年上女性が見せる“脈ありLINE”とは?好きな人と距離を縮めるライン術も紹介

年上女性の脈ありLINEについて詳しく知りたい男性へ。今記事では、年上女性が送る脈ありLINEの特徴から、距離を縮めるLINE術まで詳しくご紹介します。年上の女性からいい感じの連絡が来てるかもと気になっている男性は、ぜひ参考にしてみてください!

年上女性の脈ありLINEとは|好意がある時の文章や内容を大公開

年上女性の脈ありLINEとは?

好きな女性とLINEでやりとりをしていると、自分が脈ありなのか気になって仕方がないですよね。特に年上女性の場合だと、脈ありサインなのか単純にかわいがってくれているのか、判断が付きづらい傾向にあります。

ここでは、女性が年下男性に対して好意を持っている時に送りがちなLINEの内容について解説。

具体的な文章も紹介していくので、自分に送られてきたLINEと照らし合わせながらチェックしてみましょう。


年上女性の脈ありLINE1. 「どんな女性がタイプ?」と聞いてくる

年上女性は基本的に、余計な期待をさせてしまわないよう、好意を持っていない男性に恋愛話をあまり振りません。逆に、気になる相手には、積極的に恋愛トークをしてきます。

「どんな女性がタイプ?」「デートに行くとしたらどこ?」といった恋愛に関する質問をしてきたり、時には冗談交じりに「付き合うなら私みたいなタイプはどう?」と、踏み込んだ話題を持ち出すことも。

さりげなく相手の恋愛観を探り、距離を縮めようとしてくるのであれば、脈ありの可能性がありますよ。


年上女性の脈ありLINE2. デートの誘いを快諾してくれる

恋愛に関しては、直感に正直な人が多い年上女性。少しでも気が進まなければ、相手のためにも誘いをきっぱりと断ります。

好意を持っている男性からデートに誘われたら、「行く行く!楽しみ!」と喜んで返信するだけでなく「じゃあ〇〇で待ち合わせね!」と、自分からデートをリードしてくれる場合も。

相手との関係を深めたいという願望があるからこそ、積極的にチャンスをものにしようとします。


年上女性の脈ありLINE3. 悩みや弱音を打ち明けてくれる

恋愛感情のない年下男性に対しては「なめられたくない」と気を張っている女性でも、慰められたい・守って欲しいと思える相手には、つい弱音を吐いてしまうもの。

やりとりの合間に「最近仕事がうまくいってなくて…」「私ってダメだなぁ」など、さりげなく弱い部分を見せます。

好意を持っている男性の前では、年齢に関係なくか弱い女性でいたいと、無意識に思っているのです。


年上女性の脈ありLINE4. 連絡を止めても「おはよう!」と朝連絡が来る

好きな相手には年齢に関係なく、どんどんアプローチする年上女性。LINEのやりとりが自分で終わっていたとしても、頻度やタイミングをあまり気にせず再度連絡してきます。

