【2018最新】電動自転車のおすすめ特集。選び方から人気メーカーまで解説

常に快速な走り心地を実現してくれるサイクル、電動自転車。電気の力でアシストしてくれるため、坂道もストレスなく登り切れます。今回は、2018年版として電動自自転車のおすすめモデルを徹底解説。選び方から人気メーカーまで、電動自転車のイロハをお伝えします。

【2018年版】人気メーカーのおすすめ電動自転車を厳選

電動自転車のおすすめ

重い荷物を乗せて移動する時や坂道の多い道を往復する時、長距離の移動など、さまざまなシーンで重宝する電動自転車。小さな子供の送り迎え用というイメージが強いですが、最近は通勤や通勤の際の移動や有酸素運動のためのツールとして使うなど、その用途は多岐にわたります。この記事では、電動自転車のタイプや購入を前提に選ぶ際に押さえておきたいポイントをまとめ、おすすめの電動自転車を15タイプご紹介していきます。


そもそも、電動自転車とは?

電動自転車とは、正式には電動アシスト自転車のことを指します。アシストとは、ペダルを踏み込む力を1とした場合、最大で2倍の力を付属したモーターで補うパワーになります。逆に言えば、ペダルを踏みこむ力の最大1/2の力で走れるということに。電動自転車は、時速24km/hまでは、モーターの補助を受け、それ以上の速度になるとペダルを踏みこむ力だけで走行します。国内では、このような道路交通法で定められた基準を満たした電動自転車のみ販売可能です。


電動自転車のタイプは主に2種類ある。

電動自転車の種類

電動自転車は、その用途によってシティサイクルタイプと子供を乗せられるタイプとに大別されます。通勤や通学、買い物、体力増進が主な目的であればシティサイクルタイプが、小さな子供を乗せて移動することが主な目的であれば子どもを乗せられるタイプを選ぶのがおすすめです。それぞれにメリットとデメリットがありますので、用途に合わせて購入するといいでしょう。


電動シティサイクルのメリット&デメリットとは

電動シティサイクルタイプは、通勤や通学といった移動のためや、重い荷物を運ぶために使用するのが目的ですから、搭載されたバッテリーが大きく長距離を走れるのがメリットです。ただしバッテリーが大きくなると本体の重量も重くなりますので、小回りが利かない点や2段式の駐輪場だと駐輪するたびに負担がかかる点はデメリットでしょう。街乗り用のコンパクトなサイズのタイプは軽快に走れるのがメリットである反面、長距離走行には向いていません。


電動子供乗せ自転車のメリット&デメリットとは

電動子供乗せ自転車は、子供を自分よりも前に乗せた状態で使用するため、発進時や坂道でふらつかずに安定した走行を確保できるよう、重心が下がっているのが特徴です。子供乗せタイプは車輪が小さめで他のタイプよりも重心が低い分、安定した走行ができるのがメリットでしょう。バッテリーの大きさによってはほとんどペダルを踏みこむ力がいらないタイプもあります。ただし子供を乗せるためのキャリア部分を設置する必要があるため、生活感のある見た目になってしまう点がデメリットと言えるでしょう。


電動自転車選びで大切なこと

電動自転車の正しい選び方とは

おすすめの電動自転車を見ていく前に、まずは、電動自転車選びで欠かせないポイントについて確認していきましょう。電動自転車選びは、

  1. タイヤのサイズ
  2. 充電時間
  3. 補助走行距離
  4. 何人まで乗れるか
  5. 価格

の5点を確認しておくことが大切です。ここからは5つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. タイヤのサイズ

電動自転車のタイヤのサイズは20~27インチが一般的で、子供乗せ電動自転車の中には前輪と後輪のサイズが異なるタイプもあります。タイヤのサイズの違いは、1回ペダルを踏みこんで進む距離の違いと考えるといいでしょう。つまり、タイヤが大きいほど1回ペダルを踏み込むだけで多く進みます。ただし安全面を考慮すると、使用する人の身長に合わせて選ぶことも大切です。


