シングルバーナーおすすめランキング15選|料理に便利な商品を比較

コンパクトで持ち運びに便利な「シングルバーナー」のおすすめをお探しの方へ。本記事では、シングルバーナーの魅力や選び方、おすすめ人気ランキングを大公開!SOTOやイワタニ、スノーピークなどの人気ブランドも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

シングルバーナーの魅力|人気を集める理由とは

シングルバーナーのおすすめ

キャンプで料理する道具として人気が高い「シングルバーナー」。多くの人が利用するのには、理由があります。

まずは、シングルバーナーの魅力について詳しくご紹介。「シングルバーナーは使ったことないけれど、魅力が知りたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


シングルバーナーの魅力1. 軽量でコンパクトなので持ち運びに便利

シングルバーナーは小型軽量なので、アウトドア時に荷物にならず持ち歩きやすいところがメリット。

総重量が300g以下の商品や折りたたみができる商品なども揃っており、キャンプバックやリュックサックなどの隙間に入れられます。登山やハイキングなどハードなシーンでも、軽いと負担になりません。

持ち運びがしやすいだけでも、野外で使ってみようという気持ちになり、多くのキャンパーから人気を集めています。


シングルバーナーの魅力2. ガス缶を指すだけで使える

料理をする時や暖を取りたい時に、火をつけるまで時間がかかると使うのが億劫になってしまいますよね。

シングルバーナーはガスボンベをセットするだけなので、大変な準備が必要ありません。

キャンプなどのアウトドアの準備をする時も、使用想定時間分の燃料を用意するだけ。ガソリンや使い捨てボンベなら手軽に購入できるため、必要な時だけセットできる使い方ができるところもメリットです。


シングルバーナーの魅力3. 手頃な価格で手に入る

キャンプや登山などのアウトドア時に使う暖房器具や調理器具の中でも、シングルバーナーは安い価格帯で購入しやすくなっています

例えば、2つのコンロを持つツイングリルは、2万円以上が相場で手軽に買えるとは言い難いです。

その点、シングルバーナーは1万円以下で購入できる安い商品も多く、使用頻度が少ない場合やアウトドア初心者、ソロキャンプ用などの使い方にもぴったりな商品です。


シングルバーナーの選び方|初心者でも分かりやすい比較方法を解説

ここからは、初心者でも分かりやすいシングルバーナーの選び方をご紹介します。

長く愛用できる商品に出会うには、適切な選び方をするけとが欠かせません。今までガスバーナーを使っことがない人も、ぜひチェックしてみてくださいね。


シングルバーナーの選び方1. 使用用途や料理に合わせてタイプを選ぶ

シングルバーナーは、カセットコンロなどに使うCB缶を直接取り付ける「一体型」と、チューブを経由しガソリンやガスを供給する「分離型」があります

手入れのしやすさや用途によってどちらを選ぶべきか異なるので、購入時にはぜひチェックするようにしましょう。


短時間の料理や湯沸かしなら「一体型」を選ぶ

CB缶などの燃料を直接取り付けて使う「一体型」は、シンプルな構造となっており、手入れしやすく、軽量コンパクトな商品が多いです。ゴトク部分が折りたためる商品もあり、持ち歩く時にバックの隙間などにサッと入れられます。

また、用意に時間がかからず必要な時に使えるので、短時間の調理やお湯を沸かしたい場合などに便利。ソロキャンプなど、ちょっとした料理を作る時にもおすすめです。


鍋や本格的な料理に使うなら「分離型」を選ぶ

燃料をチューブで供給する「分離型」は五徳部分を大きくできるので、大型の鍋なども扱いやすいところが特徴。一度に大人数用の料理を作りたい時にも使いやすいです。

また、ゴトク部分が大きく安定しているため、中にはダッチオーブンなど重い調理器具を扱うこともできレパートリーが広がります。燃料と炎が出る部分が離れているので、安全性が高く安心して使えるのも分離型のメリットです。


