洋書のおすすめランキング15選|初心者でも読みやすい人気の英語本を大公開!

おすすめの洋書をお探しの方へ。今記事では、洋書の特徴や選ぶポイントから、おすすめの洋書まで詳しくご紹介します。英語の勉強にも役立つベストセラーの1冊も解説するので、気になる本があれば、ぜひ手にとって読んでみてください!

そもそも、洋書とは?

洋書のおすすめランキング

洋書とは、主に欧米で出版された本や、英語・フランス語・ドイツ語などヨーロッパの言語で書かれた本のこと

これ以外にもヒンディー語やアラビア語など、アジアやアフリカの言葉で書かれたものも含まれることがあり、広い意味として「日本以外の地域で出版された本」あるいは「日本語以外の言語で書かれた本」のことを指す場合もあります。

読む難易度も英語初心者が読めるやさしいものから、中学生高校生用、ビジネス書まで様々です。


洋書の選び方|事前にチェックすべきポイントとは

英語学習において、有名洋画や海外ドラマなど勉強していく楽しいコンテンツはたくさんあり、洋書もその一つです。

そんな中、洋書は現在たくさん販売されていてどれを選べば良いのか分からないでしょう。

そこでここからは、自分に最適な洋書の選び方をご紹介していきます。


洋書の選び方1. 自分の英語レベルに合う1冊を選ぶ

レベルを一切調べず、聞いたことのある名著を購入してしまうと自分のレベルと合っていないことがよくあります。これではせっかく始めようと思った勉強も、趣味で始めようと思った読書も捗りません。

最近では、英語初心者の小学生向け書籍からビジネス書よりの書籍まであります。

本屋で実際に何ページか読んでみたり、インターネット上でサンプルを少し読んでみるなど自身のレベルに合うか事前に調べてみることがおすすめです。


洋書の選び方2. 好きなジャンルの書籍を選ぶ

イラストや洋書の表紙の好みだけで購入しても、本当に自分が面白いと思う内容であるかはわかりません。たとえ、絵が好みで読みやすかったとしても、興味の全く湧かないものであれば購入したことも無駄になってしまいます。

洋書はジャンルも様々。フィクション系でホラー、感動する恋愛のものからノンフィクションでビジネス、アートなど豊富です。

自分の好きなジャンルを十分に理解してから洋書を選んでいきましょう。


洋書の選び方3. 電子書籍に対応してるか確認して選ぶ

「長期的な出張や旅行の時に何冊も持ち歩ければ良いな」と思いますよね。結局、洋書を購入しても出番なく終了なんてよくある話。

現在では、電子書籍に対応しているものから完全に書籍のみの対応のものまであります。

洋書と言っても様々ですが、ページ数が多くかさばってしまうものが多いです。持ち運びやすい電子書籍で読みたい方は、その本が電子書籍に対応しているかも確認しましょう。


洋書のおすすめランキング15選|人気の高い海外の書籍を徹底ガイド

洋書も幅広いジャンルがあるので、自分にとってどれが良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は小中学生向けの優しいものから、ビジネスマンの有名な洋書までおすすめの洋書をご紹介します。

あなたにとっておきの一冊を購入しましょう。


【洋書のおすすめランキング第15位】The Catcher in the Rye (English Edition)

The Catcher in the Rye (English Edition)
  • オリジナリティあふれる文体が読者を魅了するので、和訳では味わえない
  • 独特なストーリーだけど、高校生レベルの文法能力があれば読み込める
  • 独特が故に、賛否両論。好みが分かれる作品なので自分はどちらなのかという点でも楽しめる

「無理に訳されたものではなく英語ならではの洋書を読みたい。」英語の文体を楽しみながら、読書に耽りたいですよね。

『The Catcher in the Rye (English Edition)』は、一見くどいように見える繰り返しの表現が主人公の性格を見事に表し、翻訳では味わえない「英語感」を得られます

物語の内容は、主人公は嘘が大嫌い。嘘への不満を語り続け、3日間ニューヨークを旅をする。というところからスタートします。

純粋に「英語」という言語を楽しみたいという方にはおすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:J. D. Salinger
  • 発売日:2019年8月13日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第14位】The Complete Peanuts

The Complete Peanuts Vol. 1: 1950-1952 (English Edition)
  • 歴史上最も人気のアメリカンコミック。世界一有名なビーグル犬であるスヌーピーも登場
  • 皮肉的な表現やジョークも勉強することができるので、英語の面白さに触れられる
  • 完璧に理解できなくても、一歩奥深い英語学習につながるので実用的