2. 充電時間

電動自転車のバッテリーの充電にかかる時間は、バッテリーの容量によって異なります。容量が大きくなるほど1回の充電で走行できる距離は長くなりますが、その分充電時間も長くなります。毎日頻繁に使ったり一度に長い距離を走るといった場合はバッテリーの容量が大きくなるため、5~6時間はかかると考えておきましょう。逆に週に1~2回しか使わないのであればバッテリーの容量も小さめですから充電時間がかかりません。


3. 補助走行距離

電動モーターの補助で走れる距離を補助走行距離と言います。搭載されたバッテリーで走れる距離のことです。バッテリーの容量だけでなく、走行する道路が平坦か坂道か、走行時の気温が高いか低いか、載せている荷物が重いか軽いかといった運転条件によって上下します。電動自転車の仕様に表示されているのはあくまでも目安だと考えておきましょう。


4. 何人まで乗れるか

子供乗せ自転車の場合、運転する大人に加えて子供が2人まで乗れます。ただし、『幼児2人同乗基準適合車BAAマーク』が付いているタイプ限定です。大人と子供2人が1台の電動自転車に乗ると総重量が100kg近くになりますから、強度や安定性をクリアしたBAAマーク付きを選ばなくてはいけません。シティサイクルタイプの電動自転車なら、大人と子供1人の計2人が同時に乗れます。


5. 価格

電動自転車の価格は一般の自転車の5〜6倍程度という設定になっています。国産メーカーの電動自転車の場合、定価で10万円前半の価格帯の商品が最も多く、次いで8~10万円の価格帯の商品が多いです。15万円を超える超高機能な機種もありますが、もっとも人気のある10~13万円あたりの商品がおすすめですよ。


通勤からママ用まで。電動自転車のおすすめ15選

電動自転車のおすすめ

電動自転車を選ぶ際は、まず主にどういった用途で使うのかを明確にすることが商品を選択していくための基本となります。用途が決まればバッテリーの容量や定員、本体価格などの条件をもとに絞りやすくなりますね。ここからは、おすすめできる電動自転車を15タイプご紹介していきます。機能や定員、かっこいいデザインなど自分に合った電動アシスト自転車をGETしましょう。


1. Airbike 電動アシスト自転車 26インチ トルクセンサー式

変速機能がついた使い勝手抜群な電動自転車です。トルクセンサーを搭載しており、ペダルを踏む力の強さを感知。ペダルを踏む際に大きな力が必要となる坂道や重い荷物を載せている時は、ぐんと踏みこむことでモーターが稼働し走行をアシストします。コンパクトバッテリーを採用し、エコ・通常・パワーという3つのアシストモードが選択できますよ。

変速機は6段式で、道路の状況や荷物の重さなどに合わせて調整可能です。通常はシティサイクルタイプとして通勤や通学、買い物などのために使えますが、Airbikeのチャイルドシートを装着すれば子供を1人乗せて走行できます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ:189 x 57 x 88 cm
  • 充電時間:2~8時間
  • 補助走行距離:約25㎞
  • 人数:2人
  • メーカー:サンタサン
  • 変速数:6段

2. パナソニック ビビ・TX 26インチ BE-ELTX633

Panasonic(パナソニック) 2018年モデル ビビ・T...

人気の電動自転車メーカー『パナソニック』から発売されたシティサイクルタイプの電動自転車。6.6Ahリチウムイオンバッテリーを搭載しており、パワーモードで約26km、オートマチックモードで約30kmの補助走行を行います。オリジナル樹脂製バスケットが前面に付属しており、大きめの荷物もすっぽり入りますよ。

チャイルドシートが取り付けられるリヤキャリヤも付いています。アシストモードをOFFしていても2灯のLEDビームランプが点灯しますから、夜道の走行も安心ですね。握りやすく走行時の衝撃を吸収しやすいスリムグリップと、疲れにくくおしりにやさしい形状のサドルを採用しているため、乗車中の負担を軽減できますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 補助走行距離:約26km
  • 人数:2人
  • メーカー:パナソニック
  • 変速数:3段

3. リッチビット TP860 MTB電動アシスト自転車

RICH BIT TP860 電動アシスト自転車 折りたたみ ...