シングルバーナーの選び方2. 燃料の種類から選ぶ

シングルバーナーの燃料は大きく分けて、「LPガス」と「ガソリン」の2種類があります。使い方や使用頻度により、事故を起こさないよう使いやすい燃料を選ぶことが大切。

使いづらい燃料を選んでしまうと、使用する機会も減ってしまうでしょう。それぞれどのようなメリットがあるのか比較し、ぜひ使ってみてください。


燃料の種類① ガス缶式

液体化したガスが詰まっているLPガスは、「CB缶」と「OD缶」の2種類があります。どちらも手軽に購入できてセットしやすく、煩わしい燃料の入れ替えなども不要で初心者でも扱いやすいところがメリットです。

OD缶は「OutDoor缶」の略でアウトドア専用燃料となっており、火力が強く寒冷地でも使いやすいところが特徴。

一方、ガスコンロなどに使うCB缶は「Cassette Bombe缶」の略で、コンビニなど手軽に買えて無くなった時にも簡単に補充できます。しかし、OD缶より寒さに弱いため、使用する場所や季節によっては使いにくくなるかもしれません。


燃料の種類② ガソリン式

シングルバーナーの使用頻度の高さや安い燃料を重視したい場合、「ガソリンタイプ」が向いています。

初めは補充作業に戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば難なく補充することが可能。LPガスに比べ安いため、ランニングコストがかからず、コスパよく使えます

また、古くからアウトドア用品に用いられてきた定番の燃料で、火力が強く安定しており、野外で使いやすいところもポイントです。


シングルバーナーの選び方3. 人気ブランドから選ぶ

シングルバーナーは、人気のアウトドアブランドから発売されています。アウトドアブランドにより、デザインコンセプトや特徴が異なるため、気になるブランドから選んでみるのも一つの手段です。

  • スノーピーク
    日本のアウトドア用品ブランドで、日本のオートキャンプと先駆者として知られています。初心者でも使いやすいアイテムが揃っていることから、初めての一台に選ぶ人が多いです。

  • SOTO
    新富士バーナーが展開するアウトドアブランド。工業用バーナーを手がける会社の本格的なアイテムが揃っており、長く愛用できるシングルバーナーが欲しい人にぴったりです。

  • キャプテンスタッグ
    アウトドアとレジャー関連用品ブランドで、コスパの良さにこだわっているところが特徴。少しでも価格を抑えたい人から人気です。

  • コールマン
    デザイン性が高いおしゃれなアウトドア用品を手がけているブランドです。デザイン性も重視して選びたい人に、おすすめ。


シングルバーナーの選び方4. 風よけの有無や五徳の大きさで選ぶ

登山やキャンプなど環境に左右されるシーンで使うことが多い場合には、風よけがないと火力が安定しない場合があります。風よけがあることで、火力を一定に保って調理しやすく、風がある場所で使っても短時間で効率よく使うことが可能です。

また、鍋やクッカーが五徳よりかなり大きい場合は不安定で、思わぬ事故に繋がることがあるので、持っている調理器具に合わせて使いやすいサイズの五徳であることも重要なポイント。

安定した火力で快適に使うためにも、この2つのポイントをチェックしてみてください。


シングルバーナーおすすめ人気ランキングTOP15

ここからは、おすすめのシングルバーナーをランキング形式でご紹介します。人気ブランドの商品やダッチオーブンに対応している商品、安全性の高い商品など気になるアイテムばかりがランクイン。

ぜひ、お気に入りにシングルバーナーを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。


【おすすめランキング第15位】オプティマス ガソリンストーブスベア 1104No123R

  • 高級感のある材質と色合いで、長く愛用したい人に向いている。
  • 連続で約2時間使えるため、アウトドアでの料理にぴったり!
  • 一体型の商品なので安定感があり、どのようなシーンでも使いやすい。