「正統派の洋書ではなく、面白要素も含まれてるものも見つけていきたい。」かしこまった表現が多いものでは退屈してしまうこともありますよね。

『The Complete Peanuts』は正統派とは一味違った英語を知ることができます。また、キャラクターデザインが魅力的で可愛らしく、大人でも見入ってしまうほど。約50年分の全てをコミックに凝縮しているので、「PEANUTS」マニアも揃えておきたい作品です。

読書という観点だけでなく、ビジュアルで楽しみラフに見られる実用的洋書をお探しの方にはおすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Charles Schulz
  • 発売日:2004年4月30日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第13位】Biography of Stephen Hawking

スティーヴン・ホーキング・ストーリー The Biography of Stephen Hawking (ラダーシリーズ Level 5)
  • 有名なラダーシリーズの中級編、読みやすいので高校生でも読める
  • 博士の波瀾万丈な人生と彼の宇宙論を知ることができる一冊
  • 総単語数1万文字の洋書なので多読や速読したい方におすすめ

「勉強としての洋書が欲しいけど、どれを選べばいいのかわからない。」リーディング力を上げるための洋書を探すのはなかなか難しいですよね。

『Biography of Stephen Hawking』は学習者の実力に合わせ無理なくステップアップできるように開発されたラダーシリーズの一つです。高校生レベルの比較的易しい英語で記述されているので速読・多読に向いています。

物語は、若くして難病と診断された博士は余命2年と告げられつつも、50年以上の研究を続けます。波瀾万丈な奇跡と宇宙論に対する情熱に引き込まれること間違い無しですよ。

これから社会に出ていく方や資格を取得していく方必見です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Nina Wegner
  • 発売日:2016年5月24日
  • 電子書籍:×

【洋書のおすすめランキング第12位】The Great Gatsby (Evergreens)

The Great Gatsby: Illustrated (The Evergreen Classics) (English Edition)
  • 人生経験が理解の一助になり、ライフステージごとに感じ方も変わる作品
  • 1925年出版の作品で、ネイティブでも難しいと感じるレベル
  • 村上春樹さんの最も好きな作家なので、一度手に取りたい作品

「難易度問わず一生残しておける作品が欲しい」自分の人生を通して心に響くような作品があればいいですよね。

『The Great Gatsby (Evergreens)』は若い時と歳をとった時の感じ方が変わってくる「お金」「権威」「人脈」などがテーマの本

小説家志望の主人公の隣人は豪邸を構えていて、毎晩ホームパーティが行われています。しかしその豪邸の主は何かと悲しげな顔を浮かべている。というあらすじです。

人生で何度も読み返したくなるような興味深い本を探している方におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:F. Scott Fitzgerald
  • 発売日:2017年9月8日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第11位】The Silence of the Lambs (Hannibal Lecter Book 2)

The Silence of the Lambs (Hannibal Lecter Book 2) (English Edition)
  • サイコホラーというジャンルを確立した衝撃作品なので、ホラー耐性のある大人向け
  • 世界中で熱狂的なファンの存在するレクター博士が読者を完全に虜にする
  • サスペンス独特の英単語も頻出するので、勉強になり読める洋書の幅も広げてくれる

「洋書に慣れてきたし、引き込まれる新ジャンルに挑戦していきたい。」同じジャンルばかり読み続けるのは飽きますよね。

『The Silence of the Lambs (Hannibal Lecter Book 2)』は著者の出世作であり、世界中で読まれているサイコホラーの傑作です。

心理学者のレクター博士は人肉を食べることで快感を得るカニバリスト。主人公は連続殺人事件を追いかけるためレクター博士に知恵を借りようとする。というあらすじ。

新しいジャンルに飛び込み、衝撃を受けたいという方はぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Thomas Harris
  • 発売日:2009年12月28日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第10位】Breakfast at Tiffany's (Vintage International)

Breakfast at Tiffany's (Vintage International) (English Edition)
  • 自由奔放に生きる美女と小説家志望の青年が惹かれ合う夢ある恋愛の物語
  • 高校生にとっては英語の難易度はかなり高く、上級レベルの登竜門となる作品
  • 映画とはまた別の良さがあり、輝きのある主人公のセリフに見入ってしまう

英語には自信がある方なら、難しい洋書を読んでみたいと思うでしょう。

『Breakfast at Tiffany’s (Vintage International)』はTOEIC900レベルでも難しいと感じる作品ですが、ヒロインの魅力に引き込まれ難易度を忘れてしまうほど。ヒロインに振り回される主人公に見入り、難しい単語を調べながらも、ついページを進めてしまいますよ。

