2016年5月12日

金持ちはなぜケチなのか?金持ちほど金を貸さない5つのワケ

「お金持ちほどお金を貸さない」「ケチだ」とよく言われます。しかし、お金持ちほどお金を貸さないことは深い深い理由があるのです。今回はお金持ちが金を貸さない5つの理由を紹介します。

金持ちほど金を貸さない、とよくいわれます。これに対し「セコい」「ケチ」という声があがることは少なくありませんが、実はお金持ちが人にお金を貸さないことには理由があるのです。今回は、金持ちほどお金を貸さない5つのワケを紹介します。

1. 人間関係が破綻したことがあるから

お金持ち 貸さない理由

お金持ちがお金を貸さないことは、過去に与えて失敗したことが原因かもしれません。自分が貸したお金が返ってこなかった場合、人間関係がこじれます。理由は2つ。

  • 借りた側が返済できなかったことを申し訳なく思ってしまうから
  • 借りた側が貸した側と会うのが気まずくなるから

下手にお金を貸してしまうと人間関係を壊してしまうかもしれないと、人間を大切にしている人ほど怖がるのです。

 

2. “返ってこない”と経験で知っているから

お金持ち お金

お金は借りるのは簡単ですが、返すことは大変です。自分自身が銀行などの債権者にお金を返す人生経験の中で、返す苦労を知っている分、返ってこないだろうと肌で感じています。もし貸してくれているとしたら、それは返ってこない前提の無償の愛で貸してくれている可能性大。大いに感謝しましょう。

 

3. 金貸しじゃないのに「返してくれ」と催促するのはストレスだから

お金持ち 貸さない

借りた人間は、だいたい返済期日を守りません。それを催促しないといけないのは貸した側。何度か催促するにつれ、自分が悪いことをしているような錯覚に襲われます。催促のストレスを感じたくないのでお金を貸さないのです。

 

4. 銀行は預けているだけで利子をつけてくれるのに、利子をつけて返済させることは悪い気がするから

お金持ち お金

お金は持っているだけでお金を生んでくれます。銀行の利子が代表格ですが、それ以外にも株式投資・事業投資・人材投資などで、お金がお金を呼んでくれます。

しかし、人にお金を貸す場合、100万円を貸してそのままの100万円で返ってくることがほとんどです。もしくは雀の涙ほどの利子がついて返ってくることがほとんど。銀行に預けている方が割がいいんです。それなら自分で持っていた方が価値が高い。人には貸したくありません。

 

5. 本質的に相手のためにならないから

お金持ち お金貸さない

お金を借りて、ちゃんと生きた使い方ができる人は極稀です。ほとんどの人は、借りたお金に苦しんでしまいます。知性や心や覚悟が伴っていない人にお金を与えても、人生をおかしくしてしまうだけ。本質的に相手のためにならないと感じたからこそ、お金持ちはお金を貸さないのです。

 

お金持ちがお金を貸さないのは、物事が先々まで見えているから

お金持ち お金貸さない

お金持ちほどお金を貸さない5つの理由を紹介しました。お金を貸さない理由は、セコいからではなく、先々を見据えた視野の広さなんですね。相手に対する心からの気遣いや優しさを感じます。皆さんも、お金は簡単に貸さないようにしてくださいね!

金運がアップする財布の共通点をチェックして金持ちになる準備を▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。