高級感があり、長く愛用できるシングルバーナーを探している人には、スウェーデンのブランド「オプティマス」の『ガソリンストーブスベア』がおすすめです。

100年以上変わらないオプティマスの代名詞的なアイテムで、ゴールドカラーが高級感を引き出します。燃料にガソリンを使っているため火力も強く、登山やキャンプなど様々アウトドアシーンで愛用できるところも嬉しいポイント。

様々なシーンで使えるので、愛着を持って使いたいという人にこそ、ぴったりな商品ですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:ー
  • 収納時本体サイズ:100 × 100 × 130 (mm)
  • 本体重量:550g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガソリン

【おすすめランキング第14位】スノーピーク ギガパワープレートバーナーLI

スノーピーク(snow peak) ギガパワー プレートバーナーLI GS-400
  • 絶妙な火力調節ができるツマミが付いているので、調理に合わせて火加減が変えられる。
  • 卓上で本格的なガスコンロのように設置でき、調理しやすくなっている。
  • 多彩なオプションも用意されているため、テーブルと一体型にして使うことも可能。

アウトドアでの料理を目的としたシングルバーナーを探している場合は、「スノーピーク」の『ギガパワープレートバーナーLI』がイチオシ!

4本の脚を開いて設置するだけで、ガスコンロのように本格的なアイテムに変身します。お湯を沸かしたり調理したり楽にできる大きさなので、快適に使えるところがポイント。また、火力も強く、最大出力は3,000kcal/hとなっているため、本格的な調理にも向いています。

ガスコンロのように本格的に使えるため、アウトドアでも料理を楽しみたい人に、おすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:470 × 310 × 130 (mm)
  • 収納時本体サイズ:360 × 250 × 100 (mm)
  • 本体重量:2700g
  • タイプ:分離型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第13位】SOTO MUKAストーブ SOD-371

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371
  • 1つのダイヤルで操作ができるようになっており、手軽に使える。
  • 余熱不要ですぐに使えるので、暖を取りたい時に便利。
  • 2011年「グッドデザイン賞」を始め、国内外で数々の賞を受賞している人気商品。

シングルバーナーを暖房目的で使いたいと考えている場合には、「SOTO」の『MUKAストーブ SOD-371』がイチオシ!

大火力を実現できるようガソリン燃料となっており、ストーブとして使える温かさを兼ね備えています。使いやすさにもこだわっており、点火から消化までを一つのダイヤルでコントロールできるようになっているところも大きな魅力。火力調整もできてとても便利に使えますよ。

周囲をとても暖かくしてくれるので、肌寒い野外で手軽に温かくなりたい人に、おすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:135 × 135 × 80 (mm)
  • 収納時本体サイズ:80 × 65 × 80 (mm)
  • 本体重量:333g
  • タイプ:分離型
  • 燃料の種類:ガソリン

【おすすめランキング第12位】UNIFLAME テーブルトップバーナー

  • 耐荷重15kgで大きなお鍋も使えるため、大人数調理も楽にできる。
  • 12インチのダッチオーブンまで対応でき、幅広いシーンで使える。
  • ウレタン内蔵の持ち運びケース付きで、衝撃から守りながら持ち運べるので、安全性が高い。

「UNIFLAME」の『テーブルトップバーナー』は、大人数用の調理に使えるアイテムが欲しい人にベストな商品。

直径20cmの大型汁受けが付いており、吹きこぼれを軽減し安定した使い心地を実現します。また、耐重量が15kgで12インチまでのダッチオーブンが乗せられる大きさなので、大人数用の調理を一度にしたい場合にも安心

大人数でアウトドアを楽しみながらワイワイ食事を作りたいと考えている人は、選んでみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:200 × 200 × 90 (mm)
  • 収納時本体サイズ:ー
  • 本体重量:900g
  • タイプ:分離型
  • 燃料の種類:ガス式CB缶

【おすすめランキング第11位】キャプテンスタッグ オーリックガスバーナー M-7900

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900
  • 自動点火装置が備わっているため、使いたい時に手軽に使える。
  • 機能性と携帯しやすさを兼ね備えていながら、3,000円以下とコスパ抜群。
  • ゴトク部分はクロムメッキとなっており、丈夫で扱いやすい。

コスパのよさを重視して選びたい場合は、人気アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」の『オーリックガスバーナー M-7900』がぴったり!