前日の夜に「おやすみ」とやりとりを終えたあと、翌朝「おはよー!」と送ってきたり、「話変わるんだけど…」と新たな話題を持ち出したり。

年下男性が気を遣って距離を取らないよう、自分がリードしなければと張り切るのは、脈ありのサインといえるでしょう。


年上女性の脈ありLINE5. 何かと褒めてくれる

たとえ年下でも、男性が褒められるのに弱いことを熟知している年上女性。

相手のいいところや尊敬できる部分を見つけると、「残業続きなのに頑張ってるね」「色んなことを知っててすごいね」など、男性を立てるようなメッセージを送ります。

「好きな人を喜ばせたい」、「少しでも意識してほしい」と思っているからこそ、嬉しい言葉を投げかけてくれますよ。


年上女性の脈ありLINE6. 「敬語じゃなくていいよ」と言ってくる

恋愛をする男性とは、対等な関係を築きたいと考えてる年上女性。年下の男性から敬語を使われると、寂しさを感じることも。

仲良くなりたい相手には、お互いに気を使わなくなってきたタイミングで「敬語使うのやめない?」と、自分から提案します。

敬語という壁を取り払うことで、「気を遣う年上の女性」から「気を許せる女性」へと関係を深めようするラインは、相手に好意がなければしないはずですよ。


年上女性の脈ありLINE7. 食事や飲みの誘いが来る

好意がない年下男性に対しては、相手の断りづらさ等を配慮して、食事や2人飲みにあまり誘ってこない女性。しかし、気になる相手には、積極的にアプローチを仕掛けます。

「気になるお店があるんだけど今度一緒に行かない?」「今抱えてる仕事が終わったら、2人で飲みに行こう!」など、相手が乗りやすそうなお誘いをしたり。

つまり、2人の距離を縮めてくるようなお誘いラインは、脈ありの可能性が高いですよ。


年上女性と距離を縮めるLINE術|親しくなる連絡のコツとは?

LINEをしている年上女性に脈がありそうだとわかったら、さっそくアプローチしてみましょう。

ここからは、年上女性と親しくなるLINEのコツを5つ大公開。

すぐに実践できる具体的なものを紹介していくので、ぜひ取り入れてくださいね。


年上女性と距離を縮めるLINE術1. 連絡はマメに返す

2回に1回しか連絡が返ってこないなど、ルーズなやりとりをしていると、女性から「だらしない年下くん」と認定される恐れがあります。

相手からの連絡に気付いたらできるだけ早く返信し、挨拶などの質問文ではない内容のメッセージにも返答するようにしましょう。

女性はあなたに対して「きちんとしている」「大事にしてくれそう」といった印象を抱き、好感を持ってくれるはずですよ。


年上女性と距離を縮めるLINE術2. どんなところも積極的に褒める

異性にストレートに褒められると、年下なことを理由にそれまで意識していなかった男性でも、ドキッとする女性は多いです。

そこで、「今日の髪型、素敵でしたね」「実は前から、姿勢が綺麗だなぁと思ってました」など、相手の素敵だと思うところを素直に伝えてみてはいかがでしょうか。

相手は褒められたことを嬉しく思ってくれると同時に、その日からあなたを男性として気になりだすこと間違いなしです。


年上女性と距離を縮めるLINE術3. 相手に言われるまで敬語で話す

敬語を使うと距離を感じるからといって、すぐにため口でLINEをすると、相手から「失礼な人」といった印象を持たれてしまう可能性があります。

まずは「今日は〇〇ですね」「ありがとうございます!」といった堅くなりすぎない丁寧語を使い、相手から「敬語じゃなくていいよ」と言われるまでは変えないのがベター。

礼儀をわきまえた感じのいい人だと思ってもらうことで、女性側から距離を縮めてもらえるでしょう。


年上女性と距離を縮めるLINE術4. 相手が好きな話題を心がける

女性は、年下の男性とやりとりをしていると、どうしても大人目線になりがち。話題を作らなければと必死になって、あなたが自分の興味があることばかり送っていては、相手が退屈してしまいます。自分勝手なイメージを持たれ、「子供っぽい」と思われる危険も。

まずは相手の好きな音楽を自分も聴いてみて感想を言ったり、共通の知り合いについて話すなど、相手が参加しやすい話題を提供すること。

「年下だということを感じさせない、話していて楽しい相手」として認識してもらえ、年齢の差を感じずに距離が縮まりますよ。


年上女性と距離を縮めるLINE術5. 相談や質問をしてみる

同世代の男性から悩み相談や質問攻めをされるとウンザリする女性でも、年下の男性相手なら「かわいい」と思えてしまうもの。

「どんな男性がタイプですか?」といった踏み込んだ質問や、真剣な悩み相談でアプローチし、積極的に自分と相手の内面を見せ合いましょう。

自分に心を許してくれていると感じた女性は母性本能を刺激され、もっとあなたを知りたいと思うはず。


年上女性の脈ありサインを見逃さないで!

好きな年上女性とLINEをする時は、脈ありかどうかを文章で見極め、テクニックを使って距離縮めていくことが大切。

「LINEなんてしょせん文字のやりとりだから、頑張ってもそんなに意味はないのでは?」と思うかもしれませんが、気を遣って事務的な会話になりやすい年上女性とのLINEは、顔が見えないからこそ繊細な気遣いが必要なのです。

今回ご紹介したLINE術を実践し、好きな人のハートを射止めてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事