営業本のおすすめランキング20選|営業マンが絶対読むべき人気の1冊を大公開!

営業マンが読んでおきたいおすすめの本をお探しの方へ。今記事では、営業本の魅力や選ぶポイントから、おすすめの本まで詳しくご紹介します。新卒の方でも分かりやすい入門編はもちろん、具体的なスキルアップ術を書いた本も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

営業本を読めば、営業に関するノウハウなどを学べる!

営業本のおすすめ

営業で成功するためには、セールストークを磨くことや身だしなみを気をつけることなど、様々なコツがあります。これらのノウハウを教えてくれる資料の1つが営業本です。

実際に営業で成功した人の経験談や、心理学の観点から営業で成功しやすい秘訣など、自力では得られない営業の知識を吸収できます

自己流のスキルだけでは難しい世界なので、いろんな営業のヒントを得られる営業本は営業マンにとって最高の教科書といえるでしょう。


営業本の選び方|事前にチェックしたいポイントとは

営業本と一口にいっても、書かれていることな本によって異なります。どんな本が自分に合っているのか見極めが難しく、悩んでいる営業マンも多いでしょう。

そこでここからは、営業本選びで見るべきポイントを解説します。


営業本の選び方1. 新人なら基本が記された本を選ぶ

新人がいきなり売れるセールストークを学んでも、実践で使えなければ意味がありません。まずは営業に関する基礎を学ぶことから始めましょう。

営業の基礎といえば、挨拶や身だしなみなど社会人としてのマナーや、正しい敬語の使い方などがあります。営業は人と対面して行う仕事のため、相手から好印象を持ってもらえるよう自分をブランディングしていくことが重要です。

営業の基礎がいずれ営業成績へと響いてくるものなので、営業の基本が書かれた本選びをしてみましょう。


営業本の選び方2. 伸ばしたいスキルが書かれた本を選ぶ

営業にはトーク力やプレゼン力、クロージングスキルなど様々なスキルが必要です。どれが欠けても契約獲得までは到達できないため、営業本で自分に足りないスキルを学びましょう。

営業本には、特定のスキルに特化した内容と、多様なスキルをバランスよく伸ばしてくれる内容があります。

いつもクロージングがうまくいかないなどの自覚があれば、特定スキルを学べる内容がおすすめです。一方、何が原因で契約が取れないのか分からないなら、多様なスキルについて書かれた本を読むと自分のスキル見直しにも繋がります。


営業本の選び方3. 職種に特化した本を選ぶ

どんな商品を売るのか、誰に売るのかで営業の仕方は変わります。不動産営業で家を売りたいのに、保険営業用の本で「この保険は老後の備えとして安心ですよ。」なんてセールストークを学んでも意味がありませんよね。

だからこそ、営業本選びでは職種に対応した内容かどうかを見る必要があります。

中には、職種を問わず対応できる万能型の商品もありますが、自分が就いている仕事に役立てたいなら職種をある程度限定した方が有益な知識を得やすいでしょう。


営業本のおすすめランキング20選|仕事で役立つ人気の書籍を大公開

ワンランク上の営業マンを目指すなら、様々な営業ノウハウを教えてくれる営業本が必要不可欠。しかし、営業向けの本は数え切れないほど出版されているため、どれを参考にしたらいいのか分かりませんよね。

そこでここからは、営業マンから大人気のおすすめ営業本をランキング形式で紹介します。


【営業本のおすすめランキング第20位】マンガでわかる! 一生折れない自信のつくり方

マンガでわかる! 一生折れない自信のつくり方
  • マンガで読める自己啓発本となっているため、スムーズに読み進められる
  • 一生折れない強靭な自信の作り方を教えてくれるので、ネガティブ思考を改善できる
  • 主人公がパッとしない営業マンだから、共感しながら読める

日中は営業先に出向き、オフィスに戻ったら事務処理の日々。営業マンは何かと忙しいため、本を読みたくても読書に割く時間がなかなか確保できないという方も多いはず。

しかし、「アチーブメント出版」の『マンガでわかる! 一生折れない自信のつくり方』は営業に対する自信のつけ方をマンガで教えてくれるので、比較的スムーズに読み進められます。

