経営本のおすすめランキング25選|仕事に活きる人気のビジネス書を大公開

ぉすすめの経営本をお探しの方へ。今記事では、経営本の魅力や選ぶポイントから、おすすめの経営本まで詳しくご紹介します。ビジネスシーンで役立つノウハウを学べる人気の書籍を解説するので、気になる本があれば、ぜひ読んでみてください!

前提として、経営本を読むメリットとは?

経営本のおすすめランキング

経営本とは、経営に関する知識・知恵が記載されたビジネス書のこと

会社を設立したい、カフェを経営したいなど、将来的に独立を考えているなら必要不可欠となるのが経営の知識です。経営本であれば、経営者を志す上で必要な知識を得られたり、先人の知恵を学べたりします。

また、実際に経営者となってから何らかの問題でつまづいた際にも、経営本に解決のヒントが書かれている場合も少なくありません。そのため、経営本は経営を始める前だけでなく、始めた後にも役立ちますよ。


経営本を選ぶ際は、学びたいジャンルに触れている1冊を選ぶ

経営本と一口にいっても、書かれている内容は本によって様々です。学びたいことと違うジャンルを選んでしまうと、その分得られるものも少なくなってしまいます。

例えば、競合企業と戦うためにも自社の強みを作りたいなら経営戦略について学ぶ必要がありますし、事業を円滑に行うならフレームワークについて知り活用できるようにすることが大切です。

まずは自分が経営の何について学びたいのかを明確にし、適切なジャンルの経営本を選ぶようにしましょう。


経営本のおすすめランキング25選|人気のビジネス書を大公開

経営者になりたい、事業の成功事例を知りたいなど、経営本に求めるものは人によって異なります。だからこそ、自分に合った経営本選びが必要なのですが、膨大なビジネス書の中から最適な1冊を選ぶのは難しいですよね。

そこでここからは、おすすめの経営本をランキングで紹介していきます。


【経営本のおすすめランキング第25位】いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み
  • ピンチに強い会社作りのコツを学べる
  • 躍進を続けてきたアイリスオーヤマの会長が著者なので、信憑性がある
  • 経営ノウハウを出し惜しみせず書いているにもかかわらず、1,000円台と手頃な価格だからコスパが良い

経営状況は時代によって左右される部分も多いもの。現代では新型コロナウイルスの流行があり、安定した経営ができるか不安を感じている方も多いでしょう。

「日経BP」の『いかなる時代環境でも利益を出す仕組み』では、アイリスオーヤマの会長がピンチに強い経営のコツを惜しげもなく紹介しています。実践的で参考になるという読者の声も多く寄せられていますよ。

自社にいつピンチが訪れるか予測できないからこそ、ピンチに耐えられる力を身につけたに方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:大山健太郎
  • 出版社:日経BP
  • ジャンル:経営戦略

【経営本のおすすめランキング第24位】「ダメな自分」でも武器になる コンビニバイトはクビでも年商14億企業をつくった男の人生戦略

「ダメな自分」でも武器になる コンビニバイトはクビでも年商14億企業をつくった男の人生戦略
  • 自分の才能を活かせる場所探しのコツを記載しているため、勉強になる
  • 得意なことを伸ばす重要性を述べているから、自分に自信がついてポジティブになれる
  • 成功を手にしてきたYouTuberたちのエピソードも載っていて参考になる

「事業で成功するのはほんの一握り」なんて言われると、起業をしたくても自信がなくなってしまいますよね。

「扶桑社」の『「ダメな自分」でも武器になる コンビニバイトはクビでも年商14億企業をつくった男の人生戦略』は、自分が活躍できる場所の見つけ方などを教えてくれる本です。読むことでポジティブシンキングになれるので、「買って良かった!」という口コミも多いですよ。

ネガティブシンキングになりやすい方にこそ読んでもらいたいおすすめの1冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:森泰輝
  • 出版社:扶桑社
  • ジャンル:自己啓発

