2015.06.03

【女性の願望】なんだかんだ女の子扱いされたい

女の子をときめかせたい。心のくすぐり方を知りたい。わからなくないけどもっと知りたい!一言でいうと、女のトリセツってどうなの?そんなあなたに捧げます。えっ、お姫様扱い!?これで勝ちにいってください。女の子の願望、必見です。

女性の願望(本音)

「女扱いされたい。」「女の子扱いされたい。」この記事のタイトルになっているこの言葉。しかし、もっと正しく言うと女性は誰しもが「”一人の女性“として接して欲しい」これが本音です。男性の皆さんは、この女性の本心をまず覚えておいてください。

 

オンナでも女の子でもなく女性が良い

「オンナ」という表現は、少し乱雑。ときにモノ扱いの会話でもオンナという表現が用いられるため、ほとんどの女性はあまりよくないイメージを持ちます。逆に「女の子」は、モノや女性とはまた違う目線で見られてるような気に。女性として下に見られたい場合もありますが、馬鹿にされたような印象を持ってしまう女性もしばしば。女の子というワードは、場所やタイミングで使い分けるようにしてくださいね。

 

そもそも、下に見られたいときって?

下に見られたい時って一体どういうことなのか。まずは正しいタイミングを学んでいきましょう。

  • 可愛がられたい
  • 甘やかされたい
  • ちやほやされたい

女性の気持ちを男性が汲み取ることは非常に難しいはず。だからこそ、女性の仕草や言動で判断していきましょう。話している女性が上のような雰囲気を出している時は、女性というよりも女の子として接してあげて。

特に姉御肌の女性は下に見られることがなかなかないため、普段は現実を見つめてこころの底にしまってあるのです。ちょっと甘えたい時に、女の子として話してくれるだけで特別な感情になることも。いつもと雰囲気が違うなと感じ取った時は、ちょっとだけ観察してみて。

 

頭ぽんぽんの好き嫌い

お兄ちゃんキャラの仕草に「頭ぽんぽん」がありますが、頭をなでるのは好き嫌いがあるので様子を見ながらにしましょう。厳密にいうと「ぽんぽん」は不正解です。すっと髪をなでるようにするのが女性としては正解。漫画やドラマに惑わされないで。

 

言ってしまえばお姫さま扱いされたい

そうでなくては嫌というものではありません。「こうされたら嬉しい」という、+αのポイントです。「丁重に扱われたい。」「リードされたい。」「ドアを開けてくれたら感動する!嬉しい!」女性は男性が思い描いている時も、良い意味で単純です。いつもよりちょっと気を遣ってくれるだけでOK。知恵を振り絞って優しく振る舞ってみて。

 

女性の本音。

女性扱いされたい。可愛がられたい。お姫様扱いされたい…!女性は何歳になっても女性です。いつもだと気恥ずかしいけれど、たまにしてもらえるとトキメいちゃう、それがお姫さま扱いです。女性の願望をくすぐる動作、ここぞというときに、取り入れてみてくださいね。

お気に入り

注目の記事

関連する記事