産後太りを解消するダイエット法|妊娠前の体型に戻す食事&運動法を大公開!

産後太りを解消するダイエット法を知りたい方へ。本記事では、産後太りの原因から、産後ダイエットを成功させるコツまで大公開!妊娠前の体型に戻す食事法や運動法も紹介していますので、気になった方はぜひ取り入れてみてください!

産後太りの原因|どんどん太ってしまうのはなぜ?

産後太りの原因|どんどん太ってしまうのはなぜ

「出産後どんどん太る」「体型が元に戻らない」と悩む産後のママは多いのではないでしょうか。

ここからは、産後太りでどんどん太ってしまう原因を紹介。

産後ダイエットを行う前に、なぜ太ったり痩せにくかったりするのか、そもそもの理由を知ってから対策を練っていきましょう。


産後太りの原因1. 骨盤のゆがみによって、代謝が落ちているから

骨盤のゆがみによって、代謝が落ちているから

妊娠から出産にかけて大きく開いていく骨盤は、本来ならば産後数ヵ月かけて少しずつ元の状態に戻ろうとします。しかし、育児や家事などによる産後のライフスタイルの変化によって骨盤が上手く元に戻らずゆがんでしまうことで、産後太りが起こりやすい状態に。

骨盤がゆがむと、内臓下垂や全身の筋骨格の左右差が生まれ、体内部の働きが正常化せずに基礎代謝が低下しやすくなってしまいます。

基礎代謝の低下は肥満の原因。体重や体脂肪がなかなか落ちにくくなってしまうのです。


産後太りの原因2. 栄養バランスが偏ってしまっているから

産後は生活習慣やライフスタイルが大きく変わったり乱れやすかったりするため、自分の食事時間もままならなくなるママも少なくありません。

授乳や子供の世話など、自分のことは後回しにする機会が増えて食事に気を遣えない状態に。片手間で食事を終わらせようと、野菜を食べずにおにぎりやパンだけで済ませることで炭水化物や糖質、脂質の多い食事が増えてしまうことも。

その結果として栄養バランスが偏ってしまい、特にビタミンやミネラルが不足することで代謝が下がり、脂肪を蓄積しやすい体質になることが産後太りの原因として挙げられます。


産後太りの原因3. 筋肉量が減り、消費カロリーが低下したから

筋肉量が減り、消費カロリーが低下したから

出産後は子供の世話で忙しいため、運動する機会や時間を失ってしまいがち。運動不足が慢性化することで筋肉量が減り、基礎代謝が下がってしまいます。

授乳したり抱っこしたりなど、子育てはハードな作業の繰り返しですが、残念ながら実際の活動量はそこまで多くありません。

忙しい日々の中でまとまった運動をする時間を確保することができず、筋肉量と代謝が下がって消費カロリーも低下することが、産後太りの原因となってしまうのです。


産後ダイエットは出産後の2〜3ヶ月程度経過してから行う

産後ダイエットは出産後の2〜3ヶ月程度経過してから行う

「産後ダイエットはいつから行うべき?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

すぐに始めようとする女性もいるかもしれませんが、出産後6~8週間は産褥期(さんじょくき)と呼ばれる体の回復期間であり、ホルモンバランスの変化が激しく体調を崩しやすい時期。

この出産6~8週間の間で無理にダイエットを始めると体調不良を引き起こしてしまう恐れがあるため、出産後2~3ヵ月程度経過してから行うことをおすすめします。

産後3~6ヵ月はホルモンバランスの関係で脂肪が落ちやすい時期。2~3ヵ月経った後に体型が気になる人は、体調と相談しながらダイエットを開始してみてください。


産後すぐの急なダイエットは絶対にNG!

「2~3ヶ月後なんて待てない!」と考えていませんか。

産後すぐは体をゆっくり休めて回復に努めたい時期。運動や食事制限によるダイエット方法は、体に大きな負担がかかってしまうので、基本的に避けましょう。

まずは正しい姿勢を意識したり、骨盤ベルトを使用したり、栄養バランスのとれた食事を摂ったり、少しずつ体力をつけたり。

出産後に急なダイエットを行うのではなく、日常生活の中で無理なく行える範囲で美容面や健康面を意識し、痩せるために必要な基礎を徐々に築いていくのがおすすめです。


産後太りを解消するダイエット法|正しく痩せる食事・運動法を大公開!