【経営本のおすすめランキング第23位】できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ

できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ
  • 部下への上手な仕事の任せ方や叱り方などを学べるので、経営者ばかりに負担がかかる事態を防げる
  • 図解が豊富に掲載されているため、視覚的に分かりやすい
  • 各項目の最後にまとめのポイントが書かれているから、要点をしっかり押さえられる

会社を経営していくなら、部下に上手に仕事を任せることが重要。しかし、つい自分の力で何でもやろうとしてしまう経営者は意外と多いものです。

「PHP研究所」の『できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ』には、部下への仕事の任せ方や叱り方などを紹介しています。本書の内容を実践することで、経営者は経営者にしかできない仕事に集中できるようになるでしょう。

部下との上手な付き合い方を学びたい経営者の方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:伊庭正康
  • 出版社:PHP研究所
  • ジャンル:マネジメント

【経営本のおすすめランキング第22位】経営者になるためのノート

経営者になるためのノート ([テキスト])
  • 書き込み型の本なので、自分の考えを整理しながら深く内容を理解できる
  • 経営者を目指す人向けに必要な力を書いていて参考になる
  • 実際に成功を収めたユニクロ創業者の著書だから、説得力がある

いろんな本を読んでいると、次第に過去に読んだ本の内容を忘れてしまいますよね。

しかし、「PHP研究所」の『経営者になるためのノート』であれば、本文にあえて余白が作られているため、読みながら気づいたことを書き込んでいけます。しっかり内容を理解しつつ、自分の考えもまとめていけるのが良いと口コミでも大人気です。

「あの本読んだことあるけど、どんな内容だったかな?」というシーンに何度も出くわしたことがある方は、ぜひこれを試してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:柳井正
  • 出版社:PHP研究所
  • ジャンル:自己啓発

【経営本のおすすめランキング第21位】起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男
  • 「起業の天才」と呼ばれた男性のストーリーが読めて面白い
  • 大手企業リクルートが作られた経緯を知れるから、経営においての参考にもなる
  • ドラマチックで面白いと口コミで大好評なので、仕事の息抜きにもおすすめ

世の中にはいろんな経営者がいるので、自分の目標を見つけるため、あるいは今後の参考にするために他経営者のストーリーを知りたいという方もいるでしょう。

「東洋経済新報社」の『起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』は、リクルートを創業した江副浩正のすごさを記した本です。彼は「起業の天才」と呼ばれ、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスは彼の部下だった時期もあるとのこと。

果たしてどのような点が天才だったのか、江副浩正のストーリーを楽しめる面白い経営本なので、これから起業する方にはぜひ見て欲しい1冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:大西康之
  • 出版社:東洋経済新報社
  • ジャンル:経営

【経営本のおすすめランキング第20位】ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則
  • 有名企業の歴史を徹底調査した内容となっているため、経営を長期継続させるコツを学べる
  • 多くの経営者を支えてきたロングセラー本だから、安心して購入できる
  • 時代の流れに左右されにくい内容となっているので、経営の相棒としていつまでも参考にし続けられる

大手企業のように、何十年も続くような会社作りはなかなか難しいですよね。

「日経BP」の『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』には、3Mやディズニーなど、時代を越えて支持される企業18社の歴史を徹底調査した結果が書かれています。歴史ある企業の特徴や共通点を知れることで、いつの世も愛される会社作りに役立てられるでしょう。

長く継続する会社作りをしたいという経営者の方は、ぜひ参考にしてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:ジェームズ・C.コリンズ/ジェリー・I.ポラス
  • 出版社:日経BP
  • ジャンル:経営戦略

【経営本のおすすめランキング第19位】ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方 (角川書店単行本)
  • 具体例を挙げながら経営における改善点を教えてくれるので、参考になる
  • 1万人以上の経営者を導いてきたトップマーケターの名著だから、内容の説得力も抜群
  • 実践的なマーケティングノウハウが書かれているため、すぐにでも実行できる