営業マンとして成長するためにもたくさんの本を読みたいから、できるだけ効率よく読める内容を選びたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:青木仁志
  • 出版社:アチーブメント出版
  • 発売日:2017年/10月/2日

【営業本のおすすめランキング第19位】凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
  • 誰でも実践できる営業ノウハウを掲載しているから、自分に自信がない方も挑戦しやすい
  • 実例が多く、文章の内容をイメージしやすいため、スムーズに吸収できる
  • セールスの本質を教えてくれるので、新人・ベテラン問わず勉強になる

営業ノウハウを記した自己啓発本はいろいろあるけど、人と会話するのが好きなど、ある程度才能を持った人向けに書かれていて実践しにくいと感じている方もいるでしょう。

しかし、「日本実業出版社」の『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』は、誰でも実践可能な営業ノウハウを記載しています。タイトル通り自分を凡人だと思っている方でも成長できる1冊なので、仕事へのやる気もみなぎってくるはず。

突出した特技がないなど、自分に自信がない方はぜひ手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:佐藤昌弘
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日:2003年/12月/4日

【営業本のおすすめランキング第18位】営業は準備が9割! (マジビジS 01)

営業は準備が9割! (マジビジS 01)
  • 営業における基本中の基本を学べるから、初心に返るには最適
  • 営業の基本用語集もついているため、営業職に就いたばかりの新人には嬉しい
  • セールストークの組み立て方など、実践的なことも分かって参考になる

ベテラン営業マンのような圧力がなく親しみやすい新人は、比較的警戒されにくく契約を獲得しやすいケースもしばしば。しかし、それを「自分は売れる」と勘違いして中堅になってから困る営業マンは意外と多いです。

「ディスカヴァー・トゥエンティワン」の『営業は準備が9割! (マジビジS 01)』には、営業の心構えや必要な持ち物・ツールなど基本的なことが書かれています。今更聞けない基本を丁寧に教えてくれるから、助かるという方も多いですよ。

社会人になりたての方だけでなく、初心に返りたい方にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:小幡英司
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日:2008年/5月/2日

【営業本のおすすめランキング第17位】仲間と働く喜びに気づく物語 奇跡の営業所

仲間と働く喜びに気づく物語 奇跡の営業所
  • チームで頑張る大切さを教えてくれる内容に感動する
  • 実話をもとにしたビジネス小説で面白い
  • Amazonで高い評価を得ている本なので、人気と分かっている分手に取りやすい

営業職はどうしても周りがライバルに見えてしまうもの。成功を一緒に喜んだり、悩みを打ち明けられる仲間がいなかったりして孤独を感じてしまいがちです。

「かんき出版」の『仲間と働く喜びに気づく物語 奇跡の営業所』は、全国最下位の営業所が日本一へと輝いた実話を小説化したもの。チームの一員として働く大切さを教えてくれるから、「感動した!」という感想も多く寄せられています。

日々の業務に孤独を感じている方も心が温かくなること間違いなしなので、ぜひ手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:森川滋之
  • 出版社:かんき出版
  • 発売日:2017年/2月/20日

【営業本のおすすめランキング第16位】内向型流トップ営業戦略 営業は「自己肯定感 」が全て

内向型流トップ営業戦略 営業は「自己肯定感 」がすべて
  • 自己肯定感を持てない方のテンションを上げてくれる内容だから、自分を変えるきっかけになる
  • 内向的な性格を否定せず寄り添ってくれる文章に安心感を持てる
  • 内向的性格の部下を持った時の接し方も分かるから、上の立場の人の参考にもなる

営業成績を上げるのはそう簡単なことではないため、うまくいかない現実に自信を無くしている方は少なくありません。

「ごきげんビジネス出版」の『内向型流トップ営業戦略 営業は「自己肯定感 」が全て』は、自己肯定感を持てない営業マンに向けられた自己啓発本です。どうすれば自身を持てるか、内向的な部下を育てるにはどうしたらいいかなどが書かれているため、この本を読み終える頃には前向きな気持ちになれるはず。