楽しみながら高難易度のものに挑戦したい方には、おすすめの一冊。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Truman Capote
  • 発売日:2012年5月15日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第9位】The Moon and Sixpence

The Moon and Sixpence
  • アートのために人生を捧げた画家、ポール・ゴーギャンがモデルの作品
  • 美術の知識ゼロでも、全く問題なし。多くの人を魅了する作品
  • 英語の勉強していないと、難しいと感じる上級レベルの洋書

「のめり込める人気作品かつ上級者向け洋書が見つからない。」難単語もたまには含まれていないと読み応えがないですよね。

『The Moon and Sixpence』はTOEIC900点越えのレベルでも未知の単語が出てきます。しかし分かりやすい文体で巧妙なストーリーなので、スラスラと読めてしまうでしょう。

4人家族を支える主人公はある日、姿を消し画家を目指します。家族を捨てた彼は多くを惹きつける魅力的な男性と出会う。というあらすじです。

ストーリーに夢中になりながらも、難しい文書を読みたい人はぜひ読んでみて下さい。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:W. Somerset Maugham
  • 発売日:2009年8月31日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第8位】The Body (English Edition)

The Body (English Edition)
  • ホラーの帝王と呼ばれる著者が手掛けた非ホラーの最も人気作品
  • 英語学習者向けに書き直した基礎レベルの作品なので、辞書無しでスラスラ読める
  • 主人公の少年の気持ちも繊細に描かれているので考えさせられる

「登場人物に感情移入できない。」どうせ洋書を読むなら、登場人物に心掴まれどっぷりと感情移入したいですよね。

『The Body(English Edition)』は死体を探しに少年たちが冒険に出る物語。彼らはみんな問題を抱えた家庭出身で、心に傷を負っています。「死体を見つけることで何かが変わる」ことをとにかく信じ、旅に出ます。

一生忘れられないものを少年たちと共に見つけにいきたい方にはおすすめの人気感動作品。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Stephen King
  • 発売日:2018年6月5日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第7位】Norwegian Wood

Norwegian Wood (Vintage International) (English Edition)
  • 親友の彼女に恋して物語が進む、多読向きな恋愛と哲学の物語
  • キャラや登場人物がとても魅力的な村上春樹さんらしさが全開
  • 村上春樹の文体を上手く英語で表現している、良い翻訳者との自信作

「日本語で知っている作品を読み耽ってみたい。」日本語と英語間の言語の違いを感じ取れる作品はなかなかないですよね。

『Norwegian Wood』は文章の秀逸さで人気な村上春樹が著者。「〇〇という日本語が□□という英語で訳された」という観点で読むこともできます。

作品のテーマは生と死。親友の自殺をきっかけに主人公が「死」と向き合い進んでいく物語です。

村上春樹さんの作品の中でも世界観が最も象徴的な作品と言われているので、多読して言語の違いを楽しみたい方必見

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Haruki Murakami (著), Jay Rubin (著, 翻訳)
  • 発売日:2010年8月11日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第6位】Wonder(English Edition)

Wonder (English Edition)
  • 320ページと少し長めだが、英語上級者レベルには簡単
  • THE"感動できる有名洋書"なので最後は涙無しで読めない作品
  • 様々な他人の視点から、章ごとの主人公の変化に着目すべき作品

ある程度の英語の基盤は抑え、人生のバイブルにもなるような良い洋書はないかなと探している方もいるでしょう。

『Wonder(English Edition)』はTOEIC700点ほどの方であれば、毎ページ1つほどしか未知の単語は出てきません

ストーリーとしては、遺伝子の突然変異により、顔に障害を持って生まれた主人公が毎日嫌がらせに遭います。主人公はそれにどう立ち向かい、どう人生を歩んで行こうと決めるのか、という作品。

英語も学びながら、友人にも紹介できるような心に刺さる本を探したいと感じている方は必見です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:R J Palacio
  • 発売日:2012年2月14日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第5位】Who Moved My Cheese?

