朝フルーツのメリットや効果|おすすめの果物や食べ方のコツも紹介!

朝フルーツのメリットや効果を知りたい方へ。本記事では、朝にフルーツを食べるメリットや効果から、おすすめの果物の食べ方やコツまで大公開!ダイエットや美容おすすめなので、気になった方はぜひ活用してみてください!

朝にフルーツを食べるメリット|どんな効果が得られるの?

朝にフルーツを食べるメリット_どんな効果が得られるの?

食後のデザートに食べるイメージの強いフルーツですが、実はフルーツを朝食にすることで美容やダイエットに大きな影響を及ぼすと言われています。

そこでここから、朝にフルーツを食べるメリットや効果を解説。

多くの芸能人やモデルも実行している、朝フルーツのパワーを知ってください。


朝フルーツのメリット1. 食物繊維が豊富なので、腸内環境が改善される

食物繊維が豊富なので、腸内環境が改善される

フルーツには水溶性の「ペクチン」や不溶性の「セルロース」など、多くの食物繊維が含まれているものがたくさんあります。

これらの食物繊維は、善玉菌である「ビフィズス菌」を増やしたり便通を改善したり、腸内環境を整えてくれるのです。

朝から昼にかけての時間帯は、体の老廃物を排出するデトックスタイムであるため、朝にフルーツを食べることで腸内環境の改善や代謝アップが見込めますよ。


朝フルーツのメリット2. カリウムが含まれるので、むくみ予防になる

むくみの原因となっているのは、血液の循環が悪くなったり塩分を摂りすぎたりすることで溜まった水分です。

フルーツには、カリウムが多く含まれており、カリウムには余分な水分や塩分の排出をサポートしてくれる役割があります。カリウムをしっかり摂ることで、むくみの原因である溜まった水分を流す効果が期待できるのです。

朝にフルーツを食べれば、カリウムの働きによりむくみを未然に防ぐことができますよ。


朝フルーツのメリット3. ビタミンが豊富なので美肌効果が得られる

ビタミンが豊富なので美肌効果が得られる

フルーツにはビタミン類が豊富に含まれています。

特にビタミンCは、紫外線によるシミや乾燥によるくすみなど、肌の天敵とも言える成分を抑制する働きに期待が持てるのです。また、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールも含まれているため、肌の新陳代謝を促しアンチエイジングにも効果が持てます。

瑞々しく美しい肌を保つために欠かせない栄養素を、朝にフルーツを食べるだけで手軽に摂ることができるのです。


朝フルーツのメリット4. 果糖・ブドウ糖は吸収が早いので、すぐにエネルギーになる

人間の脳は睡眠中も活動しており、その間に糖分をエネルギー源として消費しています。

朝起きるころにはエネルギーが枯渇していますが、果物に含まれる果糖やブドウ糖は吸収が早いため、すぐに脳へのエネルギーとして活用されるのです。さらに消化や吸収に役立つ酵素も摂取できるメリットもあり、その後の食事の消化をサポートしてくれます。

朝にフルーツを食べることで、睡眠時に空っぽになったエネルギーや栄養を脳へ素早く補給すれば、ボーッとしがちな朝もすっきり目覚めて良いスタートが切れるでしょう。


朝フルーツのメリット5. フルーツの香りでリフレッシュできる

フルーツの香りでリフレッシュできる

フルーツに含まれる香り成分は、アロマにも多く使用されるほどリフレッシュ効果が高くなっています。

種類によって異なりますが、フルーツの香りにはうつの改善や疲労回復に効果があると言われ、中でも柑橘系の果物には『リモネン』と呼ばれるリラックス効果やリフレッシュ効果の高い成分が含まれているのです。

朝からフルーツの香りを嗅げば、気持ちが穏やかになって集中力を高めることができますよ。


朝フルーツのメリット6. 調理の手間がないので、時短に繋がる

フルーツを食べる際、調理する必要がなく生のまま手軽に食べることができます。

「皮をむくのが面倒くさい」という人も中にはいるかもしれませんが、フルーツには実よりも皮のほうが多く栄養が含まれているため、皮をむかずにそのまま食べるほうがおすすめです。

手間がかからず手軽に食べることができる栄養豊富なフルーツは、なにかと忙しい朝を過ごしている人に最適の朝食と言えます。


朝におすすめのフルーツ5選|どんな果物がおすすめなの?

朝におすすめのフルーツ5選|どんな果物がおすすめなの?

朝にフルーツを食べると得られる効果やメリットが分かったら、次は具体的にどんなフルーツを食べればいいのか知りたいですよね。

そこでここから、朝におすすめのフルーツ5選を紹介。

種類によって異なる特長を知って、自分に合ったフルーツを見つけてください。


おすすめフルーツ1. りんご

りんご

りんごには、腸内環境を整えたり脂肪吸収を抑制する効果があります。

「リンゴペクチン」と呼ばれる食物繊維量が多く、便通を良くしたり腸内の善玉菌を増やしたりする働きが期待できます。

また、体内に脂質が吸収されるのを防ぎ、脂質をそのまま便として排出することが可能。さらに、りんごの皮に含まれる『ウルソン酸』は、脂肪燃焼効果があるため皮ごと食べるのがおすすめです。

ダイエット向きの食材なので、便秘に悩む人やぽっこりお腹が気になる人に最適のフルーツでしょう。


おすすめフルーツ2. キウイ

キウイは低カロリーで栄養素が豊富に含まれたフルーツ。100gあたり約53kcalとフルーツの中でもカロリーが低く、食物繊維やビタミン群が多く含まれています。特に、美肌効果が期待できるビタミンCが豊富で、1日に必要なビタミンCをキウイ1個で約70%もまかなうことができるのです。