産後太りを解消するダイエット法|正しく痩せる食事・運動法を大公開

産後すぐの急激なダイエット方法は体に大きな負担をかけてしまいます。しかし、毎日休みなくハードな日々を送るママの中にとっては、効率的な正しいダイエット方法を知っておきたいところ。

そんなママのために、産後太りを解消するための正しい食事法や運動法を紹介していきます。

子育てに追われる中で体調不良は最大の敵。少しでも健康的で体への負担が少ない方法を知って、産後太りを解消してください。


産後太りを解消するダイエット法1. 妊娠中に比べて一日の摂取カロリーを200〜300kcal程度抑える

妊娠中に比べて一日の摂取カロリーを200〜300kcal程度抑える

妊娠中は空腹を感じやすく、お腹にいる赤ちゃんの分も栄養を摂るため、妊娠前より多くのカロリーを摂取しています。しかし、出産後も止まらない食欲のせいで多くのカロリーを摂取してしまうと、当然ですがどんどん太ってしまうことに。

『産後ダイエット』と言っても通常のダイエットと同様に、摂取カロリー<消費カロリーの状態でなければ痩せることはできません

まずは、妊娠中に比べて一日の摂取カロリーを200~300kcal程度抑えることを心掛けること。授乳中であればそれだけでカロリーは消費され、自然と体重は減っていくでしょう。


産後太りを解消するダイエット法2. 野菜や魚中心の栄養バランスが整った食事を意識する

産後太りを解消するには食べる量を減らして痩せるのではなく、しっかりと栄養を摂りながら痩せることが大切。栄養不足では自分の体だけでなく、赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性が出てきてしまうからです。

脂質や糖質の摂りすぎに注意し、不足しがちなビタミンやミネラルを積極的に摂ることを意識しましょう。

野菜や魚、大豆製品や乳製品、卵などを積極的に使った、ヘルシーで栄養バランスの整ったメニューにすることで健康的に痩せましょう。


産後太りを解消するダイエット法3. ヨガやストレッチで骨盤の歪みを矯正する

ヨガやストレッチで骨盤の歪みを矯正する

骨盤がゆがんだ状態のままだと姿勢や内臓の位置が悪くなってしまい、ぽっこりお腹やくびれのないウエスト、たるんだお腹やお尻の原因に。

産後ダイエットを成功させるには、ゆがんだ骨盤を元に戻すことが大きなポイント。内臓の位置が正常に戻って、お腹周りやお尻周りが細くスッキリしていきます

ジムに通う時間がないママにとって、骨盤矯正に効果があって自宅で行えるヨガやストレッチは強い味方。骨盤の歪みを元に戻して、産後太りを解消しましょう。


産後太りを解消するダイエット法4. Youtubeを見ながら3分間筋トレを行う

筋肉量が増えると基礎代謝がアップするため、筋トレは痩せるためには欠かせません。しかし、妊娠中や出産後に衰えた筋肉を元に戻そうといきなりハードな筋トレを行うと、体に悪影響を及ぼす恐れがあるため、まずは軽い負荷からはじめましょう。

おすすめなのは、器具を使用することなく自宅でYouTubeを見ながら行えるほど手軽な筋トレ。3分間行うことで無理なく筋肉が鍛えられ、痩せる体質になっていきます。

子供が寝た時間は大切な息抜き時間でもありますが、その中から3分間だけ筋トレに使ってみましょう。継続するだけで、産後ダイエットを成功に導いていけますよ。


産後太りを解消するダイエット法5. 屋内でも体型が見える服装をする

屋内でも体型が見える服装をする

子供の世話に追われて、外出すると言えば買い物など生活に必要な時だけ。そんなママも少なくないのではないでしょうか。

まわりからの視線を気にする機会が少ないため、家にいる時は楽な格好をしがち。しかし、誰から見られなくても体型が分かりやすい服装をすることで、体型への意識を高めることができます。

体型を毎日見たり確認したりすることで「やばい」「痩せなくちゃ」という気持ちが起きやすくなり、食事や運動への意識が強くなって痩せる努力を怠らなくなりますよ。


無理なくダイエットを行って、引き締まった美しいママを目指してみて。

無理なくダイエットを行って、引き締まった美しいママを目指してみて

産後太りは多くのママにとって悩みの種。しかし、慣れない子育てで気力も体力もすり減ってストレスが溜まりがちで、さらに自分の体型にまで気を配ることは非常に大変なことです。

産後太りを気にしすぎると余計にストレスが溜まり、自分時間の少ないママにとって美容面だけでなく健康面においても悪影響。

まずは、栄養バランスの良い食事や姿勢への意識、気軽にできるエクササイズなど、日常生活の中で行えることから始めましょう。

子育ては健康が第一。無理なく自分の体と相談しながら、健康的に産後ダイエットを成功に導いてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事