ツーバーナーのおすすめ8選|キャンプ中の料理が捗る人気器具を紹介!

おすすめのツーバーナーをお探しの方へ。本記事では、ツーバーナーの選び方からおすすめのツーバーナーまで大公開!キャンプなどアウトドアで便利なものはもちろん、おしゃれなものから料理に役立つ商品まで紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

そもそも「ツーバーナー」とは?

ツーバーナーのおすすめ

ツーバーナーは、アウトドアの加熱調理で使う持ち運び可能な2口コンロのこと。

燃料としてガスやホワイトガソリンを使い、焚き火よりも準備が楽で火力の調整が簡単

しかも、2つのコンロが使えることで、屋外でも本格的な料理が楽しめるのが魅力的。

家族やグループでのアウトドアで、料理にこだわりたい場合におすすめのアイテムです。


ツーバーナーの選び方|購入する前に確認すべき点とは

現在ツーバーナーは、Colemanやイワタニ、SOTOなど様々なアウトドアメーカーが展開しています。

意外と種類が多いため、どれを選べば良いか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、こちらではツーバーナーの選び方を解説していきます。

ぜひ、商品を選ぶ時の参考にしてください。


ツーバーナーの選び方1. 使い勝手や安さなど、重視するポイントに合わせて「燃料」を選ぶ

ツーバーナーは燃料によって、大きく使い勝手が変わります。

そのため、重視するポイントに合わせて燃料もしっかり選ぶのが重要です。

以下では、燃料の代表的なタイプである

について、どんな特徴があるかをご紹介しましょう。


手軽に買える「ガス式CB缶」

ガス式CB缶は、屋内で使う一般的な家庭用のカセットコンロのボンベと同じ形状をしたもの。

ホームセンターや100円ショップなどでも手に入り、安い価格で手軽に手に入るのが魅力です。

ただし、高圧のガスが封入できないので、火力が弱めで風に弱く、寒い時にはさらに火がつきにくくなってしまうという欠点があります。

あまり寒い時期にキャンプなどは行わず、かつ手軽さとコストを重視する人はCB缶のツーバーナーを選ぶと良いでしょう。


火が安定する「ガス式OD缶」

ガス式のOD缶は屋外での利用を想定したガス缶。

ずんぐりとした形状をしていて、丈夫で高圧のガスが使えるため、風がある時や寒い時期でも火力が安定するのが特徴です。

その代わり、CB缶に比べると価格が2~5倍程度で、購入場所は基本的にアウトドア専門店になります。

寒い時期のキャンプや軽い登山でツーバーナーを使うことがあるなら、火の安定感が抜群のガス式OD缶がおすすめです。


ガス式と比較して安い「ホワイトガソリン」

ホワイトガソリンはアウトドア器具の燃料としてよく使われる煤の出にくいガソリンのこと。

他のガス式と比較してとても安いのが魅力的。

加えて、対応器具の構造がシンプルでバーナーが壊れにくいため、ランニングコストが抑えやすいのが特徴です。

さらにOD缶でも難しい低温でも安定して火力が維持できるのもメリット。

しかし、使用前にポンピングやプレヒートといった特有の手順が必要で、中級者向けとされることが多い燃料でもあります。

ある程度キャンプを慣れ親しんでいる人向け


ツーバーナーの選び方2. 発熱量は「2,500kcal/h以上」を選ぶ

ツーバーナー選びでは火力は重要な要素。

もし火力がないとちょっとした調理にも時間がかかってしまいます。

ツーバーナーの発熱量を表す単位は時間当たりのカロリー。

2,500kcal/h以上あると1Lの水を沸かすのに5分程度で済むため、ストレスなく調理が行えるでしょう。

もちろん、発熱量が高ければ高いほど料理の時間が短くできてGOOD。

ツーバーナーを選ぶ時には、2,500kcal/h以上を目安に、発熱量が十分に高い物を選ぶようにしましょう。


ツーバーナーの選び方3. 燃料交換が正面から行えるものを選ぶ

ツーバーナーを使っていると、料理中に燃料が切れてしまう場合があります。その時に、簡単に燃料を交換できないと料理が冷めてしまうことも。

ツーバーナーの燃料交換方法は製品によって様々。

中でも、装置を裏返したりせずに正面から燃料交換ができると、鍋を下ろす手間が省けて料理がスムーズに進められますよ

また、ボンベの下にスペースがあるタイプの方が、手をいれてボンベが外しやすくなりますよ。


ツーバーナーの選び方4. その他の機能性にも注目して選ぶ

ツーバーナーはちょっとした機能でも使い勝手が変わってきます。

そういったものを購入前にチェックしておかないとあとになって、「あの機能があれば良かったのに…。」ということになってしまうかも。

具体的にあると便利な機能が以下の3つ。

  • サビ防止
  • ダッチオーブン
  • 風防の取り外し

これらの機能があるとどんなメリットがあるのか、しっかりと確認していきましょう。


サビを防止したいなら、アルミやステンレス製がおすすめ!