7,000円以下で購入できる安い価格帯なので、試しに使ってみたい人にも向いています。軽量コンパクトで携帯しやすいだけでなく、自動点火など機能性にもこだわっているところがポイント。

コスパのいい価格帯と使いやすいサイズ感を持ち合わせているので、ぜひ選んで欲しい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:125 × 125 × 85 (mm)
  • 収納時本体サイズ:117 × 105 × 65 (mm)
  • 本体重量:300g
  • タイプ:分離型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第10位】ユニフレーム ミニバーナー

ユニフレーム ミニバーナー US-700 No.610183
  • 三角形状の五徳で安定感があり、使いやすくなっている。
  • 組み立て不要なので、必要な時にすぐ使うことが可能。
  • 丈夫なステンレス製となっており、アウトドアシーンで長く使える。

組み立てる手間を省いてすぐ使えるようなシングルバーナーをと考えている場合は、「ユニフレーム」の『ミニバーナー』がイチオシです。

組み立て不要でガス缶さえセットすればすぐに使えるため、手軽にアウトドアを楽しめるようになっています。また、着火ボタンを燃焼部から離すことで、安全性を高めており、より安心して使えるところも嬉しいポイント。

初めて利用する方でも気兼ねなく使えるので、ソロキャンプでお湯を沸かしてコーヒーを飲んだりするのに最適です。手軽に使えるバーナーを手にして、ぜひキャンプに持っていってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:93 × 77 × 115 (mm)
  • 収納時本体サイズ:ー
  • 本体重量:315g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式CB缶

【おすすめランキング第9位】JETBOIL フラッシュ

  • 沸騰時にオレンジ色に変化するインジケーター付きなので、温度管理しやすい。
  • 500mlを2分以下で沸騰させられるため、コーヒーや紅茶を楽しみたい人におすすめ。
  • 全てのパーツがクッカー本体内に収納でき、携帯時にとても便利。

「JETBOIL」の『フラッシュ』は、冷え込んだ時に温かいコーヒーや紅茶をすぐに楽しみたいと思っている人に、ベストな商品です。

クッカー一体型となっており、熱を逃がすことなく500mlをわずか1分40秒で沸騰させることができ、アウトドアでも手軽に温かい飲み物が飲めるようになります。独自のじゃばら状吸熱フィン「フラックスリング」が熱を均一に伝えるため、短時間でお湯が沸かせるところが魅力的。

短時間でお湯が沸くので、アウトドアでコーヒーなど美味しい一杯を手軽に作りたい人に、使ってみて欲しいおすすめシングルバーナーです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:ー
  • 収納時本体サイズ:104 × 104 × 180 (mm)
  • 本体重量:440g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第8位】SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

  • 外気温に左右されず高火力で使えるため、キャンプや登山に最適。
  • 独自のバーナーヘッドのおかげで風に強く、安定した調理が可能。
  • 五徳が脱着式となっており、手入れがしやすくなっている。

「登山やキャンプなど過酷な状況でも火力が保てる商品が欲しい!」そんな時には、こちらの商品をチェックしてみて。

独自のバーナーヘッドを使うことで、風防を使用しなくても炎が倒れにくくなり、短時間でもお湯を沸騰させられます。また、寒さにも強く外気温がー5℃でも温かいときと変わらない高火力を実現し、環境に左右されず使えるところも嬉しいポイント。

外気温が寒くても高火力を発揮するため、オールシーズン使える商品を求めている人に、おすすめの商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:90 × 117 × 100 (mm)
  • 収納時本体サイズ:47 × 51 × 88 (mm)
  • 本体重量:60g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第7位】イーピーアイ QUO STOVE ストーブ S-1032

EPI(イーピーアイ) QUOストーブ(日本製) S-1032
  • 6,000円台の安い価格帯で、購入しやすくなっている。
  • 風に強い直噴型バーナーヘッドを採用しており、安定した火力を実現。
  • 少人数用クッカーに向いているサイズ感なので、ソロキャンプなどで活躍する。

「少人数用のクッカーに向いているアイテムはないかな?」と探している場合には「イーピーアイ」の『QUO STOVE ストーブ S-1032』がベスト!