経営戦略を練っていろいろ工夫をしているつもりなのに、いまいち手ごたえがないと焦りますよね。

「KADOKAWA」の『ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方』なら、具体例を挙げつつ経営の細かな改善点を解説してくれます。自分では気づけなかった問題に気づけることで、売上アップにもつなげられるでしょう。

しっかりと結果を出せるような力を身につけたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:ジェイ・エイブラハム
  • 出版社:KADOKAWA
  • ジャンル:マーケティング

【経営本のおすすめランキング第18位】イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」
  • 解決すべき問題と、今向かうべきではない問題の見極め方を教えてくれるため、時間の無駄遣い防止に役立つ
  • 図を使って解説しているので、初心者でも分かりやすい
  • 問題解決の定番書だから、経営者はもちろん就活生やビジネスマンなど幅広い方が参考にできる

やらなければならないことが山積みという事態は、経営者あるあるの1つ。しかし、問題に埋もれるような毎日では、仕事が一向に進まなくて困りますよね。

「英治出版」の『イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」』は、優先度の高い問題の見極め方を教えてくれます。本当に重要な問題を見極められることで、やるべきことが1/100にもなるということを説いているから、時間の無駄遣いも防げるでしょう。

時間に追われる毎日を送っている経営者の方は必読すべき1冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:安宅和人
  • 出版社:英治出版
  • ジャンル:ー

【経営本のおすすめランキング第17位】あなたは人生をどう歩むか 日本を変えた起業家からの「メッセージ」

あなたは人生をどう歩むか 日本を変えた起業家からの「メッセージ」 (単行本)
  • 有名起業家たちのサクセスストーリーとメッセージが書かれているので、自己啓発にうってつけ
  • 熱いメッセージから仕事へのモチベーションも上がる
  • Amazonで星4.9を獲得している大人気本なので、期待して手に取れる

実際に起業で成功を収めた有名人たちは、どのような人生を歩んだ末に成功したのか気になりますよね。

「中央公論新社」の『あなたは人生をどう歩むか 日本を変えた起業家からの「メッセージ」』は、有名起業家のサクセスストーリーが分かるビジネス書。成功者たちからがどのようにして今の地位を築いたのか、また彼らからのメッセージも伝わるから、経営者の道標にもなってくれるでしょう。

サクセスストーリーから自己啓発に役立てたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:千本倖生
  • 出版社:中央公論新社
  • ジャンル:自己啓発

【経営本のおすすめランキング第16位】システムを「外注」する時に読む本

システムを「外注」するときに読む本
  • システム開発についてのノウハウが書かれているから、会社のIT化や経営改善などに貢献する
  • ストーリー仕立てとなっているので、読みやすく面白い
  • システム開発の成功率を3割から9割に引き上げたスキル・知識が凝縮されているため、期待できる

IT化が進む現代において、経営者もシステム開発について関心を持つことが必要。しかし、システム開発は成功率が決して高くないと言われているため、つい尻込みしてしまう経営者もいるでしょう。

「ダイヤモンド社」の『システムを「外注」する時に読む本』には、システム開発について様々なノウハウが凝縮されています。社員がシステム開発に協力してくれるようトップがやるべきことなども記載されているから、経営者目線でやるべきことも分かるはず。

時代に合わせて会社のIT化に力を注ぎたいという経営者にぜひおすすめしたい経営本です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:細川義洋
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • ジャンル:経営戦略、システム開発

【経営本のおすすめランキング第15位】ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 儲かる会社の会計と経営がよくわかる本

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 儲かる会社の会計と経営がよくわかる本
  • 損益計算書や決算書など、お金のことでつまずきやすいポイントを分かりやすく教えてくれる
  • 儲かる会社の会計が分かるので、会社の成長にも役立てられる
  • 著者は税理士だから、内容に安心感を持てる

