2015.11.04

ロードバイク初心者におすすめのメーカーランキングBEST3

経験者としてロードバイク初心者におすすめしたいメーカーを、フレームとコンポーネントに分けてランキング形式でお届けします。一番最初のメーカー選びで後悔するミスを犯さないように、BEST3を要チェックしておきましょう!

ロードバイク初心者におすすめのメーカーとは?

「今までママチャリだったけど、これからスポーツサイクルを始めてみようかな…」とお悩みのロードバイク初心者の方におすすめのメーカーをランキング形式でご紹介します。フレームとコンポーネントに分けて“BEST3”としてお届けしますので、自分に合ったメーカーが必ず見つかるはずです!

 

【まずは「フレーム」のランキング】

第3位 キャノンデール

 

3番目におすすめするキャノンデールは、最高品質のアルミフレームを販売している点が売りです。初心者が気にするコストや強度のニーズに一致するのではないでしょうか。アルミフレームなのでカーボンフレームより安価ですし、ペダルを回せば回すほどアルミ特有のしなりでグングン進みます。下手なカーボンフレームよりキャノンデールのアルミフレームの方が断然性能が良いことから異名『カーボンキラー』といわれています。そのうえ、落車の衝撃でフレームあがポッキリ逝ってしまうことはあまりありません。ただ、フレームのカラーに原色系が使われていることが多く、ナチュラルな色合いを好む人には向いていないかもしれません。そうはいっても「丈夫でかつ、レースでとにかく速く走りたい」という方は一度キャノンデールのロードバイクに試乗してみましょう。

 

第2位 ビアンキ

ジャイアントの次におすすめなのはビアンキ。実はジャイアントの次に低価格な製品を生産しているメーカーはフェルトですが、ビアンキ特徴である青っぽいチェレステカラーが気にいったらビアンキを選びましょう。デザインで選んだ方が愛着が湧くものです。ビアンキはイタリアのブランドだけあって、おしゃれでカッコいいフレームが揃っています。ただし入荷台数が少ないので、納期が未定となることが多く、モデルによってはなかなか手に入りにくい製品があります。ただ「おしゃれに乗りこなしたい」という人はチェックしてみるべきです。

 

第1位 ジャイアント

 

やはりコストパフォーマンスに優れたジャイアント製品が一番おすすめです。大量生産でコストを抑え、かつ品質にもこだわったので性能もなかなかのもの。同価格の製品であればジャイアントの方が高品質であることも多いでしょう。あえて欠点を申すと、『サイズのラインナップが少ないこと』、『ホリゾンタルフレームが少ないこと』でしょう。ただどちらも初心者にはあまり縁がないので気にすることはありません。「とにかく安く始めたい、まずはロードバイクに乗ってみたい」という方はメーカーをジャイアントに絞って探してみるのもいいかもしれません。

 

次に「コンポーネント」のおすすめランキング

  1. シマノ
  2. カンパニョーロ
  3. スラム

2位カンパニョーロ、3位スラムと書いていますが、初心者は1位シマノにしておくと良いでしょう。なぜならカンパニョーロのホイールでも、シマノのコンポで使用できるからです。逆にシマノのホイールはカンパニョーロのコンポで使用できないことがあります。

また、シマノのコンポーネントはほとんど全ての自転車ショップで取り扱っているので、アフターサービスも受けやすいです。逆にカンパニョーロやスラムは取り扱っていないショップもあるので、初心者がうかつに手を出すと後悔するかもしれません。また、カンパニョーロやスラムはなかなか高価格なので替えが効きにくいです。ロードバイク初心者は「シマノ」から入門してみると良いでしょう!

 

シマノのコンポーネントのグレードは?

 

前述した通り、ロードバイク初心者の方はシマノのコンポーネントをインストールしたバイクに乗るのがおすすめです!そこで、気になるのがグレードでしょう。

シマノのコンポーネントはグレードの高い順にデュラエース→アルテグラ→105→SORA→2300と5種類あり、搭載されるグレードによって値段も全然違います。その中でおすすめは105です。105は、105以上のグレード(アルテグラ・デュラエース)と互換性があり、レースで故障してもすぐに換装できます。また「調整がしやすい」「整備性にもすぐれている」「下位グレードよりギア数(11速)が多い」などの理由から本当のロードバイクを味わうことができます。グレードは105が良いでしょう。

もちろんエンジンと言える自分自身の脚力、持久力を鍛えるのも重要です。最初はあまり難しいことを考えずに、気に入った完成車で、予算が許す限り上位(特に105)のグレードを買ってみるのも楽しみの一つです。

 

まとめ

ロードバイクを購入する際にメーカーやコンポーネントを気にすることは実は大事なことです。自分の予算やレベルに応じたものをチェックしてみてください。きっといいロードバイクが手に入りますよ。よりグレードアップを求める方は、コチラ▼の記事で自分のお気に入りのメーカーを見つけてみても良いかもしれませんね!

参考:ロードバイク人気メーカー27社一覧。かっこいいブランド徹底比較!

お気に入り

注目の記事

関連する記事