少人数向けのクッカーに向いているサイズ感で、ロック機能が付いた安定感の高い4本ゴトクが調理をしやすくしてくれます。とろ火から強火まで調整可能となっており、幅広い料理に使いやすいところも嬉しいポイント。

少人数でのアウトドアにぴったりな大きさなので、ソロキャンプにこそおすすめのシングルバーナーです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:79 × 79 × 105 (mm)
  • 収納時本体サイズ:89 × 52 × 54 (mm)
  • 本体重量:98g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第6位】コールマン アウトランダー マイクロストーブ PZ 203535

  • 設置が簡単なので、ソロキャンプでも難なく使える。
  • ゴトク部分が折りたたみ式になっており、携帯時の邪魔にならない。
  • 5,000円以下で購入できる安い価格設定が魅力的。

「ソロキャンプで手軽に使えるアイテムはないかな。」と悩んでいる場合には、「コールマン」の『アウトランダー マイクロストーブ』がベスト。

重量200gで折りたたみ時には縦10cm×横5.5cmまでコンパクトになるので、携帯時の邪魔になりません。また、火力がパワフルで一人分のお湯や料理を短時間で作れるところも魅力的。

手軽さを重視した小型軽量なバーナーなので、ソロキャンプ用のシングルバーナーを求めている人に購入してみて欲しい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:110 × 95 × 95 (mm)
  • 収納時本体サイズ:100 × 55 × 95 (mm)
  • 本体重量:200g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第5位】スノーピーク HOME&CAMPバーナー

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー カーキ GS-600KH
  • 携帯時は筒状になるため場所を取らず、バッグなどにも収納しやすい。
  • 3色のカラーバリエーションから選択でき、好きなタイプを見つけやすい。
  • 家と外どちらでも使えるアイテムをコンセプトとしており、シチュエーション問わず使いやすい。

人気アウトドアブランド「スノーピーク」の『HOME&CAMPバーナー』は、デザイン性を重視して選びたい人におすすめの商品です。

収納時はスリムな筒状になっており、ガスバーナーだと思えないスタイリッシュな雰囲気。カセットコンロよりもコンパクトです。無駄を省いたデザインでありながらも、展開時にはゴトクをロックピンで固定でき、安定した使い心地を実現。

携帯時や収納時もおしゃれなので、アウトドアでもおしゃれさを欠かさない人にこそ、選ばれている商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:301 × 346 × 120 (mm)
  • 収納時本体サイズ:90 × 120 × 255 (mm)
  • 本体重量:1400g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式CB缶

【おすすめランキング第4位】SOTO レギュレーターストーブ フュージョン ST-330

SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330
  • 4本ゴトクとなっており、大きな鍋ややかんも固定しやすい。
  • すり鉢状のバーナーヘッドのため、風など外部環境に左右されにくい。
  • 安定した連続使用ができるマイクロレギュレーターを搭載しているので、長時間利用がしやすい。

「大きな鍋を素早く温めたい!」そんなシーンが多い人は、こちらの商品をチェックしてみて。

4本五徳の直径が16.5cmとなっており、大きな鍋ややかんをしっかりと乗せられます。また、約300個の炎口より高火力の炎が出るので、使いたい時に素早く均一に温められるところも魅力的です。もちろん弱火まで調整できるから使い勝手は抜群。

大火力であっという間に温められるので、大人数用の大きな鍋を使いたい人に、おすすめの商品です。調理を素早く終わらせて、みんなですぐに温まりましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:410 × 120 × 90 (mm)
  • 収納時本体サイズ:110 × 75 × 90 (mm)
  • 本体重量:250g
  • タイプ:分離型
  • 燃料の種類:ガス式CB缶

【おすすめランキング第3位】プリムス P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
  • ゴトクがX字型になるので防風性が高く、安定した火力を維持できる。
  • 軽量コンパクトタイプで、荷物を減らして持ち歩きたい時におすすめ。
  • 調理器具が置きやすい4本ゴトクを採用しており、安定感のある使い心地。

携帯性のよさを重視するなら「プリムス」の『P-153 ウルトラバーナー』がイチオシ!