起業における悩みとしてお金は圧倒的に多いものですが、実際にお金の知識をどのように身につけたらいいのか分かりませんよね。

「ソーテック社」の『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 儲かる会社の会計と経営がよくわかる本』は、会計について分かりやすく解説している本です。会計が分かることで良い経営にも結び付けられるから、経営者なら必読と言われています。

会計に苦手意識を持っている方にとって克服の一手となるはずなので、ぜひ手に取ってみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:村田栄樹
  • 出版社:ソーテック社
  • ジャンル:起業、会計

【経営本のおすすめランキング第14位】企業の成長戦略が10時間でわかる本

企業の成長戦略が10時間でわかる本―――起業・MBA(経営学)・IPO(株式公開)のエッセンスを同時に学べる
  • 豊富な実績がある著者が執筆しているため、内容に対して信頼できる
  • AIを登場させるなど、未来的なことも書かれているのでこれからの事業に大いに役立つ
  • 図や表を交えてコンパクトにまとめられているから、読みやすい

経営戦略によって会社の業績は大きく左右されるもの。本に書かれた経営のノウハウを実践するとしても、「本当にこの内容でいいのかな?」と不安になることがありますよね。

「あさ出版」の『企業の成長戦略が10時間でわかる本』は、3000社以上の中小・ベンチャー企業に資金調達や成長戦略などを指導してきた輝かしい実績を持つ著者が経営ノウハウを伝授。さらに、堀江貴文など有名人からも推薦されるほどの名著なので、安心して実践に役立てられるでしょう。

信頼できるビジネス書をお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:木嶋豊
  • 出版社:あさ出版
  • ジャンル:経営戦略

【経営本のおすすめランキング第13位】起業を考えたら必ず読む本

起業を考えたら必ず読む本
  • 起業する際にやるべきことを記載しているので、経営者の入門書として最適
  • 実際に会社を大きくした社長たちのアドバイスが載っているから、参考になる
  • 起業の酸いも甘いも教えてくれるため、起業の心構えができる

「起業したい!」と漠然に夢だけ持っていても、実際に何から始めたらいいのか分からない方は多いでしょう。

「明日香出版社」の『起業を考えたら必ず読む本』は、起業のリアルがぎっしり詰まった内容となっています。起業したいなら決めておくべきこと、会社を辞める前にやっておくべきことなど、経営初心者が知りたい内容の全てが書かれていると言っても過言ではありません。

これから起業を検討している方は、ぜひ経営入門書として読んでみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:井上達也
  • 出版社:明日香出版社
  • ジャンル:経営戦略、自己啓発

【経営本のおすすめランキング第12位】経営計画は1冊の手帳にまとめなさい

新版 経営計画は1冊の手帳にまとめなさい
  • 経営計画を見える化させる極意を教えてくれるから、実践的で参考になる
  • 実際に18年連続増収を実現させている著者の本なので、内容に説得力がある
  • 事業計画書、事業融資など事業者が気になる対策やノウハウが記載されていて仕事に役立つ

いざ会社を経営してみると人材が育たない、売り上げが上がらないなど悩みは尽きませんよね。

「KADOKAWA」の『経営計画は1冊の手帳にまとめなさい』を読めば、経営の言語化や見える化がいかに重要かを理解できます。実際に経営計画を手帳にまとめて実践してきた著者は、18年連続増収という偉業を成し遂げているので、説得力も抜群です。

頭ではなんとなく経営計画を立てているものの、実践できているものは少ないかもと思い当たる経営者は、ぜひ参考にしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:小山昇
  • 出版社:KADOKAWA
  • ジャンル:経営戦略、マネジメント

【経営本のおすすめランキング第11位】なぜネギ1本が1万円で売れるのか?