ツーバーナーは料理で使うので、どうしても水がかかってしまうことがあります。

そのため、素材によってはしっかり手入れをしないと、サビてしまって使えなくなることも。

ツーバーナーを錆びさせたくないなら、素材にアルミやステンレスを使っているものがおすすめ!

アルミやステンレスは錆びにくい素材で、長く使い続けられるメリットがあります。


ダッチオーブンに対応していると便利!

  • 焼く
  • 蒸す
  • 炒める
  • 煮る

など、調理の幅が広がるダッチオーブン。レシピをこだわりたい時に人気の調理器具ですが、非常に重く、ツーバーナーに使う場合は注意が必要です。

場合によってはツーバーナーが歪んでしまうことも。

ツーバーナーは、ダッチオーブン対応かどうかや、耐荷重をしっかり確認すること

ダッチオーブンなど重い調理器具を使う予定がある人は、購入する前にチェックしてくださいね。


風防が取り外せると便利!

ツーバーナーには多くの場合、風防が付属しています。

風よけとしては便利ですが、大きな鍋を使う時などには邪魔になってしまうことも。

風防が取り外せたり、角度が簡単に変えられるものなら、大きな鍋や鉄板を置くのが楽です。

大鍋などで調理することがあるなら、風防の取り外しにも注目すれば、より便利にツーバーナーが使えますよ。


ツーバーナーのおすすめ8選|アウトドアで役立つ人気商品を大公開

ここでは、アウトドアで役に立つ人気のおすすめツーバーナーをご紹介!

最新のおしゃれなものから定番のロングセラーまで取り揃えたので、きっと自分に合った製品が見つかるはず。

これまでご紹介した選び方を参考に、ぜひチェックしてみてくださいね。


ツーバーナーのおすすめ1. Coleman パワーハウスLPツーバーナーストーブ

コールマン Coleman パワーハウスLPツーバーナーストーブ 2000006707
おすすめポイント
  • アウトドア用品で有名なColemanの製品で性能や安全性に信頼性がある
  • 1口あたり約3500kcal/hの高火力で、お料理の時間が短縮できる
  • 約1万円とアウトドア用品メーカーのツーバーナーとしてはかなり安く、コスパが良い

アウトドアグッズの有名メーカー、Colemanの『パワーハウスLPツーバーナーストーブ』。

1口あたり約3500kcal/hと高火力でありながら約1万円と非常にコスパが良いアイテムです。

フタの部分を開くと風防になり、風の強い日でも安心!しかも、燃料の交換はガスカートリッジを付け替えるだけで簡単とかなり便利です。

また、折りたたむと厚さ7cmになり、車のトランクに入れても邪魔にならないのも魅力的。

火力が高い使い勝手の良いツーバーナを気軽に試してみたい人におすすめです!

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:OD缶
  • 最大発熱量:3,500 (kcal/h)
  • 素材:ー
  • プラスαの機能:風防取り外し可能
  • サイズ:54 × 32.5 × 7 (cm)
  • 重量:4.2 (kg)
  • メーカー:Coleman

ツーバーナーのおすすめ2. ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 610305

ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 610305
おすすめポイント
  • スタイリッシュなデザインのおしゃれなアルミ製で見た目が良く、錆びないのでお手入れも簡単
  • ガスを気化させる加熱器が搭載され、3900kcal/hの大火力で料理の時間が短縮できる
  • 風防が低く、ダッチオーブンなどの大型の調理器具も取っ手が当たりづらく置きやすい

ユニフレームの『ツインバーナーUS-1900』は、アルミボディのスタイリッシュな製品。錆びにくいアルミ製で、長く使い続けられます。

また、手軽なCB缶を使いつつも、燃焼部分の熱を缶へと伝えてガスが気化しやすくする加熱器を搭載し、3900kcal/hもの火力を実現。素早く料理ができて、早くキャンプ飯を楽しめますよ。

