【入門から名著まで】経営本の人気おすすめ特集|基礎を学べる面白い書籍を大公開

おすすめな経営学のお探しの方へ。今記事では、経営学の本を選ぶポイントから、おすすめの書籍まで詳しくご紹介します。初心者でも読みやすい入門書も解説するので、経営学を勉強したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

経営本の選び方|購入する前に確認すべき点とは

経営学本のおすすめ

仕事のスキルアップや自己啓発などで経営学に関する書籍を読もうと思っている方も多いと思います。しかし種類が多く、どんな本なら自分に合っているのかわからないですよね。

そこで最初に、購入する前に確認すべき経営学本の選び方を詳しく解説します。


経営本の選び方1. 過去の事例について書かれたものを選ぶ

正論が述べられていても、事例が紹介されていなければ実感がわかない方もいるのではないでしょうか。

経営学本には、成功事例や失敗事例が紹介されているものもあります。成功事例の良い点、危機の立て直し事例から優れた点、失敗事例から参考にするべき点と繰り返してはならない点を学び、自分に落とし込むことで、本を読むことの価値を見出せますよ。

実際に行われた事例を通じて学びたい方は、過去の事例について書かれた経営学本がおすすめです。


経営本の選び方2. 実践的な内容のものを選ぶ

本で書かれていることを実践で活かしたいと思っても、どのように活用したら良いのかイマイチわからないですよね。

経営学本の中には、実践的な内容が書かれたものもあります。経営に直接関わってくるような戦略的内容であったり、マーケティング論などの実践的な内容について書かれたものを読むことで、経営力を身につけられるかもしれません。

読んだ内容を仕事につなげたい方は実践的な内容のものを選ぶようにしてくださいね。


経営本の選び方3. 尊敬する経営者の本を選ぶ

日頃から特定の経営者のSNSをフォローしている方も多いのではないでしょうか。しかし、SNSで最新の情報は得られても、経営者の過去の経験や考え方をしっかり理解することはできないですよね。

ベストセラー経営学本には、有名な経営者の本がたくさんラインナップされています。尊敬する経営者が自ら執筆している本を読むことで、インスピレーションを得たり、モチベーションのUPに繋げられるかもしれませんよ。

尊敬している経営者がいる方は、ぜひその方の本を選ぶようにしてくださいね。


経営本のおすすめ20選|基礎をしっかり学べる人気著書を大公開

業務改善や仕事の能力向上などに役立つ経営学本。人気の書籍をすぐにでも読みたい方もいることと思います。

そこでここからは、話題のおすすめ経営学本20冊をご紹介。基礎をしっかり学べるベストセラー入門書も公開するので、ぜひ参考にしてくださいね。


経営本のおすすめ1. 人事こそ最強の経営戦略

人事こそ最強の経営戦略
  • これからの人事をどう経営戦略に結びつければいいのかノウハウが書かれているから、人事部や管理職の人におすすめ
  • 大手企業や団体の事例が掲載されているから、実践的で参考になる
  • 日本の人事と海外の人事を比較しているから、目指すべきグローバル人事がイメージしやすい

人材の配置や育成、評価など人事は経営の要と考える方も多いと思います。しかし人事を経営戦略に結びつけて論じている書籍はそれほど多くはありませんよね。

『人事こそ最強の経営戦略』は、「人」を最強の経営資源ととらえて今後の人事について論じている本です。育成方法や評価制度のあり方など、具体的ノウハウが書かれているから、進むべき道筋がわかりやすいのが魅力的。

人事部員はもちろんのこと、部下の育成などで日々悩んでいる方に読んでもらいたいイチオシの一冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:南和気
  • テーマ:人事
  • 出版社:かんき出版
  • 発行年:2018年

経営本のおすすめ2. 経営者になるためのノート

経営者になるためのノート ([テキスト])
  • 各ページに書き込める余白があるから、読んだその場で感銘を受けた言葉や決意をメモして実行につなげられる
  • 答えが書いてあるわけではないから、自分なりにビジネスでどう活用したいのかを考えるきっかけになる
  • ユニクロで成功した柳井氏の本だから、ユニクロの経営を参考にしたい方にぴったり

ビジネスに役立つように素晴らしい本を読んでも、実践にうつせなければもったいないですよね。

「PHP研究所」の『経営者になるためのノート』は、本を読みながら自分にどう活かせるかが考えられる経営学本です。各ページに余白があるから、著者が仕事に必要と考える4つの力を読みつつ、自分で「こうしよう」と決断したことが書き込めます。

読書中に自分の考えや方針が明確になるので、読書後に学んだことをすぐ実行したい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:柳井正
  • テーマ:経営学
  • 出版社:PHP研究所
  • 発行年:2015年

経営本のおすすめ3. なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?

なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?
  • 倒産寸前からヒットメーカーになるまでのエピソードが熱く語られていて、読む人を前向きにさせてくれる
  • 実際にヒット商品を生み出した著者が、仕事で突き抜ける極意を教えてくれるので説得力がある
  • アマゾンで星4.4を獲得し、口コミでも好評価コメントが多いので、満足できる可能性が高い

仕事上の困難な状況をどう乗り越えればいいのか、わからなくて追い詰められてしまうこともあると思います。

この本は、倒産寸前だった水道工事会社を立て直した後に、他業種に進出して成功を収めた経営者のストーリーです。著者の強い意思や型破りの発想などが伝わるから、「勇気がもらえる」と口コミでも好評ですよ。

壁にぶち当たってもポジティブな気持ちに変えさせてくれる本だから、仕事がうまくいっていない社会人は読んでみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:関谷有三
  • テーマ:経営戦略
  • 出版社:フォレスト出版
  • 発行年:2021年

経営本のおすすめ4. FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  • 思い込みがいかに事実と違っているかが明確にわかるので、統計データなどを確認する必要性がわかり仕事でも役立つ
  • 年間ベストセラーやビジネス書グランプリなど5冠を達成したベストセラーだから読む価値が高い
  • 最近のデータが紹介されているので、自分の世界情勢についての思い込みを正すことができる

ついつい思い込みで仕事を進めてしまい、失敗した経験がある方もいるのではないでしょうか。

「日経BP」の『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 』は、データや事実から正しく物事を読み解くことを教えてくれる本です。多くの人が勘違いしている教育や貧困、環境などの世界情勢を統計データを用いて解説し、正しい見方に導いてくれる名著。

ビジネスの場で先入観や偏見などで物事を判断せず、客観的に捉える習慣をつけたい人におすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:ハンス・ロスリング
  • テーマ:世界を正しく見るスキル
  • 出版社:日経BP
  • 発行年:2019年

経営本のおすすめ5. 売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密

売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密
  • 「5段階利益管理表」で会社の弱点がわかるから、会社を改善したい経営者などにおすすめ
  • Amazonや楽天ブックスなど7部門でランキング1位を獲得した名著だから、満足できる可能性が高い
  • 約2,000円で経営にすぐに役立つ手法が勉強できるからコスパ抜群

売り上げが伸びているのに利益率が上がらない。でも何が悪いのか確実に改善できるポイントを見つけるのは難しいですよね。

『売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密』は、会社の弱点がその場でわかるベストセラー書籍。無一文から29億円の利益を達成した経営者がすすめる「5段階利益管理表」を使うから、説得力があり会社の改革に役立ちます。

特にeコマース企業の経営者や、営業部門を任されているリーダーなど利益率を上げたい人に読んでもらいたい名著です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:木下勝寿
  • テーマ:経営診断
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発行年:2021年

経営本のおすすめ6. ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」

ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」
  • ソニーを再生させた元経営者の逆転劇が書かれているから、リアルな経営談が知りたい方にぴったり
  • 著者の何がソニーを再生に導いたのか、ヒントがたくさん隠されているから参考になる
  • わかりやすい言葉で書かれているから、高校生や大学生でも経営の入門書として読みやすい

どんなに素晴らしいことが書かれていても、実際に経営にたずさわっていない著者の言葉は信じられない方もいると思います。

「日本経済新聞出版」の『ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」』は、ソニーの元経営トップ平井一夫氏が実体験による経営哲学を執筆した本です。実際にソニーを再生に導いたリアルな経験談だから、口コミでも「面白い」と好評価ですよ。

過去の実体験に基づいて書かれた経営本を探している方は、ぜひ読んでくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:平井一夫
  • テーマ:企業革新
  • 出版社:日本経済新聞出版
  • 発行年:2021年

経営本のおすすめ7. 良い戦略、悪い戦略

良い戦略、悪い戦略
  • 具体例やわかりやすい理論で解説されているから、説得力があって面白い
  • 良い戦略に必要な要素がわかるから、実際にビジネスシーンで使える
  • 戦略の研究者による世界的ロングセラー書籍だから、戦略的思考を学ぶ入門書として適している

プロジェクトを戦略的に進めたくても、どうすれば望んだ成果が出るのか悩んでいる方も多いと思います。

「日本経済新聞出版」の『良い戦略、悪い戦略』は、過去の海戦などの事例を用いて良い戦略と悪い戦略の違いが示された人気書籍です。ビジネスシーンでも役立つ具体例とわかりやすい理論だから、口コミでも「価値のある本」と人気ですよ。