重量が116gと軽いだけでなく、横7.5cm×縦8.8cmのコンパクトサイズで、バッグの隙間に入れて手軽に携帯できます。ナイロン製の収納ケース付きとなっており、バッグの中が汚れる心配もありません。「火力が強く、お湯を沸かすのに良い。」といった口コミも見られ、満足度は◎。

バッグの中を圧迫せずに持ち運べるので、持ち歩きやすさを重視したい人におすすめ。キャンプや登山は荷物が多くなるからこそ、小型のシングルバーナーを利用してみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:ー
  • 収納時本体サイズ:75 × 88 × 30 (mm)
  • 本体重量:116g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式OD缶

【おすすめランキング第2位】SOTO ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-3100

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 シルバー
  • 外気温が5℃でも約4分で1Lのお湯を沸かすことができ、寒い季節に重宝する。
  • 直径19cmまでの鍋に対応しており、大人数でも使える。
  • 連続使用によるドロップダウンが起こりにくく、長時間安定した火力が保てる。

「SOTO」の『ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-3100』は、朝晩の冷え込む中でガスバーナーを使いたいと考えている人におすすめ。

外気温の冷えにより、ボンベが冷却されても衰えない火力が実現できる「マイクロレギュレーター」を搭載しています。外気温が5℃と冷えていても、1Lのお湯を約4分で沸騰させられ、寒い季節にも安心して使うことが可能。火力調整もできるから、調理によって火の強さを変えることもできます。

外気温の寒さに左右されず使用できるため、冷え込むときにこそおすすめしたいシングルバーナーです。冬登山はもちろん、標高が高ければ夏でも朝晩と寒いので、ぜひ持っておきましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:166 × 142 × 110 (mm)
  • 収納時本体サイズ:140 × 70 × 110 (mm)
  • 本体重量:350g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式CB缶

【おすすめランキング第1位】イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
  • たった4分で1Lのお湯が沸く高火力となっており、料理などに重宝する。
  • 専用のハードケース付きで、コンパクトに持ち歩ける。
  • ワンプッシュで自動点火できるので、点火に手こずらない。

「火力に自信がある使いやすい商品を探している」そんな人には、人気の『ジュニアコンパクトバーナー』がおすすめ。

1Lの水が約4分で沸騰する高火力を兼ね備えており、お湯を沸かす時にぴったりでで、温まりたい時や飲み物を作りたい時などアウトドアシーンで重宝します。炎を風から守るゴトク構造になっているため火力が安定し、環境に左右されず使えるところも嬉しいポイント。

「使い勝手が良い」と口コミで好評な商品です。安定した火力を実現できる商品なので、使いやすさを求めている人は、ぜひ手に入れてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時本体サイズ:155 × 155 × 127 (mm)
  • 収納時本体サイズ:82 × 68 × 109 (mm)
  • 本体重量:274g
  • タイプ:一体型
  • 燃料の種類:ガス式CB缶

手軽に使えるシングルバーナーでアウトドアを楽しんでみて。

シングルバーナーは比較的価格が手頃で、購入しやすいアウトドア用品です。持ち運びに便利な軽量コンパクトな商品も多く、キャンプや登山で手軽に調理ができるようになるところがポイント。

人気ブランドのアイテムや性能にこだわったアイテムも多いので、使いやすさを考慮しながらぜひ長く愛用できるシングルバーナーを見つけてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事