また、サイドの風防は低めで、取っ手部分が当たりづらく、ダッチオーブンなどの大きめの調理器具が使いやすいのもGOOD。

手軽さや火力といった実用性を重視したい人にぴったりのツインバーナーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:CB缶
  • 最大発熱量:3900 (kcal/h)
  • 素材:アルミ
  • プラスαの機能:ダッチオーブン対応、風防取り外し可能、サビ防止
  • サイズ:54 × 32.5 × 11.5 (cm)
  • 重量:3.9 (kg)
  • メーカー:ユニフレーム

ツーバーナーのおすすめ3. イワタニ フラットツインS CB-TBG-2

おすすめポイント
  • 家庭用カセットガスコンロとほぼ同じ使い方で、アウトドア初心者でも安心
  • 缶を温めてガスを気化させるヒートパネル方式を採用し、火力が落ちにくい
  • 別売りでたこ焼きや鉄板焼きなどを楽しめるプレートがあり、多彩な料理が楽しめる

イワタニの『フラットツインS』は、家庭用カセットガスコンロとほとんど同じように簡単に使えることが特徴のツーバーナー。

ガスには手に入りやすいCB缶を採用。カートリッジは正面から簡単にはめ込め、マグネットを使う固定方式により誤装着を防ぎ初心者でも安心。

着火はつまみをひねるだけとめちゃめちゃ手軽!

お庭でのバーベキューなど、手軽に屋外での料理を楽しみたい人にぜひチェックして欲しいツーバーナーです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:CB缶
  • 最大発熱量:2800(kcal/h)
  • 素材:ー
  • プラスαの機能:風防取り外し可能
  • サイズ:62.7 × 41.9 × 15 (cm)
  • 重量:6.9 (kg)
  • メーカー:イワタニ

ツーバーナーのおすすめ4. SOTO レギュレーター2バーナー GRID ST-526

SOTO レギュレーター2バーナー GRID ST-526 + 専用ハードタイプ収納ケース ST-5261
おすすめポイント
  • わずか2.25kgとツーバーナーとしてはかなり軽く、運搬や設置が楽
  • ホームセンターなどでも安く手に入るCR缶を使用し、手軽で経済的
  • ステンレス製のスタイリッシュな銀色のボディでお手入れも簡単

SOTOの『レギュレーター2バーナー』は、わずか2.25kgのツーバーナーとしてはかなり軽い製品。

しかも燃料ボンベを横にして装着するため厚さ11.6cmとテーブルの上に置いても高すぎず、みんなで鍋や鉄板を囲むような使い方も楽にできますよ。

また、本体はステンレス製でサビにくいのでお手入れも簡単。手に入りやすいCR缶使用で経済的なのも嬉しいですね。

なるべく重い荷物を減らして、身軽にみんなでキャンプを楽しみたい人にイチオシの使い勝手の良いツーバーナーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:CB缶
  • 最大発熱量:2500 (kcal/h)
  • 素材:ステンレス(本体)、アルミニウム(風防)
  • プラスαの機能:風防取り外し可能、サビ防止
  • サイズ:46.8 × 25.1 × 11.6 (cm)
  • 重量:2.25 (kg)
  • メーカー:新富士バーナー株式会社

ツーバーナーのおすすめ5. プリムス オンジャ ブラックバージョン

PRIMUS プリムス オンジャ ブラックバージョン
おすすめポイント
  • 収納時に折りたたむとショルダーバッグのような形になり、運びやすい
  • 使用時は他にはないX字型をしたフォルムになり、おしゃれでキャンプが楽しくなる
  • OD缶を使うので寒さに強く、3500kcal/hと高火力で実用性も申し分なし

プリムスの『オンジャ ブラックバージョン』は、収納時にはまるでショルダーバッグのように持ち運べるツーバーナーです。

使う時はX字型に開いてセッティングし、他の一般的なツーバーナーとは全く違うフォルムでかなりおしゃれ

デザインだけでなく、OD缶使用のため寒さに強く3500kcal/hと高火力で機能性もGOOD。さらに、収納時のフタとしてつかうウッドボードは鍋敷きにもなりますよ。