かっこいいおしゃれなデザインが人目を引くマウンテンバイク仕様の電動自転車。4輪駆動車のように後輪にモーターがついており、スムーズに路面へと動力が伝わるためスリップを防いで安定した走行できます。フロントとリアのダブルサスペンションを搭載。快適な乗り心地で道路の段差を気にせずにアクティブに走れる点が人気で、本格的なマウンテンバイクの走りを楽しめますよ。

どんな天候でも安定してスピードを制御できるディスクブレーキを採用しました。補助走行のパワーは7段階に切替え可能。本体は折りたためるので、持ち運びが楽な上に自宅や職場などでコンパクトに収納できる点もおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):100×178×66
  • 充電時間:4~6時間
  • 補助走行距離:約40~55km
  • 人数:1人
  • メーカー:リッチビット
  • 変速数:7段

4. エイサン 電動アシスト自転車 26インチ AS-261W-E

電動アシスト自転車 26インチ 完成車 ママチャリ 軽快車 E...

シンプルな機能で使いやすい電動自転車。後輪の上部にリアキャリアが付属しており、最大18㎏の荷物を載せて走行できます。女性がロングスカートでも走行できるよう、服をタイヤに巻き込まないためのドレスガードが付いているのがおすすめポイント。また、前後のタイヤ部分には、さびにくいステンレス製フェンダーが設置されており、泥はねをしっかり防げるため、雨天時の走行も快適です。

夜間に安心して走行できる白色LEDライトを搭載。オートライト機能が付いているため、気づかずに無点灯走行することがありません。タイヤサイズは乗りやすい26インチ。男性でも女性でもスムーズに走行できますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 補助走行距離:約15~22km
  • 人数:2人
  • メーカー:エイサン
  • 変速数:なし

5. ブリヂストン アシスタプリマ A6PD18

ブリヂストン アシスタプリマ A6PD18 E.Xグレイッシュ...

通勤や通学に便利なシティサイクルタイプの電動自転車。3段の変速切り替えができるため、平坦な道だけでなく坂道でも楽に走行可能ですよ。電動自転車の中では安い価格帯の商品なので、予算を抑えたい人におすすめの商品と言えるでしょう。バッテリーの充電に要する時間は約4時間。スピーディーに急速充電できる点も便利ですね。

買い物時に便利なバスケットつき。後輪上部にもキャリアがついているため、荷物を運びたい時にも活用できます。141㎝以上の身長なら問題なく走行できるサイズですから、女性でも楽に乗れますよ。近距離の範囲をこまめに移動するために使うにはおすすめの商品と言えるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):56.5×185
  • 充電時間:4時間
  • 補助走行距離:約32km
  • 人数:2人
  • メーカー:ブリヂストン
  • 変速数:3段

6. エイサン 折りたたみ電動自転車 swifti-20

エイサン(EISAN) 折りたたみ電動自転車 swifti-2...

エイサン社オリジナルデザインの折りたたみ式の人気アシスト自転車です。6段の変速ギヤを搭載しているため、坂道や強い向かい風が吹く日など、状況に合わせて調整できます。8.4アンペアの大容量リチウムイオン電池によってしっかりとした走行が可能。サドルは肉厚でサイドに留め金があるテリー型で、デザイン性を重視したおしゃれな形状です。

小さく折りたためるため、車に積んでレジャーとしてサイクリングを楽しめますよ。コンパクトなサイズになりますから、自宅や職場での保管も簡単です。自動ロックで駐輪時に倒れにくい両立スタンドや防犯性を高めた大型ディンプル錠など、快適に使える仕様が網羅されています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):92×92×62
  • 人数:1人
  • メーカー:エイサン
  • 変速数:6段

7. リッチビット 022 電動アシスト自転車

RICH BIT 022 電動アシスト自転車 17×26インチ...

