【2日でダイエットする方法】短期間で痩せる食事&運動メニューを大公開!

2日間でダイエットする方法を知りたい方へ。本記事では、2日間で痩せることができる体重から、2日間でおすすめのダイエットメニューまで大公開!具体的な食事法や運動法も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

2日間のダイエット何kg痩せることができる?

二日間ダイエットで何キロ痩せる?

特別な日のためにダイエットしようと思っていたのに、気が付けばその日まで残り数日に迫っていたなどということもあるもの。そんな緊急時に行う2日間ダイエットで、いったいどの程度痩せることができるのでしょうか。

人はそれぞれ基礎代謝量などに個人差があるため一概には言えませんが、プチ断食などによって2日間でおおよそ1kg~2kgぐらいの減量は見込めます。運動や食事メニュー、その方の筋肉量や体脂肪率などによっては3kgぐらい痩せられるかもしれません。

ただ、あまり無茶をするとリバウンドや体調を崩す原因にもなりますので、自分にとって無理のない範囲で行うことが大切です。


2日間でダイエットする方法|効果的に痩せる食事法&運動法を大公開!

効果的に痩せる食事療法と運動

ダイエットを決意していざ始めようと思っても、何から取り掛かれば良いのかわからないという方もいらっしゃるはず。特に短期間で痩せるということになれば、かなり効率よく行う必要があるのです。

そこでここでは、2日間でダイエットする方法について、食事法や運動法を中心に解説します。複数同時に取り入れるとより効果的ですよ。


2日で減量する方法1. 主食を豆腐やオートーミールなどに置き換え、カロリーを抑える

主食を置き換える

きつい食事制限をせずに痩せる方法としては置き換えダイエットがおすすめ。主食を豆腐やオートミールに変えるだけで、かなりカロリーを抑えることが可能です。

お茶碗1杯(150g)のご飯が約250kcalなのに対して、豆腐は同量で絹ごし90kcal、木綿でも120kcalぐらい。オーツ麦を原料とするオートミールは1食分が30gで110kcal程度。つまり、おかずなどその他のメニューを特に変えなくても、1日の摂取カロリーを400~500kcalほど減らすことができるわけです。

これは、体重50kgの方が8~10km走る消費カロリーに相当します。


1食カットするプチ断食もおすすめ!

痩せにくい体質の方や2日間で3kg減を目指す方には、1日1食をカットするプチ断食がおすすめです。

やり方は簡単、1日3食のうち、どこか1食を抜くだけ。それだけで1食分の摂取カロリーを減らすことができる上、食事の間隔が長くなることで、便秘解消・デトックスなど、様々な健康増進効果も期待できます。

ただ、気を付けていただきたいことは、1回の食事量は変えないということ。1食抜いたためにお腹が減って食べ過ぎた場合、余計に太る可能性もありますのでご注意ください。どうしても辛い場合は、糖質やカロリーの少ないスムージーを1杯飲むようにして我慢しましょう。


2日で減量する方法2. 朝と夜にストレッチを行い代謝を上げる

ストレッチを行い代謝を上げる

夜ふかしや運動不足など、現代人の生活はとかく不規則になりがち。そのため、体の働きを管理している体内時計のリズムも乱れやすくなっています。体内時計が狂うと自律神経が失調してホルモンの分泌や代謝機能まで低下するため、太りやすくなるのです。

そこで、朝と夜にストレッチを行い、体内時計の調整を試みてください。朝ストレッチを行えば、血行が促進されて自律神経が目覚め、1日の生活リズムが正常に開始されます。また、夜ストレッチを行うメリットは、就寝中の成長ホルモンの分泌量を増やすこと。成長ホルモンには、脂肪燃焼や代謝を促す効果もあるのです。


2日で減量する方法3. 一時間以上の有酸素運動を行う

有酸素運動で、摂取した糖質が消費されて効率よく体脂肪が燃焼し始めるのは20分程度経過してから。そのため、ダイエット目的の場合、通常は30分以上行うことが推奨されています。

ただ、それは長期でのダイエットの場合で、2日間で体重をある程度落とすためには1時間以上は頑張りたいところ。どうしても続けて1時間以上は無理だという場合は2度3度と分けても構わないので、トータル1時間以上を目指しましょう。

ポイントとして、有酸素運動は食後3時間以上経ってから行うのがおすすめ。体内の糖質が少ないほど、効果的に脂肪を燃やせるからです。


ボクサーダイエットで痩せる

ボクサーダイエット

短期間に痩せる方法としては、ボクサーダイエットもおすすめ。全身をくまなくダイエットできると女性にも人気のワークアウトです。

パンチを繰り出す時は、筋トレと同じ瞬発筋を使った無酸素運動となるため、筋量アップに効果的。筋肉量が増えると基礎代謝も上がり、平常時も運動中も消費カロリーが多くなります。