他の人とはちょっと違う、おしゃれなグッズでキャンプを楽しくしたい人に最適のデザインと機能性を兼ね備えたツーバーナーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:OD缶
  • 最大発熱量:3500 (kcal/h)
  • 素材:ー
  • プラスαの機能:ー
  • サイズ:43 × 14 × 30 (cm)
  • 重量:3 (kg)
  • メーカー:イワタニ

ツーバーナーのおすすめ6. Coleman ロードトリップLXE-J II

おすすめポイント
  • ホイール付きで取っ手を引くだけで簡単に移動できる
  • 電池式の着火装置を採用し、ボタン一つで火がつき手間がかからない
  • アルミ製サイドテーブルや調理器具か掛けられるホルダーなどが付属していて便利

Colemanの『ロードトリップLXE-J』は、手軽に本格的なガスバーベキューが楽しめると人気のツーバーナー。

ホイール付きで楽々移動させられて、点火ボタンを押すだけで着火できてとても簡単!

また、天板の下にはトングやコテなどを掛けられるホルダーがあり、横にはアルミ製のサイドテーブルが引き出せるようになっていて、バーベキューの時に便利な機能がそろっているのもいいですね。

庭やキャンプ場などで手軽にバーベキューパーティーを開きたい人は、ぜひ選んでみて。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:OD缶
  • 最大発熱量:2500 (kcal/h)
  • 素材:スチール
  • プラスαの機能:ー
  • サイズ:118 × 46 × 112.5 (cm)
  • 重量:18 (kg)
  • メーカー:Coleman

ツーバーナーのおすすめ7. スノーピーク ギガパワーツーバーナースタンダード GS-220

おすすめポイント
  • ステンレスのシンプルで丈夫な構造のため、大型の鉄板や調理器具などが使えて量の多い調理も可能
  • 凹型バーナーを採用して火力の調整がしやすく、繊細な火加減が必要な料理も楽しめる
  • 底面がフッ素加工されていて、汚れが拭き取りやすくお手入れが楽

スノーピークの『ギガパワーツーバーナースタンダード』は、ハードな使用にも耐えるステンレスのがっしりとしたツーバーナー

口コミでも丈夫さを称賛する声が多く、さらにステンレスで錆びることもありません

天板部分が広いので、大型の鉄板やクッカーを安心して乗せられます。

また、凹型バーナーを採用することで強火から弱火までの調整が簡単になり、火加減が重要な料理を楽しめるのも特徴的。

大人数でのキャンプなどで大型の調理器具を使いたい人やツーバーナーの丈夫さにこだわりたい人にぴったりの、しっかりとした耐久性のある製品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:OD缶
  • 最大発熱量:2800 (kcal/h)
  • 素材:ステンレス、アルミアルマイト加工
  • プラスαの機能:大型調理器具対応、風防取り外し可能、サビ防止
  • サイズ:50 × 11 × 36 (cm)
  • 重量:7 (kg)
  • メーカー:スノーピーク

ツーバーナーのおすすめ8. Coleman Dual Fuel 3000003648

おすすめポイント
  • 数十年にもわたって使い続けている人もいるほど丈夫な定番商品で長く使える
  • ホワイトガソリン使用で低温でも火力が安定し、秋や冬にキャンプに行く人にもおすすめ
  • 3650kcal/hと火力が高く、手早く料理ができる

Colemanの『Dual Fuel』は非常に古くから販売されている耐久性の高いツーバーナー。

ホワイトガソリンを使うツーバーナーとしては定番の製品になっています。

さらに約3650kcal/hと高火力で、ホワイトガソリンを使うため、寒い時期でも衰えることがありません。最高火力で2時間もの間燃焼し続けられるのも嬉しいですね。

ホワイトガソリン式のツーバーナーで迷ったら、これ一択です!

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 最大発熱量:3650 (kcal/h)
  • 素材:ー
  • プラスαの機能:ー
  • サイズ:56 × 35 × 16 (cm)
  • 重量:5.8 (kg)
  • メーカー:Coleman

ツーバーナーを利用して、もっとキャンプ飯にこだわろう!

アウトドアで料理する時、火をどうするかは悩ましいところですよね。焚き火は使える場所が限られ火力の調整も難しく、シングルバーナーでは人数が多い時には力不足。

ツーバーナーならどこでも使えて火の扱いも簡単。しかも、多人数の料理にも十分対応できます。

ツーバーナーを活用して、キャンプ料理をもっと手軽に楽しんでみましょう!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事