営業の仕事を辞めようかと悩んでいる方は、退職願を出す前に一読してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:タカヒロ
  • 出版社:ごきげんビジネス出版
  • 発売日:2020年/7月/30日

【営業本のおすすめランキング第15位】クレーム対応の基本がしっかり身につく本 対応のイロハからお詫びメールの書き方まで押さえておきたいポイント33

【改訂版】[ポイント図解]クレーム対応の基本がしっかり身につく本 対応のイロハからお詫びメールの書き方まで押さえておきたいポイント33
  • シニア層、外国人などいろんなパターンのクレーム対応を教えてくれるから、勉強になる
  • メールや文書例なども掲載されているので、対面や電話など直接のクレーム対応でない時の参考にもなる
  • ポイントを図解しているため、分かりやすい

営業職に就くと、必ずと言っていいほど出てくるのがクレーム。いざその場になると、どう対処していいのか分からない方は多いでしょう。

「KADOKAWA」の『クレーム対応の基本がしっかり身につく本 対応のイロハからお詫びメールの書き方まで押さえておきたいポイント33』であれば、シニア層、外国人の顧客など様々なパターンに合わせてクレーム対応を伝授してくれます。穏便に済ませるコツが書かれているから、参考になるという口コミも多いですよ。

社会人としてスマートにクレーム対応ができるようになりたいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:舟橋孝之
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2018年/3月/24日

【営業本のおすすめランキング第14位】世界NO2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本

世界NO2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本
  • 堅苦しくない内容だから、スラスラと読める
  • 「暴走族トップから会社のトップとなった高島さんの場合」など、いろんな人のパターンを紹介しつつ営業のコツをまとめているため、分かりやすい
  • 経験談を交えた内容となっているので、親近感を持てる

論理的に営業ノウハウを語っているビジネス本はたくさんあるけど、難しい内容だと理解するまでが大変ですよね。

「ダイヤモンド社」の『世界NO2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』は、文章が堅苦しくなく非常に読みやすいと人気の営業本。著者は世界No.2のカリスマセールスウーマンなのに、親近感を持てる内容に多くに営業マンが魅了されています。

読みやすい営業本をお探しの方にぜひおすすめしたい1冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:和田裕美
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日:2003年/9月/19日

【営業本のおすすめランキング第13位】おかげさまで、ご紹介で営業しています。

おかげさまで、ご紹介で営業しています。
  • 顧客との縁を広げるコツが書かれているため、顧客を紹介してもらえるような営業マンを目指せる
  • 顧客と信頼関係を深めていくための会話術も紹介されているから、営業以外の仕事でも役立つ
  • 著者の経験談をもとに書いているので、親近感があって読みやすい

営業マンが接触してくると警戒する人は多いため、うまく顧客との信頼関係が築けず悩んでいる方は多いでしょう。

「すばる舎」の『おかげさまで、ご紹介で営業しています。』を読めば、紹介による顧客獲得のコツを得られます。実際に、10年以上も顧客からの紹介が途切れないトップ営業マンの経験談やノウハウが詰まっており、真似したいという読者の声も多いです。

顧客に気に入られて紹介されるような営業マンを目指したいという方は、ぜひ参考にしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:鎌田聖一郎
  • 出版社:すばる舎
  • 発売日:2013年/7月/23日

【営業本のおすすめランキング第12位】売れる人の 超訳 マズロー欲求5段階説 お客様のことが見えなくなったら読む本

売れる人の 超訳 マズロー欲求5段階説 お客様のことが見えなくなったら読む本
  • 顧客心理について書かれた内容だから、顧客との距離を縮められないという悩みの解決につながる
  • 効果的な売り方のヒントが得られるので、営業だけでなく販売員や店長など様々な職種に対応できるビジネス本
  • 顧客と向き合える本だから、新人・中堅・ベテラン問わず一生役立つ