雪道も難なく走行できる本格派マウンテンバイクタイプの電動自転車。モーターによるペダルへのアシストではなく、ペダルを踏み込む力とモーターの力それぞれを使って前進するタイプです。操作がしやすく視認性がいいLED表示のバッテリー残量計を搭載し、充電切れを起こすことなく快適に走行できます。

アシストパワーは、7段階に切替え可能。スマートフォンを充電しながら移動できるUSBポートをオプションで取り付けられますよ。山地や凹凸の激しい悪路の走行時に起こる衝撃をしっかり吸収し、安定した走行を楽しめます。一般のタイヤ以外に雪道タイヤへの交換も可能。かっこいいデザインはスポーツ好きの人におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 充電時間:4~6時間
  • 補助走行距離:60km
  • 人数:1人
  • メーカー:リッチビット
  • 変速数:7段

8. スイスイ軽量電動アシスト折りたたみ自転車 BM-A30

SUISUI(スイスイ) 折りたたみ電動アシスト自転車 BM-...

脚力がなくても漕ぎやすい点が人気の軽量タイプの電動自転車です。本体にはアルミフレームが採用されており、本体が軽いので女性でも持ち運びしやすいです。さらに折りたたんだ状態であれば車に乗せて運ぶことも可能。6段の変速ギヤを搭載しているため、道路の状況に合わせて走行スピードを調整できます。

タイヤサイズは20インチと小さめですが、5.8Ahリチウムイオンバッテリーによってしっかりしたアシストでの走行を楽しめますよ。バッテリー式のLED照明が付属しており、夜間でも安全に走行できます。かっこいいデザインで街乗り用としても人気が高い商品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):150×59.5×74
  • 補助走行距離:30km
  • 人数:1人
  • メーカー:スイスイ
  • 変速数:6段

9. ヤマハ パス バビーアン PA20BXLR

YAMAHA(ヤマハ) 電動アシスト自転車 2018年 ファミ...

軽い重量とアシスト性能にこだわったファミリーモデルの電動自転車です。別売のチャイルドシートを取り付ければ、子供を2人乗せられる利便性が魅力。サドルとハンドルの間の距離が広く、チャイルドシートをつけていても走行しやすいです。チャイルドシートは着脱可能で、子供の成長に合わせて調節可能。

子供を乗せたままでも取り回しがしやすいよう、車体を軽量化しました。平坦な道や坂道など、道路の状態に合わせて3段変速にて調整できる点もおすすめ。軽い操作で雨の日にもしっかり効く2ピボットFブレーキを採用。球切れの心配がない白色LEDバッテリーランプが1灯付いています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):172×58×73
  • 充電時間:約3.5時間
  • 補助走行距離:40㎞
  • 人数:3人
  • メーカー:ヤマハ
  • 変速数:3段

10. ブリヂストン ビッケモブ dd BM0B48

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ビッケモブ(bikke...

乗り降りしやすい軽量コンパクトなデザインが人気の電動自転車です。またぎやすいよう深く湾曲したフレームデザインになっており、小さな子供を乗せて移動する際に便利。一体型のリアチャイルドシートを設置すれば、安全に子供を乗せて走行できます。荷物を入れやすいよう従来よりも幅を広くしたフロントバスケットは、深さも十分です。

変速ギアは3段切り替えできて、坂道や凹凸のある道路でもスムーズに走行可能。バッテリーが長持ちするデュアルドライブタイプなので、長期間愛用できるのもうれしいですね。かっこいいスマートなデザインも人気の理由と言えるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 充電時間:約4.2時間
  • 補助走行距離:82km
  • 人数:3人
  • メーカー:ブリヂストン
  • 変速数:3段

11. スイスイ 電動アシスト自転車 チャイルドシートモデル

20/24インチ 電動アシスト自転車 チャイルドシートモデル ...