どうすれば良い戦略が立てられるのか、具体的に知りたい方はこの本がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:リチャード・P・ルメルト
  • テーマ:経営戦略
  • 出版社:日本経済新聞出版
  • 発行年:2012年

経営本のおすすめ8. 世界標準の経営理論

世界標準の経営理論
  • 世界の主要な経営理論が網羅された経営学の入門書のような本だから、経営学を自分で勉強したい人にぴったり
  • 週刊ダイヤモンドベスト経済書2020で第1位になるなど、世間で認められた人気本だから安心して読める
  • 各章がそれぞれ完結しているから、自分が気になる項目から読み進められる

世界には様々な経営理論があふれているので、何が主流なのかが分かりにくいですよね。

「ダイヤモンド社」の『世界標準の経営理論』は、世界で認められている主要な約30の経営理論が網羅された書籍です。多くの経営理論を一冊にまとめてわかりやすく体系化しているから、経営理論の教科書のようで読みやすくて面白いと好評です。

世界の経営理論について、学校やセミナーなどに通わなくても自分で簡単に勉強をしたい社会人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:入山章栄
  • テーマ:経営理論
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発行年:2019年

経営本のおすすめ9. 頑張らせない経営

頑張らせない経営 (社員の「ムリ」「ムラ」「ムダ」をなくして会社を「儲かる体質」に変える3つの方法)
  • 現場の負担を減らしつつ生産性を高められるビジネスモデルだから、必死で働いているのに成果が出ない経営者などにおすすめ
  • 事例が紹介されているから、イメージしやすく理解が深めやすい
  • 具体的にノウハウが書かれているから、実践にうつしやすい

社員たちががむしゃらに働いてくれているのに、なかなか結果が出ないと焦りますよね。

「standards」の『頑張らせない経営 』は、社員を無理に頑張らせなくても高収益体質になる経営戦略を伝授してくれる人気本です。実際に約30年近く、経営戦略コンサルタントとして500社以上の企業を支援した著者の実戦に則した理論だから、説得力も抜群です。

必死に働くだけでは通用しなくなってきたと感じている経営者の方は、この本を参考にしてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:佐治邦彦
  • テーマ:経営戦略
  • 出版社:standards
  • 発行年:2021年

経営本のおすすめ10. 道をひらく

道をひらく
  • パナソニックグループを一代で創業した経営者のメッセージだから影響力が大きい
  • 1968年の発売から今もなお多くの人に影響を与えているロングベストセラー本だから、読んでおいて損はない
  • 仕事や経営の心得がわかりやすく書かれているから、これから社会で活躍する高校生や大学生、新入社員におすすめ

高校生や大学生、新入社員の参考になるビジネス書を探している方もいると思います。

「PHP研究所」の『道をひらく』は、大企業を一代で創り上げた偉大な経営者の思考がわかる名著です。具体的な方法が書かれたハウツー本ではありませんが、仕事や経営の心得などがわかりやすく書かれていて「気づきが多い」と好評です。

一つ一つの言葉に重みがあり、仕事への取り組み方も変わってくるから、これから社会人になろうとしている若い人たちにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:松下幸之助
  • テーマ:経営哲学、等
  • 出版社:PHP研究所
  • 発行年:1968年

経営本のおすすめ11. 両利きの経営

両利きの経営
  • 成功例と失敗例の対比など事例が豊富だから、理論だけでは理解しにくい人もイメージがわきやすい
  • 冨山和彦氏により、日本企業への示唆も解説されているから何をしなければならないのかがわかりやすい
  • 2020年ビジネス書大賞の特別賞を受賞するなど、世間で注目されている名著だから満足できる可能性が高い

「イノベーションの推進」などの経営目標がなかなか理解できず、どうしたらいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

「東洋経済新報社」の『両利きの経営』は、イノベーションに必要な探索と深化について解説しているベストセラー本です。成功事例と失敗事例の対比など事例が多いことからイメージがわきやすいのが特徴です。また、経営学者の入山章栄氏と冨山和彦氏による詳しい解説でさらに理解が深められますよ。

イノベーションについて詳しく勉強したい方は、この本がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:チャールズ・A・オライリー、マイケル・L・タッシュマン
  • テーマ:経営戦略論
  • 出版社:東洋経済新報社
  • 発行年:2019年

経営本のおすすめ12. NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX

NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX
  • 斬新な経営手法で世界的に成功したNETFLIXのリアルな内容だから、これから世界進出をしたい人に最適
  • NETFLIXの創業者・CEOが執筆した本だから説得力がある
  • 具体的な内容が書かれているから参考になる