最初はそれなりに営業成績が良かったのに、次第に成績が上がらなくなったとお悩みの方もいるでしょう。

「すばる舎」の『売れる人の 超訳 マズロー欲求5段階説 お客様のことが見えなくなったら読む本』には、顧客のニーズを理解する方法や信頼を得る方法など、顧客心理について書かれています。営業成績に夢中になるあまり、顧客のことが見えていなかったと気づかされる1冊です。

スランプ気味で焦りを感じている方は、ぜひこの本とともにお客様と向き合ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:松野恵介
  • 出版社:すばる舎
  • 発売日:2019年/1月/13日

【営業本のおすすめランキング第11位】世界一ワクワクする営業の本です

世界一ワクワクする営業の本です
  • ストーリー仕立てとなった営業本なので、読んでいて面白い
  • ダメダメな3人組が奮闘するストーリーだから、営業経験がなく困惑している新卒の方などが共感しやすい
  • 感動すると人気なので、営業職の魅力を再確認したい際にもおすすめ

ためになる内容かどうかも大切だけど、せっかく読むなら面白い営業本を読みたいですよね。

「日本実業出版社」の『世界一ワクワクする営業の本です』は、ストーリー仕立てで営業の基礎から応用まで学べる本となっています。営業職においてあるあるな悩みも描かれており、作中の登場人物に感情移入しやすいため、面白いという口コミも多いですよ。

小難しい本ではなく、読みやすくて面白い本を探している方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:山本藤光
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日:2005年/5月/19日

【営業本のおすすめランキング第10位】世界一優しい テレアポ&電話営業の本

世界一やさしい テレアポ&電話営業の本
  • テレアポの魅力を教えてくれる本だから、テレアポの苦手意識を払拭できる
  • 電話営業の基本が書かれているので、社会人になりたての方にも役立つ
  • 声のトーンや話し方など、テレアポならではの営業ノウハウが分かる

テレアポは相手の顔が見えないので、信頼を得られにくく苦手意識を持っている方も多いはず。

しかし、「すばる舎」の『世界一優しい テレアポ&電話営業の本』には、実践的なテレアポ戦術だけでなく、ポジティブに仕事ができるようテレアポの魅力も紹介しています。「電話かけるの嫌だな…。」と思っていた方も、「頑張ってみよう!」と前向きになれるでしょう。

テレアポと聞くと気が重くなってしまう方は、ぜひ仕事へのモチベーションを上げるためのツールとして読んでみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:赤嶺哲也
  • 出版社:すばる舎
  • 発売日:2011年/11月/19日

【営業本のおすすめランキング第9位】中小企業が「海外で製品を売りたい」と思ったら最初に読む本

中小企業が「海外で製品を売りたい」と思ったら最初に読む本
  • 海外営業についてのノウハウが書かれているから、グローバル目線で学びたい方に最適
  • 海外展開支援機構の一覧もついていて便利
  • 海外に販路を広げる際の基本的な知識も得られるため、経営者などにとっても有益なビジネス本

販売されている営業本は日本での営業を前提としたものが多い傾向があり、海外営業を対象としたものは意外と少ないですよね。

「ダイヤモンド社」の『中小企業が「海外で製品を売りたい」と思ったら最初に読む本』は、海外営業について書いた本です。海外での販売パートナーの見つけ方、契約における法的問題など、海外を土俵にした営業についてを徹底解説しています

海外に販路を広げたいと思っているから、海外向けの営業も学びたいというビジネスマンは、ぜひ参考にして。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:大澤裕
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日:2015年/5月/28日

【営業本のおすすめランキング第8位】“圧倒的信頼”が手に入る営業PDCA

“圧倒的信頼”が手に入る営業PDCA (単行本)
  • 顧客と信頼関係を築くためのコツが記載されているから、人脈・経験なしでも自信がつく
  • 社会人が意識すべき基本的なことも紹介されているので、自己啓発にも役立つ
  • 新人から2年で全国トップ20に登りつめた著者の作品だから、内容に説得力がある