育児中の人にはうれしい機能がついた子供乗せタイプの電動自転車です。フロントチャイルドシートを標準装備。前後に子供を乗せても安定した走行ができるよう重心を低めにした設計となっています。そのため安全性はもちろん、快適な走行が可能になりました。さらに坂道やでこぼこの多い道でもスムーズに走行できるよう、3段階のパワーモードを選択できると同時に6段変速機能も使えます。

一度のフル充電で連続約35㎞もの距離を走れますから、近距離の移動であれば充電回数を抑えられます。継続してかかるランニングコストも安いアシスト自転車です。長持ちするLEDライトも装備しているため、夕方や夜間でも安心して走行できますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 充電時間:約4時間
  • 補助走行距離:35km
  • 人数:3人
  • メーカー:スイスイ
  • 変速数:6段

12. パナソニック ギュット・アニーズ 2018年モデル BE-ELA03A

PANASONIC BE-ELA03-AG マットディープグリ...

2018年から販売されている、小柄な方も使いやすい20インチサイズの電動アシスト自転車です。コンパクトながら大容量のバッテリーを搭載し、遠距離の移動も安心。近距離の移動が中心なら充電の回数が少なくてすみます。リアタイヤ部分に新型チャイルドシートを装備。子供を安定した姿勢で乗せられますよ。本体はアルミフレーム構造で、足抜きしやすいデザインです。

幅広のタイヤで安定感のある走行が可能。また、前輪も後輪も極太タイプのスポークを採用しているため、スポーク切れによるトラブルを抑えます。前方をしっかり照らし出すLEDビームランプや、太陽光で充電し暗くなると自動で点滅するソーラーオートテールにより、夕方や夜間でも安全に走行できますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):58×178
  • 充電時間:約5時間
  • 補助走行距離:37km
  • 人数:2人
  • メーカー:パナソニック
  • 変速数:3段

13. ◎ユニバーサル トライク 電動自転車

[笑顔一番] 前2輪 三輪 自転車 ユニバーサル トライク 大...

前方にタイヤが2輪ついたデュアルフロントサイクルタイプの電動自転車。一般的な電動自転車と比べてタイヤが1輪多いため、転倒などの不安がなく安定した走りが楽しめます。低い重心設計なので、ゆっくり走行してもハンドルがふらつきませんし 、道路の段差もしっかり吸収するすぐれもの。回転半径が小さいので小回りもききますよ。

リチウムイオン電池を採用し、電動補助力比は1:2と強力です。3段の変速切替えができますから、好みのスピードで移動可能。一回の充電は約2時間で完了します。リアタイヤの上部にチャイルドシートをセットすれば、子供を乗せて走行できて便利です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):58×158
  • 充電時間:約2時間
  • 補助走行距離:45km
  • 人数:2人
  • メーカー:ユニバーサルトライク
  • 変速数:3段

14. スイスイ 電動アシスト自転車 BM-P10

SUISUI(スイスイ) 軽快車電動アシスト自転車 BM-P1...

早いスピード感が魅力的な26インチタイプの電動アシスト自転車。耐摩耗性の高いタイヤは肉厚チューブタイプなので、パンクを気にせずに快適な走行を楽しめます。エコ、平坦、坂道の3モードアシスト機能付き。さまざまな状況の道路をアシスト付きで走れますよ。ブレーキレバーを握ると、モーターの電源が切れる断電ブレーキを採用。

バッテリーの無駄な消耗を防ぐ機能として人気があります。フロントタイヤそばには3灯のLEDライトつき。球切れの心配がなく、夜間でも前方を明るく照らすのでおすすめです。またぎ込みがしやすいデザインになっており、乗り降りがスムーズにできるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • サイズ(cm):188×56.5×80
  • 充電時間:約4時間
  • 補助走行距離:35km
  • 人数:2人
  • メーカー:スイスイ
  • 変速数:3段

15. ブリヂストン ハイディツー HY6C38

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 2018年モデル HY...