Who Moved My Cheese?: An A-Mazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life (English Edition)
  • 大谷選手の愛読書としてメディアでも推奨されている有名な作品
  • 少し哲学的ですが、中学生レベルの単語で、ストーリーも平易で読みやすい作品
  • 主要登場人物4人の性格が各々異なるので、自分とも置き換えられる

「英語を勉強しながら、生きていく上で大切なことも学べたら良いのにな。」と考えたことはありませんか。

『Who Moved My Cheese?』は英語勉強の初心者に人気の作品。チーズを得ようと、ネズミと人間はそれぞれの方法で工夫をこらします。突然、チーズが消えその後、彼らはどうするのかという物語。自分の大切なものが消える時あなたはどう行動しますか。

勉強と同時に、自分の大切なものに向き合いたいという方には最もおすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:SPENCER JOHNSON
  • 発売日:1998年9月8日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第4位】The Alchemist (English Edition)

The Alchemist (English Edition)
  • 夢か現実かという万国共通のテーマに共感できるので、物語も大人向けの童話風で読みやすい
  • 錬金は金を生成することだけではないと教えてくれる自己啓発本
  • ハリウッドスター、ウィルスミスの愛読書として有名で高い人気を誇る

「何度読み返しても面白いという感覚を味わいたい。」一度読んだら、本棚の奥にしまわれることはよくありますよね。

『The Alchemist (English Edition)』はウィルスミスが愛読書にしていると言われる作品なので、彼の生き様をこの本が形成したと言っても過言ではありません。またテーマが夢なのか現実なのかと言う分かりやすいストーリーなので、大人でも楽しめるような作品になっています。

人生のバイブルとして、何度も読み返したい本を探していると言う方にはイチオシですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Paulo Coelho
  • 発売日:2015年2月24日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第3位】Holes

Holes (Holes Series)
  • アメリカにて児童文学部門の受賞歴があるので、信用できる内容
  • ディスニーにて映画化もされてる分かりやすい人気ストーリー
  • 複雑に絡む歴史と伏線回収が見事で、心に残りやすい洋書

「王道作品だと展開が読めてしまってつまらない。」先の展開が読めない物語でドキドキしたいですよね。

『Holes』はアメリカで全米図書賞やニューベリー賞を受賞しており、定番中の定番の人気作品です。ストーリー中に複雑に絡む歴史や点が線として繋がる伏線の回収の仕方は、脱帽するものが多く、読んでいて圧巻ですよ。

単調なストーリーかと思いきや、その中には大人も十分楽しめる作品になっているので、定番の中でも少し予想外の展開を楽しみたいならこの洋書がおすすめ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Louis Sachar
  • 発売日:2000年5月9日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第2位】Me Before You

Me Before You: The international bestselling phenomenon
  • 映画化もされている人気作品で、評価が高い
  • 比較的簡単な英語が使われており、初心者にも読みやすい作品になっている
  • 死にたい人と生きて欲しい人が対立する、誰もが感動する作品

「複雑な英文が少なく、短文の多いかつ感動する作品が見つからない。」どちらのポイントも抑えてるのを探すのはなかなか難しいですよね。

『Me Before You』は生きている日々に感謝でき、感動する名著としてAmazonでもかなりの高評価を得ていて、映画化もされています。また英語始めたばかりの初心者にも優しい比較的簡単な英語で書かれています。

英語初心者でかつ感動的な作品を探しているという方には最もおすすめの作品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Jojo Moyes
  • 発売日:2012年1月5日
  • 電子書籍:◯

【洋書のおすすめランキング第1位】The Little Prince

The Little Prince
  • アマゾンベストセラーのNO.1商品で1億3000万部以上販売されている
  • 王子様が旅する6つの星は、人生で溺れがちな6つの欲を象徴としていて、入り込みやすい
  • 短く、語彙が簡単にも関わらず、内容が深いと言われる名著

「まずは初心者向けの王道洋書を探したい。」購入する1作品目は失敗したくないですよね。

『The Little Prince』は世界最大企業であるアマゾンのベストセラーの商品で合計で1億3000万部以上販売されている大人気の洋書。短文で語彙力も求められていないにも関わらず、心に刺さる作品。

これから洋書を読んでいきたくなること間違い無しのおすすめ作品なので、ぜひ試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:Antoine de Saint-Exupéry
  • 発売日:2000年5月15日
  • 電子書籍:◯

自分のレベルと好みに合った作品を選んで、英語の文章を堪能しましょう。

洋書は英語初心者でも読めるモノから、約100年ほど前に書かれたネイティブでも読むことに苦労するモノまで様々。

ジャンルや英単語レベルが合わず、読むことを放棄することもあるでしょう。

「読み切れるかな?」と不安に感じることもあるかもしれませんが、今記事を参考に自分のレベルと好みに合った洋書を選んでみてくださいね。


【参考記事】単語を調べるときに役立つおすすめの英英辞典はこちら▽

【参考記事】単語を調べるときに役立つおすすめの英和/和英辞典アプリはこちら▽

【参考記事】単語を調べるときに役立つおすすめの英英辞書アプリはこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事