将来的に世界進出を考えているものの、市場を広げつつどうやって経営を進めていけばいいのかわからない経営者も多いと思います。

この本は、190ヶ国で2億人の会員がいるNETFLIXの普通じゃない経営手法について詳しく語られた人気本です。休暇規定を撤廃するなど、「脱ルール」カルチャーを採用した経営手法は、これから世界進出しようとしている経営者にも勉強になることがたくさんありますよ。

今後の事業拡大を考えて世界で認められる企業に成長させたいと考えている方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:リード・ヘイスティングス、エリン・メイヤー
  • テーマ:経営戦略
  • 出版社:日本経済新聞出版
  • 発行年:2020年

経営本のおすすめ13. ワークマン式「しない経営」― 4000億円の空白市場を切り拓いた秘密

ワークマン式「しない経営」―― 4000億円の空白市場を切り拓いた秘密
  • 10期連続で最高益を出した経営者の斬新な経営方針が学べるから、新しい視点で経営を考えていきたい人にぴったり
  • エクセルデータを活用した経営で、具体的な手法が書かれているから役立つ
  • 常識を覆すような発想力だから、経営者だけではなくビジネスマンや学生も参考にできる

一般的な経営学の本では新しい発想が生まれにくい。企業変革のために常識を覆すような経営者の本も読んでみたいですよね。

「ダイヤモンド社」の『ワークマン式「しない経営」』は、今までのアパレル企業にない勝ちパターンで成功した「ワークマン」の経営戦略について書かれた書籍。「接客しない」など斬新な経営をしつつ、10期連続で最高益を出した企業経営者の考え方に刺激をもらえるに違いありません。

新しい視点で経営を考えてみたい経営者の方や、経営のいろんな成功パターンを勉強している方などにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:土屋哲雄
  • テーマ:経営戦略
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発行年:2020年

経営本のおすすめ14. 新規事業と多角化経営

新規事業と多角化経営
  • 実績がある著者が研修プログラムをベースに執筆した本だから、多角化経営の入門書として読みやすい
  • 自社事例を含む豊富な事例が掲載されているから、実践ノウハウがわかりやすく勉強になる
  • 追加で多角化情報や経営ノウハウなどの限定情報が入手できるQRコード付きだからお得感がある

ビジネストレンドがめまぐるしく変わる昨今。本業だけでは将来性に不安があり、本業以外にも分野を広げたいと考えている経営者の方もいることでしょう。

「クロスメディア・パブリッシング」の『新規事業と多角化経営』は、実際に多角化経営で年商合計200億円を超える企業に成長させた経営者が執筆した書籍です。成功実績をもとに多角化経営の基礎からわかりやすく書かれているから、多角化経営初心者でも読みやすいのが魅力的。

事業の多角化を考えている中小企業の経営者の方は読んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:山地章夫
  • テーマ:多角化経営法
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング
  • 発行年:2021年

経営本のおすすめ15. ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!
  • 業績悪化などのピンチを乗り越えられるような業務改善のノウハウが具体的に書かれているから、問題を抱えている社会人の参考になる
  • 小説形式で読みやすいから、ビジネスストーリーの1つとして読み流すだけでも楽しめる
  • 国内のトップランナーたちが絶賛する名著だから、安心して購入できる

業績悪化などピンチに追い込まれると、目標を見失って「もうだめだ」と諦めてしまいがちですよね。

「ダイヤモンド社」の『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』は、経営の問題解決に重要な業務改善プロセスについて解説されているベストセラー本です。工場閉鎖を言い渡された機械メーカーの工場長が、3ヶ月で問題を解決していくストーリーで、小説形式で執筆されているので読みやすいと人気です。

具体的な業務改善のノウハウが満載なので、困難な状況に置かれている方にぜひ読んでもらいたいおすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:エリヤフ・ゴールドラット
  • テーマ:企業再生
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発行年:2001年

経営本のおすすめ16. マネジメントへの挑戦 復刻版

マネジメントへの挑戦 復刻版
  • 日本の経営学の源流をつくった著者の本だから、経営学の歴史を学ぶ人にぴったり
  • 今でも十分通用する経営理論だから実践でも役立つ
  • 経営コンサルタントとして1万社近くの企業に指導した著者の本だから説得力がある