同時に、ステップを踏み続けて呼吸し続けることで、有酸素運動としての脂肪燃焼効果も見込めるという優れたエクササイズ。パンチを打つ際に腰を捻るので、お腹周りやお尻のシェイプアップ効果も期待できますよ。

ボクサーダイエットで痩せる


Youtubeの痩せるダンスで痩せる

有酸素運動でもう1つおすすめしたいのが、Youtubeで話題の「痩せるダンス」です。ダンスは有酸素運動の中でも、全身をあらゆる方向に動かす数少ない運動の1つ。脂肪燃焼効果の他にも、軽い筋トレ効果や筋肉がストレッチされることで血行が促されるため、代謝アップも期待できます。

また、ウォーキングやジョギングは単調に感じて飽きてしまいがちですが、ダンスなら楽しく続けられるという方も多いはず。正確に動きをマスターする必要はなく、だいたい同じように踊っていれば効果は期待できますので、気軽に試してみてください。

Youtubeの痩せるダンスで痩せる


2日で減量する方法4. 高温反復浴で消費カロリーを高める

お風呂の入り方を工夫するだけのこの方法では、1回の入浴でジョギング5~6km分にも当たる300kcalほど消費するとも言われています。

やり方は、42~43度に設定したお湯に5分間肩まで浸かった後、湯船から出て5分間休憩。2回目は3分お湯に浸かり休憩は5分。最後に3分湯船に浸かれば終わりです。2回の休憩の間に髪や体を洗えれば、トータル21分でダイエットと入浴を同時に済ますことができます。

ただし、かなり体に負担がかかる方法ではあるので体調管理には気を付けてください。高血圧などの基礎疾患を持つ方にはおすすめできませんし、そうでない方でも調子が悪い時は中止するようにしましょう。


2日間でダイエットする時の注意点3つ

二日間でダイエットをするときの注意点

これまで2日間で痩せる様々な方法をご紹介してきましたが、ダイエットは通常、もっと長い期間をかけて行うもの。それをたった2日で終えるためには効率の良さが大事です。

また、短期間のダイエットは心身への負担も大きいため、ケアを怠ると後々体調を崩す可能性も。そのため、2日間ダイエットを行う方は以下の3点に注意してください。


注意点1. 無理な断食はリバウンドの原因になるので注意する

現代人の多くは過食気味でもあるため、1日1食抜く程度の場合は体調が良くなるケースがほとんど。

しかし、だからと言って、2日間全く食べないなどという無理な断食は絶対しないでください。確かに食べなければそれだけ体重は減りますが、そのようなやり方では脂肪と同時に筋肉まで落ちて基礎代謝も下がってしまいます

基礎代謝が低いと少し食べただけでも太るので、結果的にそれはマイナスとも言える状態。リバウンドの原因を生み出さないために、プチ断食までにしておきましょう。


注意点2. タンパク質や食物繊維を多く含んだ食材を意識して摂取する

タンパク質豊富なものを食べる

ダイエットで効率よく脂肪を燃焼させるためには筋肉量を増やすことが有効。筋肉が大きくなればそれだけ消費エネルギーも増えるからです。

そして、その筋肉の材料となるのがタンパク質。そのため、2日間ダイエットを行う方は意識してタンパク質の多い食材を食べるようにしてください。

そして、もう1つおすすめなのが食物繊維を多く含む食べ物。食物繊維には水を含んで膨らむ性質があるために腹持ちが良く、過食を防いでくれるのです。また、便秘気味の方にはお通じが良くなるという効果も期待できます。


注意点3. 水分不足ならないように、水を2L程度飲むようにする

約60%が水分でできている人の体は、血液に代表される体液によって機能しています。その関係から、水分を多く取った方が酸素や栄養素の運搬、老廃物の排出が効率よく行われるので、新陳代謝アップや自律神経の調整などの効果も期待できます。そのため、2日間ダイエットを行っている方は、1日2L程度の水を飲むようにしましょう。

中には体重を減らすために水抜きまでする方もいますが、それはただ水分の重さが減っただけで痩せたわけではないため意味がありません。水分不足は代謝を悪化させ、痩せにくい体質になる可能性が大いにありますので、行わないようにしてください。


2日間のダイエットは体への負荷が高いので、無理のないように行おう。

なんとなくジムに通って筋トレをしたり走ったりするだけでは、1キロ痩せるだけでも結構大変。2日間ダイエットは、それ以上の結果をたった2日で期待できるものです。

ただ、後でリバウンドしてしまうようでは無意味。そうならないためにも、無理のない範囲で運動・食事両方のメニューを考え、計画的に行うようにしましょう。

元の身体状態に寄らず、2日間では3kgが限界と考えてください。理想の体型を手に入れるだけでなく、その維持も重要ですよ。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事