なぜネギ1本が1万円で売れるのか? (講談社+α新書)
  • ブランディングの重要性を学び、会社の強みを作るヒントにできる
  • 100~200円のネギを1万円という高単価にして売った事例から、どんなアイテムも工夫次第で売れるという前向きな気持ちを持てる
  • 農業に限らず、他職種にも応用できる内容となっているため、どんな経営者にも参考になる

自社商品の売れ行きが芳しくなく、頭を抱えている経営者の方も多いのではないでしょうか。

「講談社」の『なぜネギ1本が1万円で売れるのか?』は、ネギ農家を営む著者の本で、ブランディングのコツを自身の経験に基づいて執筆。スーパーで100~200円程度のネギをなぜ1万円という価格で売ったのか、その目的や実際に売れている現状からブランディングの重要性を学べます。

本書では農業戦略を軸にしていますが、他職種にも応用可能なので、ぜひ自社商品をブランド化して成功したいという方は、一読してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:清水寅
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:ブランディング、マネジメント

【経営本のおすすめランキング第10位】ど素人でもわかる経営学の本

ど素人でもわかる経営学の本
  • 身近な企業を事例に挙げていて難易度も優しめなので、経営本入門書として最適
  • 文章だけでなくイラストや図なども豊富に使用しているので、視覚的に見やすくて初心者でも安心
  • 項目ごとに役立つポイントを記載しており、自分に必要なポイントを探しやすいから、読み返しの際にも便利

経営本は文章ばかりの本が多く、読むのが大変ですよね。

「翔泳社」の『ど素人でもわかる経営学の本』には、文章だけでなくイラストや図も盛り込まれているため、非常に読みやすいですよ。特に、経営についてまだ知識が浅い経営初心者の方でも、この本なら内容がスッと頭に入ると大好評です。

文字ばかりを見ると頭が痛くなってしまうという方でも、こちらの本ならスラスラと読み進められるので、ぜひ手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:中川功一
  • 出版社:翔泳社
  • ジャンル:経営戦略、マーケティング

【経営本のおすすめランキング第9位】無印良品は、仕組みが9割

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい (角川書店単行本)
  • マニュアルによって仕事を仕組化する大切さを理解できる
  • 誰もが知る有名企業の実例をもとに書かれているため、信憑性があって読みやすい
  • 38億円の赤字経営からV字回復をさせた敏腕経営者の著書なので、ピンチ時の立て直しで強い味方となってくれる

仕事をマニュアルにまとめることは大切と漠然と分かっていても、実際にどう作成・機能させていけば良いのか分かりませんよね。

「KADOKAWA」の『無印良品は、仕組みが9割』は、仕事を仕組化する重要性を説いています。また、本来マニュアルを作成すべきなのは誰か、マニュアルをどう機能させるのかなどにも触れているため、非常に実践的で役立つと多くの経営者から大人気ですよ。

大きな会社に成長させたいという野心を持っている方は、絶対に見るべきおすすめの1冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:松井忠三
  • 出版社:KADOKAWA
  • ジャンル:経営戦略

【経営本のおすすめランキング第8位】リーダーが壁にぶちあたったら読む本

リーダーが壁にぶちあたったら読む本―――劇的にチームが変革されていった、本当にあった話
  • 困難に遭遇した時にどう対処すべきか、立て直しのヒントが得られる
  • 多くの有名企業の社長たちが太鼓判を押す経営本だから、信頼して手に取れる
  • 著者自身の経験を織り交ぜながら書いているので、説得力がある

経営で壁にぶち当たった時、どう立て直しを行えば良いのか分からないという方は多いでしょう。

「あさ出版」の『リーダーが壁にぶちあたったら読む本』には、困難な場面に遭遇した際にリーダーが取るべき行動について書かれています。営業の原点を考えること、人材の大切さなどを章ごとに解説しているため、自分に足りないものも見つけやすいですよ。

経営者に求められるリーダーシップを育む指南書としてぴったりだから、困難にも負けない強さを身につけたい方は必見です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:神田和明
  • 出版社:あさ出版
  • ジャンル:マネジメント