現代の経営学につながる著名な外国人のロングセラー本はたくさんあるけれど、日本人の経営学の源流を知りたい大学生や社会人もいると思います。

「日経BP」の『マネジメントへの挑戦 復刻版』は、日本の経営学の源流をつくった著者の1965年に上梓された書籍の復刻版です。執筆されたのは55年以上前と古いものの、「中小企業の救世主」として定評のあった著者の名著だから、経営学の流れを学ぶのにぴったりです。

日本人の経営学のもととなった考え方を勉強したい方はぜひ参考にしてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:一倉定
  • テーマ:マネジメント
  • 出版社:日経BP
  • 発行年:2020年

経営本のおすすめ17. HARD THINGS

HARD THINGS
  • 既に成功を収めた著者の壮絶な起業家時代が書かれているから、起業を考えている人たちも勇気がもらえる
  • ビジネス書大賞などを受賞したことがある名著だから安心して読める
  • 実体験だけではなく、どう困難に向き合ったかという教訓がアドバイスされているから参考になる

起業を考えている人の中には、「困難を乗り越えられるのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

「日経BP」の『HARD THINGS』は、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを成功させた著者が、起業後の壮絶な実体験を記した書籍です。既に成功している著者でも起業家時代は次々と困難に襲われ、切り抜け続けて大成功を収めるまでのストーリーだから、勇気がもらえますよ。

実際に困難を乗り越えて成功した人の説得力のあるアドバイスだから、起業を考えている人にぜひおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:ベン・ホロウィッツ
  • テーマ:起業
  • 出版社:日経BP
  • 発行年:2015年

経営本のおすすめ18. 心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために

心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫)
  • 困難に打ち勝つヒントがもらえるから、自信を失った時に助けられる
  • 日本を代表する経営者の1人の経営訓だから説得力が抜群
  • 文庫本サイズで持ち運びしやすいから、心がくじけそうな時にいつでも読める

経営に携わっていると自信を失う場面もたくさんありますよね。でもなかなか立ち直れずに時間だけが過ぎてしまうことも。

「PHP研究所」の『心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために』は、2つの大企業を創業した経験をもつ稲盛和夫氏が、経営者人生を通じて学んだ人生訓や経営訓などを集大成した名著。困難に打ち勝つヒントがもらえ、内容に勇気づけられると好評です。

自信を失いがちな経営者の方は、ぜひこの本がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:稲盛和夫
  • テーマ:経営訓
  • 出版社:PHP研究所
  • 発行年:2004年

経営本のおすすめ19. 問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション

問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション
  • ファシリテーションが高校生や大学生にもわかりやすい言葉で説明されているから、初心者でも読みやすい
  • 図などを活用して解説されているから、視覚的にも理解しやすい
  • 実際に企業や地域、学校の課題を解決した事例が紹介されているから、理解が深めやすい

問題解決のためにファシリテーションを社内に取り入れたくても、イマイチ理解できなくて簡単に書かれた本を探している方もいると思います。

『問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション』は、初心者向けにわかりやすくファシリテーションが説明された一冊。問いの技法やファシリテーターに必要なスキル、ファシリテーションの技法など、基礎的な内容が勉強できます。

問題を解決するために、メンバーを本気にさせるように導いていきたい方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:安斎勇樹、塩瀬隆之
  • テーマ:ファシリテーション
  • 出版社:学芸出版社
  • 発行年:2020年

経営本のおすすめ20. 新版 ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント

新版 ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント
  • ドラッカーの伝えたかったことを的確に解説しているから、マネジメントの入門書として最適
  • 図や具体例が用いられているから、理解を深めやすく自分の中で納得しやすい
  • 難しいドラッカーの本を読まなくても、この本だけでマネジメントが理解できる

「マネジメントとは何か」と悩んでいる方もいると思います。

「日経BP」の『新版 ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』は、アメリカで直接ピーター・ドラッカーから学んだ著者が、ピーター・ドラッカーが伝えたかった真のマネジメントについて、わかりやすく説明している書籍です。ドラッカーの理論だけでなく、現場でどのように活用すれば良いのか具体的なヒントも得られるのが魅力です。

マネジメントについて、勉強したいと考えている中間管理職の方におすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:藤田勝利
  • テーマ:マネジメント
  • 出版社:日経BP
  • 発行年:2021年

自分の境遇に合う「経営学本」を見つけて参考にしてみて。

経営学本は、会社の経営や業務改善などに役立つツールですが、多種多様な書籍が多くてどれを選べば満足できるのか悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では経営学本の選び方を解説し、世界の主要な経営学が簡単に学べる入門書や偉大な経営者の読みやすい本など、人気の経営学本の特徴や魅力を詳しくご紹介しました。ぜひ参考にして仕事に役立つ一冊を見つけてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事