顔見知りでもないお客様を相手に営業をするのはとにかく難しいもの。営業のコツを何も知らない新卒者にとっては、大きな壁となるでしょう。

「三笠書房」の『“圧倒的信頼”が手に入る営業PDCA』は、顧客と信頼関係を築くコツを紹介しています。営業マナーや身だしなみ、仕事に取り掛かる前のルーティーンなど新卒者にとってためになる内容が盛りだくさん。

人脈も経験もないゼロ状態でこれから営業職に飛び込む方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:池本克之
  • 出版社:三笠書房
  • 発売日:2020年/9月/11日

【営業本のおすすめランキング第7位】「明日、営業に行きたくない! 」と思ったら読む本

「明日、営業に行きたくない! 」と思ったら読む本 (DOBOOKS)
  • 営業職であるあるの洗礼に対してどう乗り越えるかを記しているため、新卒者の心のよりどころとして人気
  • Amazonで星4.7を獲得している大人気本だから、安心して手に取れる
  • 人との関わり方について見直せるので、職種を問わず社会人全員の参考になる

お客様に会ってもらえない、話を聞いてもらえないとなると、どう営業をしたらいいのか分かりませんよね。

「同文舘出版」の『「明日、営業に行きたくない! 」と思ったら読む本』は、営業マンが受ける数々の洗礼に対する乗り越え方を教えてくれます。読み終える頃には、営業向いてないかもという気持ちから「頑張ろう!」という前向きな気持ちに切り替えられるはず。

洗礼を受けやすい新人時代に絶対役立つビジネス本となるから、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:太田和雄
  • 出版社:同文舘出版
  • 発売日:2016年/3月/15日

【営業本のおすすめランキング第6位】営業は全て「5分」で決まる―営業に迷った時、モヤモヤした時に読む本

営業はすべて「5分」で決まる―営業に迷った時、モヤモヤした時に読む本
  • 具体的な営業ノウハウでスランプからの脱却をサポートしてくれる
  • 営業マンによくある悩みなども書かれていて共感しやすいため、心が楽になる
  • 新人からベテランまで幅広い営業マンに支持されているから、営業歴を問わず手に取りやすい

営業がうまくいかないと、「なんで売れないんだろう?」と落ち込んでしまいますよね。

そんな時に役立つのが、「実業之日本社」が出版している『営業は全て「5分」で決まる―営業に迷った時、モヤモヤした時に読む本』です。お客様に対して専門用語を使わない、お客様の言葉には基本的に「YES」で答えるなど、具体的な営業のノウハウが記載されています

決して斬新な内容ではないけど、自分ができていないことに気づかせてくれる本だから、スランプ真っただ中という中堅・ベテラン営業マンの方はぜひ手に取ってみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:野田荘一
  • 出版社:実業之日本社
  • 発売日:2006年/3月/1日

【営業本のおすすめランキング第5位】トップセールスが使いこなす! 〝基本にして最高の営業術″総まとめ 営業1年目の教科書

トップセールスが使いこなす! 〝基本にして最高の営業術″総まとめ 営業1年目の教科書
  • 営業の基本を教えてくれるので、営業未経験者にとって参考になる
  • 営業サポート企業を営む著者の本だから、信憑性があって安心して読める
  • 内容は初歩的なことで難しくないため、読みやすい

営業という職に就くと、売れなかったらどうしよう、ノルマがきつかったら嫌だななど様々なネガティブイメージが先行しますよね。

「大和書房」の『トップセールスが使いこなす! 〝基本にして最高の営業術″総まとめ 営業1年目の教科書』なら営業の心構えや営業の作法など、営業で成功するために必要な基本を教えてくれます

ネガティブな印象が払拭され、やる気が出るという方も多いですよ。

ポジティブに営業業務に向かわせてくれる1冊だから、これから営業の世界に飛び込む新卒者におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:菊原智明
  • 出版社:大和書房
  • 発売日:2018年/2月/22日

【営業本のおすすめランキング第4位】営業の基本

営業の基本 この1冊ですべてわかる
  • 営業マンに必要な基礎を網羅的に記しているから、新卒者・ベテラン問わず勉強になる
  • 大手企業の営業支援を行う著者が書いた作品なので、安心して手に取れる
  • AIの導入など、将来的なことも視野に入れて書かれていて面白い