さらに、ビタミンB群は脂質を分解する酵素の力をサポートし、食べることですぐに糖質や脂肪を分解してくれる効果があります。

食物繊維が豊富で腹持ちが良く低カロリー、そして脂肪燃焼を促す作用があるため、ダイエットしている人なら見逃せない果物ですよ。


おすすめフルーツ3. バナナ

バナナ

バナナには、ブドウ糖だけでなく果糖やショ糖も含まれています。これらの糖は摂取してから素早くエネルギーへと変換してくれるため、体力が維持できたり疲れにくくなったりする効果が期待できます。

一流アスリートもエネルギー補充にバナナを選ぶほど人気があり、忙しい朝でも皮をむいて食べるだけという手軽さも魅力です。

腹持ちが良くエネルギーが持続しやすいため、仕事や家事をしっかり頑張りたいという日にぴったりのフルーツとなっています。


おすすめフルーツ4. オレンジ

オレンジにはビタミンCをはじめとした抗酸化成分が盛りだくさん。ビタミンCは抗酸化力が強く、コラーゲンを増やす美容効果にも期待が持てます。

また、「ベータクリプトキサンチン」と呼ばれる成分は、脂肪や皮膚などに蓄積することで体の酸化を防いでくれ、「ヘスペリジン」というビタミンPの一種は血流を良くしてむくみを防ぎ、代謝を向上させてくれるのです。

朝にオレンジを食べることで、美容や美肌への高い効果が期待できますよ。


おすすめフルーツ5. ブルーベリー

ブルーベリー

「世界一栄養量が豊富なベリーの一つ」と言われるほど、ブルーベリーには多くの栄養素を含み、様々な効果が見込めるフルーツです。

代表的なものだけでも、ビタミンやミネラルが豊富、腸内環境を整えてくれる、強力な抗酸化物質を含んでいる、血糖値をコントロールしてくれる、コレステロールの酸化を防止する、など。

スーパーフードであるブルーベリーは、健康面や美容面において非常に大きな役割を果たしてくれるため、体の調子を維持したい人は積極的に食べましょう。


朝フルーツの食べ方|効果的に果物を食べるコツとは?

朝フルーツの食べ方_効果的に果物を食べるコツとは?

せっかく美容やダイエットのために朝フルーツを食べるのなら、正しい食べ方を知りたいですよね。

そこでここから、朝フルーツの効果的な食べ方やコツを解説。

より効果のある食べ方を知って、朝フルーツを堪能してください。


食べ方1. 朝はフルーツ以外は食べない

朝はフルーツ以外は食べない

フルーツを他の食事と組み合わせるより、フルーツのみを食べたほうが、消化吸収が良くなります。

酵素を多く含むフルーツは消化時間が早いのですが、消化に時間がかかる他の物を一緒に摂ってしまうと消化が早いというメリットが薄れてしまうのです。

しかし、栄養豊富なフルーツもタンパク質は不足しがちなので、タンパク質を摂取したければ牛乳やヨーグルトを朝フルーツにプラスするのがおすすめ。

基本的にフルーツだけ食べても効率的に栄養を補給することができるので、「朝は食欲がない」という人でも行いやすいですよ。


食べ方2. フルーツ同士でも食べ合わせに注意|基本は1種類を食べる

フルーツは種類によって含まれる酵素が異なるため、基本は1種類のフルーツを摂ることをおすすめします。

複数のフルーツを同時に食べると性質が違う酵素の影響で、消化や栄養素の吸収が悪くなってしまうのです。特に、バナナやぶどうなどの甘いフルーツと、キウイや柑橘系、いちごなどの酸っぱいフルーツの食べ合わせには注意が必要。

食べ合わせまで考えていると面倒なので、朝は1種類のフルーツだけ食べるようにすれば問題ありませんよ。


食べ方3. なるべく生のまま食べる

なるべく生のまま食べる

フルーツには水溶性ビタミンが豊富ですが、水と一緒に流れてしまったり熱に弱かったりする性質があります。

茹でるなどして加熱してしまうと、ビタミンが水と共に流れ出てしまい、加熱することで貴重な酵素が破壊されてフルーツの栄養素を効率良く摂取できなくなってしまうのです。

従って、極力手を加えずに生のまま食べるのが、フルーツに含まれた栄養素を最大限に摂れる食べ方と言えます。


食べ方4. ダイエット効果を得たいなら200kcalまでに抑える

フルーツには、栄養が多く含まれていて美味しく食べやすいからと言って、食べ過ぎると摂取カロリーが増えて太る原因になってしまいます。

厚労省と農水省が策定した『食事バランスガイド』によれば、1日あたり200gを目安にフルーツを食べることが推奨されているので、痩せるための目安として覚えておきましょう。

注意すべきなのは、朝で200gではなく1日で200gという点。栄養豊富でダイエットや美容に適しているフルーツと言っても、摂取量が増えすぎると逆効果になってしまうので気をつけてくださいね。


朝にフルーツを食べて美容と健康を手に入れよう。

朝フルーツは手軽に食べられ栄養価が高く、スムーズなエネルギー補給ができ、ダイエットや美容に効果があるなど、良いこと尽くしです。

「本当に効果があるの?」と疑問に思っている人も、まずは1ヶ月継続して行ってみれば、体の変化を実感することができるかもしれません。

いつでもどこでも簡単に手に入るフルーツを毎朝食べて、瑞々しく美しい体を手に入れてみてはいかがでしょう。

【参考記事】ダイエットに効果的なフルーツをもっと知るならこちらをチェック▽

【参考記事】ダイエットにおすすめの野菜ジュースはこちらをチェック▽

【参考記事】ダイエット向けシリアルはこちらをチェック▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事