安定した走行ができる機能をたっぷり搭載した人気の電動自転車です。大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載していますので、1充電あたりの走行距離は強モードで44㎞、標準モードで54㎞と遠方への移動も難なくできます。子供の成長に合わせてヘッドガードとフットレストの位置を調整できるだけでなく、しっかりと固定する5点ベルトで子供の安全を守るチャイルドシートがついています。

高輝度タイプの白色LEDで明るく夜道を照らすため、夜間の走行も問題ありません。バッテリー残量や残りアシスト走行可能距離を表示するデジタルメーター付きメインスイッチを採用。リアタイヤ上部にはチャイルドシートの装着も可能です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 充電時間:約2.5時間
  • 補助走行距離:54km
  • 人数:3人
  • メーカー:ブリヂストン
  • 変速数:なし

電動自転車のおすすめメーカーを3社ご紹介します!

日常生活において移動がより楽にできる電動自転車は、さまざまなシーンで活用できる商品です。移動に限らず、送迎や健康増進など利用する目的も人それぞれですね。けして安い商品ではないだけに、メーカーの特徴やこだわりも商品を選択する際の目安として知っておくと参考になるかもしれません。ここでは、おすすめの電動自転車メーカーを3社ご紹介します。


おすすめメーカー1. パナソニック

Panasonic(パナソニック) 2018年モデル ビビ・T...

電化製品や住宅設備機器のメーカーという印象が強いパナソニックですが、自転車メーカーとしても知られています。買い物や通勤通学、子供乗せ用、レジャーなど幅広い用途向けのモデルを取り扱っていますから、商品を比較検討しやすいと言えるでしょう。ロングセラーモデルのビビシリーズや、小柄な人向けのギュットアニーズシリーズなど、男性でも女性でも使いやすい多彩な品ぞろえをしています。価格帯も広めなので、予算に合わせて商品選びができますよ。

パナソニックの電動自転車を見る


おすすめメーカー2. ヤマハ

YAMAHA(ヤマハ) 電動アシスト自転車 2018年 ファミ...

ヨットやバイクなどモーターを搭載した乗り物のメーカーとして世界的に有名なヤマハ。もっとも人気が高いのは、走行が難しい坂もスマートに駆け上っていける力強さが自慢のPASシリーズでしょう。電動自転車の中でもPASシリーズはよく知られており、モーターの駆動性だけでなく他の機能やデザインにおいても高く評価されています。マウンテンバイクタイプからシティサイクルタイプ、コンパクトサイズタイプなど幅広く商品を展開していて、自分に合った電動自転車を選択しやすいと言えます。

ヤマハの電動自転車を見る


おすすめメーカー3. ブリヂストン

ブリヂストン アシスタプリマ A6PD18 E.Xミルクティベ...

タイヤメーカーとして知られているブリジストンですが、自転車のメーカーとしても有名ですね。ベストセラーモデルであるアルベルトシリーズをはじめとして、平均身長が低めの日本人が使いやすいサイズの商品や、さまざまな道路状況に合わせて必要な機能を搭載した商品など多くの人気商品を取り扱っています。日常生活で使いやすいロングセラー商品を次々と発売しており、電動自転車の普及を支えている人気メーカーのひとつと言えるでしょう。

ブリヂストンの電動自転車を見る


坂道でもへっちゃら。電動自転車を使って通勤を楽チンに!

シティサイクルタイプも子供乗せタイプも、バッテリー容量や補助走行距離、充電時間、サイズ、デザインなどさまざまな条件においてバリエーション豊かな商品が増えてきました。まず用途を決めた上で、欲しい機能が搭載されているか、タイヤのサイズは慎重に適しているか、子供乗せタイプは安全面が考慮されているかなどをチェックしながら決めていきたいもの。この記事を参考に自分に合った電動自転車を見つけて、新しい生活をぜひ楽しんでくださいね。

【参考記事】ミニベロのおすすめ機種を詳しく解説します▽

【参考記事】折りたたみ自転車ってどう選ぶ?おすすめモデルを解説▽

【参考記事】初心者でも手軽に使える、ロードバイクの人気モデルを厳選▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事