営業の基本を学ぶことは確かに大切だけど、実践的なことが一切ない内容だとただの社会人向け常識本になってしまい、読むのが退屈になりそうですよね。

しかし、「日本実業出版社」の『営業の基本』には、営業の定義やトレンド、実践に使えるテクニックなどを網羅的に記してあります。営業マン向けの内容がしっかりと書かれているため、勉強になると高評価です。

新卒者はもちろん初心に戻りたいという先輩営業マンにもおすすめの1冊です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:横山信弘
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日:2019年/4月/20日

【営業本のおすすめランキング第3位】営業の魔法

営業の魔法
  • 営業をテーマにした小説仕立ての本なので、最後まで飽きずに読める
  • 2年連続で世界トップテンに選ばれたプロセールスマンの名著だから、内容に強い信憑性を感じられる
  • Amazonで星4.5を獲得する大人気ベストセラー作品なので、安心して購入できる

ビジネス本って確かにタメになることがたくさん書いてありますが、営業の定義やテクニックなどがダラダラと書かれた内容は途中で飽きてしまいそうですよね。

「ビーコミュニケーションズ」の『営業の魔法』は、営業マンのサクセスストーリーを描いた小説仕立ての本です。ダメ営業マンがスーパー営業マンから営業を学ぶという話で、主人公が成長していく様子を自分に重ねて楽しめます。

ストーリーを楽しみながら営業のコツも学べる一石二鳥のベストセラー本なので、最後まで楽しく読める本をお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:中村信二
  • 出版社:ビーコミュニケーションズ
  • 発売日:2007年/10月/2日

【営業本のおすすめランキング第2位】最強の営業法則

最強の営業法則
  • ギネスブックにも認定された営業マンの古典的名著なので、いつまでも役立てられる
  • 全米100万部を突破したベストセラー作品だから、クオリティに安心感を持てる
  • 営業マインド、クロージング、フォローアップなど様々な営業法則を学べて勉強になる

トレンドを意識した本選びをすると、今買った本がいずれ参考にできなくなり、さらにトレンドに合った本選びをするといういたちごっこ状態になってしまいます。

その点、「フォレスト出版」の『最強の営業法則』は営業の神様ジョー・ジラードが書いた古典的名著です。原著は数十年前に発刊されているため決してトレンド感はありませんが、営業の根本がしっかりと書かれているため、いつの世にも参考になる名著といわれています。

トレンドを問わずいつまでも参考にできる営業本を選びたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:ジョー・ジラード
  • 出版社:フォレスト出版
  • 発売日:2018年/5月/9日

【営業本のおすすめランキング第1位】無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」

無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」
  • 経験談ではなく明確な営業のコツを解説しているから、着実な実力アップにつなげられる
  • 営業の本質を学べるので、職種を問わず参考になる
  • 顧客側の心理をデータにして展開しているため、説得力があって分かりやすい

経験談ばかりで営業を語られても、ただの自慢話にしか見えなくて勉強にはなりませんよね。

「日経BP」の『無敗営業 「3つの質問」と「4つの力」』は、「営業を科学する」をモットーにしており、感覚ではなく実用的に営業のコツを解説しています。着実に成績を上げていくための参考にうってつけと多くのビジネスマンに好評です。

経験談を参考にするより、明確な営業のコツを知って実力をつけたいという方は、ぜひ手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 著者:高橋浩一
  • 出版社:日経BP
  • 発売日:2019年/10月/10日

営業本を読んで、ワンランク上の営業マンを目指しましょう!

営業マンとして力をつけるためには、会話力やビジネスマナーなど学ぶべきポイントが多々あります。全て会社が教えてくれるとは限らないので、自分自身で営業本を見て学ぶことが大切です。

ただ、どんな本を選んだらいいのか分からない方は多いでしょう。そんな方のために、今回はおすすめの営業本を紹介しました。

ぜひ上記を参考に自分に合った営業本を見つけて、ワンランク上の営業マンを目指してみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事