と性欲の中枢は連動しているんだそうです。

オスの飢餓状態は、子孫を残そうと必死になりますが

メスの飢餓状態は、妊娠どころではない!

となります。

食べて満足、幸せな食後を狙いましょう。

 

大切なのは、何よりお店選び!

チェックポイントは

  1. ムード
  2. おいしさ
  3. 豆乳(お洒落な大豆系メニュー)

です。

 

ホテル選びや部屋の片づけにばかり一生懸命になっていてはいけません。

戦い(?)はその前から始まっているのです…!!!

 

女はこうしてほしがっている

さてたどり着きました終わりました、

テレビをつけて、煙草に火を……

 

そんなことしないで!

添い寝していて!なんなら抱きしめて!

だって女はまだ余韻の中なんだから…!!!

 

これをしないことでいかにがっかりしたかという話が

ガールズトークにしめる割合は、決して少なくありません。

最後の最後にここで手を抜いたらアウトです。

よろしくね、男性のみなさま。

 

まとめ

始めるのにも時間がかかるし、元に戻るのにも時間がかかるのが女。

彼女のことが好きなら、大切に接してください。

もっと好きになりますから。

で、次の可能性をあげておきましょう。したたかに。

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。