【経営本のおすすめランキング第7位】ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
  • 戦略立てから成功までの一連の流れを正しくイメージできるようになるから、実践しやすくなる
  • Amazonで星4.3を獲得している人気本なので、評価が高い分安心感がある
  • ウィットに富んだ文章で、読んでいて面白い

「なんとか現状を打破したい!」しかし、目の前の問題解決のためだけに経営戦略を立て、そこで満足してしまう経営者は少なくありません。

「東洋経済新報社」の『ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件』は、ゴールを見据えた戦略論を展開しています。本書を読むことで、戦略を立て、実行、成功に向かっていくという一連の流れをまるで動画のようにイメージできるようになるでしょう。

目的を確実に達成していけるような戦略立てのコツが分かる人気の1冊なので、経営戦略を学びたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:楠木建
  • 出版社:東洋経済新報社
  • ジャンル:経営戦略

【経営本のおすすめランキング第6位】今すぐできる「戦略思考」の教科書

今すぐできる「戦略思考」の教科書 ビジネス本を何冊読んでも身につかない人のための
  • 著者は元平凡サラリーマンなので、学歴などがなくても努力で結果を出せるという勇気をもらえる
  • 初心者でも抵抗なく読みやすいにもかかわらず、書かれた内容は深いから、新人・ベテラン問わず役立つ
  • 著者の独創的なフレームワークなどが掲載されているため、実践に生かしやすい

高学歴で資格をたくさん持っているようなエリートマンが書いた経営本は、「もともと才能があったからでしょ。」と思えて現実味を持って読みにくいですよね。

「講談社」の『今すぐできる「戦略思考」の教科書』は、元中小企業の平凡なサラリーマンだった著者が自分の経験から本書を書いています。実践の積み重ねによってマイクロソフトチームの売上を倍増させるほどの力を手に入れた凄腕著者に、好印象と尊敬の眼差しを向ける読者も数知れません。

まさに、努力の賜物と言わざるを得ない素晴らしいビジネス書だから、自分の学歴や能力に自信がないけど起業を諦められないという方の心に刺さるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:筏井 哲治
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:フレームワーク、経営戦略

【経営本のおすすめランキング第5位】人を動かす

人を動かす 文庫版
  • 実践しやすい内容が書かれているため、初心者でも読みやすい
  • 自己啓発書の原点とも言われる名著だから、安心して手に取れる
  • ふなっしーやROLANDなどの人気著名人たちも目を通したことがあるベストセラー本

どんなにいいことが書かれたビジネス書でも、実践が難しいと役に立ちませんよね。

「創元社」出版の『人を動かす』は、人付き合いの原則を書いたビジネス書で、分かりやすさや実践のしやすさに長けています。読み終えた後、「これなら自分にもできそう!」という勇気が湧いてくるでしょう。

経営本をあまり読んだ経験がないという初心者の方でも、安心して読み進められるおすすめの1冊なので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:D・カーネギー
  • 出版社:創元社
  • ジャンル:自己啓発、人間関係

【経営本のおすすめランキング第4位】両利きの経営

両利きの経営
  • 事例が豊富なので、内容をイメージしやすい
  • 成熟企業における問題点を明確にし、何をプラスするとよりよくなるかを説いているため、会社成長のヒントにできる
  • ビジネス書大賞2020の特別賞を受賞している名著だから、期待して読める

企業経営における知識や問題点などをただ述べている経営本を見ても、いまいち頭に入ってこないという方も少なくないでしょう。

「東洋経済新報社」の『両利きの経営』は、日本の成熟企業における問題を豊富な事例を挙げて紹介しています。事例があることで内容のイメージが用意となり、読みやすいと口コミで大人気です。

専門性の高さなども大切だけど、読むからにはきちんと頭に入ってくるような工夫がほしいという方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:チャールズ・A・オライリー
  • 出版社:東洋経済新報社
  • ジャンル:経営戦略

【経営本のおすすめランキング第3位】FACTFULNESS(ファクトフルネス)

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  • 多くの人がしている勘違いを指摘し、思い込みから解放される大切さを学べる
  • 教育や貧困などの世界的問題だけでなく、コロナなど今注目の話題も取り上げられているため、今に合った知識を身につけられる
  • ビル・ゲイツやオバマ元大統領など、数々の有名人にも評価されている名著だから、安心して購入できる

新しい経営戦略を実践してみるなど様々な工夫をしていても、いまいち業績が上がらないと悩んでいる方もいるでしょう。

「日経BP」の『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 』は、教育や貧困など様々な世界情勢をもとに多くの人が勘違いしていることを指摘しています。一般常識だと思っていた内容を間違って覚えていた人は決して少なくなく、その事実に驚いた読者もかなり多いです。

こうした勘違いに気づいて基礎を正せば、世界だけでなく自分の会社のことも正しく見えてくるはず。闇雲に頑張ってしまっている経営者の方は、ぜひ手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:ハンス・ロスリング
  • 出版社:日経BP
  • ジャンル:経済

【経営本のおすすめランキング第2位】稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計
  • 経営と会計の結びつきについて学べて勉強になる
  • 著者の会計哲学が分かりやすく記載されているため、知識ゼロでも読みやすい
  • 会計の基礎を身につけられることで、新たな経営戦略や経営の立て直しなど様々なシーンで活用できる

経営者になりたいなら、経営戦略だけでなくお金のことにも詳しくなっておくことが必要です。しかし、経営学も学びながら会計学にも視野を広げるのは難しいですよね。

「日本経済新聞出版」の『稲盛和夫の実学―経営と会計』には、経営の原理に加えて会計についても解説しています。著者の会計哲学から活かせることも多いと口コミで大人気です。

経営と会計との深い結びつきを基礎から教えてくれるから、会社のお金は経理や税理士に任せっきりという方は、ぜひ一読してください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:稲盛和夫
  • 出版社:日本経済新聞出版
  • ジャンル:経営戦略、会計

【経営本のおすすめランキング第1位】孫子の兵法

孫子の兵法―――考え抜かれた「人生戦略の書」の読み方 (知的生きかた文庫)
  • 孫子の兵法から経営に役立つ様々なヒントを得られる
  • ゲームの攻略本のように読めるので、一般的なビジネス書よりも気楽に読める
  • 1979年に初版されてからのロングセラー本で、多くの人に支持されているから、安心感がある

ビジネスにはトレンドがありますが、経営戦略における根底は昔から変わっていない部分も多いため、基礎を学ぶためにも先人の知恵を借りたいところ。

「三笠書房」の『孫子の兵法』は、孫子が戦争において行った理論的戦略を紹介しています。実際にこの孫子の兵法を活用して事業に成功した例も多いため、経営のヒントを得るために読んでいる経営者も多いですよ。

いつの世も経営者たちの道標となってくれる1冊なので、経営者になりたい方ならぜひ一度は読んでおくべき経営本となるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:守屋洋
  • 出版社:三笠書房
  • ジャンル:自己啓発、マネジメント

人気の経営本から仕事に活かせるノウハウを学びましょう!

経営者を目指すなら、経営戦略やお金のこと、人材のマネジメントなど学ばなければならないことが山ほどあります。ノウハウを提供してくれる経営本はたくさんあるものの、何から手を付けたらいいのか悩みますよね。

今回は、おすすめの経営本をランキング形式で紹介しました。多くの経営者、ビジネスマンから高評価を得ているものばかりなので、ぜひ気になったものを手に取ってみてはいかがでしょうか。

【参考記事】おすすめの王道ビジネス書をご紹介▽

【参考記事】若手ビジネスマンにおすすめの